« 義経:第47回 「安宅の関」 | Main | ちょっとだけミーハー »

November 29, 2005

貴洋飯店

今年、石巻市中里にオープンした貴洋飯店。
料理人は中国の方らしく(オーナーもかしら?)、時々客席に中国語が聞こえてくる。
味も、たぶん本場の味(行ったことがないので分からない)。かなりクセのある、クセになる味だ。

私好みなのは、餃子。焼き餃子も水餃子も、大きめでジューシー。焼き餃子はニラがたっぷりで、ぷりぷりのエビが入っている。水餃子は皮がもちもちしていて、上品ぶって半分だけ噛んだら、汁がテーブルにぷしゅっ、とこぼれた。

四川風坦々麺は、ラー油と山椒の効いた独特な味。かなり酸っぱ辛く、スープを飲もうとしてむせた。ラー油で赤いスープに、山椒、ネギ、鷹の爪、ニンニクなどが浮いている。初めて食べた時は、これは口に合わないと思ったのだが、再挑戦した時は、案外イケると思った。

デザートも、本場の味(たぶん)。香港式豆腐デザートは、杏仁豆腐かと思って注文したのだが、本当の豆腐が蜜に入っているのでびっくり。八宝ミルクデザートも、勝手にフルーツのミルク和えを想像していたのだが、穀物のミルク和えでびっくり。コーンなどが入っており、前菜にもなるような味だった。

チャーハンなどはあっさりとしていて落ち着く味だが、サプライズな味も多く、しばらく楽しめそうな店である。


追記:
現在営業していないようです。

  

|

« 義経:第47回 「安宅の関」 | Main | ちょっとだけミーハー »

Comments

一瞬、たかひろ飯店かと思いました。
餃子消費量全国一位の町で育った私としては、気になるお店ですね。
今度、場所を教えてください。

Posted by: ハナ | November 30, 2005 at 01:30 AM

「本場」 と言いながらも日本人好みに仕上げてる店が多い中
なかなか貴重なお店ですね。
激辛好きの旦那にはここの坦々麺、かなり合いそうな感じ★
プリプリジューシーな水餃子・・・・・・・・あ~! 食べたい!!

Posted by: 桔梗屋 | November 30, 2005 at 11:59 AM

>ハナちゃん

たかひろ、なるほど~。
餃子は中国の家庭の味なのかなって感じでした。好みはあるでしょうね。
場所、分かりづらいかも。今度、教えます。

>桔梗屋さま

日本人の好みに迎合することなく、今の味を貫いてほしいものです。
ご主人様、辛酸っぱくても大丈夫でしょうか?
宮城出張の時は、ぜひ?!

Posted by: ヒロ子 | November 30, 2005 at 08:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/7382545

Listed below are links to weblogs that reference 貴洋飯店:

« 義経:第47回 「安宅の関」 | Main | ちょっとだけミーハー »