« 義経:第40回 「血の涙」 | Main | 炭歯ブラシ »

October 10, 2005

木酢液

昨年の冬、冷え性に加えて、肘や膝がカサカサになる乾燥肌に悩まされた。そこで使い始めたのが、こちらの竹酢液。
安心の竹酢液(小)
いぶしたような竹の香りは、気分をリラックスさせてくれるし、身体も温まる感じがする。使い勝手は良いのだけれど、お値段が高め。代替できるものはないかと探して見つけたのが、木酢液だった。
精製木酢液500ml
なんと、竹酢液の半額!匂いは竹酢液より、ややキツめ。でも、慣れてくると、この燻製のような匂いがいい。いまひとつ何に効いているかは分からないが(害は…無い、よね?)、なんとなくハマって一年近くになるのだった。

ちなみに知人は、木酢液をハーブにかけると害虫がつかない、と言っていた。

|

« 義経:第40回 「血の涙」 | Main | 炭歯ブラシ »

Comments

メンテナンス、終わったようですね★

私の場合は 「かかと」 のガサガザ。
それも季節に関わらず一年中なんで本当に困りもの。。
上の 「竹酢液」 ですが、お湯に対してどのくらいの割合で使うものなのでしょうか?
たとえば足首から下だけの場合、洗面器一杯のお湯にならキャップ何杯ほど入れればいいのかしら?

Posted by: 桔梗屋 | October 11, 2005 at 04:16 PM

>桔梗屋さま

かかとのガサガサ、分かります。肘、膝より強烈ですよね。
残念ながら、毎晩、木酢液のお風呂に入っていますが、悪化はしないものの、改善もしていません。
参考までに
竹酢液だと一回分のお風呂約150リットルにキャップ4~5杯
木酢液だとキャップ1~2杯
なので、洗面器だったら、1/2くらいで十分では。でも、足だけなら、濃くても大丈夫かもしれませんね。

Posted by: ヒロ子 | October 11, 2005 at 05:51 PM

木酢液はバラ栽培などで有名になったようですが、俗説があるようですね。
どれが正しいのかわからなかったので、使うのやめちゃいました。

Posted by: ハナ | October 11, 2005 at 11:09 PM

>ハナちゃん

知人は、バジルにアブラムシがつくのを防ぐために、使っているようです。バラもアブラムシよね。
一応、効果があった、と言っていたけど。

Posted by: ヒロ子 | October 12, 2005 at 08:15 PM

あくまで俗説で、正確なネタではないのですが、園芸用の木酢液は発ガン性物質が含まれているようです。
食べるためのものには、使用しない方が良いのではないでしょうか?
発ガン性物質除去と書かれていても虫除けに効果が在ったのであれば、なんからの成分が残っているハズという俗説を聞きました。

Posted by: ハナ | October 13, 2005 at 01:08 AM

↑この発言は問題があれば削除してください。

Posted by: ハナ | October 13, 2005 at 01:09 AM

>ハナちゃん

なるほど、いくつかHPを見てみると、たしかに成分にホルムアルデヒドなどが含まれているらしい。加えて、粗悪品を売る業者もあるようで、気をつけたほうがいいらしい。

口に入れるものに使うのは、気をつけた方がいいみたいね。

Posted by: ヒロ子 | October 13, 2005 at 05:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 義経:第40回 「血の涙」 | Main | 炭歯ブラシ »