« 『全日本食えば食える図鑑』 | Main | ウエディング インペリアル(マリアージュ フレール) »

February 19, 2006

功名が辻:第7回「妻の覚悟」

信長の上洛とふねの死、今回はシリアスでした。

いつも道化役の新右衛門と、子どもの徳次郎が泣かせます。が、武田鉄也の説教は微妙でした。。。
徳次郎が戻った朝、千代さんは桃色や紅色の入った暖色系の小袖を着ていました。利発さを象徴するような青の小袖から、ふねの子ども達への愛情を表すような桃色の小袖へ。千代さんは小袖を一枚しか持っていないのかと疑問だったのですが、ここで着替えるとは、脱帽です。

そう言えば、寧々様の新しい着物も仕上がっていましたね。お市様に持っていかれた着物よりも寧々様に似合う色合いです。

シリアスな第7回の中でほのぼのしたのは、白米の握り飯を見つめて、千代達に食わせてやりたいと物思いにふける一豊君。このちょっとぼんやりした感じが、いいのですよ~。

|

« 『全日本食えば食える図鑑』 | Main | ウエディング インペリアル(マリアージュ フレール) »

Comments

武田鉄也がなんでおかしく見えたのか。
わからなかったんですが、
ほかの人の記事を見て、
そこに「金八」が見えたから
と言うことがわかりました。

Posted by: ryi | February 19, 2006 at 09:46 PM

ヒロ子さん、こんばんは!

今週放送分から、「功名が辻」感想をレビューしましたので、よかったら覗きにきておくんなまし。

>シリアスな第7回の中でほのぼのしたのは、白米の握り飯を見つめて、千代達に食わせてやりたいと物思いにふける一豊君。このちょっとぼんやりした感じが、いいのですよ~。

あ~ ホントそうだ!そうですよね!!一豊の持ち味って「ぼんやり感」なんだと思うんですよ。そうだよなぁ~
今日のポイントってここかもしれない。

Posted by: 劇団たぬき | February 19, 2006 at 10:57 PM

私も今日の武田鉄矢は『金八先生』にしか見えなかったです。
ちなみにもう一つお市様がお願いした打掛を作るお話はどうなったのから・・と気になってしまいました。
何かの伏線なのでしょうかね。

実は大河ドラマって、戦とか人がドバドバ殺されるシーンが苦手で見ないようにしていたのですが、
今回のは、うっかり見てしまって、しっかりはまっています。
やっぱり仲間由紀恵、大好きです。

Posted by: ハナ | February 19, 2006 at 11:10 PM

こんばんは~。
今回は先週とは打って変わってシリアスな展開でしたね。
あいかわらず一豊様の出番は少ないですが。
千代の小袖はカワイイですよね。雨にぬれて着替えた後の色合いはとてもステキだと私も思いましたっ★

Posted by: うさ | February 20, 2006 at 12:09 AM

今回は、泣かせる場面がちらちらとありましたね~♪そんななかで未だにしっくりと役柄に合わない(と個人的に^^;)足利将軍さまは信長殿を父とおっしゃってました♪

でも、あぁ~悲しいかな・・・・お断りされちゃって・・・♪

Posted by: ちこりん | February 20, 2006 at 01:26 AM

そう!そう!そう!
そうなんです!
そこが上川隆也さんのいいところ、すごいところなんですよね。
ヒロ子さんみたいに書きたかったんですけど
「かっこいい~~」という言葉足らずな表現しかできませんでした(^-^;)

千代の衣装が変わっていたのには気がつきませんでした!

Posted by: ルビー | February 20, 2006 at 10:55 AM

みなさま、コメントありがとうございます。
記事を書いてすぐ寝てしまい、翌日は朝から仕事のため、
お返事が遅くなり、すいませんm(_ _)m
これにこりずに、またコメント&TBくださいませ。

>ryiさま

武田鉄也=金八先生の印象って、強烈なんですよね^^;

>劇団たぬきさま

いよいよ「功名が辻」参戦ですね。
今後とも、よろしくお願いいたします!

しっかり者の千代さんに、ちょっとぼんやりの一豊君、
うまい組み合わせです。

>ハナちゃん

お、ハナちゃんも観ていましたか^^

内掛けは、どのようにつながるのでしょうね。
私は、一豊君を呼んで、”ナマ板”を渡すのかと期待したのですけどね。。。


Posted by: ヒロ子 | February 20, 2006 at 09:33 PM

>うささま

やはり主役は千代さんなのでしょうね。
六平太の出番があったのは嬉しいですけど、一豊君の出番は確かに少なかった~ToT

暖色系の小袖、かわいかったですよね。私も欲しい~♪

>ちこりんさま

足利将軍様は、今のところ笑いをとる役回りですよね。
今後どうなるのか、気になる存在です。

>ルビーさま

上川隆也さんだからこそ、ちょっとぼんやりして、
温かい感じの一豊君を演じられるのですよね。
もちろん、かっこいい~ですし♪

Posted by: ヒロ子 | February 20, 2006 at 09:43 PM

功名が辻、夫婦ではまっているせいか、先日ちおりが独り言で「やまうち…かずとよさま」とつぶやいていました(笑)
>一豊君を呼んで、”ナマ板”を渡すのかと…にウケました。

Posted by: バナナオレ | February 21, 2006 at 08:01 AM

>バナナオレちゃん

ちおちゃん、可愛い~♪
次は「ダンナ様!」かしら?!

Posted by: ヒロ子 | February 21, 2006 at 05:37 PM

ヒロ子 さん

お世話になります。
前回のコメディから、一転シリアスでしたね。

歴史的部分と、ホームドラマが同時進行しているよな・・・

親にちゃんづけや、呼び捨てはないですよね。

同意いただき、大変嬉しく、心強かったです!

Posted by: 「感動創造」 | February 22, 2006 at 08:04 AM

>感動創造さま

メリハリがあって、いい展開ではありますよね。

「父上」「母上」復活説、がんばってください!

Posted by: ヒロ子 | February 22, 2006 at 08:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/8741620

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第7回「妻の覚悟」 :

» 功名が辻7・金八先生あらわる! [ぱるぷんて海の家]
前々から思っていたが、今年の大河は全く異なる二つの物語が、同時並行で進行している。「戦国歴史物語」と「千代物語」である。 歴史物語の男たちは勇敢で強い! 千代物語では男はほとんど良いところがない。 その千代物語の中で突然、幼少の頃の細川ガラシャなんか....... [Read More]

Tracked on February 19, 2006 at 09:43 PM

» 大河ドラマ 「巧名が辻」 妻の覚悟 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
妻の覚悟。 それは、夫がいない長い間、 家を守ること。 いつ帰ってこれるかわからない織田軍の遠征、出発です。 [Read More]

Tracked on February 19, 2006 at 09:49 PM

» 功名が辻7話~妻の決意 [ルビーとダイヤモンド]
功名が辻、上川 一豊、かっこいいです~~!! いてくれるだけで、幸せです。 今日 [Read More]

Tracked on February 19, 2006 at 11:21 PM

» 功名が辻〜第7話は悲しいお話 [うさうさ日記]
NHK大河ドラマ「功名が辻」第7話〜妻の覚悟題名は「妻の覚悟」ですが内容は題名に沿っていなかったような気がしますが・・・とにかく今日も妻のお話。予告では合戦風景も出ていたので今度こそ上川一豊大活躍か?!と思いきや、今回もほとんど出番なし・・・。冒頭でね...... [Read More]

Tracked on February 20, 2006 at 12:17 AM

» 『功名が辻』第七話 [時間の無駄と言わないで]
いつになくサクサク進みましたねぇ。戦はナレーションで片付ける方針のようです。 荒れる徳次郎。まぁ一つ屋根の下にヤンクミと金八が一緒なんだからグレるコトはないでしょう。 まぁ汗水垂らして働くお父さんにあんな態度をとったら現代でもぶん殴られるよ。 僕も仲間....... [Read More]

Tracked on February 20, 2006 at 02:00 AM

» 【ドラマ雑感】NHK大河 『功名が辻〜山内一豊の妻〜』 第七回 「妻の覚悟」 [気ままなNotes...]
 功名が辻(第7話)「妻の覚悟」◇南近江攻略のさなか、信長(舘ひろし)は一豊(上川隆也)や秀吉(柄本明)らを連れて市(大地真央)の嫁ぎ先である小谷城の長政(榎木孝明)を訪問。折しも一豊は六平太(香川照之)から、信長の暗殺計画があることを聞かされる。城内では信長を殺すべきだという声が上がっていたが、義兄を裏切ることはできない長政は陰謀を食い止める。畿内を平定した信長は岐阜へ帰陣。しかし山内家は、新右衛門(前田吟)の妻のふね(熊... [Read More]

Tracked on February 20, 2006 at 06:35 AM

» 第7回「妻の覚悟」 [TOSUのブログ]
放送当日は、仕事の為録画予約をしていましたが、 帰ってから再生すると… めちゃくちゃ映りが悪いじゃないですかぁ どうしてだーーー 思わず停止して、現在の総合テレビをつけたのですが、何の変わりもなくきれいに映っているし… そんなため息交じりの、視聴で....... [Read More]

Tracked on February 20, 2006 at 02:00 PM

» 功名が辻・第7回「妻の覚悟」 [劇団たぬきの元気が出るブログ]
今日から、「功名が辻」感想をレビューしますm(_)m 今回は、祖父江新右衛門の妻・ふねの死を軸に物語が展開しました。 ・・・とその前に。 信長は先週の放送の終わりの方で、月代を剃ってましたね。幾分、頭が涼しくなった感じですが、舘さんは、あまり似合ってない....... [Read More]

Tracked on February 20, 2006 at 02:23 PM

» 功名が辻 第7回「妻の覚悟」 [みはいる・BのB]
今回はリアルタイムでは見れなくて  先ほど録画を鑑賞しました。 [Read More]

Tracked on February 20, 2006 at 08:04 PM

» 功名が辻第七回〜妻の覚悟〜父上・母上の呼び方を復活させよ! [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
今回の大河は、真面目に語りたい [Read More]

Tracked on February 21, 2006 at 12:43 PM

» 「功名が辻」第7話 [くつろぎ日記]
鉄矢は金八先生になっていましたね。「徳次郎・・」と諭す声がもう金八ですわ。 ああ、また「金八先生」見たくなったけどあのドラマはもう終わったのよね? 今週の吟鉄はいつもとちょっと違った友情もあり、辛口だけではない鉄矢も有り、 シリアスにはまっていきそう。本当はこれこそ大河なのでしょうけどどこかにお笑いを 探してしまう私です。しかしふねの出番はあっという間に終わっちゃいましたね・・�... [Read More]

Tracked on February 21, 2006 at 03:08 PM

« 『全日本食えば食える図鑑』 | Main | ウエディング インペリアル(マリアージュ フレール) »