« 実家での楽しみは | Main | 海を見ながら豚汁パーティー? »

November 05, 2006

功名が辻:第44回「関ヶ原」

「その時歴史が動いた」!?的解説の入った今回の「功名が辻」。
面白いと思う方もいるかもしれませんが、なんとなく内輪ウケっぽくて気に入りません。

さて、今回のMVPは六平太でしょう。
「我らはここを動かぬ」と言っていた一豊さまを動かし、関ヶ原の戦いのキーパーソン小早川殿まで説得しています。六平太を主人公にしたら面白いかもしれません。結局、小早川殿は家康殿から脅しの大筒を撃たれて、ようやく打って出るわけですが。

戦闘シーンはともかく、戦が終った後の描き方はさすが人間ドラマ「功名が辻」。

敗走する石田殿。「なぜだ、なぜ、なぜ義あるのは我らだ。」
世の中、”義”だけでは渡っていけないのです。島津殿にも最初に夜討ちを拒んだのはそっちだろー(怒)、と言われていましたっけ。

戦の後の軍議。小早川殿に石田殿のいる佐和山城を討って欲しいと頼んだ家康殿。浮かない顔をして席を立つ一豊さまに、家康殿はポロリとこぼします。「人の心につけこむのも疲れるものでございます。」自分と同じく老骨に鞭打って戦に出た一豊さまにだからこそ、こぼせた言葉なのでしょう。”理”で勝っても、気分はすっきりしないようです。

雨に打たれながら軍を引き上げる一豊さま。「勝ちはした。勝ちはしたが、勝つこともまた寂しいことじゃ。」若い新一郎には、まだよく分からないようでした。

「三成、三成、三成・・・。」感情を表に出さなかった淀君が泣きじゃくる。一瞬の登場でしたが、切ないです。

「何ゆえ三成が素直につかまったか。その謎は次週解き明かされる」って、それほど知りたくはないですけれど。主役は山内夫妻ですし。

|

« 実家での楽しみは | Main | 海を見ながら豚汁パーティー? »

Comments

こんばんは!
三成が捕まったわけはなんて
別に謎でもなく分かり切ったこと。
何で引っ張るのかよく分かりません。
それにしても六平太
今回の最大の功労者ですね。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | November 05, 2006 at 09:53 PM

>ぱるぷんて海の家さま

何ゆえそこで引っ張るのか、が謎ですね。
まぁ、三成殿にはだいぶ力を入れているようですから。
六平太、すごすぎです^^;

Posted by: ヒロ子 | November 05, 2006 at 10:03 PM

六平太、いつの間に小早川の軍に。。。?
神出鬼没とは、まさにこのこと。
次は何処に現れるのか。楽しみだったりします。

Posted by: くう | November 05, 2006 at 10:16 PM

え~。
何か引っ張った理由があるんですかねぇ。
三成の捕まった理由。

Posted by: ryi | November 05, 2006 at 10:18 PM

>くうさま

どこで六平太を見ようと、もう驚きませんね(笑)
彼は土佐までついて行くのでしょうか。

>ryiさま

もしかすると、何かとてつもない理由が!?
あんな引っ張り方しなくても、見ますけれどね^^;

Posted by: ヒロ子 | November 05, 2006 at 10:22 PM

いきなりの 「三宅氏登場!」 に面食らった一人です (^^;
今更ご丁寧に解説するようなネタでも無いでしょうに・・・・やっぱ
単なる時間稼ぎだったんでしょうか?
(にしても山内さん、ここでも地味ですねぇ (;´▽`A`` )

Posted by: 桔梗屋 | November 06, 2006 at 10:29 AM

三宅アナの出番は初めの一回にした方が良かったですね。
六平太は、歴史を動かしすぎだぞ~!
あり得ない~~!
三成が敗走するシーンの時、犬と家族がうるさくて、何言ってるのか分りませんでした。
でも乱れた御髪で、そんな雰囲気は画面だけでも伝わっていきました。

Posted by: さくらこ | November 06, 2006 at 11:45 AM

 ご無沙汰してます。
 確かに、六平太、大活躍の回でしたねー。

>三成が捕まったわけはなんて
>別に謎でもなく分かり切ったこと。

 って何でしょう??
 ぱるぷんてさんのBlogも見に行ってみるか…。

Posted by: 悪七兵衛景清 | November 06, 2006 at 09:49 PM

>桔梗屋さま

三宅アナはNHKの看板アナなのは分かっていますけどね。
あぁいう演出はどうかな~と思ってしまいます^^;
地味でも丁寧に山内さんのお話を描いて欲しいのですけれどね。


>さくらこさま

そうですね、最初だけなら、いつものことかと流せたと思いますが、
途中まで出てきては、くどいっ!!

六平太は、なんでもありですから^^;
時代を動かしちゃいますよ~。最終回までの絡みも、
ひそかに楽しみです。

三成殿は、絵になりますからね~。


>悪七兵衛景清さま

お久しぶりです^^
時々、おじゃまして記事は読んでいましたが、
コメント、TBを残さず、失礼しておりました。

三成の捕まったわけ、次週のぱるぷんてさんの記事も
楽しみです♪

Posted by: ヒロ子 | November 06, 2006 at 10:00 PM

こんばんはー。

今回、ばっかりは、きっちりと合戦やってくれましたね。
非常に素晴らしい関ケ原でしたね。

あれはその時歴史が・・・パターンですよね~!
お見事でした(笑)

そんなわけで、私も気合入れて取り上げました!

Posted by: 「感動創造」 | November 07, 2006 at 01:40 AM

>「感動創造」さま

さすがに関ヶ原だけあって、手抜きでは終りませんでしたね。
安心しました^^

のちほど気合いの入った「感動創造」さんの記事を読みに伺いますね~♪

Posted by: ヒロ子 | November 07, 2006 at 05:13 PM

関ヶ原だ!と思って観ておりました。
良き闘いの場面になっていました。感慨深いおもいでしたね〜義経の節約と比べると、ここぞとお金をかけて人馬もそれなりに動員されてましたから。

Posted by: patra | November 08, 2006 at 12:28 AM

こんにちは♪

六平太がそのような活躍をしていたとは・・・。
すっかりごぶさたの大河ですが関が原の凄惨さが想像できます・・・

Posted by: ちこりん | November 08, 2006 at 04:13 PM

>patraさま

山内家が主役とは言え、なんと言っても天下分け目ですから。
お金もかけていただかないと。
ふつうに大河ドラマらしい合戦シーンで、ほっとしました^^;


>ちこりんさま

六平太、かなり大活躍です。
架空の人物でしょうから、何でもありですよね^^;
見なければ見ないで済むけれど、見始めるとやめるにやめられない大河・・・

Posted by: ヒロ子 | November 08, 2006 at 08:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/12567583

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第44回「関ヶ原」:

» 功名が辻44ご先祖も戦った?関ヶ原の合戦! [ぱるぷんて海の家]
関ヶ原の合戦を見ながらフト考えた。 もしやワタシの先祖もこの中で戦っていたのではないだろうかと。 誰にでもいる先祖は20代遡ると軽く百万人を超えてしまうのである。関ヶ原は1600年だから16代〜20代くらい前の先祖だろう。その先祖の親か子か孫か、はたまた親戚かもし....... [Read More]

Tracked on November 05, 2006 at 09:50 PM

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 三宅さんの関ケ原(笑) [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
さぁ、いきなり局アナの三宅さんがなんかやらかしてます(笑)関ケ原にああ言う説明がいるのはわかりますが、なんか三宅さんがあれを待ち望んでてわくわくしていたんでちょっと笑えました(笑) [Read More]

Tracked on November 05, 2006 at 09:53 PM

» 功名が辻(11月5日) [今日感]
まず、予想が大ハズレ!!!いや~前回のラストと予告編にだまされました。 六平太をみくびってしまいました。「山内家の影の守護神」どころか「徳川家の影の守護神」になってました。 吉川広家内応確実の情報を一豊にもたらし、戦に躊躇する一豊を関ヶ原へ。 そして、小早川の陣営で小早川秀秋を内応へ。 これが家康の耳に入れば、六平太も大名です。... [Read More]

Tracked on November 05, 2006 at 10:00 PM

» 功名が辻 第44回「関ヶ原」 [みはいる・BのB]
天下分け目の大いくさってことで オープニングから 「その時、歴史が動いた!」風の うんちくコーナーです (^^;; [Read More]

Tracked on November 05, 2006 at 10:11 PM

» 大河ドラマ 「功名が辻」 関ヶ原 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
ついに決戦! 一豊が歴史の表舞台に躍り出ます。 [Read More]

Tracked on November 05, 2006 at 10:21 PM

» 【功名が辻】第四十四話 [見取り八段・実0段]
人徳。。。敗走していく三成を見て、その二文字が頭に浮かぶ。東軍7万4千。西軍8万4千。勝ち目の薄い戦を分けたのは、西軍に付いていたはずの諸侯の多々の裏切りだった。内々に徳川の意を受けていた小早川の東軍寝返り。結果、東軍は圧勝した。後に残る屍の山。。。義...... [Read More]

Tracked on November 05, 2006 at 10:22 PM

» 「功名が辻」第44回「関ヶ原」 [つれづれ さくら日和]
「判官びいき」は日本人らしい感情だと言いますが・・・。 関が原、三成が気の毒に思えてならなかった方は私の他にもいるでしょうか。 慶長5年(1600年)9月15日関が原の合戦。 前夜、南宮山の麓に陣を構えた一豊は、家臣たちに声を掛ける。 前回に引き続き、勇ましい大将ぶり。{/kirakira/} なかなか、宜しいんじゃないでしょうか。{/good/}{/heartss_pink/} 家康の�... [Read More]

Tracked on November 06, 2006 at 01:42 AM

» 功名が辻感想〜関ヶ原における一豊の存在意義! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
功名が辻ですが、関ヶ原の合戦ということで、いきなり三宅アナの解説から始まりますが、一瞬「その時、歴史が動いた」と間違えたのかと思ってしまいました。 関ヶ原の戦いでは、いろいろあるのですが、とにかく小早川秀秋が裏切って勝敗が決するようです。(功名が辻の感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on November 06, 2006 at 02:22 AM

» 功名が辻 第44話 [くつろぎ日記]
天下分け目の関が原! [Read More]

Tracked on November 06, 2006 at 05:08 PM

» NHK功名が辻44回目 [悪七兵衛景清の今日の一言]
 久々に「功名が辻」を見た。ちょうど回は「関ヶ原」。とはいえ、一豊の重要エピソー [Read More]

Tracked on November 06, 2006 at 09:20 PM

» 功名が辻第四十五回「関ケ原」〜東軍勝利のMVPは小童(こわっぱ)?〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
今回は、誰でも聞いたことがある「関ケ原の合戦」、詳しい人も、そうでない人もご一読いただければ幸いです。 [Read More]

Tracked on November 07, 2006 at 01:35 AM

» 功名が辻 第44回 [ななさんにトラックバック]
今日の放送は、「その時歴史が動いた」でしたね。 吉川広家がなんで東軍の味方をするのか、よくわからん?。 家康が勝つことを見越したとしても輝元が西軍の総大将として担がれた時点で西軍側に寝返るべきだったのでは?。 吉川/毛利軍が背後から攻めれば東軍を壊滅できたかもしれないのに…。 ついでに小早川秀秋が西軍から東軍に寝返って西軍も壊滅してから、家康撃退後の吉川/毛利軍と合流したら、西国はほとんど毛利、吉川、小早川のモノにな�... [Read More]

Tracked on November 07, 2006 at 11:27 AM

» ★功名が辻44・・勝つことも寂しい。。 [・*:・ふわゆら生活・:*・]
旅行のため旦那くんに録画を頼んだ。あれれ???なんだぁぁ〜〜??なんか撮り間違ってないかぁ〜〜??と思ったらなんだかへんなマエフリがあったのね〜。。いざ!!関が原へ!!いよいよだわ〜〜あれれ??またまた解説が。。。?お〜〜っとやっと関が原。隅っこに陣ど...... [Read More]

Tracked on November 07, 2006 at 02:05 PM

» 功名が辻 [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
第四十四回「関ヶ原」 何故じゃ? あまりの展開に特別編は気が失せてしまいましたよ。 [Read More]

Tracked on November 07, 2006 at 10:19 PM

» 「功名が辻」第四十四回 [リリコ雑記]
いよいよ「関が原の合戦!」の今回。ってまるで「その時歴史は動いた」ですよHNKさん!! 力の入れ具合は相当でしたねー。(笑)個人的には楽しかったのですが。 [Read More]

Tracked on November 08, 2006 at 10:38 AM

« 実家での楽しみは | Main | 海を見ながら豚汁パーティー? »