« 世嬉の一酒造 | Main | 鰹の手ごね寿司 »

September 10, 2006

功名が辻:第36回「豊臣の子」

テレビを点けたらナイスタイミング。
成宮君が出ています。関白に出世したのだそう。
太閤猿殿はもう朝鮮に出兵しているそうで、今回も展開が早いです。

鶴松君が亡くなったと思ったら、終わりには淀殿もう次の子を産んでいるし。
山内家の拾クンもかわいい男の子に成長しているではありませんか。
しばしば出番があるのかしら。ちょっと楽しみです。

千代さんは山積みの本に頭を抱えている一豊さまに、
槍働きではなく、世の動き、人の心の動きを掴んで、さらに功名をあげましょうとアドバイス。
十年ぶりに千代さんの前に現れた六平太は、
さらにシビアに、豊臣家の世は終る、情にとらわれるなとアドバイスします。

いい男も出ていたし、茄子を喰う猿殿も迫力がありましたが、
相変わらずのパッチワーク的展開で、やはり気乗りのしない回でした。

|

« 世嬉の一酒造 | Main | 鰹の手ごね寿司 »

Comments

こんばんはーです
確かにあまり気乗りのしないストーリでしたね。
千代が出しゃばりすぎる供思うのですが、主人公だから仕方ないか。
茶々上手に子供産みすぎです、このとき秀吉いくつだったのでしょうか、絶対アレは秀吉の子ではない!と思うけどなあ。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | September 10, 2006 at 09:40 PM

>ぱるぷんて海の家さま

千代さん、主役ですからねぇ。
でも、たしかに最近一豊くんに説教ばかりかもしれませんね。

>絶対アレは秀吉の子ではない!と思うけどなあ。

秀吉の表情、ビミョーでしたよね。
でも、だとすると誰の子???

Posted by: ヒロ子 | September 10, 2006 at 09:47 PM

ほんとに。
パッチワークはたいへんです。
茶々と三成を恐れて、寧々が秀頼を関白にするように勧めてましたね。
ここでも近江と尾張の争いが?
しかしパッチワークはたいへんです。

Posted by: ルビー | September 10, 2006 at 09:48 PM

>ルビーさま

最初の10分ほど見逃してしまいまして^^;
ちょうどTVをつけたら、成宮君だったのです。
なので、もう関白!?と驚きました。
寧々様策略だったのですね。
来週はパッチワークじゃないといいのですが。

Posted by: ヒロ子 | September 10, 2006 at 09:58 PM

こんばんは~。
ちょうどTVを付けたら成宮君だったのですか?
それはラッキー!
今回はキラキラと嬉しそうな笑顔で頑張ってましたね。
が、来週は一転、大変なことになりそうで、辛いかも。
世継ぎが生まれたって、秀次は秀次でもっと大切に出来なかったんでしょうか。

Posted by: さくらこ | September 11, 2006 at 10:17 PM

こんばんはー!

秀次は、ちょっと可哀想ですね。

秀吉としっかりとコミュニケーションをとって
ワンポイントリリーフ、そして秀頼にバトンタッチという確約をして合意できれば、どうだったのかなぁー!と思ってしまいますね。

Posted by: 「感動創造」 | September 12, 2006 at 12:00 AM

みなさんの目線の先のナリミヤくん、、、来週はどうなるんでしょうねえ~。なんか雰囲気がガラッとかわって緊迫感感じれそうなので、期待することにします!

Posted by: てれすどん2号 | September 12, 2006 at 01:27 AM

>さくらこさま

つけた瞬間、猿殿じゃなくて良かったです(ゴメンナサイ、柄本さん>o<)
成宮君の侍もなかなか様になっていますよね。
でも次回はツライですぅ。。。
身内なのに、身内だからこそ、脅威なのでしょうかね。

>「感動創造」さま

秀吉殿は、コミュニケーションで出世した人なのに、
身内を大切にする人だったはずなのに、
天下を取って何かが変わったのでしょうかね。

>てれすどん2号さま

予告でかなり顔つきが変わっていましたよね。
素晴らしい演技力!
ですが、素直に期待できない私。。。


Posted by: ヒロ子 | September 12, 2006 at 09:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/11843974

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第36回「豊臣の子」:

» 功名が辻36話~豊臣の子 [ルビーとダイヤモンド]
今回のタイトルは『大地の子』か?と思いました。    さて、「豊臣の子」ですけど [Read More]

