« あんですMATOBA | Main | カフェ欅 »

November 19, 2006

功名が辻:第46回「土佐二十万石」

土佐二十万石を貰ったものの、長宗我部の家臣や一領具足と言われる人達により、一豊さま達の入国は遅れています。まして、土佐を平定し、山内家の政を敷くためにはさらなる困難が待ち受けているよう。天国のキチベー、どうぞ一豊さま達をお守りください。

さて、強運の男、一豊さまですが、千代さんに「明智様や石田様と何がそこまで違ったのでしょうか」と問いかけられて、「器量かのう」と真顔で答えています。これには、寧々様以外のTVの前のみなさまも苦笑もしくは爆笑。さらには、家臣に「影武者を立ててはいかが」と言われ、「今、わしには天運がついている。鉄砲の弾も避けて通るのではないか」と自信満々。この話を聞いて、寧々様、さらに大爆笑です。が、続いて千代さんに「男は皆、そういうものじゃ。気に入らぬなら対馬守を見捨てよ。できないならば、何があろうと最後までしっかり見届けてやりなされ」と語ります。さすが、秀吉殿の妻、言うことに重みがあります。

それにしても徳川殿には腹が立ちます。マジメな一豊さまは直政殿のもとへ足繁く通い土佐入国へのアドバイスをもらいつつ、武力で制圧する方法も致し方ない、と悩んでいるのです。なのに、徳川殿、陰ではさらりと「あの正直、実直、律儀はまだ使える。」本人には「山内殿、そなただけが頼りじゃそなただけが」と頬ずり。なんたる二面性、苦労したのは分かりますが、性格悪すぎです。

大方の(?)予想通り、土佐へ入国した六平太。重臣達を差し置いて、政に口を出ししています。それでいいのか、一豊さま。

さて、美しい土佐の海を眺める一豊さまと千代さん。昔の素直で優しい一豊さまに戻り「千代にもろうた千代の国じゃ。このような美しき国で戦などしたくないのぉ」と言っているところに、千代さんは銃弾で撃たれるのでした。何で助かったのかしら、まさか、あの六平太とおそろいの鉄砲玉にちょうど当たった、なんてことはないですよね。

今回は、新衛門爺の「何が正しく何が間違いかは、後の世の民にしか分からぬこともございます」に考えさせられました。石田殿は間違っていたのか、徳川殿は正しかったのか、後の世の民にも分からぬこともはあるのです。何が正しく何が間違いか、絶対的な答えは無いのではないか、と思ったのでした。

|

« あんですMATOBA | Main | カフェ欅 »

Comments

かなり大胆でしたよね、一豊。
完全に天狗状態です。

Posted by: ryi | November 19, 2006 at 09:47 PM

こんばんは!
>何が正しく何が間違いか、絶対的な答えは無いのではないか、と思ったのでした。

確かに純客観的な歴史観などないでしょうね。
後世の人間は、歴史から何を学ぶか
だけではないかと思います。
あ、何かえらそーなこと云ってますがワタシ何も学んでません!

Posted by: ぱるぷんて海の家 | November 19, 2006 at 09:53 PM

>ryiさま

あそこまで勘違いできるというのも、やっぱり、
さすが一豊さまです^^;


>ぱるぷんて海の家さま

人は歴史から学ばなければいけませんよね。
未履修なんてもってのほか?!
とは言え、私も何も学べていませんね・・・

Posted by: ヒロ子 | November 19, 2006 at 09:58 PM

「あれ? こんなトコで千代さん・・・・」 と思いきや、違うんですね~(´・`) ホッ

でも、撃たれたのは確か?
だったらどーして助かったんだろ??

次回が待ち遠しいですぅ (^^;


(今年もあと40日余り?! い、いつの間に!!!)

Posted by: 桔梗屋 | November 20, 2006 at 04:25 PM

>桔梗屋さま

なんとも引っ張る終り方でしたよね、今回も^^;
こんなところで千代さんは亡くなりませんが、でも、どうして助かったのでしょうね???

あぁ、今年もあと40日余りなのですね~TOT

Posted by: ヒロ子 | November 20, 2006 at 09:18 PM

こんちは!
ヒロ子さんちもぱくられてましたね。
あの段階でお知らせすれば良かったんですが、まだその時はヒロ子さんちは判明してませんでした。

被害はどんどん広がってるようです。
もしかしたら全部パクリかも?

