« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

May 28, 2006

功名が辻:第21回「開運の馬」

きました、馬!
満足度は…60%。

ラブラブなツーショットで始まった今回の功名が辻。が、一豊さま、馬市が立ったと聞いて、千代さんをおいて駆けていってしまいました。おやおや。

中村君、堀尾君、加藤君達とわいわいやっているところに、ヨボヨボの爺さんが立派な馬を連れて来ます。みんなで賞賛していると、爺さん、いきなり一豊さまに向かって「馬の値打ちが分かる目をしている」ときたもんだ。(ちっ、また一豊かよ~)と中村君はスネた顔。値段をつけてみろと言われて一豊さまは「黄金十両!」。馬を見る目はあったものの、千三百石取りには見えないと馬鹿にされてしまいました。残念。
ここまでで物足りないと感じたのは、一豊さまが馬に惚れて惚れて惚れこんだ~っという感じがあまりしないところ。

さて、食事の時間にぼんやりしている一豊さま、千代さんが馬の話の水を向けます。「千代が打ち出の小槌を持っていれば話してやってもいい」なんて冗談を言っている一豊さまから十両という馬の値段を聞いた千代さん、咽てしまいます。が、馬鹿にされた話まで噂で聞いているなら、値段も聞いているんじゃない?

心を決めて、持参金十両を取りに長浜城へ戻る千代さん。まぁ安土の館は社宅なのかもしれませんが、それにしても大金を留守宅に無造作に置いておかないでよ~。帰り道、家出をしたお濃さんを拾うのですが、これはのちほど。

また馬を見て帰ってきた一豊さまに、千代さんは「これで馬を買ってください」と黄金十両をじゃじゃ~んと見せます。さすがの温厚で素直な一豊さまも、これにはプライドが傷つけられました。「そなたはいつも高みに立ってわしを見下ろしておる!!」と憤ります。そんなつもりはなかった、馬を買うことで一緒に乱世を戦っていきたい、と泣きながら、殊勝なことを言う千代さん。泣かれてはもういつもの一豊さま、「喜ぶべきところを怒ってしまったのじゃ」などと言い訳をして、「今から買ってまいる」と家を飛び出していきました。
原作だと、千代さんはもう少しシタタカなのですけれどね。

龍の如き馬を手に入れた山内夫妻、信長殿に呼び出され、「よく買った」と褒められます。特に千代さんは、十両の馬で夫の評判を買ったと絶賛されたのでした。めでたしめでたし。

今回のお濃さんは何だったのでしょう。信長-光秀-市-濃の四角関係だけで十分面白いのに、さらに千代さんと馬のエピソードに絡んできてしまいました。家出の途中で足を挫き千代さんに偶然発見されて山内家へ行き、黄金十両を巡る夫婦喧嘩を立ち聞きして、千代さんの「妻という役目で夫と共に乱世を戦う」の言葉に感動して、信長殿のもとへ戻るというエピソード、いらないです。

最後に、今日の光秀殿の格言。
「やり直せぬのが人のさだめでございます。」

| | Comments (8) | TrackBack (10)

May 26, 2006

カラメルビスケット

「これ、おいしいから食べてみて」と勧められたロータス オリジナル カラメルビスケット

薄く茶色いビスケットが、個別に包装されています。かじればカラメルの風味と、ほんのりシナモンの香り。香ばしくて、どこか懐かしい味。クセになりそうです。

調べてみると、ベルギー産の世界的に愛されているビスケットらしいです。ソニプラでも扱っているようなので、仙台に行った時にでもチェックしなくては。

チョコレートだけでなくビスケットもおいしいとは、ぜひベルギーに行きたいと思いました。
 ロータスカラメルビスケット

| | Comments (8) | TrackBack (0)

May 25, 2006

和-nagomi-cafe DAYS

個性的な喫茶店が集中する仙台メディアテーク周辺。晩翠通りからちょいと横道に入ったビルの一階に”和-nagomi-cafe DAYS”を見つけました。表から見るよりも広い店内は、白壁に木材が絶妙にアレンジされていて洒落た雰囲気。目立たない場所だと思うのですが、ほぼ満席に近い状態でお客さんが入っています。

