« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005

February 28, 2005

義経第8回「決別」,はちらちらと

今回も,集中せずに見ていたので,さらりと感想です.

第一に,稲森いずみがタッキーの母って,無理があるぅ!!着替えを手伝う場面は,母子というより,恋人同士.ラスト・サムライで,小雪がトムクルーズの着付けを手伝うシーンを思い出しました.

渡哲也が病をおして撮影に臨んでいたと知り,清盛の凄みに納得がいきました.遮那王と清盛の対面の場面,ドラマとしては面白いと思いました.でも,断然,清盛の方が存在感がありました.まぁ,遮那王にとって,一度は父親かと思ったほどの重要な人物なので,存在感があって当然なのかもしれませんが.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2005

馬油

「まったりライフ」で教えてただいた,薬師堂のソンバーユ(馬油)の試供品が届きました.

皮膚用(無香料&ヒノキ)
乾燥肌にもいいという皮膚用(無香料).指にとると,まさに油!説明書には「5~6分経過してベタつきがなくなったら,メイクをしましょう」とありますが,10分過ぎてもベタついており,ファンデーションをのせても,ベタつきが残りました.
翌日は,ベタつきを避けたかったので,夜に皮膚用(ヒノキの香り)を試しました.少々ベタつきが気になるものの,ヒノキの香りに包まれて,心地よく眠りにつきました.3日試したところ,アイメイクのせいで荒れたまぶたが治ってきました.馬油効果でしょうか?!

シャンプー,リンス,ヘアケア
シャンプーは,油の匂いがします.流す時の指通りがよろしくなく,石鹸で洗髪したような手触り.リンスをすれば中和されますが,一般的なシャンプーのように,ツルツルとした手触りにはなりません.そこが,自然で,体にいいのかしら?
ヘアケアは適量がよく分りませんでしたが,頭皮のマッサージをして気持ちがよかったです.
ヘアケア,シャンプー,リンスのフルコースで使用したところ,翌日,髪はまさに日本人の黒髪といった艶としっとり感.馬油,おそるべし!

試してみる価値あり,の商品でした.

| | Comments (8) | TrackBack (0)

February 25, 2005

グリコ Shall we?

「2月15日発売の新商品です」の声に足が止まり,グリコShall we?<ぜいたくバターのショートブレッド>と,<チョコとマカダミアナッツの具だくさんクッキー>を試食した.<~ショートブレッド>はライトなカロリーメイトのような味で捨てがたかったが,チョコ好きのサガで<チョコとマカダミアナッツ~>を購入.9個しか入っていないので,割高感がある.

家に帰りさっそく食べてみる.味,歯ざわりともに軽く,ちょっとつまむのにいい感じ.なんとなく香ばしいのと,サクサクとした食感は,ショートニングによるものだろうか.チョコは多いというほどではないが,マカダミアナッツとのバランスがいい.これといった特長はないが,2枚くらい袋から出して小皿にのせれば,こじゃれたお茶菓子になるかもしれない.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 24, 2005

「13歳のハローワーク」

ずっと気になっていた「13歳のハローワーク」(村上龍著)を,ついに買った.ハードカバーで,ずっしりと重みのある本.目次を見ると,いろいろな仕事・職業のあることが分り,ワクワクする(例えば,マジシャン,豆腐職人,帽子デザイナー,など).ページをめくれば,はまのゆかさんの,優しくて,かわいらしい絵に惹きつけられる.13歳の子が見たら,将来の夢や希望が広がるだろう.

しかし,内容は易しくないし,優しくない(ところもある).まず,自分と夫の職業の欄を読み,むむむ~っ,と唸る.次に「はじめに」を読み,私自身の生き方が問われているように感じ,胸が苦しくなった.あらためて表紙に戻れば男の子は歯を食いしばっているし,女の子はうつむいている.職業選択って,甘くないのだ,と思わされる.それでも,興味のある職業の項目を読み,はまのさんの絵を見ていると,諦めずに自分の好きなことを探す元気が湧いてくる.ほら,裏表紙では,二人が笑っている!個人的には,「何も好きなことがないとがっかりした子のための特別編」が好きだ.「13歳が20歳になるころには」も,読んで考えさせられる.13歳には13歳の理解が,30代には30代の理解ができる内容になっている.

「13歳の」と言っているが,子どもだけでなく,就職時期の若者,転職を考えている人,定職に就いている大人も,読んで損はない一冊だ.隅から隅まで読むのは大変だし,値段も安くないので,「はじめに」と「おわりに」,興味のある職業の項目を立ち読みするだけでも,自分の生き方や自分の仕事について考えるヒントが得られるかもしれない(村上さん,はまのさん,本屋さん,ごめんなさい).

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 22, 2005

ロータスティー

税務署に行ったり,車屋に行ったり,銀行に行ったり,平日の休みが慌しく過ぎていく.ちょっとゆっくりしたい!と思い,お腹もすいたところで,いつものお茶やさんへ.ランチを食べてお腹を満たした後,新入荷のロータスティーをいただいた.

オーナー氏曰く「極楽浄土を思わせる香り」とのこと.確かに,茶葉の香りは甘く,モネ(だったかな?)の絵のような蓮の花咲く池が脳裏に浮かぶ.お湯を注げば,桃色の花びらがゆらゆら揺れて,見た目に美しい.口に含めば,甘すぎない甘さと,お茶の爽やかな香りがふわりと口の中に広がる.う~ん,極楽浄土♪(って,行ったことないけれど.)ベトナムのお茶のようで,蓮のお茶を飲むとはベトナムの人はなかなかやるなぁ,と感心したのだった.

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 21, 2005

苺チョコパイアイス(LOTTE)

アイスを食べている,と言うよりは,大きめのイチゴ味チョコパイを食べている感じ.チョコの部分はチョコパイと同じくパリパリ.スポンジ部分は薄めだが,しっかりとした存在感がある.アイスはひかえめな味で,もしかしてマシュマロ?と思うようなふわふわ感がある.中心のイチゴジャムもひかえめで悪くはないが,もう少し多くてもいいかも.チョコパイの新化型として,これはなかなかいけると思った.

LOTTE http://www.lotte.co.jp/top.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2005

義経第7回 「夢の都」

今日も,伊豆の人々が魅力的でした.じゃじゃ馬政子の頼朝への恋心の表現が見事だったし,それを知った時政の慌てぶりも,さすが小林稔侍!いい味だしています.頼朝は,政子との縁組に思案を巡らしている様子がうかがわれ,策略家の一面が見えてきます.でも「私が安心できるのはここだけだ」(みたいな感じに)お亀に言ったのは,本心なのだろうと思うと,今後の波乱を思い,二人で大笑いする場面に切なくなりました.

それに比べて,義経は福原見物に出かけて,のんきだな,という感じです.苦労人の兄と世間知らずの弟だから,いずれ心の交わらぬ兄弟となるのでしょうか.福原に感激し,奥州に希望の光を見出し,舟上の清盛に「清盛さま-!」と呼びかける,純真な義経.結末が分っているだけに,これも切ないです.

それにしても,登場時間は短いですが,マツケン弁慶は存在感がありますね.清盛(渡哲也),弁慶(松平健),頼朝(中井貴一)と存在感のある俳優陣の中で,がんばれタッキー!と呟かずにはいられませんでした.

大河ドラマ「義経」 http://www3.nhk.or.jp/taiga/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (3)

February 19, 2005

おろしポン酢パスタ

最近,おろしポン酢にハマっています.肉料理・魚料理様々に応用がききますが,今回は手抜き&ヘルシーなおろしポン酢パスタを作りました.フライパンを使わないので洗い物がラクですし,油を使わないのでローカロリーです.ただし,かなりあっさりしているので,物足りないだろうなと想像できる場合は,シーチキンを加えるといいと思います.

