« 風林火山:第1回 「隻眼の男」 | Main | 本竈の担担麺 »

January 08, 2007

エラゴン

夏以来久しぶりに、映画館へ足を運びました。観たのは『エラゴン』。登場人物が少なくて、ストーリーがシンプルで、あまり頭を使わずに観られるお正月映画でした。予備知識無しで期待せずに観た分、ハラハラドキドキ楽しめました。主人公のエラゴンがドラゴンに乗って飛ぶシーンやドラゴン上の戦闘シーンは、思わず体を動かしてしまうほどの迫力です。エラゴン役のエド・スペリーアス君はこの作品がプロデビュー作ということで普通のお兄ちゃんっぽい印象。それに対して、ヒロインのアーリアや主人公の師匠的存在ブロム、敵役ダーザはキャラが立っているといいますか個性的。超有名スターは出ていませんが、絶妙な配役だと思いました。

ただし観ていると、どうしても『ロード・オブ・ザ・リング』や『スター・ウォーズ』と重なってしまいます。人物の設定が『スター・ウォーズ』の『ロード・オブ・ザ・リング』とでもいいましょうか。この法則で考えると、主人公エラゴンは敵の王ガルバトリックスの息子ということになりそうですが、原作ではどうなのでしょう。ちなみに原作は作者クリストファー・パオリーニ君が15歳の時に描き始めた小説なのだそうで、現在三部作の第三部を執筆中なのだとか。原作自体が現在進行形で進化している、まさに年明けにふさわしい作品かもしれません。

|

« 風林火山:第1回 「隻眼の男」 | Main | 本竈の担担麺 »

Comments

あけましておめでとうございます。イタリア語を選ばれたのですね。素敵です。最近ドイツ語がサボりがちなわたくしも気合をいれて頑張ります。
 今年もよろしくお願いいたします。

Posted by: ひつじこ | January 08, 2007 at 10:32 PM

こんにちは♪

エラゴンって「大奥」に次いで一回観てみたいな~と思っていた作品です♪

なるほど・・・たしかに「ロード・オブ・ザ・リング」と重なってしまいそうな感じですね♪
ただ、超有名俳優さんが出ていない分この映画の主人公が光り輝いて見えちゃったりするするかもです♪

Posted by: ちこりん | January 09, 2007 at 01:00 AM

>ひつじこさま

ドイツもかなり魅力的なのですが^^;
今年も一緒に語学を頑張りましょう!?
ドイツ情報も楽しみにしています♪


>ちこりんさま

「大奥」も捨てがたいですよね。
地上波かDVDで絶対観ようと思っています^^

そうそう、超有名人が出ていない分、出演者一人ひとりがとても魅力的なのです。
けっこうこういう映画、好きなんです~♪

Posted by: ヒロ子 | January 09, 2007 at 09:44 PM

気になっている映画の一つです。

ハリー・ポッターより精神衛生上にも良さげですよね。

Posted by: ハナ | January 10, 2007 at 12:49 AM

>ハナちゃん

とりあえず、ハリー・ポッターより分かりやすいし、明るいです。
現在三作目を執筆中の作者が、素直にハッピー・エンドに書いてくれるといいなぁと期待しています。

Posted by: ヒロ子 | January 10, 2007 at 05:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/13389514

Listed below are links to weblogs that reference エラゴン:

« 風林火山:第1回 「隻眼の男」 | Main | 本竈の担担麺 »