« 桜の向こうの海 | Main | 小説『終戦のローレライ』 »

April 24, 2005

義経16回「試練の時」

前回の「兄と弟」,見逃しました。あちこちのブログを見ていると,いろいろあったようで,惜しいことをしたかも。個人的には,富士川の戦いが見たかったです。

さて,今回も政子ちゃん,活躍中。
いきなりの登場シーン,インパクトありますなぁ。って,義経,そこで花を渡したりしちゃダメでしょう。だから,「何か人を惹きつけるモノをもっている」などと,警戒されてしまうんです。人を惹きつける,と言っても,実際に周りにいるのは,相変わらずR.P.G.ばりの異装の面々+α数名なのに。
亀の前を追い出し,夫頼朝が源家の棟梁としての地位を確立して,政子ちゃんはもう尼将軍の威厳と迫力です。髪を整えて,お美しいし。でもちょっと,星野監督の奥様を想像してしまいました(^^;)

それにしても,都帰りを決めて夕陽を浴びて海を眺める清盛様,一気に老け込まれて哀愁が漂っておりました。渡哲也の演技,いいなぁ。

|

« 桜の向こうの海 | Main | 小説『終戦のローレライ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/3840082

Listed below are links to weblogs that reference 義経16回「試練の時」:

» NHK義経16回目 [悪七兵衛景清の今日の一言]
 今日は木曜日。中途半端な日だけど、義経感想アップ。  前回、「冷静な政治家」政 [Read More]

Tracked on April 28, 2005 at 10:34 PM

« 桜の向こうの海 | Main | 小説『終戦のローレライ』 »