« 幕見席で歌舞伎 | Main | 東京ミッドタウン »

April 08, 2007

風林火山:第14回 「孫子の旗」

選挙で45分繰り上がった『風林火山』。危うく見逃すところでした。

さて、いつの間にかすっかり仲良しになった晴信と勘助。
諏訪が盟約を破り関東管領と和議を結んだため、重臣達は即諏訪攻めだとヒートアップしています。そんな中、今は動かず機をみて攻めるのがいい、諏訪勢を謀略で二分させる、戦わずして勝つと述べる勘助。晴信も賛同します。納得のいかない信繁や重臣達、出家した大井夫人に晴信の考えを聞きだしてほしいと訴えに行きますが、ここで頼りになるのは板垣大先生。晴信の真意を丁寧に説明するのでした。
その頃、勘助と晴信は仲良く温泉に浸かっていました。
「(孫子の)どこが気に入った?」と晴信に聞かれ、思わず誤解して「(晴信様の)目にございます」と答える勘助。晴信に「ばーか」と言われて誤解に気づき勘助は赤くなります、って『風林火山』はこういうネタがお好きなような。
「兵は詭道なり」ではないもの、と言われて、勘助から出てきたのが、

疾きこと風の如く
徐なること林の如く
侵掠すること火の如く
動かざること山の如し

きましたタイトル、風林火山!

強く共感する晴信。
これが新しい甲斐の旗印になるのですから、勘助の感動はどれほどのものだったでしょうか。

その他気になる点としては、
真田の地を取り返すことができなかった真田夫妻の今後。
身分の差が障壁となっているヒサと平蔵の恋の行方。
「禰々様の命は救えても心は救えない・・・」三条夫人の鋭い言葉にもう耳をかさない晴信、この二人の仲。
由布姫を見た時の勘助の表情。

そうそう、御神渡りは一度見てみたいものです。
寒そうですけれどね。

|

« 幕見席で歌舞伎 | Main | 東京ミッドタウン »

Comments

だんだん三条夫人との仲があやしくなってきましたねぇ。

Posted by: ryi | April 08, 2007 at 10:09 PM

こんばんは!
平蔵とひさの悲恋は、勘助にどんな影響を及ぼすのか
気になりますね。
三条夫人もだんだんと壊れていくのが・・・。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | April 08, 2007 at 10:25 PM

>ryiさま

出会った頃はラブラブだったのにねぇ・・・


>ぱるぷんて海の家さま

え!悲恋なのですか!!
三条夫人のあのぽーっとしていて鋭いことを言うところ、
晴信も最初はいいと思っていたはずなのに・・・
どんな風に壊れていくのか・・・

Posted by: ヒロ子 | April 08, 2007 at 10:36 PM

>これが新しい甲斐の旗印になるのですから、勘助の感動はどれほどのものだったでしょうか

勘助の感動の表情にこっちもウルウル来てしまいました(; ;)
ヒサと平蔵、気になりますね~。

Posted by: くう | April 08, 2007 at 11:10 PM

ヒロ子さん、こんばんは。
今日もTBが上手く飛ばないので取り合えずコメントでお邪魔します◎
「御神渡り」・・・そうですね、一度本物を見てみたいですね。でもきっと、凄く寒いんでしょうね~。来週は方々で「悲劇」が起こりそうな厳しい回になるんでしょうか?

Posted by: なおみ | April 08, 2007 at 11:19 PM

こんばんは!
TBありがとうございます。
こちらからTBが送信出来ない様子ですのでコメントのみで失礼します。

皆様もコメントされている通り、三条夫人と晴信の仲が冷えてきましたね。ここに由布姫が割り込んだら、大変なことになりそうです。
新しい旗が完成して明るい場面が出てきた中で、最も暗いシーンに思えたので一際印象に残りました。

Posted by: 琉河岬 | April 09, 2007 at 12:35 AM

こんにちは
「御神渡り」って今でもやっているんですか~?たしかにすんごく寒そうですね。
平蔵とヒサは なんか悲しい運命の気がしてしょうがないです。どうなるんでしょうね。

Posted by: おりょう | April 09, 2007 at 09:11 AM

こんにちは!
風林火山の旗が完成したところは、感動しましたね。
その反面、やはりヒロ子さん同様、気になることもいくつかあって、武田の家臣たちのように「おーっ!」って喜ぶまでに至る事が出来なかった私です。

Posted by: さくらこ | April 09, 2007 at 03:50 PM

こんにちは!
「御神渡り」。。。今でもやっているようですので、是非とも一度は見てみたいですよね!
当時は今よりも寒かったでしょうから・・・相当凍えそうだったのでは??

晴信と三条との関係も、ちょっと波風が立ち始めてきましたね~。。。
勘助と由布姫。この二人もどう交わっていくのか、まだ今ひとつピンと来ません。
来週以降・・・どうなっていくんでしょうか??

Posted by: りっきー | April 09, 2007 at 06:10 PM

>くうさま

内野さんの演技って、視聴者にずばり感情が伝わってきますよね。
私も勘助の表情にウルウルきましたものTOT

ヒサと平蔵、悲恋なのでしょうか?
ミツのこともあるし、平蔵くらいは幸せになってもらいたいのですが・・・。


>なおみさま

niftyココログ、メンテナンスをしたばかりなのですけれどね。
TBが跳ばないとは、困ったものです。
ご迷惑をおかけしますm(_ _)m

「御神渡り」、生で見たら自然の驚異に感動すると思うのですよね。
でも今年のような暖冬だと、どうなのでしょう。

来週、再来週は辛そうですよね・・・
覚悟して観たいと思います。


>琉河岬さま

niftyココログ、メンテナンスをしたばかりなのですけれどね。
クレームをつけてみようかしら。
ご迷惑をおかけしますm(_ _)m

三条夫人と晴信、「おまえさまは・・・」「おまえさまは・・・」のやりとりも、言葉は柔らかですが、冷ややかな口げんかのようにも聞こえました。
由布姫が割り込んだら・・・三条夫人はどうなるのでしょうか。恐ろしいような、哀しいような・・・

Posted by: ヒロ子 | April 09, 2007 at 08:28 PM

>おりょうさま

「御神渡り」、りっきーさんもおっしゃっているように今でもやっているようです。
ただ「御神渡り」が観測できる年とできない年があるよう。
また、勘助達が見たのは「御神渡り神事」だと思われます。

平蔵にはミツの件もあるから、幸せになってもらいたいのですが・・・


>さくらこさま

単純な幸せはありえない、
勧善懲悪ではない、
それが今回の『風林火山』でしょうか。
世の中ってそういうものでしょうけれど・・・
鬼美濃が雄叫びをあげて小躍りする様子は微笑ましかったです*^^*

>りっきーさま

「御神渡り」、見てみたいです!
当時はどんな防寒対策だったのでしょうね。
由布姫、薄着のように見えましたが(もちろんババシャツ着ているでしょうけれど^^;)

勘助は今のところ由布姫を助けないつもりですよね。
どうして助けることになるのか?

晴信と三条夫人の関係は冷えていく一方なのでしょうから、
見ているのが辛くなりそうです・・・

Posted by: ヒロ子 | April 09, 2007 at 09:13 PM

度々お邪魔します。「小山田クラブ」の草案をアップしましたので、是非ご意見お聞かせ下さい。宜しくお願いします。

Posted by: なおみ | April 10, 2007 at 12:22 AM

>なおみさま

小山田クラブ、始動ですか!
仕事が早いですね(^^)b

Posted by: ヒロ子 | April 10, 2007 at 07:17 PM

御神渡り・・・それはとんでもなく極寒の世界です。

この暖冬では、氷さえはらずに
今年の諏訪湖は冬でもそよそよと波がたって遊覧船も行きかっていましたよ。

子供の頃は諏訪は冷たい風が吹いて、ほんとに辛かったんですけどね・・・。
私も、スケートの競技大会に行きました。
諏訪神社をお参りして御神渡りが見れたら
子供心にも試合に勝てそうな気がしたもの。

Posted by: shiro_taka | April 11, 2007 at 11:28 PM

>shiro_takaさま

>御神渡り・・・それはとんでもなく極寒の世界です。
だからこそ、神聖で美しいのでしょうね。

今年は氷も張らなかったのですか!
厳しい寒さは辛いですが、寒い土地に住んでいると、
この冬のような暖冬は不気味でさえありますよね。

スケート競技大会って、諏訪湖の上ででしょうか!?
天然のリンク、寒そうだけれど、滑ってみたいわ~。

Posted by: ヒロ子 | April 12, 2007 at 09:59 PM

度々申し訳ありません。「小山田クラブ」の規約改訂版が出来ました。ご意見お聞かせ下さい。
http://blog.goo.ne.jp/naomi-cat/e/aaeaa5308c312b557edfe9a53d8ea156

Posted by: なおみ | April 13, 2007 at 07:41 PM

>なおみさま

す、すごい!
本格的ですね~。
ちょっとびびっていますよ、わたしは^^;
だって実は今川三人組も好きなのだもの・・・

Posted by: ヒロ子 | April 14, 2007 at 09:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/14610156

Listed below are links to weblogs that reference 風林火山:第14回 「孫子の旗」:

» 大河ドラマ 「風林火山」 孫子の旗 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
関東管領の佐久侵攻。 諏訪も盟約違反の単独出陣。 武田家の運命や・・・。 [Read More]

Tracked on April 08, 2007 at 10:10 PM

» 風林火山14勘助裸で告白する! [ぱるぷんて海の家]
選挙速報見てたら遅れ取ってしまいました・・・。 信虎追放以降、注目していたのは原作との整合性を如何にとるかでした。 何しろ井上靖原作での山本勘助ときたら、チョット読んだだけでも 何かしら厭なものを彼はその面にも姿態にも持っていた 容姿風体にのどこかに残....... [Read More]

Tracked on April 08, 2007 at 10:22 PM

» 風林火山〜第14話・水魚の交わり! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、前回関東管領上杉家が信濃の武田領に攻め込んでいたあたりで終わったのですが、こちらは諏訪家との和議などでアッサリ解決します。よく分かりませんが、真田幸隆の便乗は当てが外れたようですし、武田としては諏訪に裏切られた形になるようです。(風林火山、第14話・孫子の旗、感想は以下に続きます)... [Read More]

Tracked on April 08, 2007 at 10:34 PM

» 風林火山(4月8日) [今日感]
ちょっとお調子にのっている諏訪頼重(小日向文世)に出し抜かれた晴信(市川亀治郎)。 高遠頼継(上杉祥三)をあおることで、諏訪VS高遠に持ち込むことを献策する勘助(内野聖陽)。... [Read More]

Tracked on April 08, 2007 at 10:40 PM

» 【風林火山】第十四話 [見取り八段・実0段]
疾如風 徐如林 侵掠如火 不動如山新生武田軍の軍旗。孫子の旗。家臣団が一同になって声を挙げる。見上げる勘助の目が潤む。しかし、その戦の先が、妹である禰々が嫁いだ諏訪だとは。。。諏訪頼重は武田に無断で和議を結び、信濃の地を奪った。裏切った諏訪を武田の家臣...... [Read More]

Tracked on April 08, 2007 at 11:07 PM

» 風林火山14 孫子の旗 [※悠然と,冷静に,熱く生きる 2]
サブタイトルの場面、孫子の旗が揚がるところ なんか良かったです。 [Read More]

Tracked on April 09, 2007 at 09:05 AM

» 風林火山 第14回「孫子の旗」 [みはいる・BのB]
前回、関東管領上杉家の軍が信濃に侵入して、ここらで合戦シーンがあるんかな?と思いきや・・・ [Read More]

Tracked on April 09, 2007 at 03:53 PM

» 勘助、由布姫との運命の出会い〜風林火山・第14話〜 [りっきーのブログ日記]
 さて、今回の風林火山ですが、前回のラストで信濃・佐久の武田の領地へと攻め入った関東管領軍に対して、諏訪家が武田家に無断で迎撃へと向かった訳ですが、その上さらにこれまた無断で関東管領軍との和解をしてしまい、結局諏訪家が佐久の領地を奪い取ってしまうと言う、武田家に対して『蔑ろ』な行為を起こしてしまった訳ですが・・・。  それに対して武田家家中は、当然の如く怒り心頭に達します。  すぐに佐久へと攻め入り、諏訪家が奪い取った領地を奪還すべし、との意見が出る中、勘助だけは今は情勢を見守るべし、と言上... [Read More]

Tracked on April 09, 2007 at 06:05 PM

« 幕見席で歌舞伎 | Main | 東京ミッドタウン »