« フレッツ光へ移行のため | Main | 平筒沼の桜 »

April 30, 2006

功名が辻:第17回「新しきいのち」

復活しました…いえ、一豊さまではなく我が家のインターネットの話です。

さて、千代さんが無事よね姫を出産。でも一豊さまがよね姫に会えたのは一年後なのだそうで、戦国時代のサラリーマンは大変なのだとつくづく同情しました。そして、あっと言う間に一年後。時の流れは早いのです。

秀吉の策略で副田殿と再婚することになった旭さん。しかし、結婚しても魂の抜けたような状態のまま。副田殿に呼ばれて千代さんが再び旭さんの前に参上します。頬を叩かせて、自分の子どもの話をして、旭さんの心を開かせた千代さん。主役だからしょうがないけれど、そんなにうまくいかないでしょ、ふつう…。松本明子殿と野口五郎殿の夫婦というのは、異色カップルでイケていると思いますけれど。

さて、今回一番インパクトがあった言葉は、光秀殿の「人の上に立つ者は迷いを見せてはいけない。」アタマに浮かんだのは、某小泉首相。某ホリエモン。迷いを見せずにグイグイ引っ張るリーダーというのは魅力的なわけですが、それが”いい”リーダーの条件であるかは分かりません。個人的には、信長殿も(生きいそぐ?)信長タイプの人間も好きですが。
光秀殿と千代さんが議論をしている様子を、キョトキョト見ている一豊さまがおかしいやら、せつないやら。

そして、あぁ半兵衛さま、どんどんやつれてしまって。秀吉殿のためにも私のためにも、長生きしてくださいませ。

|

« フレッツ光へ移行のため | Main | 平筒沼の桜 »

Comments

しかし、松本明子もけっこうサル顔ですねぇ・・・。
ボーっとしているシーンのときに、ホントに柄本明と菅井きんが家族に見えました。

Posted by: ryi | April 30, 2006 at 09:48 PM

>ryiさま

功名が辻の配役って、直球ではないけれど、妙にストライクゾーンに入ってくる感じです。

Posted by: ヒロ子 | April 30, 2006 at 09:57 PM

お世話になります!

ネット復旧おめでとうござりまする!

私も「人の上に~」のセリフに感動しました!

やはりリーダーたる者は、必須の要素なんでしょうね。

Posted by: 「感動創造」 | April 30, 2006 at 11:14 PM

復活おめでとうございます♪
一豊様役の上川さんが好きなのに千代さんばっかりにいいところ持って行かれている筋書きがちょっと残念。。
六平太もどんどんかっこよくなってくし。
そういえばケーブルテレビで昔の里見八犬伝再放送していたので録画しました。見ます?

Posted by: バナナオレ | May 01, 2006 at 04:23 PM

>「感動創造」さま

復旧いたしました。ありがとうござりまする*^^*

「感動創造」さんの場合は、私よりずっと実感をこめて見ていらっしゃたのでしょうね。


>バナナオレちゃん

ありがとうございますm_ _m

そうですよね、上川一豊さまの活躍するところが見たいですよね。

里見八犬伝、見たい!!
落ち着いた頃、遊びに行きますね~。

Posted by: ヒロ子 | May 01, 2006 at 10:29 PM

PC復活、まずは、おめでとうございますm(_)m

>今回一番インパクトがあった言葉は、光秀殿の「人の上に立つ者は迷いを見せてはいけない。」アタマに浮かんだのは、某小泉首相。某ホリエモン。

これはそうですね♪
たしかに、迷いなくぐいぐい引っ張っていく“リーダー”がいい“リーダー”の条件かどうかはわからないですネ。
でも、僕はこういう「型」のリーダーに魅力を感じます♪♪

乱世はこういう「型」のリーダーでないと収拾はつかないんでしょうねえ~
時代が欲したとでもいうんでしょうか。

Posted by: 劇団たぬき | May 02, 2006 at 10:05 AM

>劇団たぬきさま

ありがとうございます。

>乱世はこういう「型」のリーダーでないと収拾はつかないんでしょうねえ~

う~ん、バブル崩壊後乱世が続いていたということでしょうかねぇ。

人間としては魅力を感じますが、自分の上司だったら、やりづらいかもしれません。光秀のように謀反は起こしませんけれどね^^;

Posted by: ヒロ子 | May 02, 2006 at 10:23 AM

半兵衛さま、咳き込んでいましたね。
亡くなる前にたくさん出番があるといいですね。
もっと半兵衛さまがでてこないと、もったいないです~。

Posted by: ルビー | May 03, 2006 at 10:28 PM

>ルビーさま

筒井道隆さんが好きな私としては、半兵衛さまのかっこいい姿をもっと見せて~っ、と叫びたい気分ですTOT

Posted by: ヒロ子 | May 03, 2006 at 11:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/9834524

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第17回「新しきいのち」:

» 功名が辻17お産は女の戦(いくさ) [ぱるぷんて海の家]
先週は駆け足というか全速力で長篠の戦いをすっ飛ばしていったせいでもあるまいに、今週やたらと前回からの解説が多かった。 と言うか、解説だけでメインはホームドラマ千代物語です。 しかし歴史的にはこの天正1年からの10年間は信長にとって怒濤の如き時間であり、物...... [Read More]

Tracked on April 30, 2006 at 09:50 PM

» 大河ドラマ 「巧名が辻」 新しきいのち [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
最近写真を貼り付ける暇があまりありません・・・。 それにしても、長篠の戦も簡単な扱いでした。 関が原まで合戦は簡単に扱うなんてことないですよねぇ?? さて、今日は念願の子どもが生まれるんですね。... [Read More]

Tracked on April 30, 2006 at 09:51 PM

» 功名が辻〜新しきいのち〜 [でん子のひとりごと。]
ついに千代(仲間由紀恵)が出産のときを迎えた。 子どもは女の子で名前はよね、転戦が続く一豊(上川隆也)がよねに会うのは、 それから1年後だった。 千代のもとに旭(松本明子)と再婚をした副田甚兵衛(野口五郎)が尋ねてきた、 旭が抜け殻のようだ、なんとかしてほしいということだった。 すぐに旭のもとに向かった千代は旭に、 「赤子のように泣き、怒り、すべてを吐き出せば、 明日を生きる力が湧いてくる…」と語りかける。 上杉謙信の迎撃のため、北陸の柴田勝家の援軍に行った秀吉(柄本明)は、 すぐ... [Read More]

Tracked on April 30, 2006 at 09:52 PM

» 大河ドラマ功名が辻・第17回「新しきいのち」だ・・よね? [真田のよもやま話]
いよいよおめでたですわ千代様!良かったですねえ。 [Read More]

Tracked on April 30, 2006 at 10:05 PM

» 巧妙が辻 〜第17回〜 [ぴよ39日記]
今週も巧妙が辻の時間がやってまいりました。じっくり見てたんですけど、なにぶん記憶力に自信がないもんで、セリフが違うかも知れませんが、あしからず。千代、ようやく子が産まれましたね☆うれしいかぎりです。最近、私のともだちもお母さんになって、ホントいい顔して...... [Read More]

Tracked on April 30, 2006 at 10:12 PM

» 『功名が辻』17「新しきいのち」 [strの気になるドラマ気になるコト]
『功名が辻』第17回。2006年大河ドラマ『功名が辻』 第十七回「新しきいのち」原作のネタバレ「僅かに」ですが含むかもしれません。 ■原作:司馬遼太郎脚本家は大石静さんです。さて。。千代(仲間由紀恵)の出産に絡んでのパートは別に問題なしです。その件に関しては放...... [Read More]

Tracked on April 30, 2006 at 10:18 PM

» 功名が辻第十七回「新しきいのち」〜幻の城!安土城〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
たった二年の命でした・・・安土城 [Read More]

Tracked on April 30, 2006 at 11:16 PM

» 功名が辻 第17回 [ななさんにトラックバック(仮)]
{/shootingstar/}オープニング 信長は長篠の合戦で日本一の騎馬軍団と云われた武田軍を打ち破りました。 最大の脅威を排した信長はその後本願寺勢力との戦いに集中したそうです。 それと並行して新たな拠点、安土城の築城を始めました。 安土を中心に多方面作戦を展開。 周りには上杉、毛利、北条ぐらいしか敵が居ません。 信玄亡き後も、勝頼、謙信、毛利、本願寺で第二次信長包囲網とはいかなかったのかなぁ�... [Read More]

Tracked on May 01, 2006 at 07:02 AM

» 功名が辻 新しきいのち [平成エンタメ研究所]
 「功名が辻」第17回では女性のエピソード、男性のエピソードの2本立てで描かかれた。  まず女性のエピソード。  もちろん千代(仲間由紀恵)の出産だ。  ここでは「喜び」と「不安」のふたつの感情が描かれる。  子供が出来て千代が嬉しいのは当然として、法秀尼(佐久間良子)や市之丞の妻きぬ(多岐川裕美)も嬉しい。  幼い頃から我が子同然で千代を見てきたふたり、その喜びはひとしおであろう。  きぬに�... [Read More]

Tracked on May 01, 2006 at 10:45 AM

» 第15回「妻対女」&第16回「長篠の悲劇」&第17回「新しきいのち」 [TOSUのブログ]
お久しぶりです。 全く手を付けていませんでしたので… 3週間ほど更新していませんでしたが、ちゃんと放送は見ていましたよ この3週で、だいぶ話が進みましたね〜 六平太(香川照之)が味方になったり、 不破市之丞(津川雅彦)が亡くなったり、 長篠の戦が....... [Read More]

Tracked on May 01, 2006 at 12:41 PM

» 功名が辻・第17回「新しきいのち」 [劇団たぬきの元気が出るブログ]
今回は、千代・一豊夫婦に待望の「子」が誕生♪ ドラマが始まって、千代のおなかはもう大きくなってましたねェ〜びっくりでした(驚) それにしても、法秀尼・きぬ叔母。 千代にとっての「2人の母」ともいうべき存在。さすがに落ち着いてるし、本当にベテランの女優さん....... [Read More]

Tracked on May 02, 2006 at 10:06 AM

» 「功名が辻」第17回「新しきいのち」 [つれづれ さくら日和]
一豊と千代の間に待望の赤ちゃんが誕生しました。 旭が副田甚兵衛と再婚しました。 謙信との戦に北国へ出向いた筈の秀吉が、戦わずして戻ってくると言う事態。 信長の怒りを買う。 ・・・・・というお話でした。 出産間近になった、千代のところへ一豊の母・法秀尼と、千代の育ての親・きぬが訪れ、産まれて来る子のためにたくさんの産着を縫っている。 遊びに来た堀尾いとさんも、千代に輪をかけて大きなお腹を抱えて、一足... [Read More]

Tracked on May 02, 2006 at 06:39 PM

» 「功名が辻」17話 [ルビーとダイヤモンド]
千代に女の子の赤ちゃんが誕生しました。名前は よね姫。 平凡な名前だなという感想 [Read More]

Tracked on May 25, 2006 at 12:45 PM

« フレッツ光へ移行のため | Main | 平筒沼の桜 »