« 風林火山:第33回 「勘助捕らわる」 | Main | 大のや・祇園小石 »

August 27, 2007

京都へ行ってきました

と言っても、研修のついででしたので、自由時間は真昼間のわずか半日。暑い暑い京の町を、汗をだらだら流しながら、犬のようにハーハー呼吸しながら歩き回りました。
D1000555←地主神社:恋占いの石。

「今流行りの地主神社へ行きませんか?」一緒に行った私より若く独身のTちゃんが提案します。地主神社はファッション雑誌によく取り上げられている、日本で一番有名な縁結びの神社なのだそう。清水の舞台の裏手にありますので、まず清水寺への急な坂道を登ります。暑い…。拝観券を買い清水の舞台を通り抜けると左手奥にありました。由緒があり、重要文化財にも世界文化遺産にも指定されているらしい地主神社ですが、これでもかっというくらい縁結びを全面に打ち出しており、修学旅行の中高生にウケルだろうな~と思いました。

続いて八坂神社へ。広々とした境内にぱらりと観光客がいてほどよい静けさです。地主神社に続き2度目のおみくじをひきたいTちゃんに誘われて、私もおみくじをひいてみると、思いがけず「大吉」。誘ってくれたTちゃんに感謝です。
D1000545

祇園で昼食をとり、八坂神社から円山公園を抜けて知恩院へ。気温は35,6度あったのではないでしょうか。暑さでぼ~っとしながら知恩院へ辿りつくと、なんと今年度から14年間にわたる保存修理が始まったとのことで、集会堂の見学ができませんでした。まもなく大修理に入る、三代将軍家光公によって再建されたという国宝御影堂をしっかり見てきました。
D1000537

お次は地下鉄で移動。蹴上駅からアーチをくぐり、寺院町なのか?寺院の中なのか?白壁に水路の流れる風情ある道を歩きながら、南禅寺へ向かいます。私の一番のお目当ては南禅寺の三門に上がること。何とかと煙は高い所へ上がりたがると言いますが、私も高いところが好き。どっしりとした三門を眺めて、この上に登れるんだと考えると、疲れもふっとびワクワクします。急な階段を上り、楼上から見下ろすと、盛夏木々が生い茂る向こうに京都の町が見え、「絶景かな」とまではいきませんが、なんとも気持ちの良い眺めでした。楼閣の中をのぞきこめば、中央に宝冠釈迦如来、その脇にいかついお顔の十六羅漢が並び、そのカッコ良さにゾクゾクッときました。
本当は方丈を回り、余裕があれば銀閣寺まで行く予定でしたが、時間も体力も限界に近かったため、今回の京都巡りはここまでとしました。

↓食べ物編へ続く。

|

« 風林火山:第33回 「勘助捕らわる」 | Main | 大のや・祇園小石 »

Comments

え~?!
このクソ暑い盛りに “京都” って。。(;´▽`A``

あ・・・・・ひょっとして 「川床」 行かれたのかしら???


(食べ物編が楽しみだ)

Posted by: 桔梗屋 | August 28, 2007 at 12:49 PM

>桔梗屋さま

本当に関西は暑さの質が違いますね。
こちらでは歩いていて汗がふきだすとか、
暑さで呼吸が苦しいなんて考えられませんもの。
でもひたすら歩いていましたが^^;

>あ・・・・・ひょっとして 「川床」 行かれたのかしら???

>(食べ物編が楽しみだ)

→あ、いや、今回は優雅と正反対の観光でして・・・
まだ未体験の川床、憧れますぅ♪


Posted by: ヒロ子 | August 28, 2007 at 05:31 PM

ヒロ子さんが風林火山の感想を書いてないのが珍しいな?と思ってましたが京都ですか?

夏の真っ盛りの京都は未体験ですが私も食べ物編がたのしみです〜

Posted by: patra | August 28, 2007 at 06:48 PM

>patraさま

暑い暑い京都に行っておりました。
風林火山の時間は帰路運転中。
真田様のご活躍を観たかったのですが。

食べ物編はご期待にそえるほどでは…^^;

Posted by: ヒロ子 | August 28, 2007 at 10:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/16258889

Listed below are links to weblogs that reference 京都へ行ってきました:

« 風林火山:第33回 「勘助捕らわる」 | Main | 大のや・祇園小石 »