« 石巻しみん市場 | Main | 家で焼肉 »

June 12, 2005

義経:23回 「九郎と義仲」

神出鬼没のうつぼ,義経に対する追っかけ精神は見上げたモノです。なのに,静にとられちゃうんだよね,義経にとっては,しょせん都合のいい追っかけなのかしら(ため息)。

義仲は,伝説通りの乱暴で,単純で,真っ直ぐな男らしい。一番に都に入って「頼朝に勝った!」と喜んでいるし。義高への「すまぬ」も,義仲らしく,ウルウル。
そんな義仲に「都を頼む」と言いながら,頼朝に手紙を送っちゃう後白河院って,これまたセオリー通りのイヤなやつ~,なのだけど,院の誘いをお断りしようという頼朝は,したたか。まさに,狸と狐です。おいおい,政子,そんな頼朝を頼もしそうに見るなよ。

それにしても,安徳帝,お上品なお顔で可愛らしいわ♪

|

« 石巻しみん市場 | Main | 家で焼肉 »

Comments

TBとコメントありがとうございました♪
義仲様オンパレードな今回でありました(ちょっと強引かな)♪まっすぐでワイルドさ満々の義仲様ですが我が子・義高さまのことになるとさすがに目がほころんで下りましたね♪

Posted by: ちこりん | June 14, 2005 at 11:56 PM

すいません,TBはしていません(^^;)

ワイルドな義仲&巴,大好きなんです♪♪
でも,そろそろ討たれちゃうのかしら。つらい・・・

Posted by: ヒロ子 | June 15, 2005 at 05:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/4526471

Listed below are links to weblogs that reference 義経:23回 「九郎と義仲」:

» ●源義経●〜賂伊勢三郎義盛(1)〜義経との出会い [源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために>]
『義経記』によると、義経と賂伊勢三郎義盛との出会いの経緯はつぎのように書かれています。 源氏再興のために挙兵を決意し、奥州平泉の藤原秀衡を頼ろうと東国へ下っていた、義経は、下総の国(現在の千葉県北部と茨城県南部)の下河辺まで来たところで、鞍馬時..... [Read More]

Tracked on June 14, 2005 at 11:50 PM

« 石巻しみん市場 | Main | 家で焼肉 »