« Michel Chaudunのショコラショー | Main | 手作りをいただく »

December 10, 2006

功名が辻:最終回「永遠の夫婦」

最終回、何と感想を書いたらよいやら。

ドタッと倒れて半身不随になったものの、それなりに元気になられた一豊さま。医者になった徳次郎って誰?と思ったら、あのきかんぼうの坊やだったのですね。新右衛門のボケもホームドラマらしくほのぼのムードです。

最終回らしく堀尾殿も登場。しかし、静かに昔を懐かしむための来訪ではないようです。中村家が割れている、治めるために兵を出さないかと言うのです。
「出しませぬ!」
きっぱり断ったのは、千代さん。さらに堀尾殿に説教をします。最終回ですから、一箇所くらいは千代さんの説教もあっていいでしょう。

秀忠殿征夷大将軍就任の祝いに、上京する一豊さま。家康殿から、山内家の跡取り忠義に、養女を嫁がせるとの話があります。縁を固めたところで、「土佐殿、秀頼君はもうだいぶ大きうなられたであろうの。土佐殿、この家康、まだやらねばならぬことがある」と家康殿。一豊さまは、この言葉で徳川殿が何を考えているかピンときました。土佐へ帰る船上でも浮かない顔。もちろん千代さんとは相談したのでしょうけれど、康豊殿、忠義殿、家臣達の前で、徳川家との縁組を発表し、さらに山内家は豊臣と縁を切る、と宣言したのです。
「最後の戦の時は、迷うことなく徳川様へ随え。」
皆の前できっぱりと言い切り、一豊さまは倒れました。

ここからはもう涙、涙です。(黄金を七枚、八枚・・・と数える場面や、叔父上の爆発頭に笑いつつ。)
回想シーンを見ながら、本当に一豊さま、これまでよく生き延びたよ、と感心していたら、一豊さまも「よくぞわれらは生き延びたのう。」「そもそも千代と出遭うたことがわしの開運の始まりじゃ。」最後まで千代大好きモード全開の一豊さま。

「千代は日の本一の女房じゃ」
「日の本一の夫婦になるのでございます」
「日の本一幸せな夫婦に」

最後の接吻。大河ドラマっぽくないけれど、山内一豊さまと千代さんだからこれはこれでいいのです。大好きな奥さんに看取られて一豊さまはとても幸せな人だなぁ、と思ったのでした。そして、千代さんと一緒に号泣し、あぁ終った~と思ってからが長かった。

千代さんってば、淀君を説得して、秀頼君を上洛させているし。
淀君の最期があって、家康殿の最期があって、主役は誰なのでしょう状態。

とりあえず、一番最後に上川一豊さまの爽やかな笑顔を見たので、終りよければ全てよしとしましょう。


|

« Michel Chaudunのショコラショー | Main | 手作りをいただく »

Comments

こんばんは!
とうとう終わってしまいましたね
いろいろツッコミも入れたけど一年間楽しませてくれました。

ヒロ子さんの楽しいレビュー記事ありがとうでした。
レビュー書くのも大変だったでしょう。お疲れ様です。

ところで、TB出来ませんが何故に?

Posted by: ぱるぷんて海の家 | December 10, 2006 at 10:00 PM

確かに一豊が死んでから長かったですねぇ。
千代も死ぬのかと思いきや、アレっていう感じがしたのは私だけ?
でもあっという間の1年でした。

Posted by: ryi | December 10, 2006 at 10:01 PM

こんばんは!

本当、確かに主役はいったい誰なんだろう、というところも多かったのですが、終わりよければすべてよし、そんな最終回でしたね。

Posted by: 今日感 | December 10, 2006 at 10:08 PM

>ぱるぷんて海の家さま

いやぁ、なんとか無事終りましたね。

一年間、お疲れ様でした。
ツッコミ、ブーイングしながら見ていましたが、終ってみると、寂しい気がします。

TBの件、失礼しました。
余韻に浸ってTBできない設定のまま、ぼーっとしていました^^;


>ryiさま

一年間、お疲れ様でした。
終わってみれば、あっという間でしたね。
時が経つのは早いものです(最終回はとくに時間の流れが早かった…)

最後の浜辺のシーンは、もしかすると一豊さまが迎えに来たのかな~と思いましたが。

Posted by: ヒロ子 | December 10, 2006 at 10:10 PM

>今日感さま

こんばんは。
一年間、お疲れ様でした。

相変わらずの主役は誰?状態でしたが、これはこれで大河「功名が辻」らしいかったかもしれませんね(笑)

Posted by: ヒロ子 | December 10, 2006 at 10:13 PM

>とりあえず、一番最後に上川一豊さまの爽やかな笑顔を見たので、終りよければ全てよしとしましょう。

言えてる~!
それに回想シーンの一豊さまは頼もしかったし♪

一年間、お疲れ様でした。
トラバ、コメントでお世話になりました♪

Posted by: くう | December 10, 2006 at 11:43 PM

こんばんは。
1年間お世話になりました!

