« ラジウム鉱石を含むボトル | Main | 風林火山 井上靖著 »

April 22, 2007

風林火山:第16回 「運命の出会い」

運命の摩利支天が禰々様から由布姫の手に渡りました。晴信が禰々様に摩利支天を渡した時は不思議でしたが、この伏線だったのですね。主君のためならば人の心も捨てる勘助。しつこく姫の命は奪わなければいけないと主張していた勘助。ですが、由布姫の「死ぬのは嫌、どんなに辛くとも生きていたい」という気迫と、姫の下げていた摩利支天にミツを重ねた時、勘助は人の心を取り戻してしまったようです。このことが勘助と武田家の運命に大きく影響するようで。。。

今回も頼重殿と禰々様の夫婦愛にぐっときました。晴信と共に諏訪夫妻が最期の能を観賞する場面。正面を見据えながら禰々様の差し出した手を、やはり頼重殿が前を見たまま握る…ここは泣きました。小日向さんは普通のおじさんなだけに、一層哀愁を感じます。
「主君たるものはこの世で最も小賢しくならねばならぬことをわしは知った。」
武士、武将というと何か潔く、実直な印象がありますが、秀吉、家康しかり、大成する武将は小賢しくなければいけないのだろうと私も知りました。境内の岩をも砕いたという頼重の怨念、実直な分、さぞ無念だったことでしょう。

平蔵、ちらっと出てきて助けられましたね。ヒサの消息はまだ分かりませんが、平蔵君、とりあえず助かってよかったです。

小山田君、今日も台詞は長めの一言だけでした。まぁ、今回も出番は無いのかと心配していたので、お姿だけでなくお声も聞けたので良しとしましょう。もう少し、ひねりや皮肉のきいたことを言ってほしいですけれどね。

Oyamada2

|

« ラジウム鉱石を含むボトル | Main | 風林火山 井上靖著 »

Comments

こんばんは!
>小日向さんは普通のおじさんなだけに、一層哀愁を感じます。
確かに小日向さんの切腹は痛々しかったです。
頼りなそうな頼重に見えたけど、最期は重々しかったです。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | April 22, 2007 at 09:44 PM

こんばんは!

摩利支天が由布姫の手元にわたったときには、おおっと思いましたね。わらしべ長者ではないのですが、人から人へわたるたびに話が進んでいきますし。

Posted by: 今日感 | April 22, 2007 at 09:48 PM

>ぱるぷんて海の家さま

最初に見た時はなぜ小日向さん?!と驚きましたが、
回を重ねるごとに小日向さんだからこそ、と思えてきました。
ご最期は威厳がありましたよね。


>今日感さま

あぁ!わらしべ長者!!
そういえば、もともと勘助が持っていた摩利支天は
今、平蔵君の手元にあるのでしたかね?!

Posted by: ヒロ子 | April 22, 2007 at 10:01 PM

ヒロ子さま、こんばんは。
相変わらずトラバが出来ないようなので、アドレス貼らせてくださいね。
http://blog.goo.ne.jp/naomi-cat/e/0172a9c429692a87e616647198eace61
>もう少し、ひねりや皮肉の
最近では甘利の方が皮肉屋ですよね。でも今日はお酒を飲みながらちょっと勘助に対する発言が意地悪っぽかったですね◎

Posted by: なおみ | April 22, 2007 at 10:37 PM

由布姫の激しさに勘助もやられたみたいですね~。。。
結局殺せなかったばかりか「お逃げ下さい」ですもん。
来週どうなるのか気になります。

Posted by: くう | April 22, 2007 at 10:38 PM

>なおみさま

ついにリンク、成功しました!かな?
お騒がせしました^^;
でもTBの方はまだ解決していないようですね・・・

そうそう、甘利はだいぶ皮肉屋ですね。
負けるな、小山田君?!


>くうさま

まぁ、女性慣れしていない勘助が、
若い女性にあれだけ激しく責められては、
折れてしまうのも無理ありませんが^^;
でも予告編で「命を奪わなくては」みたいなことを
また言っていませんでした?
どうなるのでしょうね??

Posted by: ヒロ子 | April 22, 2007 at 10:49 PM

勘助がどんな風に由布姫に惹かれて行くのか、ずっとこれが気になっていたので、ミツと重ね合わせて見てしまった部分があった、というのが嬉しかったですね。

平蔵ともまた会うことになり、こちらも摩利支天のお導きがあったのかどうか・・・?
こっちの場面は何だか笑えました。

Posted by: さくらこ | April 23, 2007 at 07:43 PM

>さくらこさま

由布姫とミツと重ね合わせた・・・
う~ん、私としては微妙です^^;
ミツの方が素直でカワイイし・・・

あぁ、平蔵君も摩利支天のお導きかもしれませんね♪
彼らの再会が笑える展開でよかったです^^

Posted by: ヒロ子 | April 23, 2007 at 09:25 PM

由布姫役の子って、あの柴俊夫のムスメだったんですね。
(いわれてみれば確かに顔立ち似てますワ)
しかも内野さんと並んで遜色ないって・・・・・一体どんだけ背ぇ高いネン! (^^;
でもあの迫力はなかなかのモンでした★ ^^
(ただの木偶の坊じゃぁなさそうですナ)

今朝の 「生活ほっとモーニング」、ゲストは勘助役の内野サン。
久々に素顔の (ムサくない) 内野サン見ましたが・・・・・いや~、ムチャクチャ格好良かった!
(意外な金髪姿にビックリでしたが)
大河の話や映画&芝居の裏話も面白かったし、紹介されてた新作の映画もチョット気になってます♪


『ほっとモーニング/この人にトキメキっ! 内野聖陽』
http://www.nhk.or.jp/hot/onair_old/index2.html

Posted by: 桔梗屋 | April 24, 2007 at 02:22 PM

>桔梗屋さま

そうなのですよ。
柴本さんは、柴俊夫さんと真野響子さんのお嬢さん。
たしか『風林火山』本格的なデビュー作ですよね。
大河のなかでどのように成長されていくのか、楽しみです♪

ムサくない金髪の内野さん!?
それは観たかったです>o<

Posted by: ヒロ子 | April 25, 2007 at 07:39 AM

見たいッスか???

じゃ、特別に期間限定で~(^^;

パツキン内野氏 : http://kikyoya.blog.drecom.jp/archive/565

Posted by: 桔梗屋 | April 25, 2007 at 11:24 AM

>桔梗屋さま

ありがとうございますぅTOT

Posted by: ヒロ子 | April 25, 2007 at 09:25 PM

こんにちは!
今回は記事のアップが遅くなってしまったので、トラックバックのみで失礼致しますm(__)m

それからこの度、ブログを移転いたしました☆今後とも宜しくお願いします♪

Posted by: りっきー | April 28, 2007 at 03:31 PM

>りっきーさま

まぁ、ブログがお引越ししたのですか。
今からお伺いしますね♪

Posted by: ヒロ子 | April 28, 2007 at 08:01 PM

なんだか下のほうに素敵なクラブが~(^^)
私も小山田さんがなにげに好きでございます。
ヒロ子さんも今年は小山田さんですか?

Posted by: ルビー | May 06, 2007 at 05:50 PM

>ルビーさま

小山田さま、あのクールな感じがいいですよね*^^*
今川トリオの出演が無い状況では、
やっぱり小山田さまですかねぇ。
ルビーさんもぜひクラブに遊びにいらしてくださいね♪

Posted by: ヒロ子 | May 06, 2007 at 06:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/14812649

Listed below are links to weblogs that reference 風林火山:第16回 「運命の出会い」:

» 風林火山16ダークになりきれないヒーロ勘助! [ぱるぷんて海の家]
本日笑点にて楽太郎師匠が座布団10枚達成しました。おめでとーございます。 賞品は韓国旅行とか。今回のキーワードは「天災は忘れた頃にやってくる」 何をしでかす魂胆なのか・・・分かりませんが。 と云うよーなことを覚えてるほど淡々としたストーリの風林火山です。 ...... [Read More]

Tracked on April 22, 2007 at 09:37 PM

» 風林火山(4月22日) [今日感]
勘助(内野聖陽)が今週も汚れ役を一身に。 諏訪頼重(小日向文世)に「しばし、おくつろぎを」と進めますが、表情はとても怖いですね。先週のラストの笑みといい、善玉ではないダーティヒーローの笑みがここでも見られました。 こんな笑みではとてもくつろげません。... [Read More]

Tracked on April 22, 2007 at 09:49 PM

» 風林火山・・・運命の出会い [麦子さんといっしょ]
頼重さんと晴信の対面は晴信がだんだんダークサイドに引っ張られているというか、もともとある暗さがでたというかゾッとしました。それにしても、ここでのやりとり、晴信は勘助を越えたダークさでした。やはり支配する側に生まれた晴信の方が絶対に根はダーク勘助の方は実...... [Read More]

Tracked on April 22, 2007 at 09:49 PM

» 【風林火山】第十六話 [見取り八段・実0段]
私は生きていたい。生き地獄だからこそ、もっと生きていたいのです。死ぬ事など恐くはない。むしろ生きる事の方が恐ろしい。と、言いつつも、生への執着を見せる由布姫の燃えるような瞳を美しいと思った。自刃などするものか。と言い切る気性の激しさ。父・頼重も兄も戦の...... [Read More]

Tracked on April 22, 2007 at 10:35 PM

» 大河ドラマ「風林火山」第16話 [多数に埋もれる日記]
運命の出会いとは? [Read More]

Tracked on April 22, 2007 at 10:41 PM

» 風林火山〜第16話・由布姫! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、今回は武田家の諏訪占領です。由布姫の柴本幸が前回以上の大活躍でしたが、思った以上に良かったです。先週までは山本勘助(内野聖陽)を睨んだくらいでしたが、今回怒ったり、笑ったり、泣いたり、哀しんだりするわけです。(風林火山、第16話・運命の出会い、感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on April 22, 2007 at 11:12 PM

» 風林火山 第16回「運命の出会い」 [みはいる・BのB]
前半は、降伏した諏訪頼重(小日向文世)の行く末が描かれて かなり、重い 展開です。  ・・・・やっぱ、こういう場面は、観る時の生命状態が低い時は要注意。 [Read More]

Tracked on April 23, 2007 at 12:03 AM

» 諏訪、陥落。。。〜風林火山・第16話〜 [新・りっきーのブログ日記]
 ブログの移転などで、すっかり後回しになってしまった風林火山。  気がついたらもう・・・土曜日やん。。。(汗)  もう明日が目前ですね。。。  第15回で武田家に『降伏』する形となった諏訪頼重ですが、妻の禰々とともに甲府へと移ることになりましたね。  結局、甲府へとやって来た事が・・・この夫婦にとって『永遠の別れ』へと発展して行ってしまう事になる訳ですが・・・。 ... [Read More]

Tracked on April 28, 2007 at 03:31 PM

« ラジウム鉱石を含むボトル | Main | 風林火山 井上靖著 »