« 『ゲドを読む。』 | Main | ドラリオン »

July 01, 2007

風林火山:第26回 「苦い勝利」

大河のトップページの座は取り戻したものの、オヤカタサマの信頼は取り戻せない勘助。
軍師なのに志賀城攻めの相談をされなかったようです。勘助の知らないうちに、オヤカタサマの命令で相木は村上へ内応。力尽くで村上を落そうとするオヤカタサマに危機感を感じる甘利は、軍議の場で勘助に意見を求めました。
「オヤカタサマ、それがしが城へ参ります。」
降伏を勧めに行くと言う勘助にオヤカタサマは「ならぬ」と言葉を重ねます。
「戦とは力をもって百戦百勝したとて、最善の策とは言えません。戦わず勝つこそ最善の策。」
勘助の考えは変わっていません。しかし、オヤカタサマは変わってしまいました。
そんなことを言っているから、武田に歯向かう者が後を絶たないのだ、力を見せ付けることも肝要なのだ、と力むオヤカタサマ。
勘助の「将たる者、慈悲を見せるのも肝要かと存じまする」に、「控え、勘助っ!」とついにキレルのでした。

「今は負けることが怖ろしい。」勝つことしか知らないオヤカタサマの恐怖心を、誰も救うことはできないのでしょうか。負けることでしか、変わることはできないのでしょうか。

残り半年、このままオヤカタサマに嫌われていては軍師勘助の立場は無い訳で、今後の展開が気になります。

さて、お楽しみはGackt景虎さま。
赤い着物を着ています!そして顔が白い!
兄上が病弱だとか言っていますが、あなたが病弱そうに見えますから、と軽くツッコミ。台詞はGackt節にならないように心がけているようにお見受けしました。
義を気にする景虎ですが、兄は気にしていなかったようで、軍勢が差し向けられます。「世の乱れを正したまえ。我に力を与えたまえ。(あれもう一つは何でした?)」琵琶を弾きながら祈るGackt景虎さま。って、あなたは呪術者ですか?
何でもあり、Gackt景虎さま、最高です♪

さて、今日の小山田君。お髭はイケマセン、お髭は…。
もともと強い方につく小山田くん。今日はオヤカタサマ色に染まっています。助けた笠原の奥方を貰い受けたと勘助に告げ、なんと高笑いして去っていきました!

Oyamada2

*スパム対策のためTBを承認制にしてみました。反映まで少し時間がかかると思いますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

|

« 『ゲドを読む。』 | Main | ドラリオン »

Comments

こんばんは!
晴信すっかり真っ黒になってしまいましたね。
勘助がとってもいい人に見えます。
甘利板垣のカウントダウンも始まって気になります来週も。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | July 01, 2007 at 09:49 PM

>ぱるぷんて海の家さま

こんばんは♪
甘利板垣、いかにも我々が責任をとらなければ、
という感じで語り合っていますものね…
勘助は晴信の影を負う者ではなかったのでしょうかね?

Posted by: ヒロ子 | July 01, 2007 at 09:59 PM

Gackt景虎さま、どうなる事かと思ってましたが、
意外に行けてますね。
あの琵琶は呪術だったのか。

最後の台詞は、我に勝利を与え給えだったと思います。

Posted by: なおくん | July 01, 2007 at 10:04 PM

>なおくん・さま

Gackt景虎さま、あの浮いている感じが
逆にいいですよね*^^*

あぁ!我に勝利を与えたまえでしたか!
お姿に見とれてしまい、
台詞を右から左に聞き流してしまいました^^;

Posted by: ヒロ子 | July 01, 2007 at 10:14 PM

>今日の小山田君。お髭はイケマセン

そ そうでしたか?
私的にはけっこう好きだったりして・・・
Gackt♪ 美形ですよね~♪なんであんなロン毛(古い表現だ…)なんだかわかんないけど、なんでもありですわ~
>あれもう一つは何でした?
あれ、なんでしたっけ???
あの琵琶は自分で弾いていたようですね。

Posted by: ユメリア | July 01, 2007 at 10:16 PM

話の流れが完全に甘利・板垣の悲劇へ一直線ですね。
晴信の非道が悲劇を起こす。
その悲劇で晴信が目を覚ます・・・。

Posted by: ryi | July 01, 2007 at 10:22 PM

小山田さまの高笑いはいただけませんでしたね~。。。(; ;)
悲しくなりましたわ。

ガックン@影虎は、確かに病弱そうかも。
まるで白いお人形のようで、越後の部分だけが
人形劇のようだった(^_^;)

Posted by: くう | July 01, 2007 at 10:24 PM

ヒロ子さん、こんばんは。
>今日の小山田君。お髭はイケマセン、お髭は…。
ですよね?・・・だってあのお顔には似合わないって!
ああ・・・ヒゲフグに毒されて小山田さまもオカシクなってしまった・・・今後はね・・・ひそひそ・・・なんですよ!

