« 千秋真一指揮 R☆Sオーケストラ | Main | 疲れました »

December 18, 2005

『義経』宮尾登美子

日曜日ですが、もう今夜は『義経』の放送がありません。。。

『宮尾本 平家物語』と共に大河ドラマ『義経』の原作となった『義経』(NHK出版)を読みました。

宮尾登美子さんが義経について語る軽めの読み物で、大河ドラマ『義経』の義経に関する部分の基となっており、さらりとおさらいするのにいい感じです。
幼子3人を連れて雪道を歩く常盤御前…稲森・神木コンビは絵のように美しかったなぁ、とか。
渡哲也の清盛公は人間味があったなぁ、とか。
もちろん、”うつぼ”ちゃんは登場しません。

これを読むと、今回の大河ドラマ中の義経像を理解できるような気がします。
例えば、「大きな愛情で自分を抱擁してくれる、と感じられる大人には、心ひそかに父の匂いを感じ取り、甘えたい気持ちになったことでしょう」とか、
「義経といえば無敵の英雄、と誰しも思い浮かべますが、甲冑を脱いだその下は、とてもさびしがりやの、人と人とのぬくもりを欲しがる一人の男だったのかも知れません」など。
タッキー演じる優しく、夢見がちで、情の人だった義経くんと、ぴったんこつながります。大河ドラマでは、英雄ではなく、一人の男性としての義経を描きたかったのですね。

宮尾登美子さんが義経生存説をとらなかった理由も書かれており、個人的には今回の大河ドラマでは義経主従には生き延びてほしかったのですが、まぁなんとか納得しました。
義経

|

« 千秋真一指揮 R☆Sオーケストラ | Main | 疲れました »

Comments

今夜は放送がありませんが来週(いや・・もう今週かな・・)の総集編を楽しみにしているちこです♪

その間には、大奥も最終回・・・なかなか眼が離せません♪

九朗様を一人の男性として描きたかったというのはなんかユニークで面白いですね♪史実の型にはまりすぎることなく表現できていたような気がしました♪

Posted by: ちこりん | December 18, 2005 at 08:41 PM

>ちこりんさま

大奥、同世代の女性にたいへん人気があります。
私は見ていないのですが…

たしかに、型にはまったヒーロー義経ではなかったですよね。
もっとハメをはずしてくれてもよかったかも、です^^;

Posted by: ヒロ子 | December 18, 2005 at 09:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/7679419

Listed below are links to weblogs that reference 『義経』宮尾登美子:

« 千秋真一指揮 R☆Sオーケストラ | Main | 疲れました »