« ”もも”さんリニューアル | Main | 実家での楽しみは »

October 29, 2006

功名が辻:第43回「決戦へ」

今日は山内一豊デーでしたね。

まずは千代さんから届いた石田殿の書状を徳川殿へ差し出す一豊さま。ここはすっかり千代さんの筋書き通りです。徳川殿に見せることを目的とした一豊さま宛の手紙、すっかり徳川殿も千代さんの策略にのせられています。恐るべし、内助の功。

続いて、徳川殿に味方すると決めたものの迷いのある福島殿に説教する一豊さま。
「福島殿は誰の為に戦をなさる。それがしは、それがしの家臣と領民の安堵のためならばこの命は惜しみませぬ。」
若い頃と変わらない馬鹿正直な言葉ですが、福島殿に響いた様子。年を重ね、言葉に重みと真実味が備わったということなのでしょうか。

続いて、家督を継いだ堀尾殿の息子が登場。父親から「徳川殿が石田攻めを決めたら、城を徳川殿に明け渡せと言われた」と相談をもちかけます。なんと一豊さま、軍議の席でこの堀尾殿の言葉をぱくっちゃいました。「掛川の城と領地、いっさいがっさい徳川様にお渡しいたします。」感激(したふり)をする家康殿。後に続く大名達。一豊さま、年をとり、このあたりの知恵もついてきたのですね。その後、一豊さまに謝られた堀尾殿の息子、「山内様に言われたら、父も喜びましょう」とは父親譲りのいいヤツでした。

掛川城を明け渡し、雨の中で待機する山内軍。不平をこぼし徳川家の勝利を疑う兵に一豊さまは言います。

「勝てるかどうかではない、われらが徳川様を勝たせるのじゃ!」
「わしは運が強い。皆もその運を信じよ!!」
「皆の者、死に物狂いで共に戦おうぞ!!!」

おおおっ!一豊さま、士気を上げるこんな演説もできるようになったのですね。かっこいいです。

長くなりますので、大阪の話は他の方のブログにお任せしたいと思います。

が、一つだけつっこませてください。
「六平太、一豊さまを守って。一豊さまはもう若くないの。」
千代さん、もう六平太も若くないですからっ。

|

« ”もも”さんリニューアル | Main | 実家での楽しみは »

Comments

六平太の髪にもかなり白いものが見えてきました。

Posted by: ryi | October 29, 2006 at 09:43 PM

ほんとほんと
六平太に頼りすぎです。
確かに六平太の出番作らないといけないのは分かるけど。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | October 29, 2006 at 09:45 PM

六へ~た、それでも来週がんばっちゃうようですね(笑)ほかの人の妻でもそこまで愛せるんですね~。。。

Posted by: てれすどん2号 | October 29, 2006 at 09:52 PM

>ryiさま

動きもにぶっていましたし…


>ぱるぷんて海の家さま

ここのところ毎週登場するのは嬉しいのですけれどね^^;

Posted by: ヒロ子 | October 29, 2006 at 09:54 PM

>てれすどん2号さま

いろいろな愛の形があるのですよ~。勉強ですね(爆)

Posted by: ヒロ子 | October 29, 2006 at 09:55 PM

一豊も無駄に年を重ねていない、って思えるような場面が色々ありましたね。
勝ち抜いてきた主を選んだと言う運の強さが自分にはある、と言う言葉、面白いなと思いました。
今までによくあったもっと有名な武将が主役の話では聞かれないような台詞だな、と。
その辺がこのドラマの面白い所かな。

そうそう、六平太ももう若くないですよね。
千代のそういう態度、六平太も辛いですよね。

Posted by: さくらこ | October 30, 2006 at 10:11 AM

>さくらこさま

そうですね、天下とりをする武将の物語では、ありえない台詞ですね。これだけ運が強いと、運も実力のうちって本当だなぁと思います。山内家の話、なかなか面白いです。

六平太、辛いですよね。
千代さんも歳をとったのだから、そのあたり成長してほしいものです。

Posted by: ヒロ子 | October 30, 2006 at 07:29 PM

こんばんは。

一豊かっこよかったですね~!

いつの間にか、おっきな大将になっていたようです。
半分は千代のお陰でしたけどね!

六平太だった、お歳ですからぁ~!!!


残念・・・・(笑)

Posted by: 「感動創造」 | October 30, 2006 at 11:03 PM

>「感動創造」さま

みなさまのおかげで、大きな人間になりました(by 一豊)
ですね^^
このペースで最終回まで進むのか、原作寄りになるのか、気になるところです。

Posted by: ヒロ子 | October 31, 2006 at 05:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ”もも”さんリニューアル | Main | 実家での楽しみは »