« 冬トリュフ | Main | 貴洋飯店 »

November 27, 2005

義経:第47回 「安宅の関」

前回の静ちゃんに続き、今回は武蔵坊弁慶殿に魅せられました。

そもそも、マツケン殿、山伏姿が似合いすぎです。
将軍様より、凛々しく、逞しいですぅ。きゃっ☆

自分で描いた仏像の巻物を眺めながら、義経との出会いを語る弁慶。勧進帳への伏線だと分かりつつ、一途な弁慶の思いに、この時点から少しウルッときます。

一夜の宿を借りた家の妻女が巴殿というのは、出来すぎた話ではありますが、巴殿@小池栄子ファンの私なので、歓迎しましょう。「諦めぬことじゃ。さすれば道はありましょう」と振り返るもよ殿(巴殿)、いいお顔でした。

さて、安宅の関。富樫殿は酔っ払いのクセに、勘が鋭いらしい。この一行は、九郎判官の一行だろうと疑います。
「二三日留まれよ」「東大寺再建の勧進をしているので先を急ぎます」「勧進帳を見たい」「見せられませぬ」「では聴聞させよ」緊張感のある弁慶と富樫殿のやりとり。メモも忘れて、画面に見入ります。

そして「造東大寺大勧進」を朗々と読み上げる弁慶。

しかしまだ、富樫殿は諦めてはいませんでした。義経の胸に差した笛を目敏く見つけ、山伏ならば法螺貝を持つはず、なぜ笛なのかと問い詰めます。弁慶、難しい顔になり「また盗み癖がでたな!」義経を地面に倒し、金剛杖で何度も打つのでした(音楽)。弁慶の心中を察してか、義経への同情か、その様子に目を潤ませる富樫殿。ついに義経一行が関を通ることを許すのでした。

その後、機転を利かせたとは言え何度も義経を打ったことを詫び、「武蔵坊、殿のおんためのみを考えて生きてきました」と号泣する弁慶。豪快に泣く姿も、様になっています。

残すは2回。って、あと2回で終るの?最終回、どうなるの??

|

« 冬トリュフ | Main | 貴洋飯店 »

Comments

弁慶、熱演でしたねぇ。
さすが、マツケン。

Posted by: ryi | November 27, 2005 at 11:26 PM

勧進帳!今年の大河ではベスト5内に入るほどのすばらしさでした♪やはり芸達者のマツケンならではの演じ方でした♪

これで歌舞伎などを見てみたい・・・と思う人もいるのではと♪

Posted by: ちこりん | November 28, 2005 at 06:48 AM

>ryiさま

マツケン、キャリアの貫禄ですね。

>ちこりんさま

たしかに、私もまず、歌舞伎の勧進帳が見たいと思いましたよ♪

Posted by: ヒロ子 | November 28, 2005 at 07:06 PM

コメントありがとうございました。
弁慶泣かせましたね。

大河ドラマ、ならびに歴史モノは、子供の教育、大人の教育の題材として使ってほしいぐらい、考えさせられますよね。

あと二回、しかと観ましょう!

今後もよろしくお願いします。

Posted by: 「感動創造」 | November 28, 2005 at 09:09 PM

>「感動創造」さま

なんだかんだあっても、NHKの番組は勉強になりますよね。
こちらこそ、よろしくお願いします~☆

コメント、ダブっているので1つ消しますね。

Posted by: ヒロ子 | November 28, 2005 at 09:38 PM

こちらへのコメントを書かずに、すみませんでした。
マツケンさんも石橋さんも、実に良かったです。
マツケン弁慶は、落ち着いたキャラであって欲しかったです。
後2回、このままのレベルを保って欲しい~!

Posted by: U2 | November 30, 2005 at 08:12 AM

>U2さま

いえいえ、お気になさらずに^^
余裕のある時にコメントを書いていただければ、嬉しいです。

4回連続で高レベルの維持、できますでしょうか、
乞うご期待、ですね。

Posted by: ヒロ子 | November 30, 2005 at 08:40 PM

義経にコメント何時も有り難う。

48回にTBしに来ました。

書いてる時文字が化けるのは私の使う
インタネットエクスプロラーのせいです。

文字変換をスペースキ−でチェックするので
もどかしいのが残念です。♡

Posted by: patra | December 05, 2005 at 06:16 PM

義経にコメント何時も有り難う。

48回にTBしに来ました。

書いてる時文字が化けるのは私の使う
インタネットエクスプロラーのせいです。

文字変換をスペースキ−でチェックするので
もどかしいのが残念です。♡

Posted by: patra | December 05, 2005 at 06:16 PM

>patraさま

文字化けで大変なのに、コメント、ありがとうございます♪

昨日も外で『義経』を見たので、記憶を頼りに記事を書こうか悩んでいるところです。予告編を見た限りだと、最終回に一抹の不安を感じます。

Posted by: ヒロ子 | December 05, 2005 at 07:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/7349234

Listed below are links to weblogs that reference 義経:第47回 「安宅の関」:

» 義経47泣かせてくれる勧進帳 [ぱるぷんて海の家]
先週は突然体調崩し中途半端でしたが、今日は快調。 「安宅の関勧進帳」はワタシの脳内大河義経の中では、ベスト3にランクインされてる名場面です。この勧進帳は、そんじょそこいらの役者では、とても演じられないほどの演技力を必要とする、役者の本懐とも云える見せ場で....... [Read More]

Tracked on November 27, 2005 at 09:44 PM

» 大河ドラマ 「義経」 安宅の関 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
奥州平泉に向かう義経一行。 しかし、まだまだ前途は多難です。 [Read More]

Tracked on November 27, 2005 at 11:41 PM

» 義経 第47回「安宅の関」 [みはいる・BのB]
前回から怒涛の勢いで盛り上がってきました!(笑) 今回の主役はマツケン弁慶さん。 オープニングでも中井頼朝よりも上の扱い。 (一番最後にクレジット) [Read More]

Tracked on November 28, 2005 at 12:06 AM

» 第47回 「安宅の関」 [TOSUのブログ]
ドラマの冒頭のナレーションで、「一世一代の大芝居をうつ!」とか言っていましたが、皆さん、どうでしたか でも、富樫泰家(石橋蓮司)に気づかれてますからね… 芝居としては、成功はしたのか微妙な所です。 さて、始めに戻りますが、巴(小池栄子)生きていまし....... [Read More]

Tracked on November 28, 2005 at 01:26 AM

» 義経「安宅の関」 [Patra Ichida @ Blog]
ありがとう、石橋蓮司さん! 観終わって叫んだ私に息子夫婦が笑いながら「脇で随分助かっているよね、良かったよ!」と言ってくれました。 久しぶりの夕食を一緒に下で食べるには「義経」が始る前に椅子に座ってね、と内線電話をしたくらい最後の追い込みです(笑)。が今....... [Read More]

Tracked on November 28, 2005 at 03:47 AM

» 義経「勧進帳(安宅の関)」に感動! [「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
大河ドラマ「義経」も終わりに近づいてきた。 今回、終盤の見せ場であり、歌舞伎で人気の「勧進帳(安宅の関)」だっただけに、触れずにはいられない。 実は、「義経記」にはこの話はでてこない。別の話をアレンジしてできたのが、歌舞伎の「勧進帳」である。 大河では、4...... [Read More]

Tracked on November 28, 2005 at 05:13 AM

» 静の舞(3) [源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために>]
梁静、男子を産む この時静は妊娠しておりました。それから四ヶ月後の7月29日、男の子を出産。義経の子です。しかし、生まれた子は男の子だったため、頼朝は将来を恐れて殺すことにし、安達清経にその子を由比の浦に棄てよと命じました。 安達が赤子を受け取ろう..... [Read More]

Tracked on November 28, 2005 at 06:46 AM

» 『義経』「安宅の関」 [バガボンド・ブログ(漫画、ドラマの感想)]
弁慶が初めて賢く見えたよ(笑)。いや……松平氏じゃなくって、このドラマの弁慶クン。なんだか、今まで義経と喧嘩しちゃって、漁師の女の家へ押しかけて行ってワーワー泣いたり、阿保かとずっと思ってたから、本当に今回は賢く見えました! 前回から、打って変わってのレベルの高さ。このまま最終回まで本当に持続して欲しいっす!  えっと、最初から感想を書いて行くと、山伏衣装がだいぶ汚れたわね。しかし、室内で上着を脱いでも、山伏スタイルの頭にくっついてるヤツは取らないんだね。取ってはいけない物なのか? はたまた鬘と一... [Read More]

Tracked on November 29, 2005 at 01:02 AM

» 武蔵坊弁慶と富樫泰家(忠義の心と武士の情け) [劇団たぬきの元気が出るブログ]
今日のNHK大河ドラマ・義経第47回「安宅の関」より。 久々に“役者”のすごさを見たような気がします。今日は松平健と石橋蓮司のすごさに尽きましたね。 松平健は「武蔵坊弁慶」役 石橋蓮司は「富樫泰家」役 その前に、今回の大....... [Read More]

Tracked on December 02, 2005 at 01:19 PM

» 安宅の関 勧進帳 弁慶・義経・富樫の銅像 石川県小松市 [吠えて勝つ]
勧進帳で有名な、石川県小松市の安宅の関を訪れた。日本海の海岸沿いにあり、傾いた松が情緒的な雰囲気である。安宅の関跡に弁慶、富樫、義経の立派な銅像があった。これらは本人というより歌舞伎役者がモデルとなっているらしい。弁慶→七代目松本幸四郎富樫→二代目市川...... [Read More]

Tracked on March 12, 2006 at 09:02 PM

« 冬トリュフ | Main | 貴洋飯店 »