デモ理解できませんね。他人のコピペして何が楽しいんでしょう。
ワタシの記事でコピペしてない部分判明しました。
先祖の記事で「父の出は福井云々・・・」
さすがにここはコピペできなかったようです。
誰か知り合いが読んでいるのかも知れませんね。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | November 21, 2006 at 11:26 AM

>ぱるぷんて海の家さま

本当に、他人の文章をコピペして何が楽しいのでしょうね。
自分で表現して公開するからこそ楽しいと思うのですが。
びっくりです。
ぱるぷんてさんからのパクリは相当な量ですよね。
あそこまでいくと、罪悪感とか無いのだろうな~と思ってしまいます。

Posted by: ヒロ子 | November 21, 2006 at 07:49 PM

こんばんは!

確かに家康のしたたかぶりがクローズアップしてきましたね。

一豊はまだ使える!!って、なんだか人というよりモノとしてしかみていないような・・・・

それであの頬すりすりですからねぇ・・・

Posted by: 「感動創造」 | November 21, 2006 at 10:45 PM

>何が正しく何が間違いか、絶対的な答えは無いのではないか、と思ったのでした。

その時その時になんらかの選択をしていかなくてはいけなくても
それが絶対に正しいか、正しくないかはわからないですよね。
立場によって正しかったり不当だったりするでしょうし。
そのほかのこと、私もいろいろ考えてみたりしてましたよ。
 
パクられ??
文章をコピペされたんですか??
困った人がでてきましたね(´・ω・`)
niftyにも相談してはいかがですか?

Posted by: ルビー | November 22, 2006 at 12:58 PM

>「感動創造」さま

同じように乱世を生き抜いたご老体なのに、
「まだ使える」はヒドイですよね。
家康殿はあのようにしたたかだから生き残ったのでしょうけれど、
一豊さまは、やっぱり器量でしょうか?運でしょうか?


>ルビーさま

正しいか正しくないか分からなくても、
その時その時に決断はしないといけないのですよね。
そして選ぶのは自分の責任。
まして多くの家臣を抱えていては責任重大ですよね。

パクリ、私の被害は大したことなくて笑える範囲ですが、
本当に困った人がいるものです。

Posted by: ヒロ子 | November 22, 2006 at 07:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/12748482

Listed below are links to weblogs that reference 功名が辻:第46回「土佐二十万石」:

» 大河ドラマ 「功名が辻」 土佐二十万石 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
いよいよ土佐入国です。 しかし前途は多難・・・。 [Read More]

Tracked on November 19, 2006 at 09:46 PM

» 功名が辻46家康頬ずり作戦に一豊どん引きの巻!! [ぱるぷんて海の家]
土佐20万石の大名になった一豊クン。 自分は天運がついておる!ここに来てようやく芽が出て来た! これは わしの器量だ!! すっかり自分に自信を持ち始めた一豊クンです。 フツーならイヤミな奴やと責めるところですが、これまで散々ツッコミ入れてきたのでここら....... [Read More]

Tracked on November 19, 2006 at 09:47 PM

» 功名が辻(11月19日) [今日感]
{%trophy%}土佐二十万石で、天にも昇る気持ちの一豊。 「ここに来てようやく芽が出た。徳川様によって器量が見出された」 「鉄砲の弾もよけて通るのではないか」 [Read More]

Tracked on November 19, 2006 at 09:51 PM

» 功名が辻〜山内vs長宗我部! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
功名が辻ですが、山内一豊(上川隆也)もいよいよ土佐一国拝領し、有頂天なわけですが、実は土佐は長宗我部の残党が残っており、ただ行けばいいというものでもないわけです。 千代(仲間由紀恵)は六平太から聞いて、その辺の事情も分かっているのですが、何も知らない一豊はただただ浮かれ、「俺には器量がある、秀吉様には見出されなかったものを家康様で報われた」「影武者などいらん、今の俺なら鉄砲弾もよけて通るだろう」などと手がつけられません。(功名が辻の感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on November 19, 2006 at 09:53 PM

» 功名が辻 第46回「土佐二十万石」 [みはいる・BのB]
「高い地位は、男を狂わすのです」 寧々さん(浅野ゆう子)のおっしゃる通りですねぇ。(--; [Read More]

Tracked on November 19, 2006 at 10:05 PM

» 「功名が辻」第46回「土佐二十万石」 [つれづれ さくら日和]
  土佐20万石を頂いたのはいいのですが、「功名が辻」最後の最後に大変な事が待ち受けていたんですね〜。 元の領主だった長宗我部盛親への忠誠心が海よりも深い、一領具足と呼ばれる領民たち。 土佐平定のためには戦は避けられないのか?という状況です。 一領具足とは、政には参加せず、普段は農民、ひとたび召集が掛かると兵士として戦う人たちのことです。 長宗我部盛親は関が原の後、家康のところに詫びに来たため、�... [Read More]

Tracked on November 20, 2006 at 08:42 AM

» 功名が辻 第46話  [くつろぎ日記]
何が正しく、何が間違いかは後の世の民にしかわからない。 [Read More]

Tracked on November 20, 2006 at 05:19 PM

» 功名が辻 第46回 [ななさんにトラックバック]
土佐の名物ってかつお以外にもあったような気がするけど…出てこない。…深層水か?。 一豊「器量かのう。わしも天正以来、運には恵まれてこなんだがここに来てようやく芽が出たのよ。亡き太閤殿下には見出されなかったわしの器量が徳川様によって見出されたのよ。」 ※盛親他、三成側についた大名達よりも器量があるのかと…。関ヶ原の前に運だけでここまで来た!って言ってたじゃん。 一豊「今、わしには天運が�... [Read More]

Tracked on November 20, 2006 at 07:33 PM

» 【功名が辻・感想レビュー】土佐二十万石 [必然的なヒストリー]
最終章に入ってから、石田三成の批評ばかりを行っていた琉河でしたが、気持ちを新たにして物語を拝見しようと思いきや!?まず「ほほう、今日のテーマは一領具足の反乱(=浦戸一揆)のお話かぁ」と、この暗いイベントをどのようにして描くのか楽しみにしていましたが、OPのクレジットを見てその考えは吹っ飛んでしまいました。その理由は・・・な、なんと、渡辺哲さんのクレジットがVIP席に表示された為!いくら役柄が一領... [Read More]

Tracked on November 20, 2006 at 10:57 PM

» ★功名が辻46・・美しき国なのに。。 [・*:・ふわゆら生活・:*・]
土佐20万石!ついに一国一城の主となった一豊さま。す〜〜っかり調子に乗っちゃっていますでも、喜んでばかりもいられません。。土佐はえらいことになっています。とりあえず康豊を派遣して長宗我部の重臣たちに一領具足を討たせた後、その重臣をも国から追放。。ってぜ...... [Read More]

Tracked on November 20, 2006 at 11:12 PM

» 功名が辻第四十六回「土佐二十万石」〜一豊ご一行様、土佐へ上陸したとさ〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
祝!土佐上陸! 私どもも昨年上陸してました! 写真は昨年、社員旅行で四国へ行った時、桂浜でのひとコマ 「感動創造カンパニー」城北IN四国2005! 土佐!おめでとう! あっ、東京国際女子マラソンの土佐は、おめでとうでしたが・・・・・山内家はまだおめでとう!....... [Read More]

Tracked on November 21, 2006 at 10:41 PM

» 功名が辻 46回 [賃貸営業よもやまばなし]
いよいよ土佐上陸。しかしながら土佐には長曽我部配下だった『一領具足』という領民たちが上陸を許しません。先発隊の弟康豊も撃たれてしまいます。しかしながら一豊の秘策(たぶん家康の秘策)のおかげで長曽我部の重臣たちに討たせます。この時の長曽我部の重臣たちの気持....... [Read More]

Tracked on November 22, 2006 at 05:03 PM

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 目に力が欲しい [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
まずはじめに、記事が遅れたことでみなさんにご心配をかけまして、本当にすいませんでした。 [Read More]

Tracked on November 22, 2006 at 05:07 PM

« あんですMATOBA | Main | カフェ欅 »