« 『功名が辻』原作 | Main | 功名が辻:第18回「秀吉謀反」 »

May 05, 2006

大アンコールワット展

一度は訪れてみたい世界遺産アンコールワット。

仙台市博物館にて大アンコールワット展があったので、気分だけでもと思い観覧してきました。駐車場に車を止めるまでやや時間がかかったものの、思っていたほどには混雑していなくてホッ。わりとゆっくり展示品を観ることができました。

特に印象的だったのは仏像というか彫像の顔。凛々しい眉、彫りの深い目、だんご鼻、厚い唇、装身具で伸びた耳、日本で見る仏像とも西洋でみる彫刻とも、当然ながら違う顔なのです。体つきには、西洋っぽい健康的な肉体美を感じました。
ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ(このお三方は三神といい代表的な神様らしい→三神一体)といった、名前くらいしか知らないヒンドゥー教の神様のお勉強にもなりました。象の頭部を持つガネーシャ像に惹かれましたが、彼はシヴァとパールヴァティの息子で、勘違いしたシヴァに頭を切って捨てられて、切った頭が見つからず象の頭をつけられたのだとか。孫悟空のモデルみたいな猿の神様ハヌマーンの像もありました。

多くの彫刻が10世紀前後、砂岩によって造られているのですが、よく現在まで残っていたものだと感嘆。ガジュマルの樹に抱かれた石造りの建物の写真は、天空の城ラピュタのよう。
あ~、やっぱり本物を見てみたい。


|

« 『功名が辻』原作 | Main | 功名が辻:第18回「秀吉謀反」 »

Comments

この寺院が隆盛を誇っていた頃はどれほど素晴らしかったことでしょう。。(*^o^*)
本物を見てみたいというヒロ子さんの気持ち、判ります★

現地では気球に乗ってアンコールワットの全貌を空から眺めるツアーが人気だそうですね~。
もしも行くことがあるとしたら・・・・・・絶対乗るゾ!!!!

Posted by: 桔梗屋 | May 10, 2006 at 10:35 AM

>桔梗屋さま

へぇー!気球に乗ってですか!?
地上からでは全貌は見られないですから、ぜひ体験したいです。
ますます「天空の城ラピュタ」気分ですね^^

Posted by: ヒロ子 | May 10, 2006 at 09:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/9914627

Listed below are links to weblogs that reference 大アンコールワット展:

« 『功名が辻』原作 | Main | 功名が辻:第18回「秀吉謀反」 »