« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

June 28, 2007

『ゲドを読む。』

糸井重里氏プロデュースの『ゲドを読む。』を読みました。

『ゲドを読む。』は糸井氏の言葉で言えば「文庫本のかたちのフリーペーパー」です。フリーペーパーですから無料です。『ゲドを読む。』を読んで『ゲド戦記』に興味を持ったならば本やDVDを買ってください、という目的の広告なのです。しかし『ゲドを読む。』はただの広告ではないのです。有料の文庫本や雑誌と同じくらい面白いのです。

なぜ面白いのか。その理由は、原作『ゲド戦記』が読者に多くの刺激を与える素晴らしい作品であり、本書では刺激を受けた各分野の専門家が独自の視点で『ゲド戦記』を簡潔に語っているからではないかと思います。

どのような専門家が何を書いているのか一部をご紹介すると、最初に人類学者中沢新一氏が「『ゲド戦記』の愉しみ方」を(おそらく)書き下ろしています。それから、様々な場所で紹介された『ゲド戦記』論が掲載されています。例えば、臨床心理学者河合隼雄氏による「『ゲド戦記』と自己実現」、原作の翻訳者清水真砂子氏の「もうひとつの風を待つ。―『ゲド戦記』映画化にむけて」などです。あまり長くはありませんが、どれも興味深く味わい深い『ゲド戦記』論でした。

とても面白い『ゲドを読む。』ですが、原作を読まないと100%理解することはできません。この一冊をフリーにして原作やDVDを買わせるという作戦に、私は乗せられてしまいそうです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

June 24, 2007

風林火山:第25回 「非情の掟」

晴信も勘助もだんだん邪悪になっていくようで、後味の悪い回でした。これからこういう回が続くのでしょうか。

感じの悪い大人の中で天使のようだった寅王丸。キューピーさん顔がとても可愛らしい。そんな寅王丸を勘助は、あの雪斎に預けるとぬかしたのです。酷い、酷すぎるっ。
とは思ったものの、武田家にいて家督争いのごたごたに巻き込まれるよりは、甲斐を離れて出家した方が幸せかもしれません。

使者として今川家を訪ねた勘助。待っていました!義元、雪斎、寿桂尼トリオ登場です。期待に応えようとしてくれているのかNHK、画面がミョーに三分割されていました。
「厚かましい!父だけでなく甥までも今川に預けるのか」と勘助大嫌いオーラをバンバン発しながら義元が言えば、寿桂尼さまが「人質ということか」とフォローに回ります。「仏の道は来る者を拒まず」と雪斎も承諾し、面白くない義元、ずずいと勘助に近寄りいつものようにイヤミな口調で悪口をぶつけるのでした。

「そちはその己が、その欲が強すぎるのじゃ。
主への忠節を隠れ蓑にしてそれを人に悟られまいとしている・・・それがそちの醜さじゃ!」

けっこう図星かもと思っていたら、勘助は板垣にも同じようなことを言われてしまいます。

「そちは四郎様への思いが強すぎる。
私利私欲のためにお育てするようなことがあっては決してならぬのじゃ。」

と言われたにも関わらず、ついにダークサイドに落ちた勘助は
「わしはあの美しい和子様にオヤカタサマの家督を継いでもらいたい」
と口に出したのでした。

勘助の不穏な動きに気づいた三条夫人は、晴信に詰め寄ります。
「家督は安泰であると太郎に仰せくださいませ。」
しかし、晴信は言うのでした。信虎オヤジが乗り移ったかのように。
「家督を譲るも譲らぬも、このわしの胸三寸じゃ!!!」

この感じ悪~い回にあって、寅王丸と共に清涼剤となったのが、甲州法度を考える駒井と源五郎。純粋に晴信と甲斐を思う二人に胸が熱くなりました。一応晴信も、駒井の「主君自らも法度に従うべし」案を聞き入れてくれましたしね。

| | Comments (13) | TrackBack (9)

