« パウル・クレー展 | Main | Michel Chaudunのショコラショー »

December 03, 2006

功名が辻:第48回「功名の果て」

千代さんの「双六のように立身出世を楽しんできた」という仰天発言で幕を開けた第48回。おいおい千代さん、ヒルズ族じゃないのですから、ゲーム感覚で立身出世を楽しんではいけません。「ダンナサマに土佐のような大国を治める力はありません」って、それを言っちゃおしまいです。脚本家殿、賢妻にこんな台詞を言わせてはいけません。さらには、嫡男を亡くした新右衛門にまで気を遣わせて・・・。最終回を前に、一豊さまのいい人ぶりを際立たせる演出なのでしょうか。

立派な(美形の)僧に成長した拾君に「寛猛自在。父上の方が母上よりも嘆き苦しんでおります」と諭されたところに、一豊さまが倒れたとの知らせ。これは仮病なわけですが、

「千代がおらねば、わしは何も感じぬ。喜びも悲しみも、何も感じぬのじゃ。千代がおらねば生きておる甲斐などないわ。」

悩み苦しんでいる自分を放っておいて、「ダンナサマに大国を治める力はない」と言い切って家出した奥さんに、ふつう言わないだろうと思いつつ、一豊さまがあまりに健気で涙ぐんでしまいました。

とにもかくにも円満に解決し(一豊さまにはかなり心労があったわけですが)、女大名・軍師千代さんは山内家に復活。徳川家から山内家に嫁を世話して貰いたい、と寧々様に打診します。それを一豊さまが家康殿に伝えると、「これは千代殿のお考えか」とバレバレでした。

河内山城が完成し、天守閣から城下町を眺める一豊さま、千代さん夫妻。しかし、ついに一豊さまは倒れてしまうのでした。

高知城の解説を見ながら、やはり一豊さまは一国一城の主になるだけの才能を持っていたのではないかと思いました。内助の功や運だけで乱世は生き残れないでしょうし、立身出世もできないでしょう。良き妻、良き家臣を持ち、素直で実直な人柄で人徳もあり、そして周囲の意見を上手に取り入れる才能があったからこそ、土佐守になり、そして土佐が繁栄する礎を築くこともできたのではないか、そんなことを考えました。

最終回、泣く準備をしておかなくちゃ。

|

« パウル・クレー展 | Main | Michel Chaudunのショコラショー »

Comments

こんばんは!
ほんと!
千代あんなこと云っちゃおしまいです。
一豊クンよく我慢したなと思います。
来週いよいよ最終回ですね。
一年間お疲れ様でした、ラストラン頑張って楽しみましょう。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | December 03, 2006 at 09:48 PM

>ぱるぷんて海の家さま

ふつう、怒りますよねー。
一豊くんの心の寛さに感服いたしまする。
来週が最終回、意外にあっと言う間でした。
来週、どんな展開でも楽しみたいです。


Posted by: ヒロ子 | December 03, 2006 at 09:54 PM

一豊くんのMぶりと、千代のSぶりをしっかりと
確認させていただいた回でした。
あそこまで言われたら、もっと怒れよ~(>_<)

Posted by: くう | December 03, 2006 at 10:40 PM

私も、「すごろくのあがりがこれですか?」には
ちょっと。。。。

記事を書くと悪口になっちゃいそうで、記事にできませんでした。
ヒロ子さんの言葉をみて読ませてもらって
どうしてなんとなく自分が書けなくなったのかわかりました~(^-^;)

Posted by: ルビー | December 03, 2006 at 11:37 PM

こんにちは!
紀行で、一豊の建てた城が紹介されていましたね。
私も、なかなか一豊って、多くのことちゃんと考えて建てているんだ、と感心しました。
それがどうして彼をちょっと軽く見ちゃったような描き方になってしまったんだろう、と疑問が残ってしまった一年だったような・・・。

Posted by: さくらこ | December 04, 2006 at 08:59 AM

来週は一気に時代が進むんですね。
バタバタしなけりゃいいのですが・・・。

Posted by: ryi | December 04, 2006 at 09:41 AM

なんだか慌しい幕引きになりそうな次回、いよいよラスト! 大詰めですネ★

洗い物しながらチラチラ見てたので台詞がよく聞き取れなかったんですが・・・・・・
あまりに不憫な一豊さま~( ▽|||)
一度でもいいから 「おまえがいなければ生きる甲斐がない」 なんて言葉
聞いてみたいモンですワ!

それにしても千代さん、(いつまでもお若くて) 一向に歳取りまへんナァ。
(その分、最終回で一気に老けてたりして・・・・ (^^; )

Posted by: 桔梗屋 | December 04, 2006 at 10:42 AM

>くうさま

一豊さま、すっごいMですよね。
千代さんもそこまで言わなくても・・・って思うくらい、
イジメているしTOT
賢妻ではあっても、良妻ではないよ、あなた・・・という感じでした。


>ルビーさま

もう、TV観ながら、「っ!!!」って感じでした。
つっこみは入れても、悪口は書かないつもりでいますが、
私も悪口になっちゃっているかもしれません^^;

Posted by: ヒロ子 | December 04, 2006 at 08:37 PM

>ryiさま

絶対ばたばたします・・・よね。
山内夫妻をじっくり描いてもらえるといいのですが。
(淀君も見たいけれど^^;)


>桔梗屋さま

最終回、どうなるのかどきどきします。
一豊さまと千代さんの夫婦愛で泣きたいものです。
(でも、淀君で泣くかも・・・)

本当に、一度でいいから、誰かに「おまえがいなければ生きる甲斐がない」と言われてみたい。
この場面、二人で見ていましたが、二人とも無言でした^^;

Posted by: ヒロ子 | December 04, 2006 at 08:43 PM

こんばんはー!

いつもありがとうございます!

確かにあれは仰天発言、問題発言でしたよね・・・

いくらなんでも、あんなこと言ったら、打ち首ですよねぇ・・・

最後は一豊ぶっ倒れちゃうし・・・・

そんなわけで、いよいよ最終回ですね。

本当に今までお世話になりました。
どうぞ最後まで宜しくお願いしますね!!!

Posted by: 「感動創造」 | December 04, 2006 at 11:27 PM

>「感動創造」さま

こちらこそ、いつもどうもありがとうございました♪
「感動創造」さんのブログで、いつも勉強させていただいていましたよ^^

最終回、どのようなエンディングになるのでしょうか。
とにかく、がんばって観ようと思います。

しかし、最終回を前に、あの問題発言は、無いですよね~。

Posted by: ヒロ子 | December 07, 2006 at 04:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« パウル・クレー展 | Main | Michel Chaudunのショコラショー »