« バトンのアンカーです | Main | ボタニカ »

June 12, 2007

「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」

日本人はモネが好き、かくいう私もモネが好き。国立新美術館で「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」を観て来たのですが、平日だというのに、どこから来るのだろうと思うくらいヒトヒトヒト。一応入場制限をしていましたが、展示室内はかなり混雑していました。

人が多いとは言え、約100点ものモネの作品が集められているのですから、見応えはありました。日本のあちこちで所蔵されている作品が多く集められているからでしょうか、色合いや筆致が日本的だと感じる作品がだいぶありました。睡蓮が国内から7点集められていましたが、特に印象的だったのが、北九州市立美術館蔵の「睡蓮、柳の反影」。陰影や暗い赤色の花から、私は芥川龍之介の世界を思い浮かべました。一緒に行った母とは「明るい感じの作品が少ないね」と話しました。

国内で人を掻き分けながら観るのも悪くはありませんが、次はパリで、マルモッタン美術館でモネの作品に会いたいものです。

おみやげにゲットしたのはこれ。
明治製菓とモネ展のコラボで、マーブルチョコのArtist's Palette♪
20070612123425

|

« バトンのアンカーです | Main | ボタニカ »

Comments

それが首都 「東京」 の集客力の凄まじさですよネ。
「平日なら空いてるだろう」 というのはココでは通用しない発想なのかもしれませんね。。

マーブルチョコ・・・・・懐かしいですぅ (´・`)
そういえば、昔 “めがね型” のがあったの、ご存知ですか???

Posted by: 桔梗屋 | June 13, 2007 03:59 PM

>桔梗屋さま

なるほど~、首都「東京」の集客力ですか。
おのぼりさんか、住民か、とにかく、いつでもどこでも
話題の場所はヒトヒトヒトですよね。
まぁ、そんな場所に行くおのぼりさんの一人が私なのですが^^;

”めがね型”のマーブルチョコ!!
懐かしいですぅ*^^*
最近(ちょっと前?)リバイバルで売っていませんでした?
ただの円だったかしら??

Posted by: ヒロ子 | June 13, 2007 09:43 PM

これは、モネカラーのマーブルチョコですね。きれい。
国立新美術館は一度だけ、4月に「異邦人たちのパリ」展を見に行ってきました。その時一緒にモネも見てくればよかったのですが、終了時間近くだったので帰ってきました。
そろそろ会期が終わりに近づいてきたのでよけい混雑しているのかもしれませんね。
4月の新美術館ツツジが一面に咲いていてきれいでしたが、今はどうでしたか? 

Posted by: ユメリア | June 14, 2007 09:07 PM

>ユメリアさま

モネカラーのマーブルチョコ、きれいでしょう♪
一目惚れでした*^^*
国立新美術館、共通券もありますが、一度に2企画観るのは疲れそう…。
時間に余裕はありましたが、モネ展だけで私はいっぱいいっぱいでした^^;
ツツジ・・・あぁ、そこまで余裕がありませんでした・・・
緑がキレイだったような・・・

Posted by: ヒロ子 | June 14, 2007 10:11 PM

 ヒロ子さん
 コメントとトラックバック、ありがとうございました。
 入場者数が50万人を超えた展示会ですから、普段はとても混んでいたのでしょうね。あの広い会場でも入場規制がかかるのですね。パリのオランジェリーとマルモッタン両美術館には、私もゆっくりと訪れたいです。

Posted by: Kirk | June 26, 2007 01:25 AM

>Kirkさま

おはようございます。
あれだけ広い美術館なのに人がぎっしりでした。
Kirkさんは少しゆったり御覧になられたようで、
とても羨ましいです。
終了間近、今週末などタイヘンな人出でしょうね。

モネの絵を見ていると、フランスへ行きたくなります♪

Posted by: ヒロ子 | June 26, 2007 07:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「大回顧展モネ 印象派の巨匠、その遺産」:

» 「大回顧展モネ」を観て [Kirkの独白]
 昨日、今年1月21日に六本木に新しくオープンした国立新美術館(黒川紀章設計)にて、「大回顧展モネ:印象派の巨匠、その遺産」を観て参りました。印象派の巨匠、クロード・モネ(1840-1926)の絵画を、フランスのオルセー美術館を始め、アメリ... [Read More]

Tracked on June 25, 2007 03:09 AM

« バトンのアンカーです | Main | ボタニカ »