和と洋が混在するメニューはどれも美味しそう。飲み物に和菓子と洋菓子が付くなごみセットが気になりつつも、抹茶アイスとブラウニーのなごみパフェ(お茶付き 750円)を注文しました。

抹茶アイスはダブル、ブラウニー、煮豆、二種類のゼリー。ファミレスパフェに比べれば少ないものの、けっこうな量です。とは言え、体に良さそうな煮豆をはじめとして、ブラウニー以外は甘さ控えめで、飽きることなく美味しくいただきました。

次はぜひ、お腹を空かせてなごみセットを食べましょう。
Macha
青葉区国分町3-11-5
022-264-1033
11:00-21:00
休日:毎月5,15,25日


| | Comments (6) | TrackBack (1)

May 23, 2006

大王

大王と書いてターワンと読む、石巻の老舗ラーメン屋さん。
石巻で「うまいラーメン屋さんってどこ?」と聞くと、たいてい大王の名があがります。

なんといいますか、今時じゃない、昭和を感じさせる店構え。カウンターの中の調理場には5,6人のおじちゃん、おばちゃん、あんちゃんがいて、威勢よくラーメンを作ってくれます。

みそタンメンは、古き良き昭和の味。太麺に、もやしキャベツなど野菜がたっぷりのっています。鉄鍋(だと思う)でジュワ~ッと焼き上がった餃子は、大ぶりで素朴な味。「食え!」って感じで出てきて、出た瞬間箸を付けて、写真を撮る余裕なんてありません。

そんな感じの、愛すべきラーメン屋さんなのでした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2006

功名が辻:第20回「迷うが人」

刀や槍で闘うことも、兵糧攻めにして城下を干乾しにすることも、同じ酷い戦。例えばどこかの国の戦いにお金を出すことだって、直接手はくださなくとも酷いことに違いはない。

さて、千代さんと秀吉殿の教育の甲斐があり、少し大人になった一豊さま。松寿丸様を守るために、一生懸命演技をしました(花まるをあげましょう!)黒田殿の濡れ衣が晴らされ、松寿丸様を生かしておいたことを信長殿に告白する一豊さま。一瞬驚いたものの、「生きておったか」と目を潤ませる信長殿。舘ひろし氏の信長に不平をこぼしていた私ですが、今回はさすがだと感服いたしました。こういういい信長殿をもっと描いてほしいものです。

が、林氏と佐久間氏の追放を言い渡す信長殿。詳しい事情が分からないので、信長殿の身勝手なのか私には判断ができません。諌言をするお濃様には「光秀が好きか?」単刀直入な質問に失神するお濃様。お濃様、お市様、信長殿、光秀殿の昼ドラのような四角関係からドキドキして目が離せません。

そうそう、長澤小りんちゃん、グッときましたよ。忍びなんだから逃げ出せよ、とは思いましたけれど。また出番があるといいなぁ。

来週は、いよいよ馬です!

| | Comments (9) | TrackBack (8)

May 17, 2006

小さいワイン

赤ワインは好きだけれど、一人で一本飲むのは多い。
スーパーマーケットの酒屋さんで売っている小瓶のワインは、安いけれどあまり美味しくない。
と思っていたところに、こんな商品を見つけて、買っちゃいました。

タカムラワインハウスさんのシャトー・フォンベルナール2002年250ml(6本木箱入り)。
第87弾がスタート!【5136箱の販売実績!】この画像、見たら欲しくなるかもっ?!最大46%引き...
甘すぎず渋みもあり満足のいく味でした。もう少し飲みたいくらいの250mlというのも、一人で飲むには適量。

こんなのプレゼントに貰ったら、私なら嬉しいですね♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 16, 2006

