« サロン・ド・テ アルション | Main | この頃流行りの »

September 24, 2006

功名が辻:第38回「関白切腹」

賢いだけでは乱世は生きられない、そんなことを思う辛い回でした。

前半は秀次殿の話。
謀反の疑いありということで、秀次殿を伏見へ連れて来るよう命じられた一豊さま。宿老らしい毅然とした態度で秀次殿を説得します。一豊さま、初めて説得に成功するのかと思いきや、「治兵衛殿!」と千代さん登場。そんな緊迫した状況に普通入り込めないでしょうとは思うものの、いつもの展開ですからスルー。山内夫婦の説得もあり、「死ぬるまでは、己を見失うことなく生ききってみようぞ」と決意し、伏見へ足を運ぶ秀次殿。最後の仕事として猿殿に「唐入りの兵をお引きなされ」と進言したのでした。最後まで、とてもかっこよかった成宮秀次殿でした。

後半は山内家の拾君の話。
文武両道で逞しく成長した拾殿。しかし、運命を告げる使者、六平太は「あの子を山内家の跡目争いに巻き込んではならぬ」と告げます。一豊さまは拾君に山内家を継がせたいと考え始めていますが、家臣の中には捨て子を跡目にするのは納得いかないと思っている者も少なくない様子。その代表が新衛門殿。拾君跡目相続を阻止すべく、新一郎殿を康豊殿の元へ走らせたり、千代さんに「近頃キチベーが毎夜の如く夢枕に立って・・・」と話したり。一豊さまと千代さんは、悩みぬいて拾君を仏門に入れる決意をします。父のように立派な(?)武士になるために精進していた9歳の男の子が、突然仏門に入れと言われるのですから、相当なショックでしょう。しかし、父の宿業を救うため、父の命を受け入れるのですから、涙ぐましい。
拾君が旅立つ朝、「どこにあってもそなたは我らの子じゃ」とお守りの布を拾君の腕に巻きつける一豊さま。私は涙ぼろぼろでした。

前半後半と泣かされた今回。秀次殿も拾君も好きなキャラだったので、2回に分けてほしかったなぁ。

|

« サロン・ド・テ アルション | Main | この頃流行りの »

Comments

そうそう。
こんなに秀吉を早く殺して、
やることあるのか?
関が原いつやるつもり??
とか思ってしまった。

Posted by: ryi | September 24, 2006 at 09:33 PM

こんばんは!
確かに2回に分けても充分楽しめるテーマだったと思います。
これは作者の陰謀では?
千代の賢さを際だたせるための・・・
と思ってしまいました。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | September 24, 2006 at 09:37 PM

>ryiさま

どこに重点が置かれるのか、読めるようで読めない今後の展開です。

>ぱるぷんて海の家さま

千代さんのでしゃばり具合が際立ちましたけどね^^;
ぱるぷんて海の家さんに座布団3枚!!

Posted by: ヒロ子 | September 24, 2006 at 10:17 PM

私も2回に分けて欲しかった気がします。。。
そうすれば、あんな所で千代が乱入しなくても済んだのかも(--;)

Posted by: くう | September 24, 2006 at 10:29 PM

2回にわけてもいいほど充実した回でしたね。これまでの、ただの時間流しの回を削ってもいいぐらいですね(笑)ほんと、強くたくましい子に育ってほしいです、拾。

Posted by: てれすどん2号 | September 24, 2006 at 11:15 PM

>くうさま

千代さんの乱入が目立ってしまいましたよね。
それに拾君の話が良かっただけに、前半の成宮秀次殿の話がやや薄れてしまったようにも感じました。もったいない~。

>てれすどん2号さま

そうそう、時間流しの回を削って、ここに時間をかけて欲しかったです。まぁ、時間配分が読めないところが、今回の大河ドラマの魅力(?)かもしれませんが。

Posted by: ヒロ子 | September 25, 2006 at 06:39 PM

こんばんは。

秀次はよかったですね~。

これまでの秀次ってウツケだったりヘタレだったりしただけなのに、今回の秀次はとてもかっこよかったです!

しかし拾も不憫でしたね。

別れのシーンは泣けました・・・

Posted by: 「感動創造」 | September 25, 2006 at 11:31 PM

>「感動創造」さま

今回の大河は、淀君や秀次殿を代表として、ちょっと違った描き方をしていて面白いですよね。優しくてかっこいい秀次殿も十分ありだと思いました。

拾君の別れのシーンは、ほんと、泣けましたTOT

Posted by: ヒロ子 | September 26, 2006 at 06:40 PM

おひろい君との別れのシーンはさすがにウルっときました~。
けど、こうなったことが 「一豊亡き後の千代の身の振り方に利いてくるんや~」 とのたまう旦那・・・・・・・確かに甥っ子が主となれば気詰まりな事柄も多々あるでしょうし。。

さぁ、今夜はいよいよ前田さんのご登場ですネ。(*^-^*) ワクワク

Posted by: 桔梗屋 | October 01, 2006 at 11:49 AM

>桔梗屋さま

ね~、拾君、泣けますよね~。
「一豊亡き後の千代の身の振り方・・・」そこまでは原作に書いていなかったので知りませんでした。さすが歴史通のご主人様ですね。

そうそう今夜は前田利家さんです。
でも、私「利家とまつ」ってちゃんと観ていなかったのですよね^^;

Posted by: ヒロ子 | October 01, 2006 at 04:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/12024335

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第38回「関白切腹」:

» 功名が辻(9月24日) [今日感]
前半は秀次切腹、後半は拾を寺へ預ける話と、ともに世継ぎをめぐる話。 [Read More]

Tracked on September 24, 2006 at 09:31 PM

» 大河ドラマ 「功名が辻」 関白切腹 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
山内家の運命は・・・。 [Read More]

Tracked on September 24, 2006 at 09:32 PM

» 功名が辻38戦国ヒーロ功名戦隊デシャバリンダー登場! [ぱるぷんて海の家]
先週あと10回と書きましたが、今日を入れて後12回のまちがいでした。あまりのヘヴィな展開にトチ狂ったのかいずれにせよ謹んでお詫びします。m(._.)m そのお詫びといっては何ですが、次週以降のタイトル一覧などを・・・。 あ、でも突然の変更もアリかもです。 38(09...... [Read More]

Tracked on September 24, 2006 at 09:34 PM

» 大河ドラマ 功名が辻・第38回「関白切腹」 [真田のよもやま話]
切腹って痛いんでしょう?しかも自分で切るだなんて、うわ~・・・寒気がしてまいりますわ。 それに人間ってお腹を切ってもなかなか死ねないって言うじゃないですか。 放っておいたら何時間も苦しむ事になるから介錯の必要があるとか。 つくづく、武将に生まれなくて良かった~。... [Read More]

Tracked on September 24, 2006 at 09:38 PM

» 功名が辻 第38回「関白切腹」 [みはいる・BのB]
関白・秀次(成宮寛貴)も最後の時がやってきました。 [Read More]

Tracked on September 24, 2006 at 09:58 PM

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会  悲しいからこそ [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
奇跡のモロボシダン(森次晃次)さんの舞台挨拶があり、頭ん中ウルトラの幸せでいっぱいのてれすどん2号ですが(追って記事UPします)、今週の功名が辻は神妙にレビューすることにしましょう [Read More]

Tracked on September 24, 2006 at 10:08 PM

» 功名が辻〜秀次切腹&拾との悲しい別れ!! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
功名が辻ですが、面白くなっております。こんなに毎週楽しみなドラマは久しぶりなわけですが、オープニングの雲が流れる映像を見るだけでもちょっとドキドキしてしまいます。 今回は、関白・豊臣秀次切腹の回なので、あまり楽しみとかいうのも悪いわけですが、出演者のテロップで、シャーン!という効果音の後の目立つ位置に成宮寛隆が出ていたあたりは期待通りでした。NHKもなかなかやってくれます。 ただ、関白切腹というタイトルという割りには、10分くらいで成宮君切腹していましたが、後半の山内家の跡目争い、千代と... [Read More]

Tracked on September 24, 2006 at 10:20 PM

» 【功名が辻】第三十八話 [見取り八段・実0段]
一粒種のよね姫を失ってから10年間。我が子として育ててきた拾を、ついに手放す日が来た。一豊と千代は拾を山内家の跡取りにしても構わないと思っていたが、跡取り問題で家中は揺れ始めた。血筋が途絶えると言うのが理由である。千代は断腸の思いで、拾を仏門に入れる事...... [Read More]

Tracked on September 24, 2006 at 10:26 PM

» 「功名が辻」第38回「関白切腹」 [つれづれ さくら日和]
文禄4年7月15日、秀次・青巌寺柳の間にて切腹。 サブタイトルからすると、この時まだ関白のままだったと言うことか。 「天下は天下のための天下。  太閤殿下だけのものではござりませぬ!」 命を懸けての関白としての最後の勤め。 こういう状況でなければ秀吉が忘れてしまっている大切なこと、誰も言えなくなってしまっている状況、それそのものが既に豊臣家の崩壊が近いことを表しているのではないでしょうか。 ... [Read More]

Tracked on September 24, 2006 at 10:46 PM

» 功名が辻 第38回 [ななさんにトラックバック]
前半15分、あっさり関白切腹しちゃいましたね。 一豊「秀次様を伏見にお連れ致さば木村〜や前野〜はわしを斬るであろう。されど太閤殿下の命に背けば…山内家に明日はない。万事休すじゃ。」 連れて行くのも命がけなのね。家の存続を考えると太閤についた方が得策ですね。 木村「人間 騙される者を『愚か者』と申します。『愚か者』の名を世間にお披露目なさるが男か、『謀反人』の名をお残しになるのが男か、上様はどちらをお選びになさります�... [Read More]

Tracked on September 25, 2006 at 10:37 AM

» 功名が辻 [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
第三十八回「関白切腹」 『三国志』呉の孫権を思い出しますわ! [Read More]

Tracked on September 25, 2006 at 08:05 PM

» 功名が辻 第38話 [くつろぎ日記]
天下は天下のための天下。太閤殿下だけのものではございませぬ。 [Read More]

Tracked on September 25, 2006 at 08:13 PM

» 功名が辻 第38回 [賃貸営業よもやまばなし]
今週は泣けましたね、『功名が辻』。 前半は一豊が秀次に説得するも一触即発状態に・・・。そこへ千代がシャシャリ出てきて諫言します。さすが主役美味しいとこ取り状態でした。 秀次最後の仕事?秀吉への諫言『唐入りの兵を一日も早くお引きなさいませ。天下は天下のため....... [Read More]

Tracked on September 25, 2006 at 10:22 PM

» 功名が辻第三十八回「関白切腹」〜よー言った!秀次!拾!〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
さらば! 成宮寛貴関白秀次! 拾も仏門で頑張ってくれ! [Read More]

Tracked on September 25, 2006 at 11:38 PM

» 「功名が辻」第三十八回 [リリコ雑記]
『さらば、成宮関白秀次!!』の回。かと思いきや、それは「本能寺」と同様、あっさりと前半15分で終わっちゃいましたねー。(苦笑)残りは山内家にとって重大な転換期部分。今回も面白かったです。 [Read More]

Tracked on September 26, 2006 at 09:49 PM

« サロン・ド・テ アルション | Main | この頃流行りの »