« 小さいワイン | Main | 大王 »

May 21, 2006

功名が辻:第20回「迷うが人」

刀や槍で闘うことも、兵糧攻めにして城下を干乾しにすることも、同じ酷い戦。例えばどこかの国の戦いにお金を出すことだって、直接手はくださなくとも酷いことに違いはない。

さて、千代さんと秀吉殿の教育の甲斐があり、少し大人になった一豊さま。松寿丸様を守るために、一生懸命演技をしました(花まるをあげましょう!)黒田殿の濡れ衣が晴らされ、松寿丸様を生かしておいたことを信長殿に告白する一豊さま。一瞬驚いたものの、「生きておったか」と目を潤ませる信長殿。舘ひろし氏の信長に不平をこぼしていた私ですが、今回はさすがだと感服いたしました。こういういい信長殿をもっと描いてほしいものです。

が、林氏と佐久間氏の追放を言い渡す信長殿。詳しい事情が分からないので、信長殿の身勝手なのか私には判断ができません。諌言をするお濃様には「光秀が好きか?」単刀直入な質問に失神するお濃様。お濃様、お市様、信長殿、光秀殿の昼ドラのような四角関係からドキドキして目が離せません。

そうそう、長澤小りんちゃん、グッときましたよ。忍びなんだから逃げ出せよ、とは思いましたけれど。また出番があるといいなぁ。

来週は、いよいよ馬です!

|

« 小さいワイン | Main | 大王 »

Comments

小りんは、、、もっとみすぼらしい姿になるのならサヨナラでいいです、、、(泣)来週はいくらか笑顔にさせてほしいですね☆

Posted by: てれすどん2号 | May 21, 2006 at 10:21 PM

今回、小りんはかわいそうでしたね・・・。
一豊様、助けてあげないのぉ~???と突っ込んでみました。
あの時代、視力がなくて女性ひとりで生きていくのって大変だと思うんで。

Posted by: うさ | May 22, 2006 at 02:05 AM

次回はいよいよ馬ですね!
馬をめぐっては原作にそっているみたい??
楽しみです!

Posted by: ルビー | May 22, 2006 at 10:39 AM

>てれすどん2号さま

そうですね、みすぼらしい小りんちゃんは見ていて辛いですね。。。小悪魔小りんちゃん、カムバ---ック!!

>うささま

なるほど、一豊さまもだいぶ出世したのだから、どこか奉公先を紹介するとか、家を与えるとか、助けてくれてもいいですよね。たしかに、優しい一豊さまじゃなくなったのかも。。。

>ルビーさま

小りんちゃんのエピソードは原作に沿っていませんでしたものね。
予告を見る限りでは、馬は大丈夫でしょうか?
何はともあれ、楽しみです♪

Posted by: ヒロ子 | May 22, 2006 at 07:11 PM

ヒロ子 さん

いつもありがとうございます!

あの臭い演技は笑いましたね。(^^)

一豊も、ヤリ働き以外にも
幅がでてきた一瞬でした!

大奥も今から楽しみですね~!
観に行こっと!

Posted by: 「感動創造」 | May 22, 2006 at 11:11 PM

そうですね、いい信長を私も見せてもらいたいです。

Posted by: たまこかずら | May 23, 2006 at 03:45 PM

>「感動創造」さま

これからの一豊さまの頭脳プレーに期待ですね(笑)
仲間さんも役の幅が広がって素晴らしい!
トリックの山田が一番好きですけどね^^

>たまこかずらさま

いい信長殿が見たいですよね!

ただ、本能寺へ向けてのストーリー展開を考えると、
信長殿はますます壊れていくのかしら、、、と不安です。

Posted by: ヒロ子 | May 23, 2006 at 06:19 PM

ヒロ子さん、こんばんは♪
僕も一豊の「劇中劇」に"はなまる"をあげたいと思います(笑)ホントよく頑張りました。。

舘兄ィも尻上がりに良くなってきましたね(って偉そうに言っちゃって。。。)♪
信長になってきたような感じがします。。

ホント、ああいう「信長」を見せてもらいたいですネ♪

次回は、いよいよ「馬」。。

乞うご期待ってところでしょうか。

Posted by: 劇団たぬき | May 23, 2006 at 09:19 PM

>劇団たぬきさま

”はなまる”が増えてよかった~♪

舘氏、演技力はありますものね。
失神には苦笑させられましたが、和久井さんの濃もけっこう好きです^^

「一豊の妻」と言えば「馬」。
期待していいのでしょうかね?

Posted by: ヒロ子 | May 23, 2006 at 09:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/10175649

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第20回「迷うが人」:

» 功名が辻20・話が出来すぎ君の巻 [ぱるぷんて海の家]
今年の大河ドラマ歴史的な縛りが少ないせいか、回を重なるに連れて「何でもかんでも一豊家中心」の展開になってきました。どうも話が出来すぎです。これだけできすぎ君状態では脚本家の方もキット楽でしょう。 話が出来すぎ君その① 黒田官兵衛幽閉の話は有名だけど、....... [Read More]

Tracked on May 21, 2006 at 09:43 PM

» 『功名が辻』20「迷うが人」 [strの気になるドラマ気になるコト]
『功名が辻』第20回。2006年大河ドラマ『功名が辻』 第二十回「迷うが人」 原作のネタバレ「僅かに」ですが含むかもしれません。 ■原作:司馬遼太郎脚本家は大石静さんです。すみません。。もう語る気力すら失せたというか。。なんなんですか、これ!?もう、好きか嫌...... [Read More]

Tracked on May 21, 2006 at 09:55 PM

» 大河ドラマ 功名が辻・第20回「迷うが人」 [真田のよもやま話]
迷うが人、ですか。でもあんまり迷ってばかりいられても困っちゃいますし、 迷いながらも、えいや!って突き進まなければならない戦国時代でございます。 つくづく、大変な時代ですねえ。... [Read More]

Tracked on May 21, 2006 at 10:04 PM

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 俺ってそんな変わってもうたんかなあ〜。。。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
信長の目にも涙があったのか、、、。人間やねんなあ。一豊の一存で、謀反の疑いをかけられた黒田官兵衛の人質の息子を殺す、その命にそむいて切腹覚悟に信長に進言。ひともんちゃくあろうと思ったが、「官兵衛と松寿丸を会わせよ」と涙する一面。これから信長の人間らしさ、悲哀も描かれてゆくのかな〜〜、、と思ったが、このシーンはまったく何の意味も持たないほど後半の信長のエゴイズムに消されることになる、、、。... [Read More]

Tracked on May 21, 2006 at 10:18 PM

» 功名が辻〜信長の目にも涙 [うさうさ日記]
NHK大河ドラマ「功名が辻」第20話〜迷うが人今日は出かけていたので前半部分は録画で、後半部分はリアルタイムで観たためストーリーの前後はちょっとあやふやですが・・・。預かっていた松寿丸を消せといわれて殺さずに匿ってしまう千代と一豊。なんで山内家ばかり人...... [Read More]

Tracked on May 22, 2006 at 02:06 AM

» 功名が辻20話~迷うが人 [ルビーとダイヤモンド]
衝撃のラストでした。。。 濃姫「迷いもすれば悩みもするから人だと私は思います」信 [Read More]

Tracked on May 22, 2006 at 10:40 AM

» 功名が辻第二十回「迷うが人」〜人の恨みは恐ろしや〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
信長は怖い!!!! 恨みはらさでおくべきか〜 by●●● [Read More]

Tracked on May 22, 2006 at 10:42 PM

» 功名が辻 第20話   [くつろぎ日記]
金八節、炸裂!!子供を斬ったと泣く一豊には「世の習い」と慰め、 退屈だと呟く進一郎には「城の中は酷いことになっている」とさとします。 敵であっても誠の闘い、獣ではない闘いをしたいという吉衛門。 一豊にも鉄矢の言葉が染み入るようでした。 [Read More]

Tracked on May 23, 2006 at 02:41 PM

« 小さいワイン | Main | 大王 »