« November 2004 | Main | January 2005 »

December 2004

December 31, 2004

今年の紅白

今年の紅白歌合戦、途中まで終わりました。
地味だけど、なかなか小ネタが効いていて
いいのではないでしょうか。
前川きよしの「そして、神戸」(かな?)の
コーラスがゴスペラーズというのが、なかなか
良かった。後半は、まつけんサンバが楽しみ
です。
@実家のヒロ子でした~~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 30, 2004

プチ帰省

私も夫の実家も車ですぐ行ける場所なのだが,
一応明日からプチ帰省をする.

2004年は,台風があったり地震があったり,
大津波があったり,テロや戦争があったり,
地球規模で大変な年だった.
私個人としても,何かざわざわしている一年だった.

2005年は,世界も,世界中の人々も,私の周りの
人々も,そして私自身も,平和な年でありますように!!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 29, 2004

ココア

さらに,冬の飲み物と言えば,ココアでしょう.
一番好きなのは,VAN HOUTEN COCOAを牛乳で溶かし,
砂糖と,ブランデーを一適入れて飲むバージョン.

驚いたのは,先日,知り合いのおばさんの家で,
ココア(砂糖なし)+クリープ+お湯
バージョンをいただいたこと.クリープでほのかな甘味が
ついているので,砂糖を摂取したくないならば,これも
いいかも,と思いました.でも,コクは足りないです.

| | Comments (3) | TrackBack (1)

December 27, 2004

チョコ菓子3種

冬と言えばチョコレート.最近食べたチョコ菓子3品です.

キットカットゴールド(Nestle)
ゴールドパッケージが高級感を漂わせています.
普通のキットカットより小ぶりでお上品,ついつい手が出て
止まらなくなります.食感はなめらかです.

http://www.breaktown.com/

RICH Fran 味わいティラミス(Meiji)
Fran独特のふわふわ感と濃厚感がRICH.ティラミスの味
と言うにはやや難ありですが,チーズショコラのクリーミーな
味わいがGood!3本入り×4袋では物足りない.HPによる
と,期間&地域限定?!

http://open.meiji.co.jp/sweets/chocolate/fran/index.html

[ビター]冬トリュフ(神戸シェフクラブ)
名前に惹かれて購入しました.かなりまったりとコクがあり
ます.食後のデザートにいただきましたが,濃厚なので量
がやや多く重かった.濃厚なチョコレートデザートを低価格
で食べたい方にお薦めです.

http://www.kobechefclub.com/lineup/lineup.html

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 26, 2004

箕輪スキー場

12月25日~26日,福島県箕輪スキー場へ行って来ました.
雪不足のため,動いているリフトは2本,コースは4コース
のみ滑走可能の状況.その中に雪を求めて人が集まり,へ
たっぴな私としては人を避けて滑るのに一苦労でした.本来
は雪質の良い,大好きなスキー場なので,全面滑走可能に
なったら,今シーズン中もう一度来たいなぁ,と思います.

ビュッフェパノラマの新メニュー「タイ風カレー」,なかなかおい
しかったです!なぜか唐揚げが入っているところが,スキー場
っぽくて笑えました.


http://www.minowa.info/ski/ski-index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2004

のだめカンタービレ

ずっと気になっていた「のだめカンタービレ」,いっきに1巻~10巻まで読んだ.
音楽モノだがマニアック過ぎず,重すぎず,少女漫画だが恋愛でドロドロしている部分がなく,ほのぼのしていて面白い.そして,千秋さまがかっこよすぎる♪優しいし,料理は上手だし,語学は堪能だし,何より,オレさまなところがステキ!!私も妻になりたい,はう~☆

個人的には,笑える学園ドラマの#1~#4で軽快に盛り上がり,#5の「ラフマニノフピアノ協奏曲第2番」ミルヒー指揮,千秋さまピアノの演奏でクレッシェンド,千秋さまとのだめちゃんの連弾で最高潮.#6からは,登場人物達が将来や現実と向き合い,悩むようになり,やや重たくなる.真顔や暗い顔ののだめちゃんが多くなり,つらい.#9では少女漫画のような展開に不覚にも涙してしまったが,のだめちゃんと千秋さまがいい感じになり,パリ編に突入したこの先,少女漫画チックにまとまらないでほしいと思った.読み終わった後,久々にクラシックが聴きたくなったが(濃厚なラフマニノフが聴きたい!),手っ取り早くブラボーミュージックをやってしまった^^;

千秋さまを見ながらふと,幼い頃クラシックおたくの母に連れていかれた小澤征爾氏指揮の新日本フィル(かな?)のコンサートを思い出した.当時でも小澤征爾氏は十分おじさんだったのだが,指揮をする姿はとてもステキで子どもながらに感動した.きっと若かりし頃の母にとって,小澤征爾氏は千秋さまのような存在だったのだろう,私もそんなステキな存在と出会いたいものだ,ってもうそんなこと言っている年じゃないか….

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 21, 2004

風邪?

体が痛いし,お腹も痛い.
とりあえず,ドリスタンを飲んだ.

お気に入りの市販の風邪薬は,ドリスタン(レモン味)とカコナール.
どちらも甘くて,私の口に合う味.

風邪かな,くらいの時は,カコナールで効くが,発熱,咳などがでてき
たら,カコナールでは効かない.レモン湯の感覚で,ドリスタンをお湯に
溶かして飲む.

さて,体が温まったところで寝るとしよう.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 16, 2004

鳳凰「白葉単叢」

「マスカットの香り」というキャッチコピーに惹かれて購入した.
中国茶のうんちくは無いが,広東省の鳳凰山で育った青茶らしい.

急須で茶葉を1分強蒸らした後(説明書には1分蒸らすとあるが,
1分では味が足りない気がした),茶碗に注ぐと,うーん♪
本当に爽やかなマスカットの香りがする
(実際マスカットは使われていないが).
飲んでみると,意外にも味はシンプル.香りから想像するような
甘みやコクは少なく,あっさりとしている.ちょっと疲れている時,
アロマテラピー効果のありそうなお茶である.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 12, 2004

「新撰組!」最終回

今日は,NHK大河ドラマ「新撰組!」の最終回.
みんなかっこよかった.今日まで生きていた人だけでなく,死んでいった山南さん,
平助,鴨さん,坂本さん,ほんと,みんなかっこよかった,と一人で号泣していまし
た.最後,近藤さんが呟いた名前,三谷「新撰組!」らしい,と感じました.

思えば,ハッピーエンドではない,と分っているので見ようか見まいか迷いつつ,

三谷幸喜作品であること
大好きな香取くんが主役であること,
オダギリジョー,藤原竜也,筒井道隆,石黒賢,(沢口靖子も好き)など
俳優陣に惹かれたこと,

から見始めて,結局,かなりハマっていました.

ハマった理由としては,やはり三谷氏の脚本がうまい,につきるでしょうか.
各キャラクターが,とても魅力的.正直言って,香取くんの演技は微妙だ…,
と思う部分があったのですが,それすら作品の魅力に感じます.そして,
「笑い」と「泣き」のツボを,スピーディーに,鋭く押さえてくる.物語のトリック
スター的存在である捨助(捨助はドラマ上の架空の人物)の使い方もうまく,
最終回では,だから中村獅童なのね,と納得でした.

「新撰組!」一年間,ありがとう!!

ところで,12月26日(日)の総集編のスケジュール,
細切れに16:45-22:14ってハードですね.

http://www3.nhk.or.jp/taiga/index.html

| | Comments (6) | TrackBack (1)

December 07, 2004

「ハウルの動く城」感想 ~「愛」を中心に~

ようやく「ハウルの動く城」を見た.話題になっていた木村拓哉のハウルは
予想外にマッチしており,安心して映画を楽しむことができた.

 全体としては,可もなく不可もなく,といった印象.魅力的なキャラクター,
スピード感,心惹かれる街並みや自然の描写,いつもながらの宮崎駿ワールド
で映像にはわくわくドキドキさせられた.しかし,ストーリーがやや難しい.
メインテーマは「生きる楽しさ,愛する歓び」なのだろうが,他にも反戦や老人
問題,女性の成長など,様々なことを考えさせられる.観客の視点により感じる
要素が異なる複雑なストーリーを,2時間少々で収めるには,無理があるように
思われた(これはあちこちで言われているが).

 また「生きる楽しさ」は伝わってくるが,「愛する歓び」が伝わってこない.
「だって私,あなたを愛してるの!」と叫んだくらいなので,ソフィーはハウルへの
思いを「愛」と認識しているのだろう.しかし,「愛」に至るプロセスを二人は踏んだ
のか.私としては(年のせいか),まだ「恋」にときめいている段階ではないかと
感じ,「愛してる」の台詞が唐突に聞こえた.宮崎作品で言うならば,『もののけ姫』
で最後にアシタカがサンに示した感情は「愛」だと思うのだが.

 「愛」を表現しているのか,『ハウルの動く城』ではキスを連発している.しかし,
連発する意味が理解できない.『天空の城ラピュタ』『千と千尋の神隠し』などに
見るように,思春期の少年少女の淡い恋心を繊細に描く監督が,今回はどうした
ことか,と思ってしまう.ソフィーが18歳だからなのか,設定がヨーロッパ風だから
なのか.キスで呪いが解けるのはおとぎ話の定番だが,普通,王子様とお姫様が
キスをして終りだろう.この先,カブを含めた三角関係が展開するのだろうか.

 そうは言うものの,人間や生き物に対する愛情は感じられた.特に,お年寄りに
対する眼差しが温かい.この人間観察眼は,宮崎駿監督独特のものであろう.お
年寄りに対する優しさ,温かい眼差しを,映画を見た子ども達が少しでも持ってくれ
るといいと感じた.
いや,まず私達おとなからか…

「ハウルの動く城」こちらの感想もよかったら御覧下さい.
  http://homepage2.nifty.com/chu-sroom/cinema_talk.html

| | Comments (0) | TrackBack (2)

December 04, 2004

無添加ソーセージ

先日ネットで勝山館の無添加ソーセージを購入した.
「美味しんぼ」にも掲載されたというこだわりの
ソーセージらしく,お値段は高め.しかし,時々食べ
たくなる味で,何度か購入している.
ボイルすると,プリプリでおいしい!
ちなみに,勝山は日本酒もイケます.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2004

アワビ

仕事をしていると,夫からメール「アワビをもらった.」
それは,ラッキー!!
しかし,アワビって,どうやってさばくのだろう?

家に帰ると小ぶりのアワビが4つ.
ネットで,アワビのさばき方と調理法を調べる.

1)身の部分に塩をたっぷりふり,タワシで
ぬめりをとる.

2)貝の厚い部分から,西洋ナイフを差込み,
身と殻の部分を外す.
 (これが難しく,夫にやってもらった)

3)肝を外し,固い部分を落し,身を薄切りにする.(→刺身)

4)肝,硬い部分,1つは生きが悪かったため,
塩コショウをして,バター焼きにする.

やや手間取ったものの,生きのいいアワビは
とてもおいしく,幸せを感じたのであった.


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »