« 期間限定キットカット | Main | CAFFE TRE »

July 19, 2006

「即戦力の磨き方」

電車で読む本を探していて目に入った『即戦力の磨き方』(大前研一著 PHP研究所) 。ビジネス書って案外面白く、パート主婦にとっても参考になります。

著者も本文中で述べていますが、即戦力になるような具体案はあまり書かれていません。「何事もまず自分で考えることから始めてもらいたい」(p98)とか、「いま自分の人生にどこか不満を感じている人は、幸せになるための勉強が足りないのだ」(p133)とか言われてみればごもっともなことばかり。明日の即戦力には結びつかないけれど来年の即戦力にはつながる、そんな力の付け方の指南書、もっと大きく人生の指南書とも言えるかもしれません。

とりあえず自分はどんな人生を歩みたいのか、そのためにはどうすればいいのか、真剣に考えようと思いました。が、考えても簡単に将来の設計図って描けるものではないわけで。やはり、時間はかかっても、自分にも他人にも誠実に生きていくことが大切なのだという自論に落ち着いたのでした。
即戦力の磨き方

|

« 期間限定キットカット | Main | CAFFE TRE »

Comments

こんにちは♪

即戦力ですか!うーーん、難しいですね~。
考えるとわからなくなるのでやはり何ごとも誠実に・・・が一番かと♪

誠実に生きて行くことこそが、人間としての真なるお姿・・・だと感じ入ります。

Posted by: ちこりん | July 20, 2006 at 12:02 AM

>ちこりんさま

>誠実に生きて行くことこそが、人間としての真なるお姿

う~ん、ちこさまがおっしゃると深いです。

そういえば新撰組の旗印が「誠」。
よーし、ガンバろっと!

Posted by: ヒロ子 | July 20, 2006 at 07:01 PM

ヒロ子さん、こんばんは。
「功名が辻」の方で、コメントを残すタイミングを逃してしまったので、今日はこちらに失礼します。
ちょっとこの間一豊が悩んでいたこと、母に言われたことと重なって思える言葉で、時代は違えど時はどんなに流れようと、大切なことは変わらないのだろうな、と思いました。

いらいらしているとつい周りに対して不満を抱いたり、人のせいにしたり、自分でもあるもんです。
心に余裕がないというのかな~。

誠実になるためには、心に余裕も必要なのかもしれませんね。
疲れを溜め込まないように気をつけます~。

Posted by: さくらこ | July 20, 2006 at 09:19 PM

私事です失礼します。
フルタイムでもう12年も看護職をやっていますが、ようやく最近「仕事が合わない」と思わなくなりました。

知識や技術もそうですが、経験(特に人生経験)が物を言う世界です。たとえ今の出来が悪かったとしても10年続けていればなんとかなることもあるのだなぁと、ひしひしと感じています~。

Posted by: たなとも | July 20, 2006 at 09:37 PM

>さくらこさま

サラリーマン一豊さまには、とても役に立つ本ではないでしょうか(笑)
本当に、時代は異なっても大切なことは同じですね。
だからこそ「功名が辻」を観ていて共感できるのだと思います。

心に余裕、まったくその通りですね。
お互い、疲れを溜め込まないよう、適度にガンバりましょう^^


>たなともさま

12年積み重ねてきたということですね。

私は現在の仕事に就いて9年目。
まもなく中堅の年齢で迷ってもいられないのですが、
それでもまだ迷っています。
3年後、たなともさんの域に達しているか。
それとも、路線変更しているか。

これだけ悩むって、やっぱり後厄だからかしら。。。


Posted by: ヒロ子 | July 20, 2006 at 10:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/11010904

Listed below are links to weblogs that reference 「即戦力の磨き方」 :

« 期間限定キットカット | Main | CAFFE TRE »