« 牛角アイス | Main | 高速バスに乗って »

June 11, 2006

功名が辻:第23回「本能寺」

舘ひろし殿、いい男ですなぁ。あぁいうおじさま、好きですよ~。
最初は不満ぶーぶーでしたが、今回の本能寺をメインに考えれば、舘信長殿は最高でした。
「お濃、あの世とやらでまた見えようぞ。」
お濃さまはここでおしまいで良かったのに。赤い着物をひらひらさせて戦っちゃいました。「光秀が好きか」と聞かれただけで失神しちゃうような深窓の姫君が、ですよ。せっかくのダンディ信長殿のご最期がなまぬるくなった感じ、残念です。

さて、主役の千代さん。なんと、明智殿の謀反という重大事件を寧々さまにお伝えします。寧々さまも即千代さんを信頼して、副田五郎くんそっちのけで、二人で秀吉殿留守の城下を仕切ります。長浜城下は千代さんの機転で助かったのだそうで、まぁフィクションだからいいですけど。。。

お濃さま、寧々さま、千代さんの内助の功のオンパレードにはまいりましたが、唯一、お槇さまにはぐっときました。信長殿を討ち、放心状態の光秀殿に「あなたさまの天下を打ち立ててくださいませ」と静かに語る姿、これぞ陰で夫を支える妻でしょう。

細川殿からの手紙で鼻をかむ秀吉殿とか、雨の中「信長が死んだぞ~」っと狂喜乱舞する将軍様とか、小技は効いているのですけれど、「本能寺の変」としては不満が残りました。

|

« 牛角アイス | Main | 高速バスに乗って »

Comments

そうなんです。
本能寺本体が微妙でした・・・。

Posted by: ryi | June 11, 2006 at 09:43 PM

何だか速水イマイチ君でした。
もう少し余韻の残る描き方してほしかったです。光秀の決意もイマイチつまらなかったしぃ。来週の山崎の合戦もあまり期待しない方が良いかもです。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | June 11, 2006 at 09:45 PM

>ryiさま

本能寺本体が微妙・・・たしかに。

ちなみに、昨年、炎天下の中、本能寺を観てきたなぁ、と思い出しました。

>ぱるぷんて海の家さま

役者はいいのに、もったいないです。

山崎の合戦、そうですね、合戦を描くのがあまり得意じゃないようですしね。

Posted by: ヒロ子 | June 11, 2006 at 09:55 PM

舘信長、ほんと良かったですよね。彼なしには功名が辻の迫力の半分もありません。ほんとに感謝です。来週記事に書かなければ(汗)

当方のコメントであたたかい言葉をいただきありがとうございました。昔も今も、戦国時代を生きるためには前向きにがんばることも、本質的なことを悩むことも必要なんですよね。がんばらなくちゃ。

Posted by: てれすどん2号 | June 11, 2006 at 10:35 PM

>てれすどん2号さま

ぜひ舘信長殿のいいところを記事にしてくださいませ♪

人間、悩みながら成長するのですよね。
「悩まないのはお館様だけ」 by 光秀殿
迷いながら悩みながら、前進したいものですね、お互いに。

Posted by: ヒロ子 | June 11, 2006 at 11:31 PM

こんばんは!

>「本能寺の変」としては不満が残りました。
私もそう思いました。印象に残っているのは意外に戦闘能力が高かった濃姫だけです。信長もイマイチ、インパクトが薄かったように思えました。来週も「駆け足」気味の展開なので、光秀最期のシーンがしっかりと描かれるか不安です。

Posted by: 琉河岬 | June 11, 2006 at 11:56 PM

こんばんは 初めまして
「舘ひろし殿、いい男ですなぁ」の言葉を 違う方のTBで拝見しまして 飛んできました(^o^) 私もそう思っているひとりです~。かっこいい信長を見れたと 満足してます。

Posted by: おりょう | June 12, 2006 at 01:08 AM

本能寺のシーン、短すぎてもう少し見たかったなぁと思います。それにしても館ひろしの信長、最初はどうなることかと思っていましたが、だんだん慣れてきて最期は良かったですよね~♪

Posted by: うさ | June 12, 2006 at 01:16 AM

お濃さんの立ち回りにも驚きましたが、最後は蜂の巣状態で絶命とは・・・・・(;´▽`A`` イヤハヤ

Posted by: 桔梗屋 | June 12, 2006 at 03:02 PM

>琉河岬さま

お濃さま、キビキビと動いていましたよね。
若かりし頃、鍛えていらっしゃったのでしょうか。
襷くらい掛けたらいいのにと思いましたけれど(たしか、袖ひらひらでしたよね)。

光秀殿の最期、しっかり描いて欲しいですね。祈るばかりです。

>おりょうさま

初めまして♪

舘ひろし殿、大人の男の色気がありますよね。
NHK大河ドラマHPのトップ画像にも”きゅん”ときた私です*^^*


Posted by: ヒロ子 | June 12, 2006 at 07:33 PM

>うささま

短かったですよね~。
NHK、気合入れていた本能寺のはずなのに、もう信長殿自刃しちゃうの!?とショックでした。
館ひろしの信長、ホント、よかったですよね*^^*

>桔梗屋さま

お濃さまの最期があのようになるとは、びっくりでしたよね。
いやはや( ̄◇ ̄;

Posted by: ヒロ子 | June 12, 2006 at 07:39 PM

こんにちは。
コメントあまり残せずごめんなさい。
濃と信長の戦闘シーンの美しさに結構感動してしまったので、これはこれでいいかな、と思いました。
確かに信長は撃たれてから最期までがあっけなかったですね。
所詮は神ではなくただの人間、と言うところを描きたかったのかな?とか解釈したのですが・・。

Posted by: さくらこ | June 12, 2006 at 09:22 PM

>さくらこさま

>コメントあまり残せずごめんなさい
 ・・・いえいえ、こちらこそですm(_ _)m

信長殿の世界は派手で綺羅で美しく・・・そう考えると、真っ赤な内掛けを死装束にして戻ってきたお濃さまというのは、まさに信長殿の理解者であったのでしょうね。
こういう本能寺もありかも。
でも、もうちょっと長く見せてほしかったです~。

Posted by: ヒロ子 | June 12, 2006 at 09:46 PM

ヒロ子さんこんばんは。
川口かわいそうでしたね。
すごい鉄壁の守りでまさに守護神復活!
すばらしかったんですけどね。

もうW杯ショックでコメントが滞っております
すみません。
劇団たぬきさんのところの信長と光秀の写真をみて思ったんですけど
やはり光秀にも俳優さんの年齢を合わせたところがあったのかもなあと、思いました。
本能寺のためにこの配役だったんだなあと。
 
本能寺シーンが早くおわって、前評判のわりには
あれ??とさせられましたけど
信長の銃のシーンはあぶない刑事にみたいで
舘ひろしならではの信長だなあと、思いました。
駆け抜けるように本能寺が終わってしまいましたねえ。
次回「蝶の夢」。満足のいく内容でありますようにー。

Posted by: ルビー | June 13, 2006 at 09:58 PM

ヒロ子さん、TBありがとうございました。
舘ひろしの信長がもう見られないのは残念ですね。
本能寺の変をもっと丁寧に描いて欲しかったとも思いますが、
直接一豊に係わる訳では無いので、
それほど時間を割けなかったのでしょう。
国盗り物語だったらもっと違っていたでしょうけどね。
関ヶ原あたりが一番の見所になるのかな...。

Posted by: なおくん | June 14, 2006 at 12:10 AM

>ルビーさま

途中までは川口様様でブログを書く気マンマンだったのですけれどねToT

配役は、まさに本能寺に合わせて、でしたよね。
いい役者さんが揃って、だからこそ、もっと観たかったです。
”舘ひろしならではの信長”、ホント、よかったわ*^^*
だからもっとアクションシーンが…あ、繰り返しになりますね^^;

>なおくんさま

主役は千代さんと一豊さまですものね。
でも、信長が主役のドラマでは、年齢的に舘ひろし氏の信長は難しいでしょうか。
黄金十両の馬も終って、本能寺も終って、次の見所は関ヶ原ですか~。まだまだ先、なのかしら?

Posted by: ヒロ子 | June 14, 2006 at 06:44 PM

こんばんは!
「本能寺」・・・ダンディー信長の最期。。。
従来の「本能寺」とは様相を異にしてましたねェ~
あとは信長の最期・・・笑ってましたよね。。あれが何とも切なかったなァ~
濃もなかなか憎いこと言うし(笑)
個人的には「あり」の「本能寺」でした。。

だからこそ・・・45分まるまる見せてほしかったなァ~
最初の襲撃のあたりとかはもうちょっと引っ張ってくれてもよかったのかなァ~って。

Posted by: 劇団たぬき | June 14, 2006 at 09:05 PM

>劇団たぬきさま

ひぃひぃ言いながら首を斬る信長殿も「あり」は「あり」だと思うのですけれどね^^;
せっかく異色な「本能寺」なのですから、もっとたっぷり観たかったです。
光秀殿も、もう少し絡ませてほしかったですし。

Posted by: ヒロ子 | June 14, 2006 at 09:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/10483899

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第23回「本能寺」:

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 敵は本能寺にあり、光秀の心はどこにある、、、。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
敵は、、、本能寺に在り!!! ひとが尊ぶものは尊ばなければなりませぬ、、、そこからもうこの本能寺は逃れられないもの だったのだろう。光秀の目は信長の首、すでにそれだけだ。 光秀勢で囲まれる本能寺。火縄銃の応酬、信長も甲冑をまといそれに加わる。奮戦するが、無常にも銃弾は信長の体へ、、、。 あの世とやらでまた見えようぞ 一度は信長に諭され退いた濃だったが、戦禍の中へ。このままでは殿は地獄、わた... [Read More]

Tracked on June 11, 2006 at 09:45 PM

» 功名が辻23誰もかも天下取りの時は今 [ぱるぷんて海の家]
ここ数回の物語は本能寺に至る序章というか、信長の横暴に「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んだ」光秀謀反の正当性を解説するようなストーリでした。 でもっていよいよ「敵は本能寺にあり」です。 しかし何だか信長あまり格好良くなかったなあ〜。 膝枕は良いけど、....... [Read More]

Tracked on June 11, 2006 at 09:46 PM

» 大河ドラマ 「巧名が辻」 本能寺 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
人間五十年 下天のうちを比ぶれば 夢幻の如くなり この世に生を受け 滅せぬもののあるべきか・・・ [Read More]

Tracked on June 11, 2006 at 09:46 PM

» 大河ドラマ 功名が辻・第23回「本能寺」 [真田のよもやま話]
来たよ来ました本能寺~、舘・信長様と三津五郎・光秀様のヒノキ舞台! [Read More]

Tracked on June 11, 2006 at 10:08 PM

» 功名が辻 第23回「本能寺」 [みはいる・BのB]
前半最大の見せ場がやってまいりました。 ニュース等でいろいろ見て(聞いて)いましたが、果たしてどんな仕上がりなのか。 以下、画像だらけです。(^^; [Read More]

Tracked on June 11, 2006 at 10:23 PM

» 【功名が辻・感想レビュー】本能寺 [必然的なヒストリー]
時は今−明智光秀の句から始まった、この「本能寺」の回。この「功名が辻」前半のメインイベント。やはり緊迫感がありましたね。「敵は本能寺にあり!」光秀役の坂東さん渋すぎます。内に秘めた青い炎を垣間見ることが出来たシーンでした。そして、遂に明智勢は本能寺に。不測の事態に笑うしかない信長。始まる銃撃戦。そして何と信長自らが最前線に!すげ〜〜〜!凄すぎるよ、信長様!絶対の自己神格化を求めた男はやることが違います!「お濃... [Read More]

Tracked on June 11, 2006 at 11:08 PM

» 功名が辻 第23回 本能寺 [ななさんにトラックバック(仮)]
{/shootingstar/}オープニング 光秀と信長の価値観の差は埋め難いものに。 {/shootingstar/}本編 先週の膝枕は本能寺だったのね。 濃姫「殿がお気に召さずとも濃はあなたさまの妻に御座います。殿の天命と共に濃も生きるつもりにございます。」 すっかり仲良し{/3hearts/}。 千代は寧々に明智謀反の気配を知らせます。 光秀「敵は西国にあらず!。神仏に火をかけ僧を斬り朝廷にとってか�... [Read More]

Tracked on June 11, 2006 at 11:11 PM

» 功名が辻 本能寺 [※悠然と、冷静に、熱く生きる]
信長亡くなっちゃいましたー(T_T) 謀反を知らせる者に「誰じゃ?」って、あの顔、あの問い、本当に全く警戒していなかったのね。謀反は光秀と聞き 段々と、寝ぼけていた頭から覚めてきたようで 生気を取り戻し いつもの信長の顔になりました。もしもあの時 裏から逃げていれば助かったんでしょうか? 多分無理だったかな・・・信長は 瞬時に 自分の手勢、光秀の性格(用意周到にしてるはず)を考え 死を覚悟してお濃に声をかける。... [Read More]

Tracked on June 12, 2006 at 01:03 AM

» 功名が辻〜あっという間の本能寺 [うさうさ日記]
NHK大河ドラマ「功名が辻」第23話〜本能寺先週から楽しみにしていた本能寺の変まさかわずか15分で終わっちゃうとはぁ〜・・・ あくまでも一豊&千代(とくに千代)のお話なのね・・・。でもわずか15分のシーンにもスタッフのこだわりがあります。公式HPの特集...... [Read More]

Tracked on June 12, 2006 at 01:14 AM

» 巧妙が辻(6月11日) [今日感]
舘・信長最期。火縄銃で迎え撃つところは、西部警察の大門団長(渡哲也)がショットガンをぶっ放していたことを思い出してしまった。 そのとき、舘さんは鳩村刑事役でバイクにのりながら、拳銃ぶっぱなしていた・・・... [Read More]

Tracked on June 12, 2006 at 07:43 AM

» 功名が辻 本能寺 [平成エンタメ研究所]
 「本能寺の変」は戦国時代最大の見せ場。  もはや現代の日本人にとっては、かつての「忠臣蔵」のようなものであろう。  どう描かれ、どう演じられるか?  「功名が辻」の「本能寺」は信長の狂気と共に女性の視点が随所に盛り込まれていた。   1  まずは濃(和久井映見)と信長(舘ひろし)。  千代とのふれあいから、信長の妻として生きていく気持ちを固めた濃。  狂気にとらわれた信長の心をほぐすのは自分しかいないと思�... [Read More]

Tracked on June 12, 2006 at 11:22 AM

» 「功名が辻」第23回「本能寺」 [つれづれ さくら日和]
本能寺、時代が大きく変わろうとする中、信長と濃は、最後にやっと夫婦に戻れたようでした。 あの世で会いまみえることは出来たのでしょうか。{/face_naki/} 六平太の知らせでいち早く謀反が起こることを知った千代は、長浜城のねねに伝え、命を待つ。 敵は西国にあらず。 寺社を焼き、僧を斬り、朝廷に取って代わろうとする天魔信長が真の敵であり、この戦は天のため民のためだ、と兵を前に光秀は言うのだった。 「我が身を捨てよ、敵は�... [Read More]

Tracked on June 12, 2006 at 04:17 PM

» 功名が辻第二十三話見ました [岐阜の路面電車再生祈願!名古屋交通コラム]
 キターーーーーーー坂東三津五郎の「敵は本能寺にあり!!」  奥方様、参戦か??   死ぬか・・・・・・。  銃弾に倒れる信長。  「敵は本能寺にあり!」その光秀のかけ声にて本能寺の変が・・・・・・。  刃や銃が交え、信長が撃たれる。  そして、濃も。「帰蝶様!!」光秀の叫び。そして、信長も・・・・・・。  「夢幻のごとくなり」撃たれた傷の重さをふりきっての最後の刃・・・・・・それは自らに向けたものだった。  光秀のそばにいた六平太は、安国寺恵瓊に使いを出した。    長浜城。一戦を交える!甚兵衛... [Read More]

Tracked on June 12, 2006 at 06:00 PM

» 京都・寺町御池 本能寺 ~功名が辻~ [ねこづらどき]
1582年(天正10年)6月2日に起きた本能寺の変で灰燼に帰した本能寺は、その [Read More]

Tracked on June 14, 2006 at 12:03 AM

» 功名が辻・第23回「本能寺」 [劇団たぬきの元気が出るブログ]
さて、史上有名で誰でも知っているといっていいであろう「本能寺の変」 ドラマや映画や小説、講談、歌舞伎、舞台などなど・・・いろんな媒体でやってますから、歴史上の出来事で、最も有名だといってもいいでしょう。 けれど、そこに至る明智光秀の「動機」や炎に包ま....... [Read More]

Tracked on June 14, 2006 at 09:07 PM

« 牛角アイス | Main | 高速バスに乗って »