☆なんちゃってな作り方☆
1)大きめの鍋に塩,きのこを入れてお湯を沸かす.
2)大根をおろす.(一人前:絞って握りこぶしくらい.)
3)パスタを茹でる.
4)茹で上がったら,水切りをして,再び鍋に戻す.
5)4)を弱火にかけながら,大根おろし,ポン酢,塩,コショウを加えて,手早く味を調える.
6)皿に盛り,刻みノリをかける(カイワレ大根やシソも合う).
7)いただきます♪

| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 16, 2005

夜のスーパー

今日は仕事が長引き,久々で9時近くの帰宅.家では炊き立てご飯が待っているので,おかずを買って帰ることにしました.さすがに,9時近くなると,私の好きな○協のおかずコーナーにおかずはほとんど無くなっています.しかし,残っているモノは安い!刺身は半額.お惣菜は半額以下.さらに日曜日のレシートを持っていると5%OFFになるので,かなり得をした気分になりました.でも,早く帰って自分で作った方が,おいしいですけどね^^;

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 14, 2005

手作りチョコ

バレンタインデー前日の日曜日.お気に入りのチョコレートをGetするためには,混雑したデパートへ行かなければいけないけれど,気力が出ない.ネットで買っても間に合わないし,いっそのこと,と手作りチョコに挑戦した.

チョコレート好きの私は,チョコは買って食べた方が美味しい,と思っているので,手作りチョコというモノを作ったことがない.お菓子作りも,ここ数年やっていないので不安.小学生だって作るのだから大丈夫よ,と思ったものの・・・
案の定,レシピの「板チョコ3枚を荒削りする」の段階で挫折.チョコが飛び散るし,手はベトベトになるし,耐えられない!と分量をチョコ2枚分に変更.形作りもベトベト,イライラ.世の女の子達は偉い!!と感心することしきり.

それでも,ココアをまぶせばまあまあの見栄え.口に入れれば,とろりと溶けて,甘っ!でもおいしい♪甘党の夫に,喜んでもらえそうなシロモノに完成だ☆

参考 Meiji 手作りチョコレシピ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 13, 2005

義経 第6回「我が兄頼朝」

伊豆の人々がよかったですね.頼朝がしゃべった時には,軽~いっ,とびっくり.でも,見ていくうちに,あの昼行灯チックなところが味だと思えてきます.一見のんびりと過ごしながら,20年も腐らず,都の様子を窺っていた頼朝という人間は,やはりすごい人物なのでしょう.そして,さすが中井貴一,うまい!北条時政・政子親子も,いい感じでした.財前直見の北条政子は凛々しく凄みもあり,ハマり役なのでは.今後の頼朝と政子のかけ引きが,楽しみです.

鞍馬山では,タッキーがまた飛んでいました.せっかくのジャニーズですから,どんどん飛んでください(笑)まだ先の話ですが,八艘跳びも楽しみだなぁ.

NHK「義経」HP http://www3.nhk.or.jp/taiga/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (2)

February 11, 2005

雑貨・茶ろん もも

宮城県石巻市と言えば,港町・寿司の町なのですが,おいしい喫茶店やおもしろいお店もけっこうあります.そんな魅力的なお店の一つが「雑貨・茶ろん もも」さんです.普通の民家をお店にしているので,こじんまりとしていて,まさに隠れ家という感じ.一度座ってしまうと,時間を忘れて何時間でも居られます(お店には迷惑かも・・・).

お茶は中国茶がメインで,種類が豊富.「こういうモノが飲みたい」と話すと,笑顔のステキな美人オーナー氏が,その時の気分や体調に合ったお茶を紹介してくれます.今日は,体の温まる「鉄羅漢」というお茶をいただき,ほっこりとした気分になりました♪

デザート類は少数精鋭でおいしく(期間限定のホワイトチーズケーキがお気に入り^v^),平日10食限定のランチもおいしく,人に教えたいような,秘密にしていたいような,大好きなお店なのでした.