「終わりよければ全て良し」
全くその通りですよね。ラストの2人のシーンにウルッときてしまいました。まだまだ2人の物語は続いていくような、そんな爽やかな表情でしたよね。

これからも、と申し上げたら失礼かもしれませんが、気が向いたら遊びに来て下さいね。

Posted by: 琉河岬 | December 11, 2006 at 12:23 AM

僕も最後の最後に何を書いていいものかと、、、。それもそのはず、ずっと展開が読めるけど読めないままの大河でしたから!?(笑)時には人生の先輩としてのアドバイスもいただき、ほんとうれしかったです。半信半疑ではじめたブログ、はじめたレビューでここまでいいご縁ができるとは。本当に感謝しています。終わり良ければ全て良し、これでちょっとひねくれていたころの僕が清算されるでしょうか、、、って今も十分ひねくれてますね(笑)

Posted by: てれすどん2号 | December 11, 2006 at 12:54 AM

私からのTBは無事届いてるでしょうか・・・。
色々突っ込みどころの多い夫婦でしたが、最後にこんな素敵な心からこんな夫婦になれたらいいな、と思ってしまう話を見せられて、とても今は満足しています。

千代を賢い妻と思ってみていたからいけなかったのね。
本当はとても可愛い人なんだもの。

今年一年色々とありがとうございました。
来年は私はどうなることか分りませんが、他の記事でもいつでも遊びに来てくださいね。
私も来させていただきます。

Posted by: さくらこ | December 11, 2006 at 12:58 PM

功名が辻最終話レビューお疲れ様でした。
一豊の死後から千代が生涯を閉じるまでにだいぶ開きがあるので、
別々の回でなくなってしまったらイヤだなと心配していました。
死後から後が長かったですが同じ回でおさめてくれて良かったです。
あっという間の一年でした。途中脱落しそうになりましたが
なんとか、ごまかしつつ(?)最後までもちました(笑)
最後までたどりつけたのは「功名が辻」のお仲間の皆様のおかげです。
ヒロ子さんにも、感謝感謝でございます。
ありがとうございました。

Posted by: ルビー | December 11, 2006 at 05:43 PM

>くうさま

一年間、ありがとうございました。

総集編のような回想シーンの多さだと思いつつ、
一豊さまが凛々しく、かっこいいシーン中心だったので、
大歓迎でした。
上川さんの一豊さまで、よかったです♪


>琉河岬さま

一年間、お疲れ様でした。

ラストの若々しい二人、思い出すと、またウルッときちゃいます。爽やかだけれど、何か切なくなる、そんなシーンでした。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。


>てれすどん2号さま

一年間、お疲れ様でした。

てれすどん2号さんの感想を読んで、なるほどな~と思ったり、今どきの男子学生はこう考えるんだ~と納得したり。刺激的でしたよ*^^*

ひねくれているのか?とてもまっすぐなのか?

Posted by: ヒロ子 | December 11, 2006 at 06:11 PM

>さくらこさま

TB、無事届いています。ご心配をおかけしました。

一年間、ありがとうございました♪
本当に、お互いにあそこまで思い合える夫婦って素敵ですよね。日の本一の夫婦、恐れ多くて、とてもお手本にはできませんが^^;

こちらこそ、また遊びに行かせていただきますね。


>ルビーさま

一年間、お疲れ様でした。
そして、こちらこそありがとうございました。
お互いに、なんとか最後までたどり着いてよかったですね♪

たしかに、時間の長さを考えれば、一豊さまの最期と千代さんの晩年、同じ回におさまってめでたし、めでたしですね^^

Posted by: ヒロ子 | December 11, 2006 at 06:19 PM

こんばんは

これまで本当にお世話になりました。

そしてお疲れ様でした。

泣ける最終回でしたね。

やっぱりあれはキスではなく接吻ですよね!

同感です!

大河は終わりですが、今後ともどうぞ宜しくお願いします!!

Posted by: 「感動創造」 | December 12, 2006 at 12:09 AM

>「感動創造」さま

こちらこそ、一年間、お世話になりました。
今後ともよろしくお願いいたします♪
「感動創造」さんのブログは勉強になりますので、
またおじゃまします。

ちょっと総集編っぽいところはありましたが、
予想通り涙、涙の最終回でした。
最後の接吻、絵のようでしたね。

Posted by: ヒロ子 | December 12, 2006 at 07:38 AM

おはようございます。

なぜかTBが飛んでいなかったようです。

最後に大変失礼してしまいました!

Posted by: 「感動創造」 | December 12, 2006 at 07:51 AM

>「感動創造」さま

ご丁寧にありがとうございます*^^*

ココログ、不調なことが多いので^^;

Posted by: ヒロ子 | December 12, 2006 at 08:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Michel Chaudunのショコラショー | Main | 手作りをいただく »