« 『軍師山本勘助 語られた英雄像』 | Main | 本格焼酎 佐藤 »

October 21, 2007

風林火山:第42回 「軍師と軍神」

別に勘助と景虎が遭遇しなくてもいいのではないかと思いつつ・・・

姫様が亡くなり悲しみに暮れる勘助。なのに晴信も志摩も「姫様との約束を守れ(=嫁をとれ)」とせっつきます。晴信も志摩も勘助も、由布姫にとってとても身近な存在だったはず。顔を合わせたら、まずは姫様の思い出話をしませんか?
心の整理がつかない勘助は、高野山へと旅立っていったのでした。

一方の長尾家では、家臣同士の内紛が起きていました。少しでも領地を増やしたい、自分の領地を守りたいとは当主として当然の考えだと思うのですが、景虎はこう言います。
「大熊、さように領地が欲しければこの城をそちにくれてやろう。城など無くとも、面目など立たずともわしには義が残る。」
なんか感じ悪~い。そんなキレイゴトでは戦国時代を生き抜けませんから、と思ったら、出奔してしまいました。

そんな二人が高野山で出会います。
「なぜ景虎が出家???」
疑問に思った勘助は火を焚いて真言を唱える景虎に近づきます。と、振り向きざまに急に攻撃を加える景虎。刀を抜かずに待ったをかける勘助に、かまわず攻撃を続けます。勘助に殺気があったのかもしれませんが、さっきまで真言を唱えていた人が抜刀していない者にいきなり攻撃はおかしいでしょ。それとも、武田家への呪いの言葉でも唱えていたのでしょうか。結局、清胤の一声で争いは収まりました。
そして二人仲良く曼荼羅のお勉強。翌日は二人仲良く朝ご飯。でもお経が聞こえていますから、朝のお勤めの時間かと思われますが。なんだか笑えない冗談を言い合って笑う二人なのでした。
べべん。

甲斐へ戻った勘助。リツとは縁組は縁組でも養子縁組ということになりました。
そうきたか。
でも、最後に勘助の穏やかな顔。まあ、これはこれでよしとしましょう。



Fuurinkazan

|

« 『軍師山本勘助 語られた英雄像』 | Main | 本格焼酎 佐藤 »

Comments

こんばんは!
勘助は高野山でリツを養女にする作戦を考えていたのでしょうか。それと
お土産はやっぱりあれとか?

Posted by: ぱるぷんて海の家 | October 21, 2007 at 09:30 PM

>ぱるぷんて海の家さま

こんばんは☆
思わずオヤカタサマと一緒に「そうきたか」でした。
摩利支天はバージョンアップしているし。

Posted by: ヒロ子 | October 21, 2007 at 09:33 PM

別に勘助と景虎が会わなくても・・・。

ほんとにそう思いましたが、
それを言っちゃうと今回の話が成り立たなくなるので・・・。


言っちゃいました。

Posted by: ryi | October 21, 2007 at 10:13 PM

>ryiさま

自分でも内心、

>それを言っちゃうと今回の話が成り立たなくなるので・・・

と呟きつつ、
言っちゃいました^^;

Posted by: ヒロ子 | October 21, 2007 at 10:18 PM

ヒロ子さん、おはようございます♪
何やらTBが上手く飛ばないようなので、コメントから失礼いたします。

今週はドラマらしくパラレル感たっぷりでしたね。
内容薄すぎですww
でも逆に、画は面白かったです。

景虎様があまり殺気を放っていない(ように見える)勘助にいきなり斬りかかったのは意味わかりませんよね・・・あれは・・・焚火?の邪魔されてブチキレた!!と解釈することにしましたw
小学生レベルかww

Posted by: | October 22, 2007 at 06:49 AM

>渦さま

おはようございます♪

TBは私が承認するまで公開されないのです・・・
寝てしまい時間がかかりました。
すいませんm(_ _)m

番組以上に渦さんのブログが面白かったです。
読み逃げしちゃってごめんなさ~い!

あぁ、景虎様は焚火の邪魔をされてキレたのでしたか。
なるほど^^;


Posted by: ヒロ子 | October 22, 2007 at 07:47 AM

こんにちは。
別に出会わなくてもいいんじゃないかって言う、ありえないような話でしたが、とてもうまく描かれていたので、面白いと思いました。

今回の高僧が、景虎を一喝した様なことを、実は越後の重臣たちは、一度でいいから言ってみたかったんじゃないでしょうか。
あんな風に言われてしまうと、景虎が一番嘆かわしいような感じがしますね。

Posted by: さくらこ | October 22, 2007 at 09:40 AM

>さくらこさま

こんにちは☆

ありえない話で面白いと言えば面白いのですが、
なんだか暴れん坊ガックンを見せたいと考える
NHKの意図が見え隠れして、素直に楽しめませんでした^^;

でもドラマですから、素直に楽しまないと損ですね。

Posted by: ヒロ子 | October 22, 2007 at 05:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/16831170

Listed below are links to weblogs that reference 風林火山:第42回 「軍師と軍神」:

» 「風林火山」第42回 [日々“是”精進!]
 第四十二回「軍師と軍神」由布姫の死は勘助の心に深い傷を残した。そして最後に言い残した「嫁を取り、跡継ぎを作るのです」という言葉が重く響いていた。迷いを振り切るため晴信に置手紙を残し、勘助は旅に出た。一方、長尾景虎の下で統一された越後では、長く戦乱が続...... [Read More]

Tracked on October 21, 2007 at 09:32 PM

» 風林火山〜第42回・摩利支天vs毘沙門天! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、由布姫を失った山本勘助(内野聖陽)はザンバラ髪で身も心もボロボロになっていますが、何とか甲斐まで辿り着きます。武田晴信(市川亀治郎)から由布姫を手厚く葬ったと聞かされます。(風林火山、第42回・軍師と軍神の感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on October 21, 2007 at 10:02 PM

» 風林火山「軍師と軍神」 [ありがとう!、あてつけじゃないよ。]
風林火山「軍師と軍神」 木曾との戦を終え諏訪に戻った勘助。 晴信は由布姫を弔って勘助の帰りを待っていました。 勘助曰く、越後の景虎(ガクト)の首級をあげていよいよ上洛へ…。 甲斐、信濃、越後の三国を治めれば天下に号令をかけるだけの準備が整うと考えていたのでしょうか…?。 勘助は悲観に暮れているのに、晴信から嫁取り?の話をされて…。 思慮深い晴信のことだから…、由布姫が勘助のことをそれだけ気にかけていたと言うことなのかな?。 勘助「(四郎様は)…姫様の気高きお心、御屋形様の思慮深きお心、勘助め... [Read More]

Tracked on October 21, 2007 at 10:04 PM

» 大河ドラマ 「風林火山」 軍師と軍神 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
愛する由布姫が死んでしまい・・・。 [Read More]

Tracked on October 21, 2007 at 10:20 PM

» 風林火山 [のたまふ]
第42回/軍師と軍神 ―あらすじ―由布姫の死は勘助(内野聖陽)の心に深い傷を残した。そして最後に言い残した「嫁を取り、跡継ぎをつくるのです」という言葉が重く響いていた。迷いを振り切るため晴信(市川亀治郎)に置手紙を残し、勘助は旅に出た。 一方、長尾景虎(Gackt:ガクト)の下で統一された越後では、長く戦乱が続いた名残りで豪族同士の領地争いが絶え間なかった。いがみ合う家臣たちに失望し、景虎は突如出奔してしまう。 勘助が向かったのは霊場・高野山。若き勘助が守り神である摩利支天を授かった地であった。か... [Read More]

Tracked on October 21, 2007 at 10:58 PM

» 風林火山(10月21日) [今日感]
本筋からちょっと離れたスピンオフのような回。 しかも、主人公はどうみても、長尾景虎。 [Read More]

Tracked on October 21, 2007 at 11:02 PM

» 風林火山・裏切りの重臣!! [函館 Glass Life]
由布姫に対する愛なのか?それとも自分の人生の意味 が分からなくなってしまったのか? それにしても、晴信に置手紙を残して旅に出るとは一国 の軍師の行動ではありません{/kuri_5/} 失恋して、傷心旅行に行く女の子みたいですよね{/heartbreake/} 由布姫が亡くなり、本来の姿に戻ると期待していたの ですが、ヤッパリ恋愛ドラマから抜け出せないのですね{/tv/} うんざりしているのは僕だけなのでしょうか?? 同じく、家臣同士の争いに嫌気がさし出奔した長尾景虎。 自分の姉の夫である長尾政景に... [Read More]

Tracked on October 21, 2007 at 11:08 PM

» 「風林火山」第42回 「軍師と軍神」 [つれづれ さくら日和]
今回、別のサブタイトルを付けるとしたら、 「景虎、叱られる!」 でしょうか。 面白いですね、修行を始めた途端の一騎打ちですよ。 予告で、何故傷心の勘助が景虎と刃を交えているの?と不思議でならなかったので。 摩利支天のお守りというアイテムが、二人の出会いのきっかけに上手く使われてますね。 長いこと天文という元号をこちらでも打たせてもらいましたが、前回の由布姫死去あたりから、弘治という元号に変わりました。 参戦のため、最愛の由布姫の死に目にはおろか、葬儀にも参列出来なかった勘助でした。{/fac... [Read More]

Tracked on October 21, 2007 at 11:59 PM

» ☆風林火山42・・そうきたか。。 [・*:・ふわゆら生活・:*・]
今日も大河ドラマ「風林火山」を楽しみました由布姫が亡くなり勘助は傷心の旅に出るのでした。。今週のあらすじ 第42回「軍師と軍神」いくら由布姫との約束でも姫が亡くなってすぐにはショックから立ち直れないようで。。置手紙残して家出しちゃいますぅ〜〜実は高野山に...... [Read More]

Tracked on October 22, 2007 at 09:06 AM

« 『軍師山本勘助 語られた英雄像』 | Main | 本格焼酎 佐藤 »