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 10, 2005

MOW  ミルク&はちみつ

ようやく食べました,エスキモー「MOW(モウ) ミルク&はちみつ」.いつも通り,期間限定商品です.とにかく,はちみつの味が濃い!後味も,鼻から抜ける香りも,はちみつフレーバー.まったりとして,コクがあり,おいしいです.
ただ,個人的に,MOWはちょっと量が多い.特に今回は,はちみつの味が濃い分,一個食べるのはキツイです・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2005

やったぜ!大黒

W杯予選,北朝鮮戦,熱くなりました.
最後の大黒のシュート,すごかった!!感動です.
川口好きの私としては,川口もがんばっていてよかった^O^/
でも,北朝鮮戦でこれだけ苦労していて,この先ちょっと心配・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ポルテ 木いちご

「ポルテ」木いちご,ピンクの小分けパッケージを開けた瞬間,木いちごの香りがします.パクリと食べれば,口いっぱいに甘酸っぱい味.かなり酸味がきいていて,それがいい感じです.いちごではなく,木いちごにしたところが,good!でも,なんとなくいちごの味もするなぁ,と思い原材料名を見ると,「乾燥いちご」とありました・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2005

手仕事屋きち兵衛さん

夕暮れの雪道を走りながら,私は手仕事屋きち兵衛さんの「わすれ雪」を口ずさんでいた.昔,塾からの帰り道,父の車の中で聞いた曲.NHK新ラジオ歌謡で流れていた,渋~い,大人の失恋ソングなのだが,THE虎舞竜の「ロード」と同じくらい雪の降る夜道に似合う.もの悲しい手仕事屋きち兵衛さんの声が,ガキんちょの私の胸にも切なく響いたのだった.

この手仕事屋きち兵衛さん,現在も活躍されている.
HPはhttp://www.asama-tamanoyu.co.jp/kichibei/index.html

恋に縁のない現在の私には,このHPにある玉之湯さんの方が気になったりするのだが・・・いかんいかん,トキメキを忘れては!?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 06, 2005

義経第5回 タッキー飛ぶ

「五条の大橋」のタイトル通り,有名な五条の大橋の名場面.タッキー義経(遮那王)とマツケン弁慶が初めて出会います.タッキー,飛んでいましたね~♪かっこいいし,ドラマチックなのだけど,なんか笑えました.三輪さまから妖術も習っていたのですね.まぁ,演劇のような舞台装置も,映画チックというか演劇チックなところも「義経」の売りなのかな,と今回は思えました(「オペラ座の怪人」を見た後だからかな?).

毎回ですが,清盛役の渡哲也が迫力があってかっこいい.後白河法皇もいかにもタヌキという感じが出ているし,弁慶といい,次回登場の頼朝といい,脇を固めるベテラン俳優陣がいいです.そうそう,今日は丹波さんが出ていましたが,お痩せになったのではないでしょうか.

ベテラン俳優陣はいいのですが,若手女性陣がどうも今ひとつ.常盤ははまり役だと思いますが,静御前はずいぶん健康的だし,うつぼの足のサービスショットも何なんだ,という感じです.このあたりは,今後に期待したいところです.

| | Comments (2) | TrackBack (3)

February 05, 2005

映画「オペラ座の怪人」

ミュージカルではまだ観ていないのですが,ぜひ観たいと思っていた「オペラ座の怪人」,映画化されたと聞き,さっそく封切り初日に観に行きました(感想を書くのが遅くなりましたが).久々に満員の映画館,やはり女性客が多かったです.和服の女性もいて(映画のためかは知りませんが),気合はいっているなぁ,と感心しました.

物語は,廃墟と化したオペラ座で,老紳士と老いたマダムがオークションに参加する場面から始まります.オペラ座に縁のある品々が出品され落札される中で,いよいよあのシャンデリアが登場.迫力のあるテーマ曲と共に,シャンデリアは光を取り戻し,天上へ上昇します.そして,画面はモノクロからカラーの回想シーンへと展開.物凄い迫力!この映画のクライマックスはここではないかと思うほど,ゾクゾクしました.

