« 風林火山:第14回 「孫子の旗」 | Main | 風林火山:第15回 「諏訪攻め」 »

April 11, 2007

東京ミッドタウン

Chocolat
先日東京へ行った時、東京ミッドタウンまで足を伸ばしました。

(お食事でもできれば)と行ったのですが、みなさん同じ事を考えているようで、ほとんどのレストランやカフェには行列ができていました。特に人気のレストランはディズニーランドの乗り物待ちのような長蛇の列。

よそ見は後回しにして、お目当てのジャン=ポール・エヴァンのバー・ア・ショコラへ入りました。濃淡のあるチョコレート色で統一されたシックな店内、スタッフは美しいお姉さん達です。お店の奥にある薄型液晶の画面にはジャン=ポール・エヴァンのお洒落なCMが流れています。注文したショコラ・ショ”パリジャン”(1,155円)は、白に水玉柄の可愛らしいカップと小さ目のポットでサービス。若干さらっとしている感じもしますが、その分飲みやすいと思いました。もちろん甘さ、カカオの香り共に十分で、私はショコラ・ショのために頑張って働いているんだわ♪という気分になりました。こちらのお店、軽食もあるのですが、ショコラ・ショとサンドイッチの組み合わせは私としては無理。次回機会ががありましたら、紅茶と軽食にでもしてみたいです。
Noka

チョコレート好きとしては、話題のノカ チョコレートもチェック。とりあえず入り口の写真を撮り、高級宝石店のような店内に入り、ショーケースを眺めるだけで出てきました。

東京ミッドタウン、建物全体は和をモチーフとした広々とした空間になっていて、柱柱にはたぶんサントリー美術館の収蔵品かと思われる器やオブジェなどがさりげなく展示されています。お店はギャラリーといった雰囲気で、見ているだけで楽しくなります。
六本木ヒルズとそれほど離れていないのですが、地下でつながっていないようなのがちょっと残念でした(雨の日だったので)。
Midtown

後日談:この日はしゃぎすぎたためか、帰ってきた翌日から高熱を出して寝込んだ私でした。

|

« 風林火山:第14回 「孫子の旗」 | Main | 風林火山:第15回 「諏訪攻め」 »

Comments

やはりですか!
(私も同じパターンでした。。(^^; )

中に入ってまず思ったこと・・・・「ダイヤモンドシティの豪華版やね」 (^O^;
(最近のSCって殆どがあのスタイルですよね)

とりあえず 「朝食用のパンは確保しよう」 と思ってたのに、行ったのが土曜日の夜ということで殆どの商品が売り切れ状態。
仕方なく目の前のパティスリーにクロワッサンがあったので買おうとしたら (仰るとおり) すごい行列!
(確か 「パティスリーあおき」 とかいう小洒落た店でしたワ)
ようやっと順番が回ってきたと思ったら、今度はレジで番号札を渡され・・・・( ̄ロ ̄||| エー!!!
(結局、クロワッサン三個買うのに30分近く待たされました)

「ノカ・チョコレート」、私も覗きましたが、何だかやたらチマチマしたチョコばかりで買う気が失せ (;´▽`A`` その後はぶらぶらウィンドショッピングに徹してました。
(も~、何もかもが素敵過ぎるお値段で手が出ません!)

Posted by: 桔梗屋 | April 12, 2007 at 10:58 PM

あぁ、桔梗屋さんも、同じパターンでしたか。
私が行ったのは平日だったので、土曜ではもっと混雑していたでしょうね。
クロワッサンに30分とは、お疲れ様でしたm(_ _)m
一年後くらいには普通に買い物できるようになるでしょうかね^^;

その後丸ビルに行ったのですが、人が少なくて落ち着きました。

ノカ・チョコレート、なんですかねぇ、あの値段は・・・
本当にあそこまでくると、負け惜しみではなく、買わなくてもいいかな~、
という気分になります。
それよりベルギーのチョコが食べたいわ~♪

Posted by: ヒロ子 | April 14, 2007 at 09:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/14647101

Listed below are links to weblogs that reference 東京ミッドタウン:

» 国立新美術館とは [国立新美術館へ行って見よう! ]
国立新美術館はコンセプトを「森の中の美術館」としており、設立目的を展覧会の開催・情報収集およびその公開・教育普及としている。 また、館内にミュージアムショップ・レストラン・カフェを展開するなど、「親しみのある美術館」を目指している。 [Read More]

Tracked on June 15, 2007 at 10:38 PM

« 風林火山:第14回 「孫子の旗」 | Main | 風林火山:第15回 「諏訪攻め」 »