« 義経16回「試練の時」 | Main | 高級食材福袋 »

April 27, 2005

小説『終戦のローレライ』

ブログを書く間も惜しみ,『終戦のローレライ』(福井晴敏著 講談社文庫)を読みました。
映画の宣伝の段階では,戦争&潜水艦モノに興味なし,という気分だったのですが,『文学賞メッタ斬り!』で「史上最大最強のガンダム小説」との評を読み,ガンダム好きのハートに火をつけられて,買いに走りました。

読み始めたら,止まりません。戦争モノって好きじゃないのですが,続きが読みたい!と,次々ページをめくってしまいます。悲壮感が漂っていて,ボロボロ涙はこぼれるし,花粉症と相俟って鼻水も止まらないし,辛いのですが,合間に笑わせてくれる部分もあり,うわっグロい,と思う場面もあれば,ほのぼのな場面もあり,物語の展開が巧みで,読ませるのです。キャラクターの描写も詳細で,大勢いる登場人物それぞれが,いわゆるキャラがたっている感じ。一人一人が魅力的で,感情移入できるのです。

とは言うものの,潜水艦用語や数字が連発される部分は苦手で,読み飛ばしていました。潜水艦用語と数字とドイツ語が無かったら,文庫本3冊で収まったのでは・・・。それから,終章。cooさんの意見に賛成で,くどいというか,無くていいかも。読者は本編から,終章で筆者が言いたかったことを感じとっているでしょう。

ぽうせさんが「宇宙戦艦ヤマト」っぽい,とおっしゃったのも分ります。戦艦とキャラの濃い軍人さんがいっぱいでてくるせいか,私は,田中芳樹の『銀河英雄伝説』を思い出しました。桔梗屋さんが映画の感想で「、“パウラと征人” の設定が 「ラピュタ」 の “シータとパズー” にそっくり」とおっしゃるのは,小説でも感じます。とくに,二人で見張りに上がったあたり(*^^*)

小説を読み,HPを見ると,映画版観てみようかな,とちょっと思いますけど,やはりDVDか地上波にしておきます。役所広司の絹見とか,堤真一の朝倉とか,おっ,清永は佐藤隆太!とか,配役はかなり魅力的ですけど.《伊507》をスクリーンで見たい気もしますけど。
フリッツに萌♪の私としては,映画「ローレライ」にフリッツがいないのは,寂しいような,ホッとしたような。頭の中で極度に美化しているため,フリッツ役に合う役者さんが浮かばないのです。勝手なイメージとしては,藤原竜也君とブラット・ピットを足して,福山雅治で割ったような感じでしょうか??

こんなにワクワクしながら,本に夢中になったのは久しぶり。とにかく,ローレライに魅了された数日でした。

|

« 義経16回「試練の時」 | Main | 高級食材福袋 »

Comments

フリッツに適役な役者さんですか~!
うーーーん σ(--#) 難しいなぁ。。
オダギリ君じゃ役不足・・・・・・・か?? (^^;
堤さんの傍に陰の様にひっそり佇んでる少年がいて、最初は
彼がフリッツかと思ってたんですがね~。 (違いましたぁ)

「伊507」 はなかなか良く表現出来てたと思いますヨ。
なるほどね! って感じ(*゚ー^)b

「亡国のイージス」 も映画化されるみたいですね。
今度も豪華キャスト!

Posted by: 桔梗屋 | April 27, 2005 at 11:24 PM

オダギリジョーですか。なるほど。
好きですけど,もう一息という感じでしょうか?

「亡国のイージス」のキャストも,発表になっているのですね。
さっそくチェックしてみます!

Posted by: ヒロ子 | April 28, 2005 at 04:24 PM

フリッツでないのね(^^; と今頃気がつく・・。
道理でキャスト探してもないはずだった。というおまぬけさです。
オダギリジョーは好みですが、そうですねー。もうちょっと非情さがほしい感じでしょうか・・。

それにしても、ヒロ子さま。
大森望に、ハガレンに見仏記とはっ!すばらしいl同じ路線です。

Posted by: coo | April 30, 2005 at 08:03 PM

>cooさま
同じ路線でしたか!
今後とも,よろしくお願いします♪

Posted by: ヒロ子 | April 30, 2005 at 08:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/3886094

Listed below are links to weblogs that reference 小説『終戦のローレライ』:

» ローレライ [Rohi-ta_site.com]
ビデオで役所広司、柳葉敏郎、妻夫木 聡、香椎由宇、出演の「ローレライ」を観ました。 ●ストーリー 1945年8月、広島に最初の原子爆弾が投下されて間もなく、海軍軍令部作戦課長の浅倉大佐(堤 真一)は、かつての名艦長で現在は閑職に回されていた絹見少佐(役所広司)を呼び出すと、ドイツ降伏後、日本海軍が密かに入手していた潜水艦「伊507」の艦長に任命し、日本を救うため原爆を積んだ爆撃機が離陸するテニアン島への奇襲攻撃を命じる。 定員にも満たない、寄せ集めの乗組員達を厳しい訓練で鍛えながら..... [Read More]

Tracked on August 26, 2005 at 12:59 PM

« 義経16回「試練の時」 | Main | 高級食材福袋 »