June 19, 2007

Notre Chambre

20070604133549
先日Notre Chambreに行きました。
こんな場所に!?と思うような住宅地の奥にあるにもかかわらず、扉を開けると午餐を楽しむ女性でいっぱい。初夏の花の咲くお庭が見える席に案内されました。
20070604130933
いただいたのは季節の野菜の煮込みとキヌアご飯。にんじん、ごぼう、お豆などたっぷりの野菜が香辛料のきいたスープでよく煮込んであります。肉気が無くてあっさりしているので、ヘルシー志向の女性向けではないでしょうか。ランチセット(1100円)に付いた季節の紅茶は、グレープフルーツの香りのする紅茶。蒸し暑い日でしたが、グレープフルーツの香りで爽やかな気分になりました。


お店情報:
宮城県仙台市泉区館2丁目1-115
電話 022-376-7560 
11:00 - 19:00/無休(年末年始を除く)
HP http://www.cotemidi.com/home.html

| | Comments (2)

June 17, 2007

風林火山:第24回 「越後の龍」

きゃぁ♪大河ドラマのトップページ、かっこいい!!

Gackt景虎さまを見ることができたのは嬉しいですが、でも今回の登場って視聴者ウケを狙っていません?赤と黒の影絵のような登場も、Gacktのキャラを意識しているような怪しげな祈祷シーンも、かっこよかったですけれどね。

さて、私が東京に行っている間に鉄砲で撃たれた勘助、しかし真田に助けられたようです。マグソが効いたのだとか。命を助けてもらった勘助は、真田幸隆殿のヘッドハンティングにも成功します。それにしても真田家はいい。義理人情に厚く男前の主、凛々しく夫思いの妻、賢く健気な子ども達、そして忠実な家臣達。武田家に仕えることに決めて真田の土地へ戻った幸隆達を迎える家臣団に、胸が熱くなりました。

一方、晴信には何があったのでしょう。まず髭を生やしているのに驚きましたが、性格が悪くなっているよう。メイクもちょっと悪人メイクに変わりましたか?由布姫に自分と勘助とどっちが好きかなんて聞いているし、なんか戦法も勘助を意識して板垣が制したのに大井を力攻めにしているし。甘利じゃありませんが、本当に先代信虎オヤジのよう。「ようした~、教来石~」は信虎かと思いました。真田に旧領を与える気前の良さは相変わらずでしたが、板垣は慢心しているのではないかと心配しています。ヤキモチを妬かれている勘助に、オヤカタサマを諌めることができるのでしょうか。

さて我らが小山田くんもご登場なさりました。甲冑姿はGackt影虎に負けないくらい素敵です。勘助が生きていたと聞いて「しぶとい奴よのう」と眉をピクピク動かされるところはチャーミングでした。

ヘーゾー君も登場して、とりあえず今夜は私にとっては豪華版でした。

Oyamada2

| | Comments (12) | TrackBack (15)

June 14, 2007

ボタニカ

Dscf1208
国立新美術館でモネ展を観た後は、おのぼりさんらしく東京ミッドタウンへ。

お昼時ということもあってか、レストランはどこも行列です。せっかくここまで来たのだからということで、世界的に展開しているコンランレストラン第1号店「ボタニカ」でランチすることにしました。

案内されたのはガーデンテラスに面した席。片側は鏡張りになっており、ガーデンテラスに背を向けて座ってもお庭が見えます。午前中降っていた雨が上り、お庭の植物が水滴でキラキラと輝いています。なんて素敵な眺め!
Dscf1203

お食事は”ランチ A”を注文しました。
オードブル、魚介のスパゲッティーニ、デザートが付いて3800円といいお値段ですが、どれも洗練されていて美味でした。さすが世界展開です。ちなみにオードブル(画像)は、パルマ産生ハム、スモークサーモン、鴨のゼリー寄せ、冷製コーンスープ、アボカドとマグロの和え物。スパゲッティーニはトマトソースの上にペペロンチーノがのっているという物でした。デザートのフロマージュのパルフェは甘すぎないのにコクがあって、フワフワしていて、ホッペが落ちそうでした。

他の行列ができている店も同様に美味しいのでしょうか。東京、恐るべしです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2007

「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」

日本人はモネが好き、かくいう私もモネが好き。国立新美術館で「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」を観て来たのですが、平日だというのに、どこから来るのだろうと思うくらいヒトヒトヒト。一応入場制限をしていましたが、展示室内はかなり混雑していました。

人が多いとは言え、約100点ものモネの作品が集められているのですから、見応えはありました。日本のあちこちで所蔵されている作品が多く集められているからでしょうか、色合いや筆致が日本的だと感じる作品がだいぶありました。睡蓮が国内から7点集められていましたが、特に印象的だったのが、北九州市立美術館蔵の「睡蓮、柳の反影」。陰影や暗い赤色の花から、私は芥川龍之介の世界を思い浮かべました。一緒に行った母とは「明るい感じの作品が少ないね」と話しました。

国内で人を掻き分けながら観るのも悪くはありませんが、次はパリで、マルモッタン美術館でモネの作品に会いたいものです。

おみやげにゲットしたのはこれ。
明治製菓とモネ展のコラボで、マーブルチョコのArtist's Palette♪
20070612123425

| | Comments (6) | TrackBack (1)

June 09, 2007

バトンのアンカーです

タイトルに次にバトンを渡す方の名前を入れるというバトンが、ユメリアさんから回ってきました。スルー、アンカーでもOKということのなので、人にバトンを回すのが苦手な私としては、アンカーを引き受けさせていただきます。

1.名前は? 
2.おいくつですか?
3.職業は?  
4.資格は何か持ってる? 
5.今、悩みはありますか? 
6.誰かに似てると言われたことがある? 
7.社交的?人見知りしちゃう?
8.人の話に耳を傾ける?  
9.ギャンブルは好き? 
10.好きな食べ物&嫌いな食べ物は?
11.彼氏(彼女)にするならこんな人が理想(5つ)
12.親友と呼べる友達は何人いますか? 
13.今までの経歴や自慢出来ることは?
14.コレの為なら1食抜ける?
15.好きなブランドはある?
16.今、行きたい場所は?
17.もし、自由に使えるなら10万円は何に使う?
18.将来の夢は? 


1.名前は? 
ヒロ子。画数から決まりました。

2.おいくつですか?
あなたと同世代です♪

3.職業は?  
パート。

4.資格は何か持ってる? 
使っていない教員免許。
普通自動車運転免許。
その他。

5.今、悩みはありますか? 
最近ヘンなTBがよく付くこと。
(なんとかしてよ、nifty!!)

6.誰かに似てると言われたことがある? 
オバQのU子さん。

7.社交的?人見知りしちゃう?
時と場合によります。

8.人の話に耳を傾ける?  
時と場合によります。

9.ギャンブルは好き? 
今までにしたことのあるギャンブルは、結婚くらいでしょうか。

10.好きな食べ物&嫌いな食べ物は?
好き:チョコレート、コロッケ、辛い物、アルコール
嫌い:苦手なのは里芋、とろろ芋。

11.彼氏(彼女)にするならこんな人が理想(5つ)
芸能人で言うならば、
小池徹平、玉木宏、スガシカオ、筒井道隆、阿部寛

12.親友と呼べる友達は何人いますか? 
信頼できる友達はけっこういます。

13.今までの経歴や自慢出来ることは?
日替わりで仕事していること?!

14.コレの為なら1食抜ける?
仕事が忙しいとたまに抜いていますが…

15.好きなブランドはある?
特に無し。

16.今、行きたい場所は?
甲斐、岐阜、四国、イタリア、ドイツ

17.もし、自由に使えるなら10万円は何に使う?
旅行資金。

18.将来の夢は? 
吟遊詩人になって世界を経巡る。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

June 05, 2007

山菜尽くし

Sansai_1
昨年に続き今年も、知り合いのお宅で山菜料理をご馳走になりました。
今年は見事な山菜尽くし。ご飯にも味噌汁にも山菜が入っており、全部で11品。食べるのに夢中でメモするのを忘れたのですが、少なくともフキ、蕨、ウド、コシアブラ、ミズ、筍はありました。
これだけの手作りの山菜料理を一度に味わえるなんて、そうあることではないでしょう。「幸せです~♪」を連発しながらいただいたのでした。

| | Comments (4)

June 03, 2007

風林火山:第22回「三国激突」

最初に軽く、御懐妊されて気持ちが和んだ様子の由布姫から。
「勘助、私はそなたに酷い仕打ちをしてきたようでならぬ」
「してきたよう・・・」って、あなた、十分酷い仕打ちをしてきましたからっ!

