« 行列のできるたい焼き屋さん | Main | 福砂屋 特製五三焼カステラ »

February 11, 2007

風林火山:第6回 「仕官への道」

晴信に嫁が来て、ちょっぴり華やかだった今回の「風林火山」。

ですが、最初は暴君オヤジから始まります。花倉の乱の落ち武者、それを庇う者、皆殺しにせよと吠える信虎。それに従って小山田隊が前島邸に乗り込みます。なんとテリー・福島・伊藤は前島邸に匿われていたのです。しかし、小山田に見つかり斬られてしまいました。当然匿った前島は処分されることになるのですが、それを聞いた若殿・晴信はなんとオヤジ信虎に「父上にとっても甲斐の国にとっても益無きことにございまするぞっ!!」と言い放ちました。よし、頑張った!!
かなりキレかかっている信虎ですが、大事な政略結婚の道具。斬って捨てる訳にはいかないようで、晴信の発言は許したものの、前島家への処分は許さなかったのでした。

政略結婚で嫁いできたのは、一見ぽーっとしていますが芯は強そうな三条夫人。
「生きて帰らねばならぬと思うよすがにそなたにはなってもらいたい」
「そなたとつくる国は良い国にせねばのう」と晴信が語れば、
「若殿様、永久にお慕い申します」と応える三条夫人。いい雰囲気です。
オヤジ達が仕組んだ政略結婚でしたが、晴信は心の支えとなるパートナーと出会えたようでした。

一方、なかなか仕官が叶わない勘助。
還俗した今川義元に対面したものの、仕官は受け入れられません。浜辺でふて寝の最中に出会った青木大膳から、北条家に間者がいるとの情報を聞き出し、今度は北条家へ。ミツの仇・信虎を討つためならば、武田でも今川でも北条でもどこでも構わないのです。北条家に仕官が叶うかと思いきや、福島の息子・彦十郎が現れて「こいつは今川の家臣です」と今にも斬りかかる勢い。彦十郎からすれば親の仇同然ですから、当然です。

さて勘助はいつ武田家に仕官することになるのでしょうか。

それにしても、何度も何度も顔のことを言われて、私も悔しくなりました。

|

« 行列のできるたい焼き屋さん | Main | 福砂屋 特製五三焼カステラ »

Comments

こんばんは!
確かに顔のことばかり言われるとボクも傷つくのです。
小説では勘助スゴイ醜い顔と言うことになってますが
テレビでは流石に醜くもなくむしろカッコイイです。
仕官はまだまだ先のことのようですが・・・。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | February 11, 2007 at 09:50 PM

>ぱるぷんて海の家さま

小説では「スゴイ酷い顔」なのですか!?
さすがに一年間の大河ドラマで「スゴイ酷い顔」はキツイですものね・・・
さらに仕官はまだまだ先ですか!?
勘助がどんな経緯で仕官に至るのか、ますます楽しみです。

Posted by: ヒロ子 | February 11, 2007 at 10:05 PM

こんばんは!

>何度も何度も顔のことを言われて
義元が外見でしか判断できない暗愚な大名に見えたシーンでした。先週は「切れ者」の予感をさせていた彼ですが、今週はただの金持ちのボンボンでした。
勘助は、こんなところに仕官しなくて結果的に良かったと思います。

Posted by: 琉河岬 | February 11, 2007 at 10:12 PM

>琉河岬さま

今川義元、どんな人物なのか掴めません。
つかみどころのないキャラなのか??
本当に、こんな上司に仕えなくて良かったですよね^^

Posted by: ヒロ子 | February 11, 2007 at 10:25 PM

私も~。。。顔の事ばかり言う義元に反感持ちました(--;)
美しい谷原さんの口から出るから、余計に辛辣に聞こえますね。
あれは、イジメだ~!と思いましたもん。
あんな所に仕官しなくて良かった、良かった。

Posted by: くう | February 11, 2007 at 10:39 PM

>くうさま

谷原義元、気になるキャラではありますが、
谷原さんが美形なだけに言葉が冷たく響き、
今日はかなり嫌なヤツ~って思いました^^;

Posted by: ヒロ子 | February 11, 2007 at 11:12 PM

こんばんは。
異様につり上がった口角の薄情な、いや非情な笑い。
谷原さん上手いですね。はまり役かも。
知略を巡らせあって、戦国武将たちも大変ですね。

Posted by: shiro_taka | February 12, 2007 at 02:14 AM

こんにちは!
青木大膳も彦十郎も勘助のこと、一目見ただけで憶えてましたね。
勘助にはやっぱり間者という仕事は無理ですね。
敵討ちというより仕官したくて焦ってる感じがしました。
こういうのどこまで続くんでしょうね。

三条夫人がとてもいい感じだったので、晴信良かったですね。

Posted by: さくらこ | February 12, 2007 at 10:31 AM

やっぱり偏見が強いんですねぇ。

Posted by: ryi | February 12, 2007 at 11:25 AM

>shiro_takaさま

いらっしゃいませ。

谷原義元、嫌なヤツだけど、美形だし、妖しげだし、
気になる存在です。
今回の大河で、やはり戦国に生きるのは大変なことだったのだ、
一国一城の主になるというのは大変なことだったのだ、
とつくづく思いました。

>さくらこさま

青木大膳も、もう忘れられない顔ですけれどね^^;
勘助に間者って、雪斎の意図は何だったのでしょうか。

三条夫人、とてもいい雰囲気なのに、
どうもこの先悲しい出来事がいろいろあるようで、
切ないです・・・


>ryiさま

今の世の中より当時の方が、よほど偏見はあったでしょうね。
その中で軍師にまでなるのだから、山本勘助、よほどの人物だったのでしょうね~。

Posted by: ヒロ子 | February 12, 2007 at 11:42 AM

こんにちは!
今週の義元は、子供っぽさとしたたかさが、両方出ていましたね~。
それにしても・・・谷原さんの義元、段々とハマってきてますね。。。
かなりヤリ手の義元に、どんどんなっていきそうですね。。。

Posted by: りっきー | February 12, 2007 at 04:05 PM

>りっきーさま

谷原さん、ああいう悪役?もハマりますね~。
妖僧姿もドキドキでしたが、今回も妖しいオーラを放っていました。
雪斎も妖しいオーラが出ていましたけれど^^;

Posted by: ヒロ子 | February 12, 2007 at 04:28 PM

こんばんは
>晴信に嫁が来て、ちょっぴり華やかだった今回
 そういえばそうですね。 ミツが亡くなって以来 若い女性は 初めてですね。 昨年の大河と違い 今の所女性の登場が 極端に少ないので とても新鮮でした。

Posted by: おりょう | February 12, 2007 at 10:35 PM

>おりょうさま

前回など、ヒロインは寿桂尼さまか?!と思うくらいでしたもの(笑)
華やか、煌びやかな時代劇もいいですが、こういう男くさ~い
時代劇もいいな~と思いながら観ています^^


Posted by: ヒロ子 | February 13, 2007 at 07:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/13872515

Listed below are links to weblogs that reference 風林火山:第6回 「仕官への道」 :

» 風林火山6勘助もっと毒を吐け! [ぱるぷんて海の家]
どうも今川義元のイメージが狂ってきてます。 前回も書いたが、今川義元と言えば公家風の雅を愛し、馬にも乗れないくらいの肥えすぎ美食家武将と云うイメージしかありません。 それが、谷原章介演じる今川義元はまったく違う義元のようです。 知略知謀に通じているよう....... [Read More]

Tracked on February 11, 2007 at 09:46 PM

» 【風林火山・レビュー】仕官への道 [必然的なヒストリー]
今日の歴史イベントは「三条の方輿入れ」と「福島非業の最期」でしたね。まず驚愕したのは先週までトメグループにいた谷原さんが先頭グループに移動!どうして!?と思ったら、横内正さんが代わりに入ったからですね。でも先頭グループは『武田家家臣団』として一括りしてあると思っていたので、違和感があります。せめて中間グループではいけなかったのかなぁ。・・・と思っていたら、テリー伊藤の福島正成が死んでしまいました。... [Read More]

Tracked on February 11, 2007 at 10:07 PM

» 【風林火山】第六話 [見取り八段・実0段]
武田に三条から姫が嫁いできた。婚儀など所詮、謀ではないか。と言う晴信に、三条はそれも宿命であり、宿命を受け入れるかどうかは己次第。と答える。政略結婚の時代。高家の者は自分の相手を婚儀の日まで見る事も知る事もない。こんな風に知り合った二人は、どんな夫婦に...... [Read More]

Tracked on February 11, 2007 at 10:27 PM

» ★風林火山6・・どこに仕官すんねん!!? [・*:・ふわゆら生活・:*・]
 今日でお別れとなってしまったテリーさん。。テリーさんだけでなく信虎は自分の部下までも。。。晴信が止めるのも聞かず。。。今週のあらすじさて勘助、今川義元とのご対面。。ご褒美あげるから何でも言ってってゆ〜から仕官させてくれって言ったのに、めちゃめちゃひど...... [Read More]

Tracked on February 11, 2007 at 10:28 PM

» 大河ドラマ「風林火山」 第六話 [多数に埋もれる日記]
今週は、武田家の内紛が起こりそうな予感。 [Read More]

Tracked on February 11, 2007 at 10:45 PM

» 風林火山第六回 『仕官への道』 [もっとセキララっ!?モモンガ生活]
勘助、何も伝兵衛にあたることないじゃん!{/face_ase2/} そこはちゃんと自分で情報収集しなくちゃね{/usagi/} まぁ、武田への復讐のつもりが、 実兄を斬ることになっちゃった無念な気持ちもわかるけど。 そんな甲斐では落ち延びた福島越前守と、 それを匿った前島昌勝が、信虎の命を受けた小山田軍に襲われ落命。 晴信は反抗期?を迎えたようで、 評定の場で父に前島成敗反対{/hiyo_ang2/}!を直訴{/hakushu/} ... [Read More]

