« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2005

March 30, 2005

フレンチレストラン「ボートン」

3年間コンビを組んだ同僚が退職することになり,職場の送別会とは別に,二人で食事会をした.場所は,仙台市青葉区にあるフランス料理のお店「ボートン」.フランス料理だが,堅苦しくなく,値段が手頃で,こじんまりとしていて,女の子(?)同士でデートするのに雰囲気のいいお店だ.

今日はちょっとフンパツして,2,940円のコース.メイン料理に魚を選択したところ,突き出しが貝の香草バター焼き,オードヴルが魚介のサラダ,メインがすずきのソテーと,全て魚介料理で,魚介好きとしては嬉しい限りだった.デザートの盛り合わせでは,私と同僚の皿に違う種類のケーキとシャーベットが色どり良く盛られ,二人できゃあきゃあ言いながら味見をして楽しんだ.

夜はお互い別の職場の送別会.この時期になると,一つの職場に落ち着きたいなぁ,と思うのだった.

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 29, 2005

がんばれ!東北楽天ゴールデンイーグルス

実は私,東北楽天ゴールデンイーグルス のファンクラブに入会しています.
開幕戦の岩隈投手,惚れました(*^^*)
翌日の豪快な負け方も,新規参入らしくていいと思います.
あぁ,地元開幕戦のチケット,とればよかったかなぁ,当日券,販売しないらしいし・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2005

義経12回 「驕る平家」

みごとなまでに平家が主役の回で,ドラマとして面白かったです.病床の重盛と清盛とのやりとり,見入りました.今後,清盛の変貌していく様が想像できます.宗盛も,いいボンクラ振りを見せていました.

源氏方では木曽義仲が,なかなかかっこよかったです♪でも,悪者になっちゃうのよね(ため息).

あぁ,それにしても,前後に付けられた義経エピソードが,おまけに見えてしかたがありませんでした.

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 26, 2005

『攻殻機動隊』は難しかった

劇場作品『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』,劇場作品『イノセンス』を連続して観た.疲れた.主人公たちの使用する言葉についていけない.「ゴーストって何?」

とは言うものの,分らないなりに『GHOST IN THE SHELL 』は,面白いかもしれない,と思った.単純だが意味不明なテーマ曲が耳に残って離れないように,ストーリー内の何かの要素が心にひっかかり,不思議な後味が残る.1995年の作品で,おそらく当時のアニメーション技術を駆使していると思われる画像は,色使いの妙か,陰影のバランスか,独特の魅力がある.
『イノセンス』は,「『GHOST IN THE SHELL 』の続きを作りました」という感じ.敵の目的が人間的な分,スケールが小さく感じられた.アニメーション技術は進化しているが,個人的には職人技を感じる『GHOST IN THE SHELL』の画像の方が好きだ.

ちなみに原作の漫画も読んでみたが,アニメ以上に情報量が多くて,疲れた・・・.

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 24, 2005

小説「オペラ座の怪人」

映画「オペラ座の怪人」の流れで,「オペラ座の怪人」(ガストン・ルルー著 長島良三訳 角川文庫)を読んだ.感想としては,この小説をミュージカル,そして映画にしたアンドリュー・ロイド=ウェバーが凄い,という感じ.アンドリュー・ロイド=ウェバーは,ガストン・ルルーが小説に練り込んだ,不気味さ,豪華さ,美しさを,見事にビジュアル化し,「オペラ座の怪人」の世界をリアリティをもって描いている.
小説版の面白いところとしては,シャニー子爵の兄や謎のペルシャ人が物語の重要な役割を担っているところや,オペラ座の地下のからくり(?)や描写だろう.
しかし,読み終えるのに数日かかってしまった.小説版は何種類か出ているが,他の訳者で読むと,また違うのかもしれない.原語で読むのが一番なのだろうけど・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 22, 2005

法要

昨日,父方祖父の法要があり,数年ぶりに父の実家のある福島県二本松市へ行った.暖かく,よい天気で,安達太良山が雪化粧した姿を見せていた.

お寺でお経をあげてもらい,お墓参りをした後,親戚一同マイクロバスで岳温泉へ移動する.宿へ着いたのは14時半.温泉に入り,ビールを飲み,ゆったりとした時間を過ごす.18時,食事会が始まる.下は従兄の子ども2歳から,上は80歳を超える大叔母様まで,宴会場で一同席につくとなかなかの迫力だ.父親達はすっかり飲み会モード.子ども達は,すぐに食事に飽きて,カラオケで「アンパンマン」や「パンダウサギコアラ」などを歌いだす.久々に会う従姉妹や叔母達とビールを酌み交わしつつ,おしゃべりに花が咲く.二次会は,伯父夫婦の部屋で22時まで.その後,もう一度温泉に入って温まり,眠りについた.

しみじみと,こういうのもいいなぁ,と思う.年をとったせいなのだろうか.

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 20, 2005

フレンチレストラン,貸し切り

今日は私の誕生日.和食,イタリアン,スパニッシュ,いずれも捨てがたいが,ずっと気になっていたフレンチレストランで豪華に食事をした.

席数12,シェフと年配の小粋なマダムしかいない,こじんまりとしたレストラン.もちろんHPなんて無い.一応予約をしたのだが,今宵の客は私達夫婦だけの貸し切り状態.うーん,経営は大丈夫なのか?6500円のコースで,品数が全6品+パン,コーヒー,デザート,プチフール.一品一品は多すぎず,しかし手はこんでおり,ちょっとしょっぱいがおいしい.特に,人参のスフレと牛蒡の香りのする野菜のポタージュがおいしかった.メインのお肉は仔羊だったが,マダム曰く「お肉にも旬のようなものがあるんですよ,少し前だと鹿でしたね.」夫と「鹿,食べたかったねー.」

満腹で家に帰ると9時を過ぎていた.「義経」を見逃した!まずは,いつもTBしてくださる「悪七兵衛景清の今日の一言」や,「こんなの誰も読んでねぇだろうから好き勝手に書くぜ!!」にお邪魔しよう.

九州では,地震のニュース.昨年末は新潟の地震,数年前には私の住んでいる地域でも地震があり,とても気になる.場所は遠いが,何か力になれることがあれば,協力させていただきたい,と思った.

| | Comments (6) | TrackBack (1)

March 18, 2005

Meijiのチョコ菓子2種

ショパン
松本莉緒ちゃんと夏木マリさんのCMが印象的なショパン.1箱に8個しか入っておらず,高級感があります.サクッ,とパイで音をたてながらかじった一口目は,普通のチョコ菓子の印象でしたが,残り半分を口に入れてよく味わうと,なかなかおいしい♪パイの香ばしさ,プラリネショコラのとろける甘さ,パイとプラリネショコラをしっかり受けとめるチョコレートのPAN,3者のバランスがいい感じです.HPを見ると,なんと関西では昨年の秋口から販売されているではありませんか,ちょっとショックでした・・・

ブラッククリスプ
あまり宣伝をしておらず,箱も地味ですが,”ブラック”に惹かれて買いました.Meijiのチョコとしては甘さ控えめですが,”ブラック”と言うには甘いです.ただ,私,この手のパフチョコが好きなので,おいしくいただきました.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 16, 2005

ホタテのソテー赤ワインソース・・・のはずが

スーパーに行ったら,大ぶりのホタテの剥き身が氷の上に並んでいた.肝もヒモもついているし,身は真珠色.隣りには,殻つきホタテが山積み.まさに剥きたてのよう.値段も安くて,これは買い(貝?)でしょう.残りもののワインがあるし,エリンギとピーマンがあるし,今夜の献立は「ホタテのソテー 赤ワインソース」だわ☆
さっそく家に帰ったものの,何かと雑用をしているうちに,夕飯の準備が遅れてしまう.さらに,残りもののワインを少々(?)飲んだらボーっとしたようで,エリンギとピーマンを炒め忘れ,バター醤油で味付けをしたので,ただのホタテのバター焼きになってしまった.

☆なんちゃってな作り方☆
1)ホタテを軽く水洗いし,ペーパータオルでよく水気を切る.軽く,塩,コショウをふる.
2)フライパンを熱して,バターを溶かす.
3)ホタテの両面に焼き色がつくように焼き,ワインをかけ,強火で一気にアルコールを飛ばす.
4)醤油を少々たらして,出来上がり!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 15, 2005

キットカット3種

昨日のホワイトデー,夫がキットカットを3種類買ってきた.まだ食べていなかった「タカギオリジナル」,期間限定らしい「宇治抹茶」,そして3月7日発売の「ホワイト」.ぅわお♪おーっと!ツボをしっかり押さえられているヽ('O`;)/ 世の女性は,高級バックやらアクセサリーやらを貰っているだろうに・・・と思いつつ,さっそくバリバリと食べた.

