« 家で焼肉 | Main | カントリーマアム(アソート) »

June 14, 2005

『阿修羅ガール』

タイトルと裏表紙(文庫本)から,SFだと思っていたのですが,びみょーにSFくさいのですが,でもSFではないようです。やはり,三島由紀夫賞受賞作なのです。

別に舞城王太郎が好きなわけではない,というか,暴力的で好きじゃないのですが,今回も読み始めると止まりません。

なんなんだ,この読点の無い文章は!カタカナ英語は!!ぶっとんでいるストーリーは!!!
とブツブツつぶやきシローになりつつ,最後まで読んで,う~ん,と唸ってしまいました。

舞城作品の特徴か,女の子が主人公ですが,ハードボイルド。訳わかんないけど,哲学を感じさせるあたり,さすが春樹チルドレン。主人公の自己チユ―ワールドで,佐野も,アルマゲドンも,グルグル魔人も,結局どーでもいいんだよね,の自己完結なのでしょうね,きっと。
と,私も,自己完結。

『阿修羅ガール』舞城王太郎著

|

« 家で焼肉 | Main | カントリーマアム(アソート) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/4553364

Listed below are links to weblogs that reference 『阿修羅ガール』:

« 家で焼肉 | Main | カントリーマアム(アソート) »