假屋崎省吾展

先日まで仙台三越で開催されていた、

百花繚乱、花に魅せられて、花に挑む。
第二回 假屋崎省吾展 

を観てきました。

初体験の假屋崎省吾先生の作品展、パワーを感じました。大きく区切られた仙台三越の7階催事場、花器に見立てられた流木に、山から取ってきたようなツツジやレンギョウ、彩色されたクワの枝やシンビジウムが、華麗に大胆にいけられています。男性的な力強さと優美さを感じる、まさに芸術作品。思わず口から出た言葉は、「キレイ」ではなく「スッゴーイ」でした。
一角には假屋崎先生のお部屋が再現されていたのですが、これがまた「スッゴーイ」。花柄の赤い壁に、ヨーロピアンな応接セット、隣にいた見知らぬ奥様は「こんな部屋じゃ落ち着かないわよね」と呟いていました。きっと本当に、華麗な物がお好きな方なのだろうなと思いました。

この先、假屋崎先生から目が離せないかも。

假屋崎省吾公式HP http://www.kariyazaki.jp/index.html

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 14, 2006

功名が辻:第19回「半兵衛、死す」

信長殿が何を言おうと、どこに住もうとどーでもいいのです。今回は、半兵衛様のご最期なのです。うぅっ。

病床に伏してもなお、秀吉殿の軍師たらんとしています。両脇を抱えられて登場、血を吐いて、なんとおいたわしい。
いよいよ起き上がれなくなると、黒田官兵衛殿こそ自分の後継と見込んだのでしょう。六平太には、荒木殿を説得に行った官兵衛を死なせるなと遺言。秀吉殿には、安土殿は天下を取れないと伝えます。秀吉殿と官兵衛殿に天下取りの夢を託した半兵衛様。さぞ、秀吉殿と一緒に天下を取りたかっただろうと思うと泣けてきます。
そして、千代さんからの手紙を読み上げた一豊さまに、「わたしが生涯愛した女子は千代殿でござった。」
これが最後の言葉というのは納得いきませんが、主役が一豊さまと千代さんだから仕方がない。一豊さまに千代さんを託した、ということなのでしょう。まじめな一豊さまは、しっかり半兵衛様の言葉を心に刻んだと思います。半兵衛様の手に千代さんの手紙を握らせる一豊さま。あぁ。

私が千代さんだったら、間違いなく半兵衛様を選びましたのに。

| | Comments (8)

May 12, 2006

生もろこし

角館に行ったお友達から、”唐土庵いさみや”さんの生もろこしをお土産にいただきました。

桜が綺麗だっただろうな、と角館に思いを馳せつつ、煎茶と一緒にいただきます。普通のもろこしは、乾燥していてパキッとした歯ざわりですが、生は違います。なんとも言えないしっとりとした食感。かつ、もろこし独特の香りと素朴な甘みがあります。

一度に2つ3つ食べても、チョコレートのように吹き出物が出る心配も無いし、バター系のお菓子のようにカロリーを気にすることもない。和菓子って素晴らしいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 10, 2006

エラコ体験

※ 注意! 虫が苦手な方は読まないでください。

ゴールデンウィークの某日、友達が釣りに誘ってくれたので、釣竿も何も持たずにくっついて行きました。途中、餌を買いに釣具屋さんへ寄り、彼らが購入したのはエラコ。椎名誠氏が生食いしたという、あのエラコです!
釣り好きのS氏曰く「イソメよりずっとおいしそうなんだよ~。」
早く見たいと思いつつ、まずは人間の食べ物で腹ごしらえです。
Hotate

釣竿を借りて、いよいよエラコとご対面。ビニール袋から出てきたのは、土っぽい色をしたエラコの集合住宅。椎名氏の言うように確かにメドゥーサの頭状で、なかなか不気味です。その髪の毛の部分を一本、根元からブチッと切り離し、バナナの皮のように剥くと、イソメよりは大きくミミズよりは小ぶりのエラコ!!
これを椎名氏は生で食べたのだと思うと、彼の勇気を称えずにはいられませんでした。
最初は軍手で触っていましたが、慣れてくると素手でも平気に。しかし、間違っても食べたいとは思いませんでした。