タカギオリジナル
タカギオリジナルは他の2種より30円高い.パティシエ高木氏の名前代なのだろうか.まぁ,30円高いだけあり,安いお菓子にはあまりない独創的で高級感漂う味だ.パッションフルーツの酸味が,かなり効いている.好みはあると思うが・・・

ホワイト
実は,ホワイトチョコレートは甘い物が多く,好きではない.キットカットホワイトも,自分では買わないだろう.しかし,食べてみると思っていたよりは甘くなく,思っていたよりおいしい.Sakiさん曰く「中のウエハースにちょっとチョコテイストが残ってる」,なるほど~.


宇治抹茶
当たり前だけど,抹茶味のお菓子の味.「ホワイト」級の甘さなので,個人的にはもう少し甘みを押さえて,お茶の渋さを出しては,と思った.

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 14, 2005

「花とアリス」をやっと観た

「花とアリス」を観た.桔梗屋さんのブログなど様々な方の感想を拝見して,それなりの予備知識と先入観をもって観たのだが,ん~,なんだろう,このおもしろいような,おもしろくないような,妙な感覚は.笑えるようで笑えない,じーんとくるようで冷めている,ありそうでなさそうなストーリー,これが岩井俊二ワールドなのか!?うまく表現できないが,独特の感性は感じた.ちなみに,岩井監督は同郷の出身らしく,そう思ってみると,曖昧な色合いと空気感が分る気もした(勘違いかもしれないが).

| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 13, 2005

義経 第10回 「父の面影」

あれ,もう平泉に着いたのか,と少々驚きのうちにドラマが始まった.なんとなく先日読んだ『見仏記』の「寂しい浄土」という言葉が浮かぶ.「中央への対抗意識が,この平泉の贅沢な文化を生んだ.しかし,それが力によって裏づけられていた以上,彼らはなお一層滅亡をリアルに感じはしなかっただろうか.」(「見仏記」いとうせいこう・みうらじゅん著 角川文庫)それはともかく,相変わらず展開が早い.秀衡,そんな簡単に義経に打ち解けていいのか?一茂がイライラする気持ちがよく分る.政子と頼朝はイイ感じでデートしているし.もう少しタイム・スパンを絞って,じっくり心理描写をしてもいいのでは,と思ってしまう.それにしても,うつぼ,歩いて来たの?!さすが,あずみ!!

大河ドラマHP http://www3.nhk.or.jp/taiga/index.html

| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 12, 2005

眠る前のストレッチ

最近肩こりがひどいので,眠る前のストレッチを始めた.ストレッチ+腹筋+腕立て伏せをやっていたこともあったが,長続きしなかったので,5分くらいのストレッチと軽い柔軟体操だけにする.1週間続けて,ほんの少し肩がラクになった感じ.視力低下とか,ストレスとか,虫歯とか,様々な原因が考えられるので,そちらを解決(治療)した方がいいのかもしれないけれど,めんどくさい・・・.とりあえず,もう少しストレッチを続けてみるか.

| | Comments (8) | TrackBack (1)

March 10, 2005

「見仏記」を読んで,

私の記憶に残る最初の仏像は,平泉中尊寺の讃衡蔵にいた仏像だ(と思う).薄暗い建物の中に何体かの大きな仏像(”丈六仏”と「見仏記」にある)がいて,小学生の私を圧倒した.仏像ってイイ,と感じた.
思春期の頃,初めて奈良へ行き,中宮寺の弥勒菩薩半跏像に惚れた.この仏像の前に何時間でもいたい気分だった.
学生の頃,学会で京都へ行き,学会をさぼって寺社仏閣を巡った.一番感動したのは三十三間堂で,大勢のブツ(仏)に呆然とした.ここへは絶対また来る,と心に誓った.

そんな今までの仏像達との出会いを振り返らせてくれたのが,ナエマさんに紹介していただいた「見仏記」(いとう せいこう・ みうら じゅん著 )である.この本,ライトな仏像紀行で,面白い.ふんだんに盛り込まれたみうら氏のイラストと,いとう氏の軽快な文章にのせられて,一気に読み進む.が,実は仏像に関する知識満載,宗教と政治論まで語られていて濃厚だ.一気に突っ込んでのラスト「三十三年後の約束」は,小説家いとう氏の味が濃く出ていて,少し寂しく,爽やかな読後感を残した.

思えば最近,ブツ(仏)に会っていない.京都・奈良へも行きたいが,まずは岩手の成島毘沙門堂へ行きたいものだ.

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 08, 2005

チロルチョコ「きなこもち」

食べました,チロルチョコ「きなこもち」.箱買いをしたという友人の話を聞いて以来,食べたいと思っていたものの,なかなか見つけられずじまい.先日まほらさんのページを見て,食べたい気持ちが再燃.コンビニで,チロルチョコ「きなこもち」をGetしました.

パッケージを開けると,おぉ,きれいなキャラメル色.ん,何かきなことは違う,懐かしいにおいが・・・そう,アーモンドポッキ-のにおいがします.ワクワクしながら,まず半分かじろうとしたところ,歯が中の餅にひっかかり,そのまま一口でいってみました.すごいです,本当にきなこの味です.餅の部分のゼラチンでしょうか,最後に残るのが気になりますが,チョコレートでここまでやるとは,チロルチョコはすごい,と感動しました.ちなみに,かなり甘いです.


| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 07, 2005

虎屋のういろ

虎屋の栗ういろをいただいた.夕食後,緑茶を淹れて食べる.モチモチとした食感に,あぁこれがういろうね,と記憶がよみがえる.甘みが少なく,あっさりとしていて,個人的にはもっと甘い方がいいなぁ,と思った.ちなみに,ういろうは漢字で「外郎」と書くのだそうだ.

しかし,今日いただいて,賞味期限が明日とは,一人一日1/4本ノルマか・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 06, 2005

義経第9回 「義経誕生」

今日は,ナンチャンがよかった♪「新撰組!」のぐっさんはとてもかっこよかったけれど,ナンチャンの演技も負けていない.お笑いの人って,いい演技をする人が多くて感心する.
今回は,弁慶様の出番が多かった(これから先もかな?).喜三太に一の家来をとられての「くーっ」.もう,弁慶様ったら,おちゃめ☆しかし,まじめにしゃべると将軍様かと錯覚してしまう.

遮那王の元服は,ちょっと唐突な感じがした.名前は本当に自分で決めたのだろうか?唐突と言えば,政子も,いきなりそんなところで素っ裸?誰もいない場所だからって,襦袢ぐらい着ているでしょ(さらしは巻いていたのかも).そこに都合よく頼朝が現れるなんて,ありがちなパターンすぎはしないだろうか.

次回は,いよいよ高橋英樹が登場するらしい.大物俳優が次々と出てくる中で,義経タッキー,ファイト!!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 05, 2005

BABBIのチョコレート

実家へ行ったら,うちの夫へ,と母がチョコレートをくれた.気力がなくて,バレンタイン商戦のデパ地下へ赴けなかった私.う,嬉しい!さっそく,夫に開けさせて,しっかり半分いただく.
今回のチョコレートは,BABBI.東北に出店はないが,バレンタイン出店で購入したとのこと.イタリアの会社で,チョコウエハースが代表作なのだそうだ.
さっそくチョコレートコーティングされたウエハース,Viennesiをいただく.通常のウエハースより厚みがある.さくっとした歯ざわりなのに,ウエハースの間に挟まったクリームが柔らかく,ふわふわとした食感.おいしい♪ダークチョコレートのコーティングらしいが,クリームのせいか,かなり甘みがあった.ヘーゼルナッツクリーム入りのチョコレートCreminiも濃厚な甘さ.繊細でありながら,しっかり甘くしているあたり,さすがイタリア!な感じであった.

ちなみに,「高級チョコなんだよ」と言ったら,夫は「お返し,どうしよう?」と悩んでいた.

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 03, 2005

苦丁茶

最近お気に入りのお茶の一つ,苦丁茶(クチョウチャ,クテイチャ).その名の通り,苦味のあるお茶で,この苦味がクセになります.

ネット検索をするとかなりの記事がヒット.もしかすると流行っているのでしょうか?それぞれの記事を読むと,ダイエットに,花粉症に,血圧・コレステロールの低下,がん予防などなど,盛りだくさんの効能.ここまで書かれると,あやしいお茶じゃないのか~?と疑いたくなるので,読む前においしさを知ってよかった,と思いました.

男も女も,お茶もチョコレートも,苦味のある方が,魅力的でクセになるのかもしれません.

| | Comments (5) | TrackBack (0)

March 01, 2005

トッポ(苺のチーズケーキ)

学生の頃友人に勧められて以来,大好きなお菓子の一つになったLOTTEのトッポ(Toppo).チョコレートがしっかり詰まっているところが,いいんですよねェ.そんなトッポの春夏限定商品,苺のチーズケーキ味を買いました.まず,トッポなのにパッケージがクリーム色とピンクなのが新鮮.食べると,なるほど,苺とチーズケーキの味がします.チーズの味,苺の味共に,あまりきつくなく,シンプル.チョコトッポ同様,食べ始めると止まらなくなります.が,私は普通のチョコトッポの方が好きです.トッポ好きならば,TOPPO島へ.

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« February 2005 | Main | April 2005 »