« 『しゃばけ』 | Main | 石窯パン工房 ばーすでい »

May 27, 2007

風林火山:第21回 「消えた姫」

本日は由布姫デー。
気分が乗らないところに電話がかかってきて長電話になってしまい…という訳で、感想はさらりと。

白酒は予想通り萩乃が飲みました。
「お方様も私をお疑いになった」と相変わらずだだをこねる由布姫。お方様もオヤカタサマも私を飼い馴らそうとしていると言い放ったところ、オヤカタサマも聞いていました。

いよいよ由布姫を諏訪へ戻すことに決めたオヤカタサマ。が、由布姫は諏訪から脱走してしまいます。

雪の中を姫を探し回る勘助。ですが、疲れてしまったのか雪の中にバッタリ倒れ込みます。
「姫様、さぞお寂しいことでしょう。分かりました、勘助は姫様のためにこの命を捨てまする。」切腹するのかと思ったら、髷を斬っただけでした。
そして、小さなお堂で動けなくなっていた由布姫を発見したのでした。

由布姫と一緒に逃げる気満々だった勘助に由布姫は言います。
「オヤカタサマと離れて暮らすなど私にはできぬ。今はただ、あの方にお会いしたいだけ」と。オヤカタサマを討つことでオヤカタサマは自分ひとりのモノになる、そんな浅ましい考えをする自分を殺めて欲しい、いつもの目ヂカラバリバリの怖い顔で涙を流す由布姫(この由布姫は美しかった!)。しかし勘助は言います。「なんと小さきことをお考えにございまするか」と。
「オヤカタサマは天下人となるのです。この勘助がそうするのです。」
「生まれてくる和子さまは天下人の和子様となるのです。この勘助がそうするのです。」

そうか、晴信と由布姫は、勘助の夢なのですね。
家庭にも体にも恵まれなかった勘助が、若い晴信と由布姫に天下人となり幸せを極めるという夢を託しているのですね。

そして運命の摩利支天が由布姫の手へ。
「これからはオヤカタサマ(この勘助が)がいつでも姫様をお守りしておりまする。」

来週は久々に雪斎殿が見られるようです。

|

« 『しゃばけ』 | Main | 石窯パン工房 ばーすでい »

Comments

ヒロ子さん、こんばんは♪
>そうか、晴信と由布姫は、勘助の夢なのですね。
家庭にも体にも恵まれなかった勘助が、若い晴信と由布姫に天下人となり幸せを極めるという夢を託しているのですね
う~~ん、今回見なかったのでなんとも言えないんですが(だったら言うなってか)そう考えるとあまりにも勘助が不憫ですよねぇ・・・「丸顔」と「ゲジ眉」に人生を託さにゃ~ならないなんて。
>来週は久々に雪斎殿が見られるようです。
あ!お好きなんですか?う~んこれだけは趣味が合いませんね(笑)


Posted by: なおみ | May 28, 2007 at 01:33 AM

>なおみさま

おはようございます。

勘助はどうしてあんなに由布姫に入れ込むのか不思議だったので、
夢を託したと考えると私としてはちょっとガッテンできるのです。
不憫ではありますよねぇ。。。

あら、なおみさんは雪斎殿、ダメですか。
妖怪チックでいい味だと思うのですけれど^^;
美形の義元殿、天然の寿桂尼さまとのトリオで見たいものです。


Posted by: ヒロ子 | May 28, 2007 at 07:35 AM

そろそろ戦いに戻りますかね。

Posted by: ryi | May 28, 2007 at 08:30 AM

>ryiさま

ぜひ男くさいドラマに戻ってほしいですね。

Posted by: ヒロ子 | May 28, 2007 at 09:48 PM

こんばんは~。
勘助の夢は・・・少しずつ前へと進み始めているようですね~。
来週以降も、成就へ向けて明るい光が差し込んで来ることを期待したいところですよね♪

来週は。。。久しぶりの雪斎が登場ですね~。
どんな怪しげな行動が見れるか、気になるところです。

Posted by: りっきー | May 28, 2007 at 09:57 PM

>雪斎殿
時代物、現代物、どんな役をやってもおかしいくらい怪しいですよね。
手ぬぐいをかぶってハタキを持った勘助! どう思いました(笑)

Posted by: ユメリア | May 28, 2007 at 09:58 PM

>りっきーさま

おはようございます♪

勘助、晴信と共に天下取りへ向けてがんがん進んでほしいものです。
そのほうがドラマ、面白いと思いますし^^;

雪斎殿、予告編から怪しいオーラをしっかり放っていましたよね。
今川はどう動くのか、次回が楽しみです^^


>ユメリアさま

伊武雅刀さん、キャラが濃いですよね~。

>手ぬぐいをかぶってハタキを持った勘助!
→あ!そうでした!!
可愛かったですよね~、はりきっているけれどあまり役に立たないところが^O^

Posted by: ヒロ子 | May 29, 2007 at 07:36 AM

こんにちは!
ヒロ子さん、きちんと見る事が出来なかったようですが、肝心の部分は、きちんと押さえておられますね。

>この勘助がそうするのです。

この一言って、結構重要な言葉だったように思いました。
(私この言葉省略してしまいました><。)
勘助の決意と、由布姫の心を解きほぐすとてもいい言葉だったと思います。

私も勘助の姉さんかぶりの姿、好きだったわ~^^。

Posted by: さくらこ | May 30, 2007 at 03:58 PM

>さくらこさま

肝心の部分、押さえていますでしょうか?
大事なところを見落としていそうな気もします^^;

「この勘助がそうするのです」、
には勘助の強い思いを感じました。
その思いが幸福に結びつくのか、悲劇に結びつくのか…

勘助の姉さんかぶりは、たまりませんでしたよね*^o^*
あそこを見逃さずに観ることができてよかったです♪

Posted by: ヒロ子 | May 30, 2007 at 10:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/15226150

Listed below are links to weblogs that reference 風林火山:第21回 「消えた姫」 :

» 風林火山〜第21話・恋は盲目! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、三条と由布姫の甘酒対決は意外な結果で幕を閉じます。毒入ってますよという顔は単なるブラフで、要は三条の偽善の仮面を剥がしたかっただけのようです。三条は、由布姫を信じアッサリ飲もうとしますが、浅田美代子がこのハッタリに引っかかり毒見してしまいます。諏訪の甘酒ですが、大変美味しかったようです。(大河ドラマ、風林火山、第21話・消えた姫の感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on May 27, 2007 at 11:50 PM

» 風林火山(5月27日) [今日感]
いつもより、おそめのアップですが、理由は、↓ http://sunfield.at.webry.info/200705/article_55.html [Read More]

Tracked on May 27, 2007 at 11:53 PM

» 大河ドラマ「風林火山21話「消えた姫」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
先週めっちゃ気になるところで終わっていた女の戦い。でも結局毒は入ってなかったのね。しかも美味しいって、萩乃面白いわぁ♪いいオチありがとう(^^)由布姫(柴本幸)は亡父・諏訪頼重の供養と称して三条夫人(池脇千鶴)を寺参りに誘う。そこで由布姫が三条に勧めた...... [Read More]

Tracked on May 27, 2007 at 11:59 PM

» 大河ドラマ「風林火山」 第21回 [多数に埋もれる日記]
由布姫は何処へ? [Read More]

Tracked on May 28, 2007 at 05:49 AM

» 由布姫、逃亡。。。〜風林火山・第21話〜 [新・りっきーのブログ日記]
 さて、今回の風林火山・第21話ですが、三条夫人に甘酒を振る舞ったものの、侍女の萩乃がそれを取り上げてしまったところから、物語は始まりましたね。  今日の内容は…由布姫の激しく揺れ動く想いが、とても出ていた回でしたよね。。。  諏訪家のこと、父のこと、かつて武田家を憎んでいたこと…いつの間にか、そのような事よりも、晴信への想いが由布姫の心を占めていたんですね…。  晴信を独占したい。だからこそ…憐れみで見られたのでは、三条夫人を差し置いて晴信を愛する気持ちには成れない。  それが... [Read More]

Tracked on May 28, 2007 at 08:34 AM

» 大河ドラマ 「風林火山」 消えた姫 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
軍師となった勘助。 そして、繰り広げられる女の戦い・・・。 怖いんですけど・・・。 [Read More]

Tracked on May 28, 2007 at 08:34 AM

» 風林火山21由布姫も詭道なり?! [ぱるぷんて海の家]
今週も縦横無尽で大暴れの由布姫。もうココまで来ると誰も手がつけられない天下無敵、いや裸の王様お姫様か。 諏訪の甘酒とやらで三条夫人を試すダークU姫さん。 あれぇ? そーいえば以前、三条夫人プレゼントの笛に毒がないか調べた勘助を「恥ずかしくないのか!」って....... [Read More]

Tracked on May 28, 2007 at 09:30 AM

» 風林火山・明治まで続く貨幣制度!! [函館 Glass Life]
寂しい人昨日の風林火山、またまた由布姫オンリー!! いい加減にうんざりしているのは僕だけだろうか。 結局、世間知らずでわがまま、こんな嫌な女性は 見たことがない。悪女の典型ではないか{/kaminari/} 『晴信様が愛しい』とはよく言ったものだ。 武田の軍師、山本勘助たる者が、こんな女性一人に振り 回され、心までもてあそばされるとは情けない。 これではまるで、山本勘助と言う軍師はいなかった あくまでもフィクションです、と言っている様なものだ!! 女性の奥深い感情を表現したいのだろうが、普通のドラマ... [Read More]

Tracked on May 28, 2007 at 10:11 AM

» 「風林火山」第21回「消えた姫」 [つれづれ さくら日和]
由布姫。 自分の心をコントロール出来ずに悩んでいるんですね。 難しい役なんだと改めて思いました。 激しいようで細かく揺れ動く心を表現するには、やっぱり新人ではちょっとしんどかったような気がします。 頼重の供養にと三条夫人を寺参りに誘い、そのお礼にと諏訪の甘酒を勧めるが、由布姫の表情も、流れる音楽も物凄く怪しげ。{/face_ase1/} こういう時に限って、何も起こらないんですよ〜。 ほらね、疑って代わりに飲みほした萩乃、なんともなかったでしょ。 由布姫は相手がそういう行動に出る事が目的だっ... [Read More]

Tracked on May 28, 2007 at 04:36 PM

» 風林火山・21話 [シニカル・ヒストリー・タワー]
先週の予告で勘助が雪の中を転がりながら「姫さま〜っ!」 と泣き叫んでいるのを見てイヤな予感がしていましたが、でも思っていたほどうざい展開でもなく、三条さんと姫の女の心情みたいなことがよく描けていたんじゃないでしょうか。 あの状況で、あの眼つきで勧められ....... [Read More]

Tracked on May 28, 2007 at 10:00 PM

» 【風林火山】第二十一話 [見取り八段・実0段]
何と小さきことをお考えにござりますか。お館さまは天下人になられる方でございます。この勘助がそうするのです。この勘助をお信じ下さりませ。この勘助が。。。だから諏訪に戻れ、と甲斐に戻ろうとした由布姫に向かって叫ぶ勘助。そして、摩利支天は、再び由布姫の元へ戻...... [Read More]

Tracked on May 30, 2007 at 01:21 AM

» 風林火山 5月放送分 [異世界への扉]
第18話:生か死か  晴信が由布姫を側室に迎えることを、重臣達が挙って反対する中 [Read More]

Tracked on June 02, 2007 at 10:34 AM

« 『しゃばけ』 | Main | 石窯パン工房 ばーすでい »