« ご当地サイダー | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド »

July 15, 2007

風林火山:第28回 「両雄死す」

見事なり、大河ドラマ『風林火山』!
見入ってしまい、あっという間の45分でした。

オープニングでいきなり、板垣から勘助への遺言。
「そちが月影となってオヤカタサマを照らし続けるのじゃ。」

甘利は大井夫人に覚悟を伝えます。
「この甘利、何があっても甲斐の地と共におります。」

敵陣では村上が志賀城の悲劇を振り返り、
「武田、断じて許すまじ。この戦、我らに正義ありっ!」と士気を鼓舞。

そして上田原合戦が幕を開けたのでした。
草原で兵がぶつかる遠景も、板垣・甘利を中心とした人間ドラマもどちらも見事で息をつかせぬ展開です。

板垣はデンベエを晴信の影武者に仕立てます。思いもよらぬ板垣とデンベエのやりとりに、もう涙ボロボロの私。一方甘利も画策していた通り、敵陣中で大将の首を取るべく村上陣へ走ります。茶漬けを掻き込む村上にパワーを感じました。
甘利が村上陣へ行ったと知らせを受けた武田本陣。甘利が寝返ったのかと重い空気が流れます。我らが小山田君は例の如く「万に一つも起こりえぬことなどこの世にはない」などと小難しいことを言っておりましたが。この緊迫した場面で、きましたオヤカタサマ。「おのれぇぇ甘利ぃぃぃ」と目を白黒、眉をピクピク。あなた、ここで視聴者を笑わせてどうするっ!勘助が甘利の言葉を思い出し、甘利の作戦だとオヤカタサマの気持ちを静めるのでした。

夜も更け、村上陣では・・・
甘利が村上の首を討つタイミングを見計らっています。板垣陣に夜討ちをかけ、本陣の動きを誘うと告げる村上に、甘利が斬りかかります。が、なんと甘利の動きを見張っていた平蔵の矢に阻まれ、捕まってしまうのでした。

戦を早く終らせようと逸る板垣・甘利の身を案じ、村上や板垣の予想通り、自分が行く、総攻めだといきり立つオヤカタサマ。甘利は村上陣を脱走し、矢を射られながら、まさに必死で板垣陣に撤退しろと告げるのでした。息絶える甘利に板垣は「甘利殿、直に会おう。」
そして総攻め。諸角も小山田も真田も馬場も、皆兵を挙げます。
しかしもう、板垣は村上勢に取り囲まれてしまっています。ここからは千葉真一劇場でした。一つ一つの形が様になっている殺陣と、戦国無双のような絵のような戦闘シーン。かっこいい、かっこよすぎます。が、さすがの板垣でも多勢に無勢、ついに力尽きるのでした。最期の言葉は「若…。」

板垣の言葉通り、撤退を進言する勘助。
次回、軍師勘助はどう動くのでしょうか。

記事を打ち込みながら、頭の中ではまだ『風林火山』のテーマソングが流れており、興奮冷めやらぬ私です。

久々に凛々しいお姿でした、小山田くん♪ファンのための小山田クラブはこちら。
Oyamada2

|

« ご当地サイダー | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド »

Comments

全く、息もつかせぬ。。。ってヤツですね。
ボロボロでした。。。(; ;)
晴信に2人の心がどれだけ通じたか。

Posted by: くう | July 15, 2007 at 10:34 PM

大泣きの一夜でございます
これって最終回でないのかい?とおもうほど
でんべえさん・・・甲胄すがたがあまりに似合わず「かわいかった
晴信さん・・・おこっているのに笑えた

Posted by: むぎこ | July 15, 2007 at 10:37 PM

>くうさま

私も、ダンナに「なぜそこまで泣く?」と言われるほど
ボロボロでした^^;
晴信にはどのくらい通じたのでしょうね。
次回のオヤカタサマを見るのがこわいような・・・。


>むぎこさま

同感です!
私も最終回が今回より感動的になるかしら?と考えていました。
デンベエさんの甲冑姿は、たしかにカワイかったかも*^^*
晴信さんは・・・ねぇ・・・

Posted by: ヒロ子 | July 15, 2007 at 10:51 PM

こんばんは!
またもやTB飛ばないのでコメントでごめんなさいです。
ボクなんか始まって3分くらいでウルウル来てました。
千葉ちゃんもゴリさんも格好良すぎです。
この回が前半の一位決定ですね。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | July 15, 2007 at 11:08 PM

私も板垣と伝兵衛のやりとり好きです!
信頼関係があったからこそ、影武者の依頼があったんですよね・・・(ノω・、)
せめて伝兵衛は生き残ってほしい・・・。

Posted by: うさ | July 16, 2007 at 04:48 AM

>ぱるぷんて海の家さま

いえいえ、こちらこそ、niftyが迷惑をかけております。
オープニングからうるっときましたが、45分泣きっぱなしは
疲れると思い、デンベエまではガマンしたのですけれどね^^;

間違いなく今回が前半の一位ですね♪


>うささま

勘助が出世したようにデンベエもコツコツと積み重ねてきたのですよね。
これぞ主従!という感じの名場面でした。
デンベエの消息は本編でも予告でも出ませんでしたが、
本当に生き残ってほしいです。

Posted by: ヒロ子 | July 16, 2007 at 10:02 AM

っていうか、なんで平蔵は「甘利が怪しい」と思ったんでしょう。
そのへん、描かれていましたっけ??

Posted by: ryi | July 16, 2007 at 11:05 AM

>ryiさま

平蔵は弓の腕を上げただけでなく、勘も鋭くなったのでしょうか。
どんな修行をしたのでしょうね。

Posted by: ヒロ子 | July 16, 2007 at 08:30 PM

板垣様、引退を発表しちゃいましたね。
これだけのアクションが出来るのにもったいない。
でも、もう68歳だったのですね。
あれだけ動ける方が驚異的か。

最後の迫真の演技、素晴らしかったです。

Posted by: なおくん | July 16, 2007 at 09:31 PM

しまった~(>_<)
曜日感覚がすっかりずれていて見逃しましたショーック(T_T)
すごい回だったんですね。再放送忘れずに見なきゃ!

Posted by: バナナオレ | July 17, 2007 at 10:12 AM

>なおくん・さま

板垣様の引退、だいぶ話題になっていますね。
アクション俳優千葉真一様を引退するということのようですが、
あれほど美しい殺陣、もっともっと見たいです。
68歳ですか~、鍛え方が違いますね^^;

迫真の演技、本当にお見事でした☆


>バナナオレさま

たぶん大河ドラマ『風林火山』の中で1,2を争う素晴らしい回ですので、
再放送でも録画でもチェックしてくださいね~。

忙しかったし、連休だったしね^^


Posted by: ヒロ子 | July 17, 2007 at 08:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/15768377

Listed below are links to weblogs that reference 風林火山:第28回 「両雄死す」:

» 風林火山.28/両雄死す! [ブルー・カフェ]
予告編で既にうるうる来ていらっしゃる方も多いかと思います。ワタシもスグ泣いちゃう方なんで、モチロン「うるうる」来ちゃったんですが、あれだけネタバレ予告編を見ちゃって果たして本番で泣けるのか?・・・なんてどうでもいい懸念を正直持ったりしたもんですが・・・。 【両雄の遺言】 まだ爽やかだった頃の晴信を想い出しながら「月影となって御屋形さまを支えろ」と勘助に語る板垣「それでこそ誠の軍師じゃ」と。 一方、甘利は大井夫人に「お家のために必ずや勝ってみせます」と宣言しますが、普通ではない様子に「必ずこの甲斐... [Read More]

Tracked on July 15, 2007 at 10:01 PM

» 風林火山(7月15日) [今日感]
NHKの気合を感じました。合戦シーンは、かなりリアルな感じの画像、本陣もちょっと上から撮影することで全体に厚みを感じさせます。 [Read More]

Tracked on July 15, 2007 at 10:28 PM

» 風林火山・・・両雄死すを前に [麦子さんといっしょ]
さて・・・上田が原にむけて出陣準備してテレビに向かいます。というわけで・・・今回は6時の放送にご飯の時間をくりあげ、比較的じゃまをしなかった犬麦でした。今回、勘助の仕事は甘利、板垣の心を晴信に伝え、晴信を守るということでした。だから主役は勘助ではありま...... [Read More]

Tracked on July 15, 2007 at 10:34 PM

» 【風林火山】第二十八話 [見取り八段・実0段]
勘助、月影となれ。月影となって、お館さまを照らすのじゃ。甘利は、敵の懐に飛び込んで板垣は、敵の陣に飛び込んでこの戦に蹴りを着けようとした。二人それぞれのやり方。だが、二人の口から同じ言葉が出た。そうすれば、多くの味方を失わずに済む。覚悟は同じ。そして、...... [Read More]

Tracked on July 15, 2007 at 10:35 PM

» 風林火山〜第28話・板垣信方 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、板垣信方(千葉真一)と甘利虎泰(竜雷太)の武田二十四将双璧ともいえる二人が討ち死にしてしまいます。宿敵・村上義清との上田原の戦いということで合戦シーンも多いですが、武田晴信(市川亀治郎)も鬼気迫る熱演だったと思います。(風林火山、第28話・両雄の死の感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on July 15, 2007 at 10:41 PM

» 大河ドラマ「風林火山」28話「両雄死す」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
「勘助、そちが月影となれ」「この甲斐の真の軍師となるのじゃ」春信との和歌のシーンとか、もう懐かしい回想でしたね。でも死の予感がひしひしと感じられて・・・。切ない回でございました・・・平原での合戦。美しいがゆえのはかなさ。「生きて甲斐には戻らん」って宣言...... [Read More]

Tracked on July 15, 2007 at 10:45 PM

» 【風林火山レビュー】両雄死す [必然的なヒストリー]
千葉真一さん、竜雷太さんが退場した今回。今回が一つの節目になったと思います。上田原にて村上軍と武田軍が激突。晴信が「まるで我等が出陣する事を村上軍があらかじめ知っていたようじゃないか〜!」という様なことを言っていましたが、ズバリ正解。これって先週、甘利が村上本人に情報漏洩したからですよね。甘利には甘利なりの考えがあって敢えて今回の出陣時期を教えたようですが、先週見ていたとき、変な演出だと思っていました。で、今回。その全貌が明らかに。それは甘利のこのセリフ。「村上本陣に赴き、大将首を掻っ切る!」そりゃ... [Read More]

Tracked on July 15, 2007 at 10:52 PM

» ★風林火山28・・涙の総攻め( ┰_┰) [・*:・ふわゆら生活・:*・]
今日の風林火山は、初めから板垣さんと甘利さんが死ぬことが分かっていたから、どんな風に死んでいくのかイヤだけどちゃんと見なくては。。って思いながら見ました。。今週のあらすじ 第28回「両雄死す」勘助に遺言を残すかのような板垣。。上田原にて板垣甘利が先陣とな...... [Read More]

Tracked on July 15, 2007 at 10:54 PM

» NHK大河ドラマ 風林火山 第28回 「両雄死す」 [でりら日記]
正視に堪えず。あの澄み切った青空とのコントラストが余りにも哀しかった。 [Read More]

Tracked on July 16, 2007 at 12:18 AM

» 風林火山「両雄死す」 [ねぇ、しょーP、こっち向いて♪]
風林火山「両雄死す」 甘利も戦場で死なせてやりたかったです。 二人共討ち死にだと同じ絵になるから…?、二人で寄り添って死んでいくのもなんだけど…。 タイトル通り、今回は板垣、甘利の死でした。 平蔵の弓が余計なところで…命中したり、最後まで安定キャラの伝兵衛が晴信の影武者になって『伝兵衛危うし〜』って思ってたら「旦那さまぁ〜」で敵にばれてんじゃん。 鬼美濃は影武者伝兵衛を守ってたから、板垣は単身で囲まれてしまったのかぁ…。 村上勢は弓と槍が充実してた。 武田勢は刀が多かった?。 そもそも馬上から刀... [Read More]

Tracked on July 16, 2007 at 09:41 AM

» 大河ドラマ 「風林火山」 両雄死す! [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
ついにその日がやってきました・・・。 板垣信方役の千葉真一は役者生命を板垣にかけてきました。 そして、役者引退を表明しました。 それだけかけていたんですね。 ついに前半戦のクライマックス、上田原の戦いです。... [Read More]

Tracked on July 16, 2007 at 11:10 AM

» 風林火山・第28回「両雄死す」 [大河ドラマ風林火山、韓国映画、ドラマ「ホジュン」の感想サイト]
あらすじは分かってはいたものの…やっぱり泣いてしまいました。 でも、話の見どころもたくさんあったので、以下書いてみます。 冒頭は雪の舞うシーンから始まります。 勘助と板垣が、晴信の説得(に失敗して)から戻るシーン。前回の続きです。 板垣は、昔晴信を諫めるために詠んだ歌を、再び読みます。 (回想の晴信)「夕べの花ではどうじゃ。読んでみよ」 (板垣)「飽かなくも なほ木のもとの 夕映えに 月影やどせ 花も色そふ」 そして、勘助に向かって言います。 &#..... [Read More]

Tracked on July 16, 2007 at 11:55 AM

» 風林火山・侵略者信玄!! [函館 Glass Life]
上田原の戦い、迫力有りましたねー{/v/} これこそ大河ドラマ、久し振りに見応え有りました{/kaminari/} やはり千葉真一の殺陣は最高ですね。 陰の軍団の忍者役が抜けないのでしょうが、見てい て何故かほっとするのは僕だけでしょうか。 この大河ドラマを最後に俳優を引退すると言ってい ましたが、千葉真一の迫真の演技を見ると何となく 分かるような気がします。残念ですが… 目的は同じなのに板垣と甘利は各々自分の方法で晴信 を守ろうとしている。 無骨者の甘利は、内応する振りおして村上を討ち取ろうとす... [Read More]

Tracked on July 16, 2007 at 01:36 PM

» 第13回小山田クラブ [ブルー・カフェ]
【相変わらず修理中】 ※というワケで、依然ワタシのパソコンは入院中なんですが「事前に」作りおきしておいた記事を発表させて頂きたいと思います。今回は「琉河ぷろーでゅさー」から以前提案して頂いたネタを元にアレンジしてみました◎ 皆さんこんにちは。第13回小山田クラブのお時間がやって参りました第12回は【風林火山キャラ「あなたが選ぶお中元」編】ということで、みなさんおもいおもいの贈り物を「風林火山キャラ」に贈ったり、貰ったり・・・。と、考えただけでも楽しくなりますし、また幾らでも考え付きそうなネタでした... [Read More]

Tracked on July 24, 2007 at 03:27 PM

« ご当地サイダー | Main | パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド »