« カラメルビスケット | Main | サッポロ「雫」 »

May 28, 2006

功名が辻:第21回「開運の馬」

きました、馬!
満足度は…60%。

ラブラブなツーショットで始まった今回の功名が辻。が、一豊さま、馬市が立ったと聞いて、千代さんをおいて駆けていってしまいました。おやおや。

中村君、堀尾君、加藤君達とわいわいやっているところに、ヨボヨボの爺さんが立派な馬を連れて来ます。みんなで賞賛していると、爺さん、いきなり一豊さまに向かって「馬の値打ちが分かる目をしている」ときたもんだ。(ちっ、また一豊かよ~)と中村君はスネた顔。値段をつけてみろと言われて一豊さまは「黄金十両!」。馬を見る目はあったものの、千三百石取りには見えないと馬鹿にされてしまいました。残念。
ここまでで物足りないと感じたのは、一豊さまが馬に惚れて惚れて惚れこんだ~っという感じがあまりしないところ。

さて、食事の時間にぼんやりしている一豊さま、千代さんが馬の話の水を向けます。「千代が打ち出の小槌を持っていれば話してやってもいい」なんて冗談を言っている一豊さまから十両という馬の値段を聞いた千代さん、咽てしまいます。が、馬鹿にされた話まで噂で聞いているなら、値段も聞いているんじゃない?

心を決めて、持参金十両を取りに長浜城へ戻る千代さん。まぁ安土の館は社宅なのかもしれませんが、それにしても大金を留守宅に無造作に置いておかないでよ~。帰り道、家出をしたお濃さんを拾うのですが、これはのちほど。

また馬を見て帰ってきた一豊さまに、千代さんは「これで馬を買ってください」と黄金十両をじゃじゃ~んと見せます。さすがの温厚で素直な一豊さまも、これにはプライドが傷つけられました。「そなたはいつも高みに立ってわしを見下ろしておる!!」と憤ります。そんなつもりはなかった、馬を買うことで一緒に乱世を戦っていきたい、と泣きながら、殊勝なことを言う千代さん。泣かれてはもういつもの一豊さま、「喜ぶべきところを怒ってしまったのじゃ」などと言い訳をして、「今から買ってまいる」と家を飛び出していきました。
原作だと、千代さんはもう少しシタタカなのですけれどね。

龍の如き馬を手に入れた山内夫妻、信長殿に呼び出され、「よく買った」と褒められます。特に千代さんは、十両の馬で夫の評判を買ったと絶賛されたのでした。めでたしめでたし。

今回のお濃さんは何だったのでしょう。信長-光秀-市-濃の四角関係だけで十分面白いのに、さらに千代さんと馬のエピソードに絡んできてしまいました。家出の途中で足を挫き千代さんに偶然発見されて山内家へ行き、黄金十両を巡る夫婦喧嘩を立ち聞きして、千代さんの「妻という役目で夫と共に乱世を戦う」の言葉に感動して、信長殿のもとへ戻るというエピソード、いらないです。

最後に、今日の光秀殿の格言。
「やり直せぬのが人のさだめでございます。」

|

« カラメルビスケット | Main | サッポロ「雫」 »

Comments

「やり直せないのが人の定め・・」
うーーん、なんとなくそうなのかなぁ~と思ったりも♪

ボクシングの元チャンピオン竹原氏が人間落ちるところまで落ちたらなんでもやり直せる!と述べていたのが頭をよぎりました♪


Posted by: ちこりん | May 28, 2006 at 11:26 PM

千代が濃姫を拾って帰るというエピソード、出来すぎじゃん!って思いますが、砂金をもらうシーンにまで引っ張るとは。この砂金、金貨10枚分あるのでは???と思ってしまいました。

Posted by: うさ | May 29, 2006 at 01:35 AM

やっとでましたね、「ヘソクリで馬」。
山内一豊といえばこのエピソードくらいしか知らんので (^^; この回だけは(旦那と)一緒に観ましたよ~。

けどあの砂金の件は・・・・・・フィクションですよね??

Posted by: 桔梗屋 | May 29, 2006 at 01:44 PM

>ちこりんさま

結局は、その人の考え方次第なのかもしれませんね。
だとしたら、やり直せる方がいいかな~。
…あ、落ちるところまで落ちないといけないのかしらToT

>うささま

かなりありえないですよね。

私も金貨十枚分あるかも、と思いました。
それを千代さんが笑顔で受け取ったことに、
さらにびっくりです!

>桔梗屋さま

私もこのエピソードしか知りませんでした^^;

砂金の件は原作にはありません。
いいことをすればそれは自分に返ってくる、みたいなことを脚本家は言いたかったのかもしれませんが、反対にヘソクリをはたいて買った意義が薄らいでしまった気がしました。


Posted by: ヒロ子 | May 29, 2006 at 09:52 PM

私も有名なへそくりのシーンを見逃すまいと今回は観ていましたが、お濃との遭遇、立ち聞き、砂金の褒美・・・
ちょっと本筋から遠のいているようで「妻の内助」のドラマが薄まっているように思いました。

Posted by: patra | May 30, 2006 at 01:26 AM

>patraさま

あまりにも有名なエピソードだけに、ドラマの中でどのように描くかは難しいのかもしれませんね。シンプルに描かれた方が好感がもてたのでは、と思ってしまいました。
最大の「内助」の見せ場だったのに~!

Posted by: ヒロ子 | May 30, 2006 at 07:38 PM

ヒロ子さんへ、
やっぱり今回の格言はそこですよね!
どんぴしゃり一致ですね。
「やり直せぬのが人のさだめでござる」
この言葉に視聴者何名がやられたでしょう~~。

肝に銘じたい言葉ですね。

Posted by: ルビー | June 01, 2006 at 08:16 PM

>ルビーさま

ルビーさんのブログを読んで、同じところに反応している!
と嬉しくなりました*^^*
嬉しくなるような格言ではないですけれどね。。。

お濃さん絡みで落ちていく光秀殿というのは、
切なくて辛いな~と思いました。

Posted by: ヒロ子 | June 01, 2006 at 09:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/10281132

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第21回「開運の馬」:

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 悲しき乱世に光る幸せは連なる [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
わしを見下しておるのであろう!!(信長の言葉じゃないよ、一豊の(笑)) 10両をこれまで隠し通してきた千代に、今までになく罵倒する一豊!!あげくにこざかしい!!情の強いオナゴ!!といままで一豊もガマンしてきたことをまるでマシンガンのごとく!!(笑)あなたのためにと思ってのことなのに〜〜!!一豊さまのバカ〜〜!!っといわんばかりの千代は号泣(笑)このシーンにある種あたた... [Read More]

Tracked on May 28, 2006 at 09:42 PM

» 功名が辻21「愛ルケ光秀?」 [ぱるぷんて海の家]
山内一豊の最初にして最後、唯一の「歴史上の逸話」が今回のメインエベントです。これまでのお千代殿、内助の功と言うよりは、ひとり独走状態で目立って、一豊クンなど千代がいなかったらただのぼんくら侍としか描かれてません。これじゃあんまりです脚本家さま!! と云....... [Read More]

Tracked on May 28, 2006 at 09:58 PM

» 『功名が辻』21「開運の馬」 [strの気になるドラマ気になるコト]
『功名が辻』第21回。2006年大河ドラマ『功名が辻』 第二十一回「開運の馬」 放送前原作のネタバレ「僅かに」ですが含むかもしれません。 ■原作:司馬遼太郎脚本家は大石静さんです。山内一豊(上川隆也)と千代(仲間由紀恵)夫婦の代表的エピソードである、黄金十両の名...... [Read More]

Tracked on May 28, 2006 at 09:59 PM

» 功名が辻 第21回 [ななさんにトラックバック(仮)]
{/shootingstar/}オープニング 戦場の花形:騎馬武者。 信長は帝の前で馬揃え(馬のパレード)を行ったそうです。 その中で一際目立ったのが一豊。世にも稀な名馬を手にしたそうな。 {/shootingstar/}本編 安土城下は賑やか。京の都かと思ったよ。 千代と一豊は旅行ですかね。安土にも屋敷があるそうです。 結婚して13年、はやいなぁ〜。 折角二人でイチャイチャ{/3hearts/}してるのに一豊は千代をおいて馬市�... [Read More]

Tracked on May 29, 2006 at 12:08 AM

» 功名が辻〜馬市へダッシュ★ [うさうさ日記]
NHK大河ドラマ「功名が辻」第21話〜開運の馬とうとうやってきました!山内一豊の名を歴史に残した一大イベントが!!結婚してからデートらしきデートはしたことがないということで、一豊がめずらしく家族サービス、一豊と千代は安土の城下町を仲良くデート 一豊が千...... [Read More]

Tracked on May 29, 2006 at 01:33 AM

» 「功妙が辻」第21回「開運の馬」 [つれづれ さくら日和]
名馬の登場です。 目がいい、龍の様な馬。 製作側もこの馬選びにはかなり力を入れていたことでしょうね。 (いきなり現実的な話ですみません・・・{/face_ase2/}) 安土城が完成し、城下町は賑わう。 結婚して13年、安土に新居を構え、よねも連れて来たら良かったな、と思いつつ、二人だけで城下町を歩くことの出来る幸せをかみ締めている千代と一豊だった。 その日は馬市のある日だった。 中村も堀尾も、新しい仲�... [Read More]

Tracked on May 29, 2006 at 10:06 AM

» 功名が辻 開運の馬 [平成エンタメ研究所]
 第21回「開運の馬」  今回は千代(仲間由紀恵)が哀しくつらかった。  夫・一豊(上川隆也)の喜ぶ顔が見たくて叔父から託された十両を見せた千代。  ところが一豊は怒り出す。  「情の強いおなごよ。小賢し過ぎる」  「心が何室にもわかれていて、玄関からは見通せぬ」  お金のことで苦労してきた一豊と千代。  自分と千代は苦労を分かち合う一心同体だと思っていた。  ところが千代は十両の�... [Read More]

Tracked on May 29, 2006 at 10:45 AM

» 巧妙が辻 〜第21回〜 [ぴよ39日記]
わしを刺してみよ〜!!!信長さま!イっちゃてルよぉぉぉハイッ!今週も巧妙が辻の時間デス♪はぁ。またもや信長は笑わしてくれました☆お濃さまも、かわいそうになぁ〜〜。って見てました。光秀に文も送りたくなりますってお濃もあれでダンナを笑い飛ばせるくらいの大雑...... [Read More]

Tracked on May 29, 2006 at 11:58 AM

» 功名が辻第二十一回「開運の馬」〜一豊夫妻!跳ね馬フェラーリを衝動買い!〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
 お馬さんキターーーーー! [Read More]

Tracked on May 29, 2006 at 11:24 PM

» 功名が辻・第21回「開運の馬」 [劇団たぬきの元気が出るブログ]
さて、今回はまさしく「功名が辻」・・・つまり、千代と一豊という夫婦を象徴するような有名な有名なお話。 と、その前に。 千代と一豊が夫婦水入らずで安土城下を散策していた冒頭。 にぎやかな城下でしたよね。 余談ですが、信長という人は家臣の城下集住を徹底し....... [Read More]

Tracked on May 31, 2006 at 06:31 PM

« カラメルビスケット | Main | サッポロ「雫」 »