Posted by: なおみ | July 01, 2007 at 10:29 PM

>ユメリアさま

あ、ユメリアさまはお髭派ですか!?
私、基本的にお髭が苦手なのです…
よほど似合う人じゃないと…
Gackt景虎、たしかになんであんなロン毛?
でも髷を結ったお姿なんて想像できないのですけれど(汗)
琵琶も弦楽器なので、ガックンにはギター感覚なのかしら~、
などと思って見ていました♪


>ryiさま

悲劇でオヤカタサマは目を覚ますのでしょうか。
守役とは命がけのお仕事なのですね…

Posted by: ヒロ子 | July 01, 2007 at 10:37 PM

>くうさま

高笑いですよ!高笑い!
びっくりでしたTOT

前回に続き今回も、越後は違うドラマでしたよね。
まぁその方が気分転換になりますけれど^^;


>なおみさま

なにも小山田くんまで、フグの真似してヒゲを生やさなくてもいいのにねぇ…

あ、なおみさんのフグ、フグ発言にはかなり笑わせていただいております。

>・・・今後はね・・・ひそひそ・・・なんですよ!
→え~、何?気になりますぅ><

Posted by: ヒロ子 | July 01, 2007 at 10:42 PM

おはようございます!
オヤカタサマの驕りが、この先どのような展開になっていくのか・・・ちょっと重たい展開になりそうで、見るのが辛そうです。。。

オヤマダさまの高笑い・・・何とも言えない趣がありましたね~。
勘助は・・・どう感じたんでしょうか。。。

Posted by: りっきー | July 02, 2007 at 07:58 AM

ヒロ子さん、こんにちは!
Gackt景虎が出てくると、どうしても
ああ、歌いだしそうだ~・・などと思ってしまいます。
お声が若々しい感じでいいですね。

赤い衣装の時は私も白すぎる顔が気になって見えたのですが、武将の姿になったら、とても素敵だったので、安心いたしました。

ついつい見とれてしまいますよね。^^;

Posted by: さくらこ | July 02, 2007 at 03:36 PM

>りっきーさま

こんにちは♪

ただでさえ重苦しい展開なのに、オヤカタサマの
しゃべり方や表情がより一層空気を重くしていますよね…
悲しい展開も辛いですが、オヤカタサマの重さも苦痛だったりして…

>勘助は・・・どう感じたんでしょうか。。。
→ん~、でも小山田くん、もともと勘助と仲良しキャラじゃありませんでしたしね^^;


>さくらこさま

こんにちは^O^

Gackt景虎、歌ってくれちゃってもOKです♪
もうガックン、何でもありですから(笑)
台詞、いい感じでしたよね。
武将のお姿は・・・
まさに新曲プロモで、ちょっと笑っちゃいました^^;

Posted by: ヒロ子 | July 02, 2007 at 06:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/15618093

Listed below are links to weblogs that reference 風林火山:第26回 「苦い勝利」 :

» 風林火山26裏切りの国! [ブルー・カフェ]
最近わりと「あらすじ」をチラ見して書いていたんですよ。したらそれが邪魔でかえって書きずらい・・・という現象がおこりましてねえ・・・。で、今回はノーチェックで臨みます!・・・ったって「ドラマ本」見ちゃったんだけどね。たは(汗) さて今回の「小山田クラブ」ですが皆さんから投票していただいた【あなたの選ぶ風林火山ベスト3・上半期編】の結果を発表をいたします!「クラブ」記事のアップは日付が変わってからになります。果たして何が1位に輝いたでしょうか・・・?お楽しみに◎ 【裏切りまた裏切り】 佐久の志賀城... [Read More]

Tracked on July 01, 2007 at 10:09 PM

» 【風林火山】第二十六話 [見取り八段・実0段]
武田に刃向かうは犬死にであると今こそ信濃に知らしめるのだ変わってしまった晴信。勝つ事に一直線な晴信。負けた事がない者は、こんなに弱者に残酷になれるのか。。。勘助の「戦わずして勝つ戦」の言葉は、もう晴信の耳には届かない。あんなに仲の良い二人だったのに。信...... [Read More]

Tracked on July 01, 2007 at 10:09 PM

» 大河ドラマ 風林火山・第26回 「苦い勝利」 [真田のよもやま話]
苦い勝利?苦いのはラガービールだけで十分ですよう。 あ、あとそれから、コーヒー紅茶にゴーヤーにピーマン、それからそれから・・・ って、食べ物の話題じゃあなかったですね。失礼~。... [Read More]

Tracked on July 01, 2007 at 10:13 PM

» 【風林火山レビュー】苦い勝利 [必然的なヒストリー]
志賀にいる笠原清繁が謀反を起こしました。晴信は早速、志賀攻めに取り掛かります。軍議のシーン。晴信の背後には以前にも増して黒いオーラが!晴信の目下の目的はただ一つ「武田家(というか俺様)に歯向かう者は一人残らず討ち取れ〜。武田家(というか俺様)に逆らってもムダだということを世に示すのじゃ」ということは。つまり、降伏すら許さないわけで。現に勘助が献策しても晴信は聞く耳持たず。挙句の果てに勘助を罵倒。オイオイ、この一週間で何があったんだよ!と突っ込みたくなるような変わり様。先週は、ここまで酷くなかったよう... [Read More]