Tracked on September 10, 2006 at 09:17 PM

» 功名が辻36淀には恐ろしき憑きものが!! [ぱるぷんて海の家]
太閤秀吉の天下で、平和な時代なはずなのに、歴史の底で暗雲が蠢き始めています。春は春に来るのではなく冬からその準備があるように、夏の絶頂期から真冬が始まっているのですなぁ・・・ずずずzz(と縁側で昆布茶をすする) 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅....... [Read More]

Tracked on September 10, 2006 at 09:26 PM

» 功名が辻(9月10日) [今日感]
鶴松の死で挑戦に出兵する秀吉。尾張派と近江派の対立も先鋭化。すべてが狂いはじめる豊臣家。 若手が秀吉にならい髻を切るのを、「何だ、こいつらは・・・」と思いつつ、遅れまいと髻を切る一豊と一氏。このあたりも、いまひとつ乗り切れない中二階の悲哀?を感じます。... [Read More]

Tracked on September 10, 2006 at 09:33 PM

» 功名が辻〜北政所・浅野ゆう子の演技が凄かったです!! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
大河ドラマ・功名が辻ですが、豊臣秀吉晩年編に突入し面白くなっております。柄本明の熱演もさることながら、今回は浅野ゆう子が凄かったです。 大政所(菅井きん)の最期を見取るシーンで、浅野ゆう子が秀吉の本心を打ち明けるのですが、あのシーンの緊迫感というか、浅野さんの妖艶な演技はとにかく凄かったし圧巻でした。(功名が辻、感想以下に続きます)... [Read More]

Tracked on September 10, 2006 at 10:22 PM

» 【功名が辻】三十六話 [見取り八段・実0段]
鶴松が亡くなり、失意の秀吉は、豊臣の将来への不安も強まり、明国攻めへと駆り立てられていく。淀ですが。心は決まった。今一度、太閤の子を産む。されば三成。我を助けよ。どう助けろと。。。って事は、やはり、って事なのですね。そして、淀殿の第二子が誕生。この、淀...... [Read More]

Tracked on September 11, 2006 at 12:57 AM

» 功名が辻 秀吉一色 [※悠然と,冷静に,熱く生きる 2]
ブログを引っ越して初の「功名が辻」カテゴリーです。 前回までのレビューを読んで頂ければ一番なのですが、音信不通(?)でブログが開けません。じつは、私は今回の大河より「茶々びいき」となっていました。... [Read More]

Tracked on September 11, 2006 at 09:47 AM

» 「功名が辻」第36回「豊臣の子」 [つれづれ さくら日和]
秀吉の子、鶴松が病死した。 葬儀は京の東福寺で、近しい者だけでしめやかに行われた。 狂ったように鶴松の名を泣き叫びながら、秀吉は髷を落とす。 「それがしも」「それがしも」 と家臣たちも次々と髷を落とす。 が、初めの数人はともかく、後の方の者たちは、そうしないとその場が収まらない感も無きにしも非ず。 ちなみに中村や一豊は後ろの方。{/face_ase2/} それにしても上様家臣一同、怖いですよ、その髪型。{/fac... [Read More]

Tracked on September 11, 2006 at 03:38 PM

» 功名が辻 第36回 と篤姫は宮崎あおい [賃貸営業よもやまばなし]
本編 今週はちょっと大奥チックなスタートでした。跡取りの鶴松が急逝し、秀次が関白になります。ここでも北の政所(寧々)と淀(茶々)のバトルが・・・。 そして秀吉は暴挙といえる朝鮮出兵を行います。 ここでの家康の動きは明らかにわざと遅らせて参加しなかったんで....... [Read More]

Tracked on September 11, 2006 at 06:28 PM

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 秀吉祭り☆☆☆ [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」で頭いっぱいのてれすどん2号ですが、かすかな記憶でレビューにまいりましょう [Read More]

Tracked on September 12, 2006 at 01:25 AM

» 「功名が辻」第三十六回 [リリコ雑記]
鶴松君ご逝去後、「太閤秀吉暴走する」の回です。そして!!お帰りなさい六平太! もう今回はそれでいいや。と思ってしまった今週号。(おい) 今週も盛りだくさんなハズなのに……。 [Read More]

Tracked on September 13, 2006 at 10:36 PM

» 功名が辻 [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
第三十六回「豊臣の子」 日本史上、家族をおざなりにした成功者は碌な目に遭ってないよナァ。 [Read More]

Tracked on September 14, 2006 at 10:12 PM

« 世嬉の一酒造 | Main | 鰹の手ごね寿司 »