« 義経:29回「母の遺言」 | Main | 義経:30回 「忍び寄る魔の手」 »

July 30, 2005

「STAR WARS EPISODE Ⅲ」 ~ヒーローになれなかった理由~

「STAR WARS EPISODE Ⅲ」を観ました。

オープニングの分離主義者軍との戦闘シーンで、一気に「STAR WARS」の世界へ引き込まれます。VFXを駆使した映像は、「STAR WARS」の醍醐味と言えましょう。宇宙空間での、戦闘機による戦闘シーン、思わず敵の攻撃を避けようと体が動きます。もちろん、ライトセーバーを用いた戦闘シーンも、迫力がありました。マスター・ヨーダファンの私としては、マスター・ヨーダとダース・シディアスとの一戦に、かなり興奮しました。マスター・ヨーダ、飛び跳ねていますし。そして、大詰め、惑星ムスタファーでのオビワンとアナキンとの師弟対決。手に汗を握り、オビワンの「選ばれし者のはずだったのに」の叫びに、涙しました。

結果的には、アナキンの子供達がフォースにバランスをもたらすのですが、アナキンはヒーローになれず、ダークサイドに落ちてしまいます。アナキンがヒーローになれなかった理由、それは力を手に入れようとした動機にあるのかもしれません(→『バットマン ビギンズ』~ヒーローになるために~)
アナキンが母の死と遭遇するのは、ジェダイの修行を始めてからであって、愛する者の死をバネに、力を持つ者になろうとしたわけではありません。自由の身になるため、夢を叶えるため、いつか愛する母を自由にするため、そして美しい姫を守るため。喪失からの出発ではなく、自由とフォースと愛を得ての出発(クワイ=ガン・ジンは死んじゃいますけど)。だからこそ、失うことへの不安がつきまとったのかもしれません。

トリロジーDVD-BOXが発売されましたが、きっと来年には6巻揃ったセットが出るはず?その時は、購入して、Ⅰ~Ⅵぶっ通しで観たいものです。

スター・ウォーズ オフィシャルサイト http://www.starwarsjapan.com/
よろしければこちらもどうぞ http://homepage2.nifty.com/chu-sroom/cinema_talk.html

|

« 義経:29回「母の遺言」 | Main | 義経:30回 「忍び寄る魔の手」 »

Comments

苦悩しながらダークサイドに墜ちていくアナキン、観ていて可哀想でした。
若い世代になるとエピソード1~3をみてから4~をみる人もいるんでしょうねぇ。リアルタイムで4~6をみた世代とは、また印象が違うかも知れません。

Posted by: ぽうせ | July 30, 2005 at 11:40 PM

一応、リアルタイム世代の端っこにはひっかかっているのですが、当時は、実写SFには興味がありませんでした(もっぱらSFアニメ専門で^^;)
リアルタイムで、当時の「STAR WARS」旋風、感じたかったです。

Posted by: ヒロ子 | July 31, 2005 at 07:56 AM

あ~!!!
読みたいけど、読んだらネタが判っちゃう~(;´▽`A``
激しいジレンマに身悶えてます。。
早く見に行きたい!!!
(けどまだいっぱいだろうなぁ)

Posted by: 桔梗屋 | July 31, 2005 at 09:42 AM

きゃぁ、桔梗屋さん、すいません~!
確かに、読んだら、ネタが判っちゃうかも。

観るなら、やはり指定席が安全でしょうね。

Posted by: ヒロ子 | July 31, 2005 at 06:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/5233705

Listed below are links to weblogs that reference 「STAR WARS EPISODE Ⅲ」 ~ヒーローになれなかった理由~:

» イベントムービー完結! [イーハトーヴの森]
28年間に渡って一部の映画ファンを熱くさせてきた人気シリーズ、「スターウォーズ」 [Read More]

Tracked on July 30, 2005 at 11:41 PM

« 義経:29回「母の遺言」 | Main | 義経:30回 「忍び寄る魔の手」 »