« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

July 30, 2006

功名が辻:第30回「一城の主」

長浜二万石の城持ちになった一豊さまは、中村君、堀尾君同様にお髭を生やしています。城持ちになるとお髭も許されるのでしょうか。千代さんは綺麗な内掛けを着て、お供を連れて、お化粧も変わったかしら。一豊さまも千代さんも物腰が急に落ち着いた感じで、城持ちになると心に余裕ができて威厳も出てくるのかしらと思いました。

今回は三度話が遡りましたが、これは他の方もツッコミを入れるでしょうからこちらではスルーします。

息子が城持ちになっても慎ましく生活されている法秀尼様。法秀尼様の口から康豊殿の話が出たと思ったら、康豊殿が一豊さまを頼って長浜城に現れます。なんと康豊殿は怪我をしたところを玉様に拾われていたのだとか。いつものパターンですね。味土野での玉様の様子を千代さんに報告します。現し世とは違う場所でのハセキョーと玉木宏君、絵になります。
さて、許しが出て宮津城に戻った玉様。忠興殿は「たまーっ!」と家臣の前でハグしたり、「わしが愛しく思っているのはそなただけじゃ」なんて言いながら、しっかり側室との間に子どもを作っていました。「そなたを味土野に送った後のわしの苦しみを思ったことがあるか」と、かなりの軟弱男のようです。夫はこんな感じだし、子ども達もなついてくれないし、玉様はご苦悩を抱えていらっしゃる様子。
一方、玉様を城に戻すようにとりなした秀吉殿にはスケベ心があったようで、長浜城に遊びに来た寧々様は千代さんに愚痴っていきました。

ここで今日の一言。
「流れに逆らわず素直に生きてみてはどうでしょう。」(by 玉様)
ところが玉様の運命は逆らわずにはいられない流れなわけで。。。

気になる茶々様の色仕掛けですが、まだ石田殿は頑張って拒んでいます。いつまでもつのでしょうか。

一豊さまを「末は国主様になるお方」、「国主、国主」と囃し立てる千代さんとよねちゃん。一豊さまも嬉しそう。あぁ、この幸せな時間がずっと続けばいいのに。

| | Comments (11) | TrackBack (9)

July 28, 2006

スパイシーミラノ

ドトールコーヒーのスパイシーミラノをやっと食べました。
6月8日発売だったので、だいぶ遅れをとってしまいました。

パクリとかじって、おぉ、スパイシ~!
最初の一口目はマスタードの味。キャトルエピスにクミンパウダーを加えたというスパイスによって、ほどよいピリ辛具合に仕上がっています。ドトール定番のスライス玉ねぎ、にんじんやパプリカの千切り、ハラペーニョの酢漬けのバランスもいい。

絶品とまではいきませんが、期待を裏切らない味でした。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 25, 2006

ハリー・ポッターと謎のプリンス

昨夜読み終えた『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、しばらく興奮して眠れませんでした。前作前々作はあまり面白いと感じず、もう次を読まなくてもいいかもしれないと思っていたのですが、今回は凄かったです。面白いかと聞かれると微妙ですが、特に下巻は魔法にかかったように、読まずにはいられずに一気に読みました。

この先の暗い展開が想像できてしまい、最終巻は読みたいような、読みたくないような気分。

坊主ちゃん、貸してくれてありがとう♪

ハリー・ポッターと謎のプリンス

| | Comments (10) | TrackBack (0)

July 24, 2006

映画「ブレイブ ストーリー」

楽しみにしていた夏休み映画の一本目『ブレイブ ストーリー』を観ました。
宮部みゆきの原作を、フジテレビが気合いを入れてアニメ化した作品。主人公ワタルの声を松たか子さんが、友達でありライバルであるミツルの声をウエンツ瑛士君が担当していることでも話題です。

簡潔に感想を述べるならば、感動できるお子様向けアニメといったところでしょうか。絵が綺麗で、キャラクターが可愛らしくて、主題や人間関係が複雑ではなく分かりやすい。お子様が存分に楽しめて、かつ大人が観ても面白いと思える作品です。ただし、大人目線で見るといろいろ矛盾を発見してしまいます。宮部みゆき氏らしさがかなり薄められているような印象でした。

まぁ、十代の私が観たら純粋に感動したでしょう。陰のあるミツル君に胸がキュンとしますし、何よりウエンツ君の声がよく合っています。普通の少年ワタルの成長ぶりも素晴らしい。いい自分も悪い自分もすべて自分だと認め、幸せも不幸せも自分の運命として受け入れて生きていく、ワタルは最後に悟るわけです。小学5年生なのにそこまで悟っちゃうのです。立派すぎます。ゾフィ皇女の「私達はまだ生きています。生きている限り、希望を捨ててはなりません」にもジーンときました。

現実を、運命を受け入れる勇気を、アニメのお子さま達に教えられたのでした。

お暇でしたらこちらの感想もどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2006

功名が辻:第29回「家康恐るべし」

家康、恐るべし。家康、天晴れ。

さて、登場しました、成宮秀次君。幼少時代はキューピーさん顔でしたが、すっかり美青年に成長していました。白い歯をキラーンと見せて、かなりの好青年ぶりです。しかし初登場から悲劇の匂い。持久戦となった合戦の中入りの総大将を申し出てた秀次君でしたが、大方の予測通り家康軍に撃破されてしまいます。大将失格だと激怒する秀吉殿。いつものようにタイミングよくその場に居合わせた一豊さまは、見事に秀次君をかばいます。そして、なんと、秀次君をかばった褒美として、長浜城を貰ってしまったのでした。
「城が・・・城、もらった・・・」
夢じゃないかと一豊さんのほっぺをつねる千代さん。夢じゃないと分かり、よねちゃんもいる中、二人は抱き合って喜ぶのでした。あ~、この思いっきり幸せな終り方、次かその次に悲劇が来るパターンですよね。。。

話は遡って、先に城持ちになった中村君と堀尾君は口髭を生やして、偉そうに見せているようでした。

秀吉殿からの引き出物なのでしょうか、紅白のお猿の落雁。おちゃめです。NHKで買えませんかね。

| | Comments (10) | TrackBack (13)

July 21, 2006

CAFFE TRE

普段、あまり珈琲を飲まない私ですが、時々「自家焙煎珈琲屋 カフェ・トレ」(石巻市中島病院近く)に行きたくなります。

あまり広くはありませんが、白を基調とした内装が石巻らしくないほど(失礼)お洒落な店内。カウンター席とちょっとした小部屋にテーブル席があります。珈琲の香りとJAZZの響きが心地いい。

今回いただいたのは、カフェオレとバナナケーキ。丸い陶器に自分で好みの量の牛乳と珈琲を注ぎます。たっぷり牛乳を入れても珈琲の味がしっかり楽しめるので、私のように珈琲を飲むと胃が痛くなる人間にはぴったり。バナナケーキは生クリームと一緒にいただくと、しっとりクリーミー、幸せです。ここのアレンジ・ミルクも好きです。

もう一つ、このお店の好きなところはマスターの笑顔。まだお若いマスターですが、優しい笑顔がとても素敵なのでした。
Tre

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 19, 2006

「即戦力の磨き方」

電車で読む本を探していて目に入った『即戦力の磨き方』(大前研一著 PHP研究所) 。ビジネス書って案外面白く、パート主婦にとっても参考になります。

著者も本文中で述べていますが、即戦力になるような具体案はあまり書かれていません。「何事もまず自分で考えることから始めてもらいたい」(p98)とか、「いま自分の人生にどこか不満を感じている人は、幸せになるための勉強が足りないのだ」(p133)とか言われてみればごもっともなことばかり。明日の即戦力には結びつかないけれど来年の即戦力にはつながる、そんな力の付け方の指南書、もっと大きく人生の指南書とも言えるかもしれません。