全編を通して,音楽と舞台装置・美術が素晴らしかったです.フルオーケストラなのだそうで,音響のいい映画館で豪華な音をぜひ楽しみたいところ.ミュージカル映画なので,台詞の大部分が歌なのですが,役者さん達の歌唱力もあり,ミュージカルと映画を同時に楽しんでいる気分でした(ミュージカルが苦手な人には苦痛かもしれませんが).そして,映像がまさにファンタジーの世界.煌びやかな舞台上の世界も,怪人の闇の世界もどちらも美しいのですが,特に,クリスティーヌがオペラ座の地下にある怪人の住まいへ導かれる場面は,幻想的でうっとりしました.

加えて,クリスティーヌ役のエミー・ロッサムが,とてもよかったです.17歳という彼女の年齢が,少女の可憐さと女性の色気の双方を醸しだし,なんとも魅力的,とくに,口を半開きにしている表情にはドキドキしてしまいました(「デイ・アフター・トゥモロー」では,色気は感じなかったのですけど).クリスティーヌの友人,メグ・ジリー役のジェニファー・エリソンもおきゃんな可愛らしさがあり,いい味を出しています.

気になったことは,マスカレードの場面で,なぜクリスティーヌとラウルは仮面をつけていないのか,クリスティーヌの服装は雪の中で寒くないのか.それから,TVやDVDで日本語吹き替え版を作るのかも気になります.個人的には,字幕の映画で観るのが一番いいように思います.

さて,ラストシーン・・・はネタばれになるので書きませんが,ミュージカルとはエンディングが違うようです.怪人の愛が切なくて,泣けました.本当はブロードウェイで観たいけど,まず劇団四季の東京公演を観に行こうかしら,と思ったのでした.

おまけ・こちらのページもお暇でしたら見てくださいませ.
http://homepage2.nifty.com/chu-sroom/cinema_talk.html


| | Comments (11) | TrackBack (6)

February 04, 2005

「歌の翼に ピアノ教室は謎だらけ」

「歌の翼に ピアノ教室は謎だらけ」菅浩江著,を読んだ.ピアノ教師杉原亮子先生と教え子の子供達,亮子先生を取り巻く人々とが繰り広げる音楽ミステリー.おっとりしているのに鋭い亮子先生が小さな謎を解く短編集なのだが,一つ一つの話がつながり,最後には亮子先生の悲しい過去が明らかになる.個人的には第一話「バイエルとソナチネ」に出てくるダイチ君と松ぼっくりのエピソードが好きだ.殺人事件の起こらない,音楽の聴こえてくる,ちょっと異色のミステリーである.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2005

サンライズファームのソーセージ

ネットショッピングをするとつい浪費してしまうので,しばらく自粛していたのだが,久々にお気に入りのネットショップ「サンライズファーム」でお買い物をした.私が「サンライズファーム」で買う理由は,いつものごとく「安全」「健康飼育」などのキャッチコピー.でも,それだけでなく,ここのソーセージは,種類が豊富でおいしい.辛口のチョリソはビールのおつまみにぴったり☆他,シューマイも普通の冷凍シューマイより断然おいしいので,冷凍庫に入っていると朝ご飯や忙しい夜に重宝する.お惣菜やデザート類も豊富.買わなくても,HPを見ているだけで,なんとなく楽しくなるページなのである.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 01, 2005

義経 第4回

義経の第4回 「鞍馬の遮那王」,さらりと感想です.

滝沢秀明君の義経,案外しっくりきました.松平健さまの弁慶も,
こんなダンディな弁慶もいいかも,という感じです.弁慶が刀を
集めるようになった理由,初めて知りました.弁慶は,濡れ衣を
着せられて,比叡山を追放されていたのですね.

次回は,いよいよ五条の大橋の場面.楽しみだけど,あの月は
ないよなぁ・・・

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« January 2005 | Main | March 2005 »