Tracked on February 11, 2007 at 11:02 PM

» 風林火山〜第6話・勘助放浪! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、武田が思うように攻めて来ずに当てが外れた山本勘助(内野聖陽)は、とりあえず伝助に八当たりです。伝助は、武田に戻るよう勧めますが、勘助は武田家に戻るつもりは更々なく、まずは今川家に仕官しようとします。(風林火山・第6話・仕官への道の感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 01:18 AM

» 「風林火山」第6回 「仕官への道」 [つれづれ さくら日和]
武田晴信と、三条の方の婚儀が執り行われました。 当日が初対面とは言え、なかなか良い感じの二人です。 一方勘助は、今日もまた職探し。 仕官への道は険しいですね〜。 信虎は今川からの書状を受け、花倉の乱での落ち武者も庇い立てする者も皆殺し、と命じます。 上意により、福島越前守は小山田にあっけなく討ち取られます。 そして信虎の意を受けて動いていた前島を、福島を匿っていたため討つと言う信... [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 01:34 AM

» 大河ドラマ『風林火山』その6 [よろず茶屋 ]
第6回 :「 仕官への道 」 晴信が京の香り高い公家の姫君を娶る御簾内の祝言。 烏帽子をつけた晴信・・・こんなシーンの立ち居振る舞いは やっぱり歌舞伎役者の市川亀次郎さん、絵になりますね〜。 この写真の着物色の取り合わせもとても綺麗でしたね。 でも、...... [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 02:27 AM

» 風林火山 仕官への道 [ねぇ、しょーP、こっち向いて♪]
風林火山 仕官への道 さて、今週の勘助君の活躍は?、って今日も良いこと無かったね…。 これで本当に武田の軍師に成れるんかいな?。 勘助「わしはもう武田には戻らん。ミツの仇を討つために武田に組みした兄じゃを斬ったのじゃ。その兄じゃは武田に裏切られた。今更、武田を撃つ事を止められはせぬ。」 信虎への復讐のために実の兄まで斬った勘助は武田に戻らず今川への仕官を望みます。 ところが、今川義元と勘助は馬が合わない... [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 08:45 AM

» 大河ドラマ「風林火山」6回『仕官への道』 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
今回はまた勘助、あっちこっちに仕官しようと自分を売り込みにかけますが、これがなかなかうまくいかない。というか、最後は「仕官になれたら、どこでもいいんかい!!?」といいたくなるような感じでしたよね。内野さんが、いい演技をしているのに、そういう風に見えてし...... [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 09:35 AM

» 大河ドラマ 「風林火山」 仕官への道 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
花倉の乱ののちの今川家。 いよいよ今川義元が登場です。 [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 11:29 AM

» 風林火山 第6回「仕官への道」 [みはいる・BのB]
今回はリアル・タイムでは観れなかったので、録画での鑑賞であります。 [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 12:39 PM

» 風林火山 今日はあんまり・・・・ [※悠然と,冷静に,熱く生きる 2]
この時代の各国の関係を 勉強しなくては・・・・と思いました。 [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 03:36 PM

» 義元と勘助、そして氏康と・・・〜風林火山・ [りっきーのブログ日記]
 さて、今回の風林火山・第6話ですが、勘助にとってはまたもや、何とも浮かばれない内容になってしまいましたね。。。  前回、武田と今川が電撃的に諍いを収めたために、信虎を討つ機会を失った勘助ですが、前回での功績が認められ、寿桂尼から今川家の新当主となった義元へと引き合わせする機会を作ってもらいます。  ようやく仕官が叶う事に・・・との思いも束の間・・・。  義元と面会した勘助ですが、当の義元は勘助を毛嫌い、登用を願い出る勘助を拒否してしまいます。  義元は・・・勘助の何が受け入れら... [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 03:55 PM

» 風林火山第六話『仕官への道』〜ち、千鶴ーーー!! [情報掲示板2 BYエコール教材社]
いきなり濡れ場かよ〜〜〜〜!!千鶴ーーー!! 好きだったよオオオ====!! おい晴信(市川亀治郎)よ! 物事には順序があってな。まずキスとか、 手に触れるとかだな、、、、、、 一応元は清純派... [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 04:58 PM

» 風林火山(2月11日) [今日感]
花倉の乱の後始末ですが、あっさり終了。 小山田信有(田辺誠一)がみごとに悪役を演じてます。 前島や福島越前守(テリー伊藤)をうちとるときに、セリフのいいまわしもすこし、悪役なまりが入ってました。... [Read More]

Tracked on February 12, 2007 at 06:23 PM

» 風林火山〜就職活動は厳しい [うさうさ日記]
NHK大河ドラマ「風林火山」第6話〜仕官への道今川義元に改名した谷原章介。坊主頭は違和感があったけれど、頭巾姿になって戦国武将らしくなりましたね。でも、勘助の顔を見るのは嫌だといって仕官することを拒んじゃいました。ハンデがある勘助は前途多難・・・これは...... [Read More]

Tracked on February 14, 2007 at 01:44 AM

« 行列のできるたい焼き屋さん | Main | 福砂屋 特製五三焼カステラ »