久々に雪斎殿、登場。北条討伐のための兵を出して欲しい、と今川の用件を伝えます。
さっそく軍議。いつもならば重臣が一通り意見を出し最後に勘助が案を述べるのですが、今回はちょっと違いました。「戦を避ける方法は?」とのオヤカタサマの問いに勘助が「やはり…」と答えようとするところへ、小山田くんが「ございまする!」と発言したのです。静観し、北条が勝てば北条と和議を結べばいいという小山田案。さらになんと親切な小山田くん、資料を用意して、北条、足利、今川、上杉の関係を説明してくれたのです。
軍師勘助、主役ですからここは黙っているわけにはまいりません。小山田提出の北条と武田との和睦案に対して、北条と今川を和睦させるという案を提出します。「さようなこと、できるわけがなかろう」、むっとする小山田くん。しかし、雪斎の口ぶりを読んだオヤカタサマは勘助案を採用したのでした。小山田くん、残念っ!

さて、今川家へ使者として出向いた勘助は、密室で雪斎とアヤシイ会談をします。実は北条との和睦を望んでいる雪斎、勘助を義元へ取り次いだのでした。
なんと!義元サマ、威厳を出そうとしているのかお髭を生やしているではありませんか。私は軟弱そうなお姿が好きなのですけれど…。相変わらず厭味炸裂の義元サマでしたが、結局和睦に応じます。
「よう分かった、さすがは雪斎。よう武田を促した」と雪斎を褒め、勘助には「そちはだたの使いじゃ。このわしを説き伏せたとはゆめゆめ思うな。書状の受け取りにはしかるべき家臣を使わせ」と釘をさすのでした。

寿桂尼さまもちらりと登場。「勘助に会うてみたかった」のだそうです。三人揃い踏みではありませんでしたが、やはり義元、雪斎、寿桂尼さまはセットなのですね。

さて、勘助は小山田くんを呼び出して北条と今川の和睦は雪斎の作戦だった、その作戦の裏の裏まで気づいたのはオヤカタサマのみだった、と褒めまくります。これには別の意味も込められていたようで、勘助を下がらせた小山田くんは「このわしは、所詮オヤカタの器にはなれぬと申すか」と呟くのでした。お姿だけでしたら、晴信殿よりずっと素敵なのですけれどね。

板垣と共に北条家へ向かう勘助。そして北条説得にも成功し、戦を避けることができたのでした。三国、激突してないじゃん。

晴信と共に海を眺める義元サマ。お髭は気に入りませんが、アヤシイ笑い声も何もかもいいですわ。

たっぷり義元サマと小山田くんを拝見でき、今夜はいい夢が見られそうです。

↓今回のクラブは盛り上がりますね。
Oyamada2

| | Comments (13) | TrackBack (17)

June 01, 2007

石窯パン工房 ばーすでい

Mise
お友だちの家の近くに美味しいパン屋さんができたと聞いて、さっそくお茶してきました。

広い駐車場にオープンカフェスペースのある”石窯パン工房 ばーすでい”は、郊外型パン屋さんといった感じです。パンの種類は豊富で、スィーツやワインなども置いてありました。

Taberu
お惣菜パンを自宅用に購入し、カフェスーペースで”食べるシェーク”を食べました。ソフトクリームに数種類のベリーがトッピング。300円はちょっと高いと思いましたが、美味しかったです。ちなみに、コーヒーは無料です。

自宅用に買ったお惣菜パン(キノコパン)もなかなかイケていました。次はクロワッサンやフランスパンを買ってみようかしら。

お店のHPが見つからないのでお店情報。

石窯パン工房 ばーすでぃ 利府菅谷台本店
宮城県宮城郡利府町菅谷台3-3
022-395-8660
定休日 水曜日

お店は愛子にもあります。
愛子店の情報はこちら

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »