« ポーション | Main | 自分のためのディナー »

March 19, 2006

功名が辻:第11回「仏法の敵」

とってもめんこい小りんちゃんに助けられた一豊君。命の恩人なのだと千代さんに報告しています。やましいことが無いならば、別に言わなくてもいいのに。そんなバカ正直だから「あんたをいじめてやりたい」なんて、からまれちゃうんですよ。

戦をして功名を立てたいと言う一豊君を諭す半兵衛さま。このくらいの束の間の時間でもいいですから、毎回登場してください。

人質要員として秀吉の田舎から連れて来られたらしい治兵衛君。ほっぺが赤くて、目がくりくりしていて、キューピーさんみたいでかわいい~と思ったら、彼は後に秀次になるのですね。その家庭教師が千代さんと一豊君だったとは、驚きでした。

さて、いよいよ信長殿は比叡山焼き討ちを決めます。浮かない顔の重臣達。その中にあって、明智殿は異議を申し立てます。が「キンカン頭」と罵倒され、庭に投げ飛ばされちゃいました。やや言葉の聞き取りづらい部分はありますが、舘@信長は鬼気に迫っていていいかもと思えました。

信仰心があっても、殿の命に従って女までも斬る明智殿。斬るのをためらう一豊君達をその場から追い払い、女子供を逃がす秀吉殿。今回は明智殿が出世する訳ですが、すべての命をすべてそのまま行うことはない、己が才覚で行えばいい、という秀吉殿の言葉は、ただの負け惜しみではなく、含蓄があります。

〆は戦国乱世に生きる一豊君と千代さんの夫婦愛。いつものコメディタッチではなく、今回は真顔です。そこへ挨拶に顔を出す治兵衛君。「私はいつ人質に出されるのですか」と問う治兵衛君を抱きしめる一豊さまに、ぐっときたのでした。
kinkan

|

« ポーション | Main | 自分のためのディナー »

Comments

き、きんかん笑でもナイスキャスティングですよね笑

Posted by: てれすどん2号 | March 19, 2006 at 09:41 PM

治兵衛君かわゆかったですね、まるで幼い日のボクみたい(もちウソ)

Posted by: ぱるぷんて海の家 | March 19, 2006 at 09:51 PM

>てれすどん2号さま

いらっしゃいませ~♪
笑っていただけると光栄です*^^*

Posted by: ヒロ子 | March 19, 2006 at 09:52 PM

>ぱるぷんて海の家さま

そうですね、まるで幼い日のぱるぷんてさんみたいで?!
ほっぺをぷにゅぷにゅしたくなりました^^

Posted by: ヒロ子 | March 19, 2006 at 09:54 PM

お世話になります~!

訪問遅くなりました!
物語は、今回シリアスモード全開でしたね~!

ぬかしたな~!キンカン頭って
現代なら完璧パワハラですよね!(笑)

Posted by: 「感動創造」 | March 20, 2006 at 11:16 PM

やはり、今回はきんかん頭が話題になっていましたか(^^)。

しかし、まさか投げ飛ばしちゃうとは予想外でした♪

Posted by: ちこりん | March 21, 2006 at 12:40 AM

>「感動創造」さま

三谷「新撰組!」とは違うニュアンスですが、笑いの使い方が絶妙で、シリアスでもそれほど重く感じないところがいいですよね。

たしかにパワハラだわ…

>ちこりんさま

これまであまり力のなさそうな舘信長殿でしたが、今回は明智殿を蹴るは投げ飛ばすは、
力強かったです^^;

きんかん頭、インパクトありますよね。

Posted by: ヒロ子 | March 21, 2006 at 10:22 AM

こんばんは★
今回は比較的シリアスで重たいお話だったのでコメントしづらいです。
でもまぁ一豊が主役らしい回だったのでよかったかなぁ、なんて。

Posted by: うさ | March 23, 2006 at 03:15 AM

>うささま

今回は、一豊さまの出番も多く、笑いあり、シリアスありのめりはりもきいていましたよね。もっともっと、かっこいい一豊さまが見たい*^^*(あ、半兵衛さまも♪)

Posted by: ヒロ子 | March 23, 2006 at 04:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/9163594

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第11回「仏法の敵」:

» 功名が辻11物の怪信長 [ぱるぷんて海の家]
今日は、個人的にはWBCですっかり盛り上がり、ボオッと見てたのでイマイチ感情移入できませんでした。やったぜ、王ジャパン!韓国に勝ってこんな嬉しいことはない!もう満腹です、メキシコに足向けて寝てはいけないのだ! って、いきなり一豊クン、小りんに助けられ....... [Read More]

Tracked on March 19, 2006 at 09:34 PM

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
小りんはSやね笑ああゆう女の子に俺もだまされてきて、これからも危ないんやろね笑ま、千代は成長したよ。ま、あんまりいらんことゆうたら好感度下がるな笑 たぶん功名が辻全体にいえることで、またかよ、と思うかもしれんけどやっぱ小六音楽ええねきっとどこか特撮系(たまにウルトラセブン?たまにゴジラ?)やねんやろな笑で大石脚本。千代、「いのちひろうたぞ〜」はもうなんかグッドラック的セリフになってきてるし�... [Read More]

Tracked on March 19, 2006 at 09:46 PM

» 功名が辻 第11話 [ななさんにトラックバック(仮)]
オープニング。 信長上洛⇒包囲網⇒石山本願寺⇒比叡山の説明。 武士よりも信仰心を背景とした勢力の方が厄介なの でしょう。 今日、よく考えてみたら、オープニング見れば 子りんの出演が判りますね{/face_ase2/}。 先週から気になってたことだけど、家康が一豊を 助けるのは、関が原で東軍につくための布石ですね。 なにも縁がなければ秀吉没後、裏切ったことになり ますからね。 子りん登場。 ちょっと怒ってる感じ。ご機�... [Read More]

Tracked on March 19, 2006 at 10:07 PM

» 功名が辻 第11回「仏法の敵」 [みはいる・BのB]
全体的にかなり シリアスな回でした。 前回、雨の中 生還した一豊さん(上川隆也)、彼の命を救ったのは ”変な名前” の 小りんちゃん(長澤まさみ)でした。 「やましいことは なにもしていない!」と 千代さん(仲間由紀恵)に話します。(^^)... [Read More]

Tracked on March 20, 2006 at 01:16 AM

» 功名が辻第十一回〜仏法の敵〜自分が神になりたかった信長と、疑問に思った家臣たち [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
信長が叡山延暦寺に火をかけました [Read More]

Tracked on March 20, 2006 at 12:22 PM

» 「功名が辻」第11回「仏法の敵」 [つれづれ さくら日和]
織田軍による比叡山焼き討ちの話でした。 姉川の合戦で勝利を遂げたものの、織田軍はその後敵が増えてしまったようです。 四方を囲まれた織田軍は坂本(近江大津付近)に攻め入り、浅井・朝倉軍は比叡山延暦寺に立てこもり、方々の峰に陣を張ります。 やがて雪が降ったことを機に、信長は足利義昭のもとへ光秀を遣わし、北国道が雪に閉ざされては兵糧や武具も届かず浅井・朝倉軍が不利になるのでは?と言うことを理由に和睦を迫ります。 義昭もそれを�... [Read More]

Tracked on March 20, 2006 at 12:36 PM

» 巧妙が辻 〜第11回〜 [ぴよ39日記]
また小りんが出てきた!!千代派の私はあんまり、好きじゃないな私も幼いですね。セリフはぼんやりとしか覚えてませんが、このシーンがすごかった!↓↓千代『側女が欲しければすぐに言ってくださいね。』一豊『私は、側女は!ドテッ一豊のこけっぷりに、母と、ふたりで、...... [Read More]

Tracked on March 20, 2006 at 10:48 PM

» 大河ドラマ 「巧名が辻」 仏法の敵 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
いよいよ比叡山焼き討ちですか・・・。 鬼信長の本領発揮というところでしょうか。 [Read More]

Tracked on March 21, 2006 at 12:01 AM

» 功名が辻・第11回「仏法の敵」 [劇団たぬきの元気が出るブログ]
今回は、サブタイトル「仏法の敵」があらわすように史上有名な「比叡山焼き討ち」がメインでした。 圧巻だったのが、比叡山攻めを家臣団に言い渡す信長に対して光秀が諫言するシーン。ここは小説やドラマでも有名な場面ですね。 ただ、光秀が諫言したという史料らしい史....... [Read More]

Tracked on March 21, 2006 at 09:31 AM

» 第11回「仏法の敵」 [TOSUのブログ]
「お前は、坊主か???」 信長(舘ひろし)が、光秀(坂東三津五郎)に吐き捨てました。 最も印象に残りました でも、叡山攻めで光秀は、命令にきちんと従いました。 ところが、秀吉(柄本明)は、皆殺しせよと言う命令を、ある意味無視する行動をとりました。 ....... [Read More]

Tracked on March 21, 2006 at 10:21 AM

» 功名が辻 第11話 [くつろぎ日記]
人質とは戦をしない代わりに敵方に命を預ける人のことです。 人質とは命がけのお役目なのです。。 千代の話を治兵衛は何と聞いたでしょう。 自分の命の長さのこと。だから父母は泣いたのかと答える子。 この子の運命が安らかであるようにと誰もが願わずにはいられないシーンでした。 そして歴史のもう一つの残酷さ。今回は特にその色合いを濃くし、信長の特殊な 考えを世に示したように思います。結果、�... [Read More]

Tracked on March 21, 2006 at 04:59 PM

» 功名が辻〜第11話 罰当たりなぁヾ(´゚Д゚`;)ゝ [うさうさ日記]
夜、家を空けていたので録画して観ました。なのでちょっと遅いUPです。NHK大河ドラマ「功名が辻」第11話〜仏法の敵前回、命からがら帰ってきた一豊様。実は小りんに命を助けられたことを千代の告白!何故に小りんっ しかも意味なく抱きついたりしてるし〜。やまし...... [Read More]

Tracked on March 23, 2006 at 03:18 AM

« ポーション | Main | 自分のためのディナー »