« 功名が辻:第26回「功名の旗」 | Main | 水を買う »

July 09, 2006

功名が辻:第27回「落城の母娘」

柴田殿とお市様が壮絶な最期を遂げられ、「功名が辻」前半終了といったところでございましょうか。私、半期見させていただきましたので、脚本家殿のペースにだいぶ慣れてまいりました。

たき殿の自害、後半にいらないものは消去せよとのことでございまするな。
秀吉殿の一豊さまに対する冷たい仕打ちと、虎殿や市松殿にヤキモチを妬く一豊さま。これは、徳川方へつく伏線にございまするな。
そして、あんなに冷たかった秀吉殿から柴田殿へ「酒を届けよ」と命じられる一豊さま。いつもの、歴史上の大事な場面には千代さんか一豊さまあり、でございまするな。一豊さまはお市様と対面し、見事に三姉妹を助け出したのでございます。
さらに茶々様に呼び出された千代さんは、お市様の形見をいただき、打倒筑前の手助けをせよと持ちかけられます。正義感の強い千代さんは恨む心はお茶々様の幸せを妨げると諭しますが、もちろん茶々様が納得できるはずもなく。

お市様救出に失敗した一豊さまをお館様のように足蹴にしようとして空振りした秀吉殿について、まるでお市様のような言葉遣いに加えておそろしくクールな茶々様について、石田殿の新キャラぶりについてなど申し上げたきことは多々ございますが、ココログの調子も悪いようでございますので、今宵はこの辺りで失礼させていただきたく存じます。

|

« 功名が辻:第26回「功名の旗」 | Main | 水を買う »

Comments

後半にいらないものは消去、、、まるで人がどんどん去っていって悲しいばかりですね。どんなストーリーになっていくのやら、、、。

Posted by: てれすどん2号 | July 09, 2006 at 10:36 PM

>てれすどん2号さま

たきの自害はなんか安易な気がしました。
強く生きていく、という選択肢もあったでしょうに。
原作にいないキャラだから仕方がないのかもしれませんが。

Posted by: ヒロ子 | July 10, 2006 at 07:22 AM

こんばんは
先日トラバした時はメンテナンス中でした。コメントもダメでした。今日またトラバしたけどはねられたようです。

って書いたのでした。
長い長いメンテナンスやっと終わったようでおめでとうございます。
感想書こうと思ったけど、忘れてしまったのでまた今度ね。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | July 13, 2006 at 11:14 PM

>ぱるぷんて海の家さま

ご迷惑をおかけしましたm( _ _ )m
って、悪いのはココログなんですけれどね。。。

困難な中TBしていただいて、ありがとうございます~♪
これで、日曜夜もさくさくアップして、
さくさくTBできるといいのですけれどね。

Posted by: ヒロ子 | July 14, 2006 at 06:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/10860297

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第27回「落城の母娘」:

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの回 悲しみは悲しみを生む。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
吉兵衛死の悲しみは今回もまだ心に響きます、、、一夜明けてからも泣くシンイチローを怒るシンエモンも涙こらえきれなくて、、、キチベー弟登場(小倉さん!!てれすどん2号お気に入り時代映画・蝉しぐれでも出演)、たき自害報告って、、、やっぱ去り際の笑顔に疑問感じててん、、、人はなぜ戦をするのでしょう(by千代)、、、このドラマはどうして近頃悲しみばかり描くのでしょう、、、功名が辻が見えてきません、、、。 ... [Read More]

Tracked on July 09, 2006 at 10:33 PM

» 大河ドラマ 「巧名が辻」 落城の母娘 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
幼いころからの忠臣、吉兵衛を失った山内家。 そして、話は一気に賤ヶ岳後まで進むようです。 [Read More]

Tracked on July 09, 2006 at 10:58 PM

» 「功名が辻」第27回「落城の母娘」 [つれづれ さくら日和]
茶々、いつの間にか大きく成長されましたね〜。 何歳なんでしょう? あの頃の市がそのまま、娘の中で息づいているかのようです。 三話に亘って描かれた「吉兵衛の恋」 第一話分の予告の時は、てっきりコメディーかと思う雰囲気すらあったのに、その結末は吉兵衛の後を追ってのたきの自刃、という、とても悲しい結末となった。 山内家は思い出が多すぎて、と言うたきの気持ちを汲んで里に返した千代。 一人にするの�... [Read More]

Tracked on July 10, 2006 at 11:41 AM

» 功名が辻27新世代台頭! [ぱるぷんて海の家]
またまたいきなり吉兵衛最期のシーンから始まった今回の物語。 すごい引きずりようです、よほど吉兵衛最期への思い入れが強いのか、それとも何か別な意味あるのでしょうか。少し不可解。 しかも吉兵衛の弟が登場! おとうとって・・・小倉久寛さんじゃないっすか! ....... [Read More]

Tracked on July 13, 2006 at 11:12 PM

« 功名が辻:第26回「功名の旗」 | Main | 水を買う »