« 和食でヘルシーに | Main | 加護坊温泉さくらの湯 »

June 18, 2006

功名が辻:第24回「蝶の夢」

あれれっ?!

8時ギリギリに帰宅してバタバタとTVを観ると、もう光秀殿は敗走しているではありませんか。そして一豊さまに「そなたは生き伸びよ」と言葉を遺して、あっさりお亡くなりになってしまいました。明智軍と秀吉軍って、いつ戦ったの?前回の本能寺も短い~っと思いましたが、今回の光秀殿のご最期はもっと短い、ヒドイッ!!

一方明智殿の娘玉さまが嫁いだ細川家。父藤孝殿に玉さまを斬れと言われて、反対する忠興殿。家臣達が玉さまを斬ろうとしているところを止めに入ります。逆賊の娘は斬ると言った家臣達に対して、玉を斬ればそちらこそ逆賊!とはカッコイイ。
ちなみに夫に「あなただったら私を助けないでしょ」と聞いたら、「率先して斬る」と言われました。現実ってそんなものです(刺し違えてやる~っ)。

さて、お館様の跡目争いは、後見となるであろう柴田殿と秀吉殿の争いになりました。千代さんはまたまた内助の功を発揮して、信長殿の孫、三法師くんを秀吉殿になつかせたのでした。「それ行け、ちくぜん!」「がんばれ、ちくぜん!」まるで選挙運動です。

「猿に天下はやりません」と柴田殿に嫁ぐ覚悟をしたお市さま。お市さまvs寧々さまの女の戦いが始まるのでしょうか。

次週は「吉平衛の恋」。まぁ、それもいいですけれど、その時間で明智殿の最期をもっと丁寧に描いて欲しかったなぁ。

|

« 和食でヘルシーに | Main | 加護坊温泉さくらの湯 »

Comments

キチベーの恋>光秀の最期ですからね(笑)功名が辻に求めるべきものはやはり、ホームドラマの心あたたまる感じなんでしょうね。

Posted by: てれすどん2号 | June 18, 2006 at 09:43 PM

>てれすどん2号さま

見事な不等式!
そうでした、歴史物ではなくホームドラマがメインなのでした^^;

Posted by: ヒロ子 | June 18, 2006 at 09:59 PM

ホームドラマです。
信玄は出てこないし、
本能寺はあっという間だし、
山崎の戦なんて本編にすら入れていないし・・・。

Posted by: ryi | June 18, 2006 at 10:05 PM

こんばんわ。

>8時ギリギリに帰宅してバタバタとTVを観ると、もう光秀殿は敗走しているではありませんか。

私は初めから見ていましたが、やはり敗走していらっしゃいました(^^;)
私の方が「あれれ?」度が高いと思います。

Posted by: くう | June 18, 2006 at 10:16 PM

>ryiさま

>ホームドラマです。
 キッパリとありがとうございます。
合戦場面に期待しちゃいけなかったのですねToT
それにしても、もっと光秀殿を出してーって感じでした。

>くうさま

どうも、こんばんはです♪

そうでしたか、最初から敗走でしたか。
あれれ?ですよね。
前回どうなって終ったか思い出してみても、
三谷将軍様の顔しか記憶に浮かんでこないし^^;

Posted by: ヒロ子 | June 18, 2006 at 10:50 PM

「率先して斬る」って(笑)
それも愛ですよ、きっと♪

Posted by: うさ | June 19, 2006 at 12:46 AM

こんにちは!
私も光秀が敗走しているシーンから観ました。
もう負けちゃったの!?ってちょっとびっくりでした。
ほんとに戦闘シーンが少ないですね。
姉川くらいだったかも。
全くナシの展開に驚きましたー。

Posted by: ルビー | June 19, 2006 at 10:39 AM

来週はホームドラマ仕立てで45分のようですね。
合戦シーンとか、人の最期とか、そういうところ、ちょっと簡単にしすぎな傾向がありますね。
簡単な出来事だったのか~、なんて、錯覚を起こしてしまいます。
特に今回の光秀に関しては強く感じました。

Posted by: さくらこ | June 19, 2006 at 05:36 PM

>うささま

そこにツッコミ入れていただいて、
ありがとうございますo(;∇;)o
みなさんにスルーされたら、どうしようかと…

>ルビーさま

わざと戦闘シーンを描かないのですよね、きっと。
でも、この扱いでは光秀殿が浮かばれないのではないか、
と思ってしまいました。

>さくらこさま

ホームドラマも悪くはないのですけれどね。
>簡単な出来事だったのか~、なんて、錯覚を起こしてしまいます。
 ・・・本当に。
戦闘シーンを描かないにしても、
もう少し別な扱い方をしてもいいはずですよね。

Posted by: ヒロ子 | June 19, 2006 at 10:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/10582538

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第24回「蝶の夢」:

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 哀・喜2つの夢!?笑えりゃそれでいいんかな(笑) [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
生きて乱世の末をみとどけられよ、、、 胡蝶の夢、、、 ガラシャ・正妻・秀吉・信長・十兵衛さま!!と桜の前の濃、、、ここから自分の中で膨らませて光秀を感じろ、ということでしょうか、、、あっけなすぎる死、、、過去の幸せを想うとともに、現在の孤独を表す、その象徴ともいえる1シーンでした。。。どんどん展開していくドラマから外れて、そんな孤独を考えるとホロっとくるもんがありますね。それを... [Read More]

Tracked on June 18, 2006 at 09:41 PM

» 功名が辻第二十四回「蝶の夢」〜もしも・・戦国ブログタイトルコンテスト!〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
さようなら、惟任日向守!  明智十兵衛光秀よ! そして、もしも・・・「戦国ブログタイトルコンテスト」御協力下さい!! [Read More]

Tracked on June 18, 2006 at 09:55 PM

» 大河ドラマ 「巧名が辻」 蝶の夢 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
え? 山崎の戦、冒頭だけでおしまいですか?? 今回の大河はホントに、戦に時間を使いません。 このままでいくと関が原は一体どうなるのでしょう?? [Read More]

Tracked on June 18, 2006 at 10:04 PM

» 【功名が辻】第二十四話 [見取り八段・実0段]
すいません。。。最初から、オープニングから、テーマの間も、しっかりと見ていたつもりだったんですが。。。私、どっか見逃したみたいです。目を開けて眠ってでもいたのでしょうか。。。気づいたら、光秀さまがボロボロで逃げていました。そして、何と襲われている所を一...... [Read More]

Tracked on June 18, 2006 at 10:10 PM

» 功名が辻(6月18日) [今日感]
光秀をみつけて、首をとらずにその場を去るとはいただけない・・・いつもにまして、リアリティがなさすぎる・・・冒頭がこれだから、あとはあんまり乗れなかった。 [Read More]

Tracked on June 18, 2006 at 10:14 PM

» 功名が辻〜今回はかなり面白かったです!! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
大河ドラマ『功名が辻[:青い旗:]』ですが、今回は本当に面白かったです[:拍手:]。 いきなり音楽の前に、いつもは三宅アナの豆知識なのに、最初からドラマでしかもその数分で山崎の戦い終わってしまうという、どんだけ急いでるんだという感じです[:車:]。今頃山崎邦正、家でカンカンだと思います。 明智光秀[:青い旗:]も今日で終わりなのに、最初の数分くらいで死んでしまいました[:汗:]。急ぎすぎですが、光秀が死ぬときの回想の和久井映見は良かったと思います[:ぴかぴか:]。 功名が辻の詳しい... [Read More]

Tracked on June 18, 2006 at 10:32 PM

» 【功名が辻・感想レビュー】蝶の夢 [必然的なヒストリー]
はい!びっくりです!なんと山崎の戦はOPの前に終〜了〜!で、本編が始まってみるとすでに息が絶え絶え状態になっている光秀の姿が!ここで敢えて、アノ演出を以下に称えてみようと思います。①まず光秀に言い訳を語らせなかった事。あくまで自らの謀反を正当化せずに、汚名を着て死んでいった事。②最期に見た濃姫の幻。桜が散る中、微笑む濃姫が!やはり、光秀が生涯愛した女性は濃姫でした。愛しき人に手をかけてしまった報... [Read More]

Tracked on June 18, 2006 at 10:55 PM

» 功名が辻24サルに天下はやらぬbyお市 [ぱるぷんて海の家]
すっごいですねぇー千代と一豊クン 戦国歴史上の出来事にことごとく関わっていたなんて!いやびっくりです、これぞまさしく武勇伝! デンデンデンデン武勇伝 千代ちゃんいつものやっとくれ、 千代と一豊の武勇伝!! デンデンデンデン武勇伝 千代と一豊の武勇....... [Read More]

Tracked on June 18, 2006 at 10:56 PM

» 大河ドラマ 功名が辻・第24回「蝶の夢」 [真田のよもやま話]
濃様が信長様のもとにお戻りになり、あまつさえ壮絶に討ち死になさるのを見て、 まったく腑抜けのがたがた状態になっちゃった光秀様。 本日はのっけからもう負け戦の敗走のお姿がっ!... [Read More]

Tracked on June 18, 2006 at 11:01 PM

» 功名が辻 第24回 [ななさんにトラックバック(仮)]
{/shootingstar/}オープニング 先週放送された本能寺の変。 そのあと光秀対秀吉のはずが…およよ{/hiyob_hat/}、開始一分余りで勝負がついてます。 秀吉軍勝利{/roket/}。 本編に入る前に明智討ち、糸冬了、…さすが秀吉…仕事が速い{/face_ase2/}。 {/shootingstar/}本編 近江への逃走する光秀。 一豊は光秀の最後を看取ります。 一豊「何ゆえご謀反を…」 光秀「そなたは生き延び... [Read More]

Tracked on June 19, 2006 at 08:44 AM

» 「功名が辻」第24回「蝶の夢」 [つれづれ さくら日和]
光秀の最期って、なんてあっけない・・・{/face_naki/} と思ったのは、山崎の合戦があまりにもあっさりだったからかも。 命からがら逃げる姿は決してあっさり、なんてものではないと思う。 秀吉軍に敗れ、闇夜の林を逃走中の光秀たちはわずか数人。 落ち武者狙いの百姓に槍で襲われ、深手を負ってしまう。 見つけたのは追跡中の一豊だった。 一豊は光秀を抱き抱え謀反の理由を聞くが、光秀はそれには答えず言うのだった。 「そなたは耐え�... [Read More]

Tracked on June 19, 2006 at 04:21 PM

» 功名が辻 蝶の夢 [平成エンタメ研究所]
 第24回「蝶の夢」  山崎の合戦よりは清洲会議が描かれた。  そこで繰り広げられたのは、信長の三男・信孝を推す柴田勝家(勝野洋)と信長の嫡孫・三歳の三法師を推す秀吉(柄本明)の駆け引き。  筆頭家老である勝家に秀吉は面と向かって異を唱えられない。  腹痛と偽って席を外し、根回しした丹羽長秀(名高達郎)に対応させた。  これで会議は三法師が織田家の跡取りに決する。  そして、その間、秀吉は何をしていた... [Read More]

Tracked on June 19, 2006 at 07:53 PM

» 功名が辻 第24話 [くつろぎ日記]
「ちくぜ〜〜ん、おうまごっごしよ〜〜」 すっかり好々爺の秀吉でしたが、その胸深く野望は埋まっていました。 [Read More]

Tracked on June 20, 2006 at 08:13 PM

» 功名が辻24話 [岐阜の路面電車再生祈願!名古屋交通コラム]
 千代「筑前、筑前」  三法師「ちくぜん、ちくぜん」  勝家「サルめにはかられましたでございます」  信孝「またしてもサルか!」  お市の方「勝家殿、わたしをもらってくれぬか」 ----------------------------------------------------  時は本能寺の変から424年後、日本とドイツ  サポータ−「日本!日本!」  マスコミ「ニッポン!ニッポン!」     ジーコ「ヒディングにはかられたは!」  クロアチア「勝ちをもろおてくれぬか」  であればいいので... [Read More]

Tracked on June 21, 2006 at 08:39 PM

« 和食でヘルシーに | Main | 加護坊温泉さくらの湯 »