Tracked on July 01, 2007 at 10:14 PM

» 風林火山〜第26話・群雄割拠! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、今回諸勢力入り乱れた戦国時代という感じで誰が主役かしばらく忘れていたほどでした。佐久地方でまたぞろ反乱が起こるのですが、反武田の巣窟・志賀城城主の笠原清繁はたけし軍団のダンカンです。(風林火山、第26話・苦い勝利の感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on July 01, 2007 at 10:32 PM

» ★風林火山26・・鬼になった晴信。。 [・*:・ふわゆら生活・:*・]
今日も風林火山楽しみました面白かった〜〜いよいよ戦です〜今週のあらすじ 第26回「苦い勝利」鬼と化した晴信の激しい戦もう誰も止められません。。勘助の助けは不要じゃってのっけから言ってましたね。。「武田にはむかうは犬死と知らしめよ!」強さと残忍さをアピール...... [Read More]

Tracked on July 01, 2007 at 10:35 PM

» 驕る者は・・・〜風林火山・第26話〜 [新・りっきーのブログ日記]
 『驕る平家は久しからず・・・』  こんな言葉が思わず頭を過ぎってしまいそうになりましたが。。。  今回の風林火山ですが、晴信の増長がますますエスカレートしていきます。  信濃・佐久地方で起こった志賀城主・笠原清繁の謀反の鎮圧に、武田軍が向かう事になった訳ですが、その手立てに晴信は板垣・甘利・勘助の諫言も無視して、強引な手法で鎮圧を図ろうとします。  相木から人質を予め取ってから、相木を笠原清繁の後ろ盾にならんとする村上義清に近付けさせ、両者間の離反を企てます。  勘助は・・・... [Read More]

Tracked on July 01, 2007 at 10:35 PM

» しつこく大河・・・昨日に続き [麦子さんといっしょ]
いろんな三人組ができあがる大河です。まず葛笠村(平蔵、太吉、伝助)、今川(よしもと、雪ちゃん、寿桂尼さま)関係ないけど色目で(青木・赤部・黄八幡)武田重臣(おぶ・いたがき・あまり)今回は真田・勘助・相木こうしてみるとこの三人ってこれから板垣、甘利亡きあ...... [Read More]

Tracked on July 02, 2007 at 07:45 AM

» 風林火山「苦い勝利」 [ねぇ、しょーP、こっち向いて♪]
風林火山「苦い勝利」 勘助「ぼ、僕、軍師なんですけど〜。」 景虎「む、空しくないかぁ〜。」 晴信「い、戦に負けるの、こわぁ〜い。」 主役級三人の凹み。 板垣、甘利も凹み。 小山田様だけ褒美をゲットォー。 今までも十分不幸だったけど、理解者である晴信から冷たくされて可哀想でしたね。 勘助、晴信、景虎それぞれの悩みの回ですかね、今回の放送は?。 幸隆が味方になったのに、晴信が残酷なことするから忍芽様が険しい顔をされてたじゃないですかぁー。 今回は佐久の志賀城攻め。 佐久郡で武田に刃向かう人達が城に... [Read More]

Tracked on July 02, 2007 at 07:54 AM

» 「風林火山」第26回「苦い勝利」 [つれづれ さくら日和]
ガクト(Gackt)景虎、いよいよ本格的に登場です!! その派手な登場の仕方に、ああ、なるほど、晴信の最近やけに芝居がかった演技が気になってたんだけど、こんな感じでこの2人はちょうど釣り合いが取れていていいのかもしれない、うんうん{/face_hohoemi/}、妙に納得してしまいました。 天文16年(1547)7月、信濃佐久郡の志賀城主、笠原清繁が、遂に武田に兵を出しました。 背後には関東管領・上杉らが、おまけに村上義清にも援軍要請をしているようです。 武田も出兵。 先鋒は芦田、馬場(元・教... [Read More]

Tracked on July 02, 2007 at 01:29 PM

» 風林火山、晴信と快川紹喜!! [函館 Glass Life]
『以前は勝ち続けるのが恐ろしかったが今は負けるのが恐ろしい』 と言う晴信。いつかは負ける、いや絶対負けるそれがいつなのか、 次の戦なのか、究極の疑心暗鬼ですよね{/hiyo_oro/} ヘッドに立つ人間の孤独を感じる言葉です{/kaeru_alone/} 柏木市兵衛に疑念を持つ勘助。しかし、それは村上軍の出陣を防ぐ為 晴信が考えた謀略だったとは… 軍師である勘助にさえ知らせず柏木を間者に仕立てるとは、流石の晴信も 末期的症状を迎えようとしている。 が、しかし、ここで滅亡しないのが武田晴信なのである... [Read More]

Tracked on July 04, 2007 at 01:10 PM

« 『ゲドを読む。』 | Main | ドラリオン »