« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

November 29, 2007

サロン・ド・カフェ ボワシエ

D1000584せっかく東京へ来たので、リニューアルオープンした大丸をのぞいてきました。1階がすべてスイーツのお店なのですが、ヒトヒトヒトでゆっくり買い物する雰囲気ではありません。数ヵ月後にまた出直そうと思いました。

D1000583
一休みしたくて3階の”サロン・ド・カフェ ボワシエ”へ。日本初出店のフランスのチョコレート屋さんなのだそう。当然行列ができていましたが、20分程度で席に案内されました。高い天井と八重洲側へ面した大きな窓、水色と白を基調とした店内はとても明るくてお洒落です。注文したのは、ショコラ・ショ・クラシック。小さなマカロンが付いて1260円は、ショコラ・ショとしては妥当なお値段でしょう。このマカロンが甘くてちょっと苦味があって、なかなか美味しかったです。ショコラ・ショはふわふわの泡に削ったチョコが浮いているのですが、泡立ちすぎな気がしました。わりと薄めで飲みやすいタイプなので、ポットサービスにしてもう少し量をいただけると嬉しいのに、と思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2007

義妹の結婚式

義理の妹の結婚式に参列するため、東京へ行ってきました。会場は東京駅から歩いてすぐの場所。家族だけのこじんまりとした式でしたので、みんなリラックスして笑顔の挙式でした。
純白のウエディングドレスを着た義妹は、女優さんかお人形さんかと思うほど可愛らしくて、ついお嫁さんの方ばかり「可愛い♪可愛い♪」と声をかけてしまいました。もちろん、新郎さんも凛々しくて素敵でしたよ。

お二人仲良く、末永くお幸せに♪

Photo

| | Comments (0)

November 25, 2007

風林火山:第47回 「決戦前夜」

先週お休みしている間にだいぶ話は進んだようですが(海津城も築城しちゃったようですし)、私にとって一番のニュースは葉月とデンベエがくっついたことです。目出度い、目出度い。おまけに葉月の内助の功でデンベエはご褒美までもらっちゃったようです。

もう一つのほのぼの話は勘助が香坂弾正にリツとの縁組を勧め、二人ともまんざらでもない様子だったこと。勘助の「リツを見ればわしの奥義が分かる」に対して、「人を慈しむ心それこそが山本様の奥義」と返すとは香坂弾正素晴らしいです。これで鬼美濃も成仏できましょう(ごめんなさい、まだ生きていらっしゃるそうで・・・)。そして勘助は心おきなく川中島決戦へ臨むのですね。

そうそう、長尾景虎殿は毘沙門天になられたそうで。

迫力のある川中島の決戦場面に期待。
気合いの入っているへーぞーが水を差しませんように。


Fuurinkazan

| | Comments (9) | TrackBack (9)

November 23, 2007

琥珀エビスを飲みました

Photo
少し前、若者のビール離れが話題になっていました。以前は飲み会へ行けば「まずビール!」でしたが、今時の子は最初からチューハイや梅酒などを飲むのだとか。

そんなビール消費の低迷を打開すべくなのかは分かりませんが、かなりの量の季節限定ビールが発売されています。「琥珀エビス」も季節限定ビールの一つ。何もエビスまで・・・と思いますが・・・。

とは言え「琥珀エビス」、すっきりとした飲み口でやや苦味と余韻が残る、なかなか美味しいビールです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2007

時計のリフォーム

Tokei_2
ひゃ~、更新を怠っておりました。

「風林火山」、義元さまが亡くなられたからスネていた訳ではありません。
週末の用事が連なっており、今週も見られるかどうか。

時計をリフォームしてもらいました。
腕時計だったのですが、バンドがぼろぼろになったので、ペンダントタイプに直してもらったのです。私は手先が不器用で裁縫も工作もできません。なので、このような作業の出来る方を尊敬します。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 11, 2007

風林火山:第45回 「謀略!桶狭間」

悔しいです・・・。

『風林火山』、本来の主役は勘助(と晴信)ですが、私の中では今川家でした。
軍師・雪斎さまを失ったことで今川家が揺らぎ、桶狭間で義元殿が討たれると分かっていることではありましたが、悔しかったです。
義元殿の首が戻ってきた時、”顔はいいけどバカ息子”が少し頼もしく見えました。
そして、一人首の入った桶を抱く寿桂尼様の姿に号泣でした。
夫には「そんなに泣く場面か?」とつっこまれましたが、今川ファンとしては泣けるのです。なんだか私にとって今夜が最終回のようでした。
悔しくて歯軋りしながら観ていましたが、ドラマとしてはかなり面白い回だったのかもしれません。

うううっ、勘助、むかつく~~~っ!!!

勘助が清洲城を攻めると言ったから義元殿が大高城へ進軍した?
そんな訳ないでしょう。
まぁ、事実は分からないですけれど。

そうそう、ヘタレへーぞーは諸悪の根源宇佐美にスカウトされていましたね。
やはり皆様の予測するような悲劇へ向かうのでしょうか。

と言うわけで、今夜も興奮状態。
まとまらなくて、ごめんなさい。


Fuurinkazan

| | Comments (14) | TrackBack (9)

November 04, 2007

風林火山:第44回 「信玄暗殺」

どどどどうしましょう。
まったく想像していない展開で動揺しております。

っていうか、納得できないっ!

さらに、来週桶狭間~~~、辛いっ!!


クラブで心を落ち着けないと・・・。

Fuurinkazan

| | Comments (5) | TrackBack (3)

November 01, 2007

L.カゼイ・シロタ株

子どもの頃から胃腸が弱い私。特に疲れとストレスによる打撃は大きく、数週間お腹の不調が続くこともあります。だからと言って改善のための努力をしているわけではなく、心がけているのは一日三食きちんと食べることとなるべく脂っこい物は避けることくらい。でも、毎日職場でお腹がゴロゴロしているのも辛いので、この秋ちょっと改善への努力を始めました。

最初に挑戦したのは整腸剤。しかし、朝昼晩3回薬を飲むというのは習慣ができていないと難しく、まだらに飲んでもいい効果が得られません。
そんな時私の心を掴んだのが渡辺謙さんのCMです。以前から流れているCMではありますが、今回は謙さんを信じてみようと思いました。
食後に飲むのが効果的、と何かで言っていましたので、毎日朝食後に飲むこと1週間。最初の2,3日は飲んだことで余計お腹がゴロゴロしましたが、飲み続けるとゴロゴロは収まり、お腹の調子はいい感じ。何より、夜中に腹痛で目覚めることが無くなりました。信じる者は救われる、でしょうか?
最初は謙さんのヤクルトを飲んでいましたが、最近では少々値段の安いCOOPの乳酸飲料を飲んでいます。(ヤクルトさん、ストローはいりませんからもう少し安くなりませんか。)

さて、効果が出たのはL.カゼイ・シロタ株のおかげ。本名ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株(Lactobacillus casei strain shirota)別名ヤクルト菌は、1930年に代田稔博士によって作らた(効果が発見された?)乳酸菌の一つです。乳酸菌には様々な種類がありますが、全般に腸内環境を整える働きがあります。さらにそれぞれの菌によりプラスαの効果があるのだとか。
乳酸菌、奥が深いです。

参考資料:
ヤクルト提供http://www.yakult.co.jp/front/company/profile/pdf/yakult-caseishirota.pdf
Kaikata(健康食品の比較サイト):http://www.kaikata.com/health/kaikata/kai_s139.html

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »