« 義経:46回「しずやしず」 | Main | ル・マンジェ »

November 21, 2005

片付けしたくなる本

『ガラクタ捨てれば自分が見える』風水整理術入門(カレン・キングストン著 田村明子訳)を読みました。

著者の主張は、明快。「身のまわりの整理整頓をすることによって、人生の整理整頓を行なうということ。」
もう少し詳しく言うならば、不要なガラクタ・いらない物を溜め込むと、エネルギーが滞り人に悪い影響を与えるから、不要なガラクタを整理しましょう、ということ。
ごもっとも、です。

片付けなくちゃと思いつつ、片付けられない物、物、物。
この本を読むと、そんな物を片付けてみようかしら、という気分になります。そして、いつか使うかもしれない、思い出の品だから捨てられない、などのこだわりや罪悪感ごと、さよならすることができます。

というわけで、私もいくらか片付けをしてみたのですが、さすがガラクタは手強い。かなり捨てたつもりでも、部屋全体の見た目は全然変わりません。もっと大掛かりに捨てなきゃいけないのかと思うと、う~ん、大掃除か、次の引越しがチャンスかしら。

|

« 義経:46回「しずやしず」 | Main | ル・マンジェ »

Comments

> エネルギーが滞り人に悪い影響を与えるから
という一文に Σ(O_O;) Shooooock!!!!!

溜まりまくってますよ、ウチ。。(;´▽`A``
引越しに備え、今年の大掃除はいつにも増してガラクタがわんさか出そうです。
「迷わば捨てろ」 ですネ★

Posted by: 桔梗屋 | November 22, 2005 at 11:40 AM

>桔梗屋さま

引越しこそ、チャンスです!
普段の掃除では、捨てられない物もどど~んと?!
我が家も、いずれ来る引越しに向けて、少しずつ準備しないと^^;

Posted by: ヒロ子 | November 22, 2005 at 09:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 義経:46回「しずやしず」 | Main | ル・マンジェ »