とりあえず自分はどんな人生を歩みたいのか、そのためにはどうすればいいのか、真剣に考えようと思いました。が、考えても簡単に将来の設計図って描けるものではないわけで。やはり、時間はかかっても、自分にも他人にも誠実に生きていくことが大切なのだという自論に落ち着いたのでした。
即戦力の磨き方

| | Comments (5) | TrackBack (0)

July 17, 2006

期間限定キットカット

Kitt
夫が期間限定キットカットを3種類プレゼントしてくれました。

☆フルーツパフェ仕立て
かなり甘いです。食べ終わった後も、喉の辺りに甘い刺激が残ります。ベリー系の酸味がアクセントになっていて、好きな人は好きかも。

☆小豆
もう期間が過ぎたかもしれませんが。。。
小豆よりミルクの香りが強く、食べるとじわじわと小豆の味を感じられます。
ミルク系なので、かなり甘いですがフルーツパフェ仕立てよりはあっさりしていました。

☆星に願いを
3つの中では一番おいしかったです。
普通のキットカットに近い味ですが、ホワイトチョコとミルクチョコ、ウエハースの間にはさんだビタークリームの味のバランスがいい感じです。

エキゾチック北海道、エキゾチック東京が食べたい!!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 16, 2006

功名が辻:第28回「出世脱落」

「サラリーマン一豊」の巻。

「城持ちになれる」と意気揚々と登城した一豊さま。若手の面々が三千石五千石と加増され、友達の中村君、堀尾君が城持ちとなったのに、自分はわずか三百石の加増でした。
かなりくさった一豊さまは「徳川様に仕えるぞ、それとも浪人の方がいいか」と千代さんにこぼします。困りはしたものの、「嬉しう思います、一国一城の夢には飽きました」と笑い飛ばす賢妻、千代さん。さらには自分が一国一城の主になれとプレッシャーをかけたせいで…、と泣いてしまいます。これまでの一豊さまならここで、愚痴をこぼして悪かったとか、泣くなとか、分かったとかコロッと気持ちが切り替わるのですが、今回はそうはいきません。なんと出社拒否をしてしまいます。よねちゃんも、心配そう。
(ところで鯛はどうなったのでしょうねぇ。)

自分の手には負えないと法秀尼様を訪ねる千代さん。「いい年をして困ったものじゃ」と言いつつも、法秀尼母上はすねている息子に喝を入れにやってきます。頭を丸める準備を千代さんに言いつける母上に、一豊さまはあせりまくり。出家したいという理由を聞きましょうと、一豊さまの溜まっていた愚痴を吐かせます。母上は吐けるだけの愚痴を吐かせたところで「ただの愚痴か」と切り捨てて、「誠に解脱するなら死ぬるより他あるまい」と父上の形見の短刀を差し出します。さすがに千代さんも驚いて、一豊さまを刺そうとする母上を止め、一豊さまが死ぬなら自分が先に死んで待っていますと剃刀を首に当てます。ここでようやく一豊さま「千代、分かった。」
一豊さまも千代さんも、生きてこの憂き世と戦うこと、前を向いて己と戦いながら生きていくことを誓うのでした。めでたし、めでたし。

今日の一言は「我と我が身の主人になりなされ」(by 法秀尼様)

ところで石田殿と茶々様の関係、昼ドラ系で展開するのでしょうか。

| | Comments (8) | TrackBack (12)

July 13, 2006

水を買う

ようやくココログのメンテナンスが終ったようです。
フレッツ光にしてもココログの調子が悪かったためブログ環境は最悪でしたが、今回のメンテナンスで大幅に改善してくれるといい…なぁ。

安い浄水器を買ったのに蛇口に付けらず悲しい思いをして以来、浄水器は諦めて、時々ペットボトルで水を購入していました。が、重いし面倒くさい。夏場は素麺や冷麺に水を使うので、前から気になっていた水のネット通販を試してみました。

「水のクリタのうまい水」のお試しセット、送料のみ(750円だったかな)で1.5L×6パック入り。ミネラル100とミネラル200があるのですが、ミネラル100はあまりにも無味でいまひとつ。ミネラル200は、まぁ飲める味でした。この送料のみのお試しセットは、常時ではなく時々販売されるようです。
(↓こちらは常時ある方)
ミネラル100+200 中国・九州・四国・東北地域へお届けの方はこちらから

| | Comments (8) | TrackBack (1)

July 09, 2006

功名が辻:第27回「落城の母娘」

柴田殿とお市様が壮絶な最期を遂げられ、「功名が辻」前半終了といったところでございましょうか。私、半期見させていただきましたので、脚本家殿のペースにだいぶ慣れてまいりました。

たき殿の自害、後半にいらないものは消去せよとのことでございまするな。
秀吉殿の一豊さまに対する冷たい仕打ちと、虎殿や市松殿にヤキモチを妬く一豊さま。これは、徳川方へつく伏線にございまするな。
そして、あんなに冷たかった秀吉殿から柴田殿へ「酒を届けよ」と命じられる一豊さま。いつもの、歴史上の大事な場面には千代さんか一豊さまあり、でございまするな。一豊さまはお市様と対面し、見事に三姉妹を助け出したのでございます。
さらに茶々様に呼び出された千代さんは、お市様の形見をいただき、打倒筑前の手助けをせよと持ちかけられます。正義感の強い千代さんは恨む心はお茶々様の幸せを妨げると諭しますが、もちろん茶々様が納得できるはずもなく。

お市様救出に失敗した一豊さまをお館様のように足蹴にしようとして空振りした秀吉殿について、まるでお市様のような言葉遣いに加えておそろしくクールな茶々様について、石田殿の新キャラぶりについてなど申し上げたきことは多々ございますが、ココログの調子も悪いようでございますので、今宵はこの辺りで失礼させていただきたく存じます。

| | Comments (4) | TrackBack (4)

July 08, 2006

功名が辻:第26回「功名の旗」

脚本家殿が一番愛しているキャラクターは、きち兵衛ではないでしょうか。

前回からの流れで、里帰りしたたきに思いを伝えに行くきち兵衛。犬のおかげでたきの家に入ったものの、肝心の用件を伝えないまま帰ろうとします。門口を出たところで、勇気を振り絞り「たき殿、待っていてほしい。」
ここからは、新衛門と言葉を交わす場面でも、一豊さまに遺言めいたことを言う場面でも、ウルウルウルウルしていた私。

そして、運命の亀山城攻。敵から矢を射掛けられながらもきち兵衛は
「山内の名を天下に示す一戦ぞ、我に続け!」
と駆け出します。
「吉兵衛、命を粗末にするな!」
と叫ぶ新衛門。
「なんの、ここが功名が辻じゃ!!」
と答えるきち兵衛。脚本のねらい通り、涙腺決壊。

城壁をよじ登り、一番乗りをして山内家の旗を突き刺したきち兵衛。きち兵衛の大立ち回りがあまりにも印象的です。「キチベーッ、キチベーッ」と連呼する一豊さま。一豊さまも新衛門も、大勢の敵兵に囲まれたきち兵衛になかなか近づけません。遂に斬られるきち兵衛。「殿、功名を…。」

イライラするくらい合戦シーンを描かなかった「功名が辻」だったので、今回の吉兵衛最期の合戦シーンはあまりにも効果的。腹が立つくらい巧妙な演出だと思ったのでした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 07, 2006

ピノ ミント

青い箱のピノを発見したので、買ってみました。

一口食べて頭に浮かんだのはクールミントガム。
今風の甘さ控えめのガムじゃなくて、昔懐かしの甘いミントガムの味がしました。

私の好みを言えば、もう少し甘さ控えめにしてほしかったです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 04, 2006

