« カントリーマアム(アソート) | Main | 家でお好み焼き »

June 19, 2005

義経:24回「動乱の都」

今回は,やはり木曽殿が主役,と言えるだろうか。法皇をも恐れぬ横暴ぶり。でも,知康を馬鹿にする義仲も,旭将軍となった義仲も,切ない・・・。それにしても,もう少し,巴の豪快な殺陣シーンが見たいなぁ。

そして,相変わらず単純な義経君。
木曽殿の横暴を諌めようと思ったのか「今一度,木曽殿におめにかかる」と言ってみたものの,義経大好き郎党軍団の熱気にやられて「もうよい」ってか。最後には,あっさり「木曽殿,お覚悟あれ」なんて言っているし。おいおい。

頼朝の後ろの屏風が気になる。あれって,四天王かしら?足元まで映らないので,邪鬼を踏んでいるかどうかも分らない。

次回の予告,あっ,お母さん?!

|

« カントリーマアム(アソート) | Main | 家でお好み焼き »

Comments

ちょっと義経の単純さにあきれました・・・。

Posted by: ryi | June 19, 2005 at 10:29 PM

なんかマンガチックですよね。

Posted by: ヒロ子 | June 20, 2005 at 08:15 PM

頼朝の後ろの屏風、ワタシも気になってました。不動明王かなとも思ったんですが・・・

Posted by: ぱるぷんて海の家 | June 21, 2005 at 10:48 PM

あ,不動明王も考えました。
4枚組なところで,安易に四天王かと。
どこかに,答えが書いていないかしら。

Posted by: ヒロ子 | June 22, 2005 at 08:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/4622970

Listed below are links to weblogs that reference 義経:24回「動乱の都」:

» 義経第24話 [こんなの誰も読んでねぇだろうから好き勝手に書くぜ!!]
今回は義仲を討つ為の名分をつづる話でしたね。 木曾軍勢の都での所業に対して義仲の [Read More]

Tracked on June 19, 2005 at 10:05 PM

» 義経24こんな上司持ちたくない [ぱるぷんて海の家]
おっと、でました。冒頭からいきなり「雲隠れの名人」「日本一の大天狗」などと云われております。そりゃもう妖怪軍団ですから、尋常なことでは誰も太刀打ちできません。手練手管権謀術数魑魅魍魎伏魔殿すべてボス妖怪法皇のためにある言葉ですから。 義仲と行家の関係が... [Read More]

Tracked on June 19, 2005 at 10:15 PM

» 大河ドラマ 「義経」 動乱の都 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
日本一の大天狗、後白河法皇の本領がいよいよ発揮されてきました。 [Read More]

Tracked on June 19, 2005 at 10:33 PM

» 動乱の都。 [徒然日記]
いきなり九郎は巴の軍勢(って言うほどの人数ではないが)襲われた(゜o゜)しかし義 [Read More]

Tracked on June 20, 2005 at 06:56 AM

» 後白河一座新作興行 [日々是平安]
『義経』第24回「動乱の都」 久々に後白河一座大活躍で、大大満足な今回のお話でありました なかでも圧巻は、そそのかし親父行家をそそのかす 後白河一座十八番の猿芝居 「都の荒廃いとも悲しきことである・・・」 「その責めは義仲にあると思うがいかがじゃ?...... [Read More]

Tracked on June 20, 2005 at 03:54 PM

» ●源義経●〜陰陽師女鬼一法眼登場(1)〜兵法書の奪取 [源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために>]
無事、奥州に到着し、藤原秀衡に対面した義経でしたが、兵法の取得のために、京都へ引き返すことになりました。まずは、『義経記』によって、大体のあらましを述べてみます。 京都の一条堀川に住む陰陽師、女鬼一法眼は、代々帝が秘蔵していた兵法書『&#63814..... [Read More]

Tracked on June 21, 2005 at 10:43 PM

« カントリーマアム(アソート) | Main | 家でお好み焼き »