« 鮪 | Main | 風林火山:第42回 「軍師と軍神」 »

October 20, 2007

『軍師山本勘助 語られた英雄像』

毎週楽しく観ているNHK大河ドラマ『風林火山』。原作の井上靖著『風林火山』は短くて読みやすいさらりとした歴史小説です。ですから、ドラマはだいぶ脚色していると感じるのですが、武田信玄について詳しく知らないのでどのあたりがフィクションでどのあたりが史実なのか分かりません。そこで少々お勉強も兼て『軍師山本勘助 語られた英雄像』を読んでみました。

この本は武田氏研究の第一人者(と帯に書かれている)笹本正治氏の著書で、かなり硬派で読み応えのある一冊でした。この本の趣旨は「山本勘助を理解する根本資料とされる『甲陽軍鑑』を読むこと」であり、「山本勘助という人物を通して、中世から近世への転換の一端を確認」することなのだそう。読んでいるとたしかに、ドラマ『風林火山』の背景、戦国時代の、信長、秀吉、家康が活躍する少し前の情勢などが見えてきます。他の資料と比較をし、『甲陽軍鑑』が記された意図の考察なども加えながら、繰り返し『甲陽軍鑑』で描かれている山本勘助像(一般的な山本勘助像)は事実という点では疑わしいと主張され、山本勘助の実態と伝承についてさらなる研究が必要だと結ばれています。

武田信玄と山本勘助はセットで英雄として語られるという記述を見た時、時代は違いますが義経と弁慶が頭の中に浮かびました。虚実は別として、生き生きと語られる歴史物語は面白いものです。少しずつ知識を加えながら、様々な角度から歴史を見ることができるともっと楽しいだろうな、と思いました。



|

« 鮪 | Main | 風林火山:第42回 「軍師と軍神」 »

Comments

 こんばんは。

>武田氏研究の第一人者(と帯に書かれている)

 (^_^)

 さて、本題。義経と弁慶ですか。そう言えば、昔やってたNHKの「武蔵坊弁慶」では弁慶は義経の軍師のようでした。サブリーダーキャラもいろいろあって面白いですね。土方歳三なんかはまたちょっと違うタイプのような気がします。私のイメージでは、

 弁慶…親衛隊長タイプ
 勘助…(言わずと知れた)参謀タイプ
 歳三…もう一人のリーダータイプ

 なんですが。

Posted by: 悪七兵衛景清 | October 21, 2007 at 10:36 PM

>悪七兵衛景清さま

?!

著者の方をご存じなのですね。

>弁慶…親衛隊長タイプ
>勘助…(言わずと知れた)参謀タイプ
>歳三…もう一人のリーダータイプ

なるほど。
サブリーダーキャラもいろいろですね。

物語には若いヒーローと有能なサブキャラが必要ですものね☆
そしてキャラのたった敵キャラ!!

Posted by: ヒロ子 | October 22, 2007 at 07:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/16819368

Listed below are links to weblogs that reference 『軍師山本勘助 語られた英雄像』:

« 鮪 | Main | 風林火山:第42回 「軍師と軍神」 »