佐賀のがばいばあちゃん

現在公開中の映画『佐賀のがばいばあちゃん』の原作を読みました。
島田洋七氏(昭和の漫才コンビB&B:同世代以上の方は分かりますね)が自分の少年時代のエピソードを書き綴った作品です。

昭広少年(=洋七)は家庭の事情で小学2年生から中学3年生まで佐賀のばあちゃんに預けられます。とにかくこのばあちゃんが”がばい”(=すごい)。戦争中にご主人を亡くし、掃除婦をしながら五女二男を育て上げ、さらに孫まで預かって育てます。数年前、91歳で大往生。まさに昭和を逞しく生きた女性なのでしょう。

ばあちゃんと昭広少年の生活はド貧乏。近くの川を”スーパーマーケット”と呼び、上流の市場から流れてくる二股の大根や曲がったキュウリをありがたくいただきます。おかずがあればいい方で、米もやっとの日や水道代が払えない日もあるのに、ばあちゃんはお客さんが来れば景気よくビールを振舞っちゃったりします。そんなばあちゃんの信条は「本当の優しさとは、他人に気づかれずにやること」。
「わびしさナンバーワンの、日本昔話に出てくるような茅葺きのボロ家だった」といった島田氏の語り口や、「うちは明るい貧乏だからよか」と胸を張って言うばあちゃんの明るさに笑わせられますが、それ以上に母を慕う少年の気持ち、周囲の人々の心の温かさ、ド貧乏生活の切なさに泣かされました。

「幸せは、お金が決めるものじゃない、自分自身の心のあり方で決まるんだ」とプロローグで島田氏は書いていますが、読み終えた後に振り返ると、実感がこもっていることがよく分かります。急げば立ち読み30分で読み終わるような字のまばらな本ですが、買って繰り返し読んでもいい一冊です。

おさのばあちゃん語録
佐賀のがばいばあちゃん

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 01, 2006

うなぎ割烹東海亭

Toyomahasi
”土用の丑”の宣伝のせいか、先週あたりから無性にうなぎが食べたくなりました。それも美味しいうなぎが食べたい。
そこで今日はドライブがてら、登米市(旧登米町)の東海亭に連れて行ってもらいました。

旧登米町は歴史と風情のある町で、教育資料館(宮崎あおいちゃんのドコモCMシリーズにも出ました)、水沢県庁記念館、警察記念館、お休み処の春蘭亭など一日たっぷり散策できる場所です。
Iriguti_1

さて、東海亭は北上川沿いの土手のすぐ下にあります。車を止めて土手側へ回ると、赤提灯のぶらさがる昭和を感じさせる入り口(あぁ、ビールが飲みたい。)靴を脱いで2階へ上ると、和室の個室に通されます(混んでいるともう一組入るらしい)。
うなぎ二段重ねやデザートなどがセットになった定食もありますが、私達はシンプルにうな重(たしか1650円)、うな丼(たしか1250円)、うざくをいただきました。
うざくは、うなぎの蒲焼とキュウリの酢の物。うなぎをさっぱりと食べることができます。
そして、念願のうなぎ。しっかりと焼かれているので、生臭さはまったくなくて香ばしい。噛めば、うなぎの味がじゅわっと口の中に広がります。そこへタレのしみたご飯をぱくり。そして肝吸いをすする。あぁ、幸せ。
プラス500円で天然物を食べられるそうですが、養殖物でも十分美味しくいただきました。

食後、夫はごろりと横になって一休み。隣りの部屋では子供達の賑やかな声。まるで田舎の民宿かおばあちゃんの家にでも来ているような、そんな雰囲気のうなぎ屋さんなのでした。
Unajyu


お店がリニューアルしました。
新店舗のレポートはこちら↓
http://kuuyomuaruku.cocolog-nifty.com/blog/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »