« バレンタインハウス | Main | お宅訪問 »

June 04, 2006

功名が辻:第22回「光秀転落」

時は今雨が下しる五月哉

上様に足蹴にされ額を打たれ、接待の席でイチャモンをつけられ、領地を召上げるとまで言われた明智殿。それだけなら耐えたかもしれませんが、「この国に朝廷はいらない」

「余がこの国の王である」

発言に、真面目な明智殿はブチキレたのかなと思いました。見下ろす信長殿と見上げる光秀殿の間にバチバチ火花が散ります。舘殿、三津五郎殿の目ヂカラ、さすがです。
明智殿を不眠に陥れ迷わせた元凶、お濃さまは「殿がお気に召さぬとも濃はあなたさまの妻にござります」と気持ちがすっかり信長殿に戻った様子。本能寺の変前夜、若かりし頃の思い出話をしています(ありきたりのパターンでございますな)。

さて、今回も重要人物にしっかり絡む一豊さま、千代さん夫妻。まずは光秀殿の奥様に、不眠のことからお濃さまから文が来たらしいことまで相談を受ける千代さん。わりと親しくしているらしい前回までの流れがあるので、これはいいとしましょう。
なんと言っても、一豊さま。家康殿に顔と名前を覚えられていたことだけでもびっくりなのに、家康殿を接待する席に招かれてしまいました。そして、信長殿が明智殿にイチャモンをつける場面に居合わせます。前回の、お濃さまが黄金十両を巡る山内夫妻の会話を立ち聞きしたのと同じくらい、ありえないでしょう。

悲しかったのは、蜂須賀小六殿、黒田官兵衛殿達による一豊さまの戦況の実況中継。せっかくの一豊さまの活躍場面なのに、一豊さまを出して!!

次回はいよいよ「本能寺」。舘信長殿と明智三津五郎殿の迫真の演技に期待です。

|

« バレンタインハウス | Main | お宅訪問 »

Comments

実況中継は、ちょっと真剣に戦う一豊がかわいそうでしたね。まあその後の信長・光秀の演技にかきけされてあまり記憶に残ってませんが(笑)

来週はめいいっぱい本能寺を味あわさせてもらいたいですね!!

Posted by: てれすどん2号 | June 05, 2006 at 01:06 AM

確かに実況中継はひどかったですよね。
秀吉は目隠しして直視してなかったし(笑)
う~ん、合戦シーンの予算がなかったのかしら???それとも本能寺で予算使い果たしたとか???

Posted by: うさ | June 05, 2006 at 03:31 AM

>てれすどん2号さま

実況中継は、前座か前ふりだったのでしょうかね^^;

本能寺は予告だけでも迫力がありましたよね。
予告だけでよかったのに・・・とならないことを期待したいです(笑)

>うささま

ひどいですよね。
おじさん達より、若くてステキな一豊さまを映して!
って感じでした。

そうか、本能寺で予算を使い果たしたのね~ToT

Posted by: ヒロ子 | June 05, 2006 at 08:43 PM

こんばんは!

>悲しかったのは、蜂須賀小六殿、黒田官兵衛殿達による一豊さまの戦況の実況中継。せっかくの一豊さまの活躍場面なのに、一豊さまを出して!!

ここは、ホントそのとおり(笑)
せっかくの見せ場がああいう形でスルーされてしまうとは・・・ある意味での潔さすら感じます♪

>舘殿、三津五郎殿の目ヂカラ、さすがです。

たしかにネ!この2人はさすがです!!
とくに「目」の演技っていうんでしょうか、実にいい。
ダンディー信長はちょっと「目」が怖いけど。。

ところで、ヒロ子さんは宮城県の方ですか??
ちなみに僕は福島県でございますm(_)m


Posted by: 劇団たぬき | June 06, 2006 at 09:42 PM

>劇団たぬきさま

龍の如き馬で颯爽と戦うシーンは難しいでしょうから、CGを使わないのであれば、実況中継もありかもしれませんけれどね...
たしかに、潔いと言えば、潔いのかも^^;

ダンディー信長は、そこまでやるか舘ひろし!と叫びたくなるくらい、コワイですよね。

はい、私は宮城県民です。
劇団たぬきさんは福島の方でしたか!
私の父の実家は二本松ですよ*^^*

Posted by: ヒロ子 | June 06, 2006 at 10:00 PM

いつもどもです
>悲しかったのは、一豊さまの戦況の実況中継
あんな見せ方アリなのかとちょっとびっくりしましたね。
NHKも経費節約してんでしょうか??

Posted by: ぱるぷんて海の家 | June 09, 2006 at 11:41 AM

>ぱるぷんて海の家さま

こちらこそ、どうもです^^

あまり大河ドラマでは見ないパターンでしたよね。
上川一豊さまファンには(他の方にもかしら)
評判悪いですよね~。

Posted by: ヒロ子 | June 09, 2006 at 09:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/10392183

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第22回「光秀転落」:

» 『功名が辻』42「光秀転落」 [strの気になるドラマ気になるコト]
『功名が辻』第22回。2006年大河ドラマ『功名が辻』 第二十仁回「光秀転落」 放送前原作のネタバレ「僅かに」ですが含むかもしれません。 ■原作:司馬遼太郎脚本家は大石静さんです。さて、今週の大河ドラマ『功名が辻』ですが。。本能寺の変 前夜 って感じですが。...... [Read More]

Tracked on June 04, 2006 at 09:48 PM

» 大河ドラマ功名が辻・第22回「光秀転落」 [真田のよもやま話]
いまさらですけどこの番組のテーマ曲って、勇ましくって荘厳で、 戦国時代~って感じで、でも千代様のドラマにはあってないような気がいたします。 本当に今さらで申し訳ないんですけど、なんだか・・・... [Read More]

Tracked on June 04, 2006 at 09:50 PM

» 功名が辻(6月4日) [今日感]
完全に、一豊と千代抜きでなりたった回。 [Read More]

Tracked on June 04, 2006 at 10:09 PM

» 【功名が辻】第二十二話 [見取り八段・実0段]
わしには、上さまが明智どのを嫌っているようにしか見えん。と言う一豊の言葉が正しいのか、他の武将と競わせようとしている、と言う千代や秀吉が正しいのか。明智どのは耐えなければならんのじゃ。一介の浪人から取り立てられたのは、上さまのおかげ。それを感謝する事を...... [Read More]

Tracked on June 04, 2006 at 11:00 PM

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 時は今、、、赤い悪魔信長に対するは、明智光秀。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
今日は来週の「本能寺」への足がかりそのもの、といっても過言ではなかろう。本能寺までの道のりを、細かく丁寧に描いていた。 もはやこの国に朝廷はいらぬ!!よがこの国の王である!!!。。。 僕が尊敬していた日本史予備校講師の先生が考えるそのままの信長となった。目にアツいものを浮かべる光秀に対して、鋭い眼光で光秀を見下ろす赤い信長。彼の眼はこの世のものではないほどの光があった、、、。まるで悪魔のご... [Read More]

Tracked on June 05, 2006 at 12:51 AM

» 第22回「光秀転落」/功名が辻 [「人生のテーマソング」]
備中高松で水攻めの最中の秀吉(柄本明)軍にいる一豊(上川隆也)へ、千代(仲間由紀恵)は、毎日のように家中の出来事を文に綴り送った。 一方、武田氏討伐の宿願をついに果たし得意の絶頂に立つ信長(舘ひろし)。『余がこの国の王である。朝廷にもわからせてやらねばなるまい』と言う信長を、光秀(坂東三津五郎)は、朝廷をないがしろにせぬよう必死に諫める。信長は、安土へ招く家康(西田敏行)の饗応役を光秀に命じる。 その頃、光秀の妻・槇(烏丸せつこ)が千代のもとを訪れ、光秀の不眠に利く薬草でもないか尋ねる。胸... [Read More]

Tracked on June 05, 2006 at 02:31 AM

» 功名が辻〜光秀イジメ [うさうさ日記]
NHK大河ドラマ「功名が辻」第22話〜光秀転落う〜ん、今回のお話は「余がこの国の王である」な信長様の光秀イジメな回だったのでちょっとね・・・全体的に暗かったかな〜・・・。そんな中で明るい話題は冒頭の妻たちの手紙をめぐる会話。ほほえましくてよかったです。...... [Read More]

Tracked on June 05, 2006 at 03:36 AM

» 功名が辻 第22回「光秀転落」 [みはいる・BのB]
余がこの国の王である [Read More]

Tracked on June 05, 2006 at 09:36 PM

» 功名が辻22「甘え上手の秀吉」vs「一言多い光秀」 [ぱるぷんて海の家]
この日のためにワンセグ携帯買ったのに、結局ろくに観ることも出来ず10時からのBSでやっと観られました。 本能寺が近づくにつれ、信長の描き方が気に入らないのですワタシャ! まあ、所詮フィクションだからどんな描き方してても良いのだけど。デモ気に入りません。文....... [Read More]

Tracked on June 05, 2006 at 11:00 PM

» 功名が辻第二十二回「光秀転落」〜本能寺の変、黒幕は誰だ!〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
「時は今 天が下知る 五月哉」                 光秀ブルー [Read More]

Tracked on June 06, 2006 at 12:05 AM

» 「功名が辻」第二十二回 [リリコ雑記]
「光秀転落」 と衝撃的な題名の今週号。なので、主人公放っといて、光秀メインです。(爆)長かったようで短かったけど、いよいよもって来週は、 メインイベントでもある「本能寺の変」ですねっ。↑っつーか、主人公は(一応)一豊だし。主人公(というより妻・千代)のメインイベントは先週で終わっちゃったし。(おい)そんな大河ドラマのHPはコチラ。⇒★って、うわーっ。 びっくり。いつもの、微笑ましい山内夫婦のトップじゃなくて、舘ひろしのお屋... [Read More]

Tracked on June 06, 2006 at 07:02 PM

» 功名が辻・第22回「光秀転落」 [劇団たぬきの元気が出るブログ]
さァ〜て、今回は見ごたえがありました! 信長と光秀。「神」と「人」。永遠に交わることのない二人。「本能寺」に至る過程が描かれました。 まァ〜若干、駆け足の感は否めませんでしたけど、でも、伝わりましたよォ〜 結論から言うと、光秀を「本能寺」へと走らせたキ....... [Read More]

Tracked on June 06, 2006 at 09:43 PM

» 大河ドラマ 「巧名が辻」 光秀転落 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
結局見たのが、本能寺前日。 明日は、いよいよ本能寺です。 さて、今回は有名なシーンのオンパレードでした。 [Read More]

Tracked on June 10, 2006 at 09:04 PM

« バレンタインハウス | Main | お宅訪問 »