写真も撮りましたが、ブログのイメージに合わないようなので掲載は控えさせていただきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 09, 2006

春の味覚

山が芽吹くこの季節、山菜が食べたくなります。が、自分で採りに行くには場所を知らないし、市販の山菜では味も香りも物足りない。今シーズンは食べられないかもと諦めかけていたところ、なんと、お邪魔したご家庭で山菜尽くしをご馳走になりました。

蕗の薹、たらの芽、しどけ、こしあぶら、行者ニンニクの天ぷら。
ばっけ味噌、蕨のお浸し、こしあぶらの煮浸し、しどけのお浸し。
これだけの種類の山菜が食卓に並んでいると、見ているだけで感動ですが、食べればとってもとっても幸せ。素材を活かした調理が見事で、山菜のえぐみはほのかに、甘みや香りは十分に引き出されています。ちなみに、しどけと行者ニンニクは庭で栽培している物だとか。奥様の話を伺いながら、料理に対する研究心、見習いたいものだと思いました。(写真があまり上手に撮れていなくてゴメンナサイ!)
Sansai

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 07, 2006

功名が辻:第18回「秀吉謀反」

どうも今回は半兵衛さま最後の活躍の巻のようです。うぅっ。
北国からさっさと帰ってきてしまった秀吉殿に対して、信長様は大激怒。ご勘気を解くために、半兵衛さまは秀吉殿に策を授けます。策は見事に成功、秀吉殿は信頼を回復させます。

松永弾正殿が叛旗を翻したため、信貴山城を攻めることになった秀吉軍。焼討ちを避けるために松永弾正殿の説得を考えるのですが、なぜか使者に一豊さまを選びます。一豊さまは頭を使うことが苦手だって知っているでしょう、あなた。。。案の定、一豊さまは松永方に都合のいい条件で戻ってきました。「バカもん!」と怒鳴る秀吉殿、いえ、最初に一豊さまを使者に選んだあなたがバカです。一豊さまに半兵衛さまのような真似はできないのですから。

結局槍働きしかできず、女子どもにまで手をかけることになってしまった一豊さま。信長様や秀吉殿の考えが分からないのは「わしの頭が悪いせいかのぉ」と落ち込みます。こんな時、助けてくれるのが武田吉兵衛。「殿のお心が清いせいでございます」と一豊さまを慰めます。そして、続けます。

我々は、お館さまが天下統一をするという「大義」のために槍をふるうしかないのだ、と。

戦争とは「大義」のために人殺しをすること。「大義」の前には、個人の迷い、感傷、思いなどは邪魔になるだけ。まさに戦いの世、戦いの場にあれば、武田吉兵衛先生の言葉は正しいのだと思います。そんな世の中にしないために、地球をそんな場にしないために、本当に大切なことは何かを考えていかなくてはいけないのだろうなぁ、なんて思ったのでした。


| | Comments (8) | TrackBack (9)

May 05, 2006

大アンコールワット展

一度は訪れてみたい世界遺産アンコールワット。

仙台市博物館にて大アンコールワット展があったので、気分だけでもと思い観覧してきました。駐車場に車を止めるまでやや時間がかかったものの、思っていたほどには混雑していなくてホッ。わりとゆっくり展示品を観ることができました。

特に印象的だったのは仏像というか彫像の顔。凛々しい眉、彫りの深い目、だんご鼻、厚い唇、装身具で伸びた耳、日本で見る仏像とも西洋でみる彫刻とも、当然ながら違う顔なのです。体つきには、西洋っぽい健康的な肉体美を感じました。
ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ(このお三方は三神といい代表的な神様らしい→三神一体)といった、名前くらいしか知らないヒンドゥー教の神様のお勉強にもなりました。象の頭部を持つガネーシャ像に惹かれましたが、彼はシヴァとパールヴァティの息子で、勘違いしたシヴァに頭を切って捨てられて、切った頭が見つからず象の頭をつけられたのだとか。孫悟空のモデルみたいな猿の神様ハヌマーンの像もありました。

多くの彫刻が10世紀前後、砂岩によって造られているのですが、よく現在まで残っていたものだと感嘆。ガジュマルの樹に抱かれた石造りの建物の写真は、天空の城ラピュタのよう。
あ~、やっぱり本物を見てみたい。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 04, 2006

『功名が辻』原作

『功名が辻』(司馬遼太郎著)、さらりとしていて旨みがある吟醸酒のような味わいの小説でした。

子どもの頃に何かで読んだ、”山内一豊の妻”が夫のためにへそくりで馬を買ってあげる話。賢妻とはかくあるべきといった教訓めいて、つまりませんでした。大河ドラマ化されると知った時も、(あぁ、馬の~)とは思ったものの正直あまり期待をしていなかったのですが、実際に見始めると案外面白い。早速原作を読んだのでした。

さて原作は、一豊のもとへ千代が嫁に来るところから始まります。時は戦国時代、くそまじめと運の良さだけがとりえの一豊が、しっかり者の千代におだてもちあげ支えられて、貧乏武士から一国一城の主に大出世する物語。一豊は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三人に仕えたのですから、背景となる戦国絵巻が壮大なのは当然のこと。そこに一豊と千代夫婦の物語を織り交ぜて(いや逆か)、司馬遼太郎が軽妙な語り口でぐいぐい読者を引き込みます。とにかく作者と千代の一豊を馬鹿にした独白が笑えます。例えば一巻(p205)に(いやもう、こんな男がなぜのちに土佐二十四万石の太守にまでなったのか、筆者も書きながら、ふしぎでならなくなる)なんて書かれちゃったり、千代に(やはり、この人は、凡庸なのだ)(二巻 p99)と思われちゃったり。とは言え、作者も千代もその凡庸で愚直な一豊を愛しており、そんな人柄だからこそ彼は戦国時代を生き抜けたのでしょう。
子どもの頃、つまらないと感じた馬のエピソードも、司馬氏が料理すると絶品です。

大河ドラマは一豊や千代のキャラクター設定はそのまま(いや大河ドラマの一豊さまの方がかっこいいですね)、TVドラマ向きにかなりアレンジしてあります。特に、新右衛門と吉兵衛は一豊の10歳上でしかないことにはびっくり。今後は原作と大河ドラマ、比較しながら楽しみたいと思います。
功名が辻(1)新装版

| | Comments (4) | TrackBack (1)

May 02, 2006

カップ冷麺

春に花巻で見つけたカップ麺タイプの盛岡冷麺(北舘製麺)。寒くて冷麺の気分になれないまま時は過ぎ、いい感じの気候になってきた今日この頃、ようやく食べました。

作り方は、麺にお湯を注いで待つこと3分。湯切りし、流水で冷まします(水を注ぐ穴と湯切り穴と両方開いています)。次にスープとかやくと辛味と水を入れて、1分待って出来上がり。

麺は細めですがシコシコと冷麺の歯ざわり、スープはカップ麺であることを考えればおいしい方でしょう。かやく具材入りとパッケージに書いてあったのですが、具材はおそまつ。見た目がパッとしません。キムチ、キュウリ、卵などを自分で足すべきでした。
Reimen3


| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 01, 2006

平筒沼の桜

登米市にある平筒沼の桜を見てきました。
D1000141
平筒沼を中心に公園が整備され、周囲に植えられた桜は600本なのだとか。まだ若い桜ですが、沼の周囲にぐるりと桜の咲いている光景は見事でした。沼の中に浮橋がかかり、水上から周囲の桜を見回すこともできます。

桜祭の時期を過ぎたためか、場所が不便なためか、たまたまか、それほど混雑しておらず、のんびり花見をするには穴場だと思いました(本当は、教えたくないくらいです!?)出店の数が少なかったので、花見弁当を作って持参するのがいいかもしれません。
D1000149

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »