« 風林火山:第49回 「死闘川中島」 | Main | ブルーマングループ »

December 16, 2007

風林火山:第50回(最終回)「決戦川中島」

大河ドラマ「風林火山」らしい疾風怒濤の最終回でした。
感動とは違う気もしますが、笑えて泣けました。
最終回らしくツッコミ所満載。少々長くなりますが流れを追いながら振り返りたいと思います。

まずはオープニングのおさらいで軽くうるっときます。信繁、諸角の死を無駄にしないためにも、別動隊が到着するまでもう少し時間を稼がなければいけない…勘助も敵の本陣へ討って出ることを申し出ます。覚悟を決めた勘助の背中を見送るオヤカタサマ。これが最後の別れとなります。

お琴姫と三条夫人の和みのシーンが入った後、来ました、ガックン政虎。そろそろ退き陣を考えてくださいという宇佐美の意見を左へ受け流し、「悪しき夢に捕らわれた土地を我が手で解き放つのじゃ!」みたいな番組が違うような言葉を吐いて、白い馬で駆け出してしまいました。「オヤカタサマ・・・」呆然とする宇佐美。白い馬でガックン政虎が駆けるシーンはかっこいいですし、絵になりますが、笑えます。

ようやく妻女山から降りてきた真田、馬場らの別動隊は村上軍とぶつかります。このシーンが唯一ツッコミ無し笑い無しで真剣に見ることのできた合戦場面だったかもしれません。

押し寄せてくる上杉本軍へ突撃する勘助の隊。自分が敵の本陣を突くとやって来た義信を追い返し、板垣、甘利の最期を回想し、いよいよ討って出るかと思いきや、出ました由布姫!しかし勘助はこの戦いで討死する気持ちでいっぱいなのです。姫しゃまの制止も振り切り、宇佐美の「このままでは共倒れになるから兵を引け」という言葉も笑い飛ばします。「一国を亡ぼしてまで何のために戦うのか」問いかける宇佐美と勘助の間を、白馬に跨り駆け抜けて行ったのは政虎サマでした。あぁ哀しい宇佐美さん。
一直線に信玄めがけて馬を飛ばす政虎サマ、迎える信玄も周囲に兵を付けずどーんと構えています。そして一騎打ちの名場面!笑えました・・・。

一騎打ちの場面には間に合わなかったようですが、白馬の政虎サマを追いかける勘助。先ほどの宇佐美の「何のために戦うのか」という問いに、「我が思う人のためじゃ」とヒトリゴトで答えて敵へ討って出ますが、矢を受けて落馬します。矢が刺さったまま、槍を振り回す勘助。これはかっこいい。そしてついに鉄砲で撃たれます。倒れる勘助。

「見える 我が孫子の旗 見える 我がオヤカタサマ 我が里の旗」
ここでようやく泣けました。

が、ただ泣かせてはくれない「風林火山」。何故か周囲に人のいない状況で、倒れた勘助に近づいてくるへーぞー。へーぞーならばと思ったのでしょう、「わしの首を討て」と運命の摩利支天を差し出す勘助ですが、さすがへーぞー、ここで自分も矢に射られてしまいます。そして、ついに勘助は他の人に討たれてしまったのでした。

ここで終わりで良かったのですが・・・。

タキチが勘助の首を取り戻して、勝ち鬨をあげ、ようやく引き上げる武田軍。

帰りを待つヒサと子供達の許へ帰ろうとするへーぞーをおふくおばばが見つけて、感動の終幕となるのでした・・・。

お蔭様で、最終回まで無事観ることができました。
不平不満を述べながらも、楽しく大河ドラマを観賞できた一年でした。
読んでくださった皆様、コメント、TBをくださった皆様、本当にありがとうございました。



Fuurinkazan

|

« 風林火山:第49回 「死闘川中島」 | Main | ブルーマングループ »

Comments

あっという間の一年。
あっという間の45分でした。

今年は楽しく見れたかなぁ。
来年は・・・。
どうかしら。

Posted by: ryi | December 16, 2007 at 10:33 PM

ヒロ子さまこんばんわ。
1年間TBではお世話になりました。
とても充実した1年だったと思います。
作品も色々文句もありましたが、総体的に見て良作でしたし、引き込まれる演出や、脚本でしたからね。

また機会がありましたらよろしくお願いいたします(^^)

Posted by: なぎさ美緒 | December 16, 2007 at 10:40 PM

ヒロ子さんお疲れ様でした。
なんだかガッくん一人カッコよかったような気もします。
でも今年の大河にふさわしいイイ終わり方でした。
フルボッコの勘助も見事な最期だったしい。

残念なのは途中からTB通らなくなってしまったことです。
しかしお陰様で今年も楽しい一年を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
来年は見ないかも知れませんが
今後ともよろしくです。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | December 16, 2007 at 10:44 PM

>ryiさま

毎年思いますが、あっという間でしたね。
なんだかんだ言いながら、今年も楽しく観ることができました、かな^^;
来年は、どうしましょうね。
一年間、お世話様でした♪


>なぎさ美緒さま

こんばんは。
こちらこそ、TBをいただきありがとうございました。
本当に、全体的には面白かったですよね。
文句を言いながらもガックン政虎はかっこよかったですし(笑)
何かの時にはまたよろしくお願いいたします♪

Posted by: ヒロ子 | December 16, 2007 at 10:46 PM

>ぱるぷんて海の家さま

今年も大変お世話になりました^O^

ガックンとへーぞーにもっていかれた最終回でしたが、
これはこれでいいのかな~と思いました。
こちらこそお蔭様で、とても楽しく一年観賞することができました。
今後ともよろしくお願いいたします♪

niftyとlivedoorの相性の問題なのか、
今日はこちらからもTBが飛ばないようです…。
来年はこの辺りが何とかなるといいのですが…。

Posted by: ヒロ子 | December 16, 2007 at 10:51 PM

ヒロ子さん、こんばんは。
いや~終わっちゃいましたね(><)今までホントありがとうございました。
>大河ドラマ「風林火山」らしい疾風怒濤の最終回でした。
感動とは違う気もしますが、笑えて泣けました。
そうですね、案の定勘助が死んでも泣けませんでしたが・・・う~んでも思っていたより爽快な終わり方だったかな?
さあさあヒロ子さんも「全50話・ベスト3」に是非是非お願いしますよん♪

Posted by: なおみ | December 16, 2007 at 10:54 PM

>なおみさま

こんばんは。
一年間本当にお世話様でした。
お蔭様でクラブに励まされて、頑張って最終回に辿りつくことができましたよ^^
たしかに思ったよりは爽やかな最終回だったかもしれません。
もう少し泣きたかったですけれどね^^;
ベスト3、悩みますぅ。

Posted by: ヒロ子 | December 16, 2007 at 11:08 PM

 ご無沙汰です。昨日はいきなりTBさせていただきすいません。

>「悪しき夢に捕らわれた土地を我が手で解き放つのじゃ!」みたいな番組が違うような言葉

 義経の時もRPGみたいだという話がありましたが、彼が一番RPGかも。

>「一国を亡ぼしてまで何のために戦うのか」問いかける宇佐美と勘助の間を、白馬に跨り駆け抜けて行ったのは政虎サマでした。あぁ哀しい宇佐美さん。

 確かに哀しいですねー。宇佐美の視点からすると。誰が何を言おうと目的へまっしぐらな政虎はそれらしいと言えばそれらしいですが。

Posted by: 悪七兵衛景清 | December 16, 2007 at 11:15 PM

>悪七兵衛景清さま

TB&コメント、ありがとうございます♪

政虎サマはルックス、動作、セリフ、全てRPGでしたね。
ドラマからは浮いているようで、そこがまた楽しめました。
暴れん坊政虎サマに静かなる軍師・宇佐美というのも絵になっていて好きでした。
が、あまり政虎サマは軍師の話を聞いていないようですけれどね。

Posted by: ヒロ子 | December 16, 2007 at 11:24 PM

ヒロ子さん、こんばんは♪
終わりましたね。
私も不平不満を言いながら(特に最近、酷かったw)一年間楽しませてもらいました。
何よりもヒロ子さんや他のブロガーさんたちと、文句も褒めもわいわいと言い合えた一年が楽しかったです♪
何を発言するにしても、それは風林火山というドラマを真剣に観ているがゆえのものですから・・・あぁ、自分はめっちゃマジだったんだな~と、この最終回でようやく気がつきましたw

また今後とも、何か機会がありましたら、宜しくおねがいします!!
これまで色々とありがとうございました!!

Posted by: | December 16, 2007 at 11:41 PM

1年間ありがとうございました★

ガックンが白馬を運転して駆け抜けるシーン、格好良いけれど可笑しいシーンでしたよね( *´艸`)
ほんとに最終回にふさわしいツッコミどころ満載の回でしたね♪

Posted by: うさ | December 17, 2007 at 12:35 AM

ヒロ子さん
>ガックン政虎さん、
すごい馬の飛ばし方でしたね〜
なんとなく感心しつつ漫画チックで笑えました。
私は病院にネット環境が無く、途中で参加できなせんでしたが、いつも楽しく読ませていただきました。

Posted by: patra | December 17, 2007 at 01:12 AM

>渦さま

おはようございます。
こちらこそお世話になりました、ありがとうございました。
渦さんの歯に衣着せぬ日記(特に最近の^^)に励まされました♪
そうそう、なんだかんだ言いながらも真剣に見ていたのですよね。
今後とも機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Posted by: ヒロ子 | December 17, 2007 at 07:39 AM

>うささま

こちらこそ一年間、ありがとうございました^O^
ガックンは何を運転しても絵になって、
それでいてちょっと笑えますよね*^^*
勘助も笑っていたといいますし、笑いどころ満載のいい最終回でした。
機会がありましたら、今後ともよろしくお願いいたしますね♪


>patraさま

カッコイイけれど笑えるガックン政虎に、最後まで目が釘付けでした^^
patraさんは大変な状況の中、私のダラダラブログにお付き合いいただいて、
本当にありがとうございました。
来年の「篤姫」もなんだかんだ言いながら見るような気がします。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪


Posted by: ヒロ子 | December 17, 2007 at 07:52 AM

ヒロ子さん、こんばんは!
政虎が馬で突っ走るシーンは、本当に絵になり、かっこよく、そして何故かいつも笑えますよね。
最後の最後までこの路線を貫いてくださって、とてもよかったと思います。

勘助の最期は、痛々しかったですが、満足して逝かれたようなので、良かったのでしょうね。

私たちは最期のその時まで姿を追って見ることが出来たけれど、信玄が最後に勘助の姿を見たのは、見送った時だったのか・・とヒロ子さんのレビューを読んで、はっとさせられました。

一年間お疲れ様でした&色々お世話になりありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたしますね♪

えっと、まずはお正月に「のだめ」ドラマSPを多分観ると思いますが・・。


Posted by: さくらこ | December 17, 2007 at 04:13 PM

>さくらこさま

こんばんは!
今年一年、こちらこそお世話になりました^O^
本当に、政虎サマが最後の最後まで突っ走ってくれて、とても楽しめました。
勘助はしぶとく、そして勝ちを確信して笑って逝ったという彼らしい最期で、これも良かったと思います。
泣けて笑える最終回、大河ではなかなか珍しいかもしれませんね。

そうでした!
年明けの「のだめSP」、楽しみですね~♪
来年の「篤姫」には玉木宏君が出るのだったかしら。

今後ともよろしくお願いしますね♪

Posted by: ヒロ子 | December 17, 2007 at 10:07 PM

ヒロ子さん、こんばんは。
ほんと色々お世話になりました。「ベスト3」のランキング発表の方をアップいたしましたので、ご都合の良い時にでもお越し下さいね。

Posted by: なおみ | December 30, 2007 at 01:15 AM

>なおみさま

おぉ!
お疲れ様でした!!
さっそく見に行きますよ~♪

Posted by: ヒロ子 | December 30, 2007 at 10:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/17386948

Listed below are links to weblogs that reference 風林火山:第50回(最終回)「決戦川中島」:

» 風林火山.50/さらば勘助! [ブルー・カフェ]
最終回です。もう今さらあれこれ言ってみても「終わり」であることには間違いないようですね。 さて本編と一緒に「風林火山クラブ」も「ほぼ」最終回です。兼ねてよりお話しさせて頂いておりました「風林火山全50話・あなたが選ぶ作品ベスト3」の募集を開始させて頂きたいと思います。年末にはランキングも発表をいたしますので、お忙しい時期ではありますが多くの方のご参加お待ちしております。 また、お手数ですが「投票」の方は「所定の投票所(記事)」の「見本」に沿ってお書き込みください。「集計」の混乱を避けるため、ご協力... [Read More]

Tracked on December 16, 2007 at 10:28 PM

» 大河ドラマ 風林火山・第50回(最終回)「決戦川中島」 [真田のよもやま話]
馬がいっぱい旗指し物もいっぱいで迫力満点のオープニング。 親切な合戦図も見せていただいて、いよいよオーラス、最終回の始まりです。 信繁様&諸角殿の討ち死にシーンもおさらいです~!... [Read More]

Tracked on December 16, 2007 at 10:34 PM

» 大河ドラマ 「風林火山」 決戦川中島 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
ついに最終回。 1回延びた今年の大河の幕引きです。 武田信繁・諸角豊後の二人が討ち死にしてしまいました。 妻女山からの援軍が来さえすれば・・・ [Read More]

Tracked on December 16, 2007 at 10:34 PM

» 風林火山(12月16日) [今日感]
いよいよ最終回。 信繁、諸角が討ち死にし、「前へでまする」と悲壮な決意で前にでる勘助。 [Read More]

Tracked on December 16, 2007 at 10:38 PM

» 風林火山〜最終回・見果てぬ夢 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、武田信繁、諸角虎定(加藤武)と相次ぐ討ち死にで、武田軍は劣勢に立たされます。本陣では武田信玄(市川亀治郎)が「勝つのじゃあ、勘助!!」と気合を入れますが、山本勘助(内野聖陽)は何かを決意したかのように自ら前線に向かいます。(風林火山、最終回・決戦川中島感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on December 16, 2007 at 11:03 PM

» 【風林火山レビュー】決戦川中島 [必然的なヒストリー]
今回をもって、硬派戦国ドラマとして名を成した「風林火山」が終了。皮肉な形で、後世に名を残す事となった「啄木鳥戦法」を見破られた勘助。そのおかげで、武田軍は窮地に追いやられました。援軍が来るまで、武田軍は持ちこたえる事が出来るのか!最後の最後まで緊迫感が漂う、このドラマ。さて、その果てにあるものは。勘助、突撃。敵の本陣を突く為に−。命を捨てる覚悟が感じられる、この表情。一方、武田の奇襲をかわした上杉軍は退き陣をせずに、なんと武田本陣に突撃。もう戦局は無茶苦茶です。策略もクソもありません。肉弾戦あるのみ... [Read More]

Tracked on December 17, 2007 at 12:22 AM

» 風林火山〜最終話 決戦川中島 [うさうさ日記]
NHK大河ドラマ「風林火山」第50話〜決戦川中島最終話は56分拡大版だけど、回想シーンが多くてなんだか間延びしたような感じがしたのは私だけという訳で、回想シーン満載&登場人物満載な最終話でございました。川中島の決戦とそれぞれの安否を気遣う女性達のシーン...... [Read More]

Tracked on December 17, 2007 at 12:34 AM

» 「風林火山」最終話「決戦川中島」 [つれづれ さくら日和]
終わりました。 最終話にて、主役の勘助が壮絶な死を遂げると、流石に泣けるかな、と思ったのですが、結局冷静に観てしまいました。 最終回なので、登場人物紹介部分でも(回想)オンパレードでしたね。 懐かしの小山田信有(回想)の文字も見つけ、彼の回想なんてどの部分だろう、と思っておりましたら、若かりし頃の信繁の感動のシーンで、ただ座っているだけという役どころでした。{/face_ase1/} いつものように、あらすじを辿って書こうかと思ったのですが、今日の合戦の話より、今までどんなことがあり、勘助が、... [Read More]

Tracked on December 17, 2007 at 12:40 AM

» 頼山陽が見た川中島!! [函館 Glass Life]
いよいよ最終回ですね{/hamster_6/} 勘助の進言した「啄木鳥の戦法」が実行に 移されました。 「啄木鳥の戦法」は表面的には失敗だった のかも知れませんが、膠着状態の両軍を動 かしたと言う意味では、満更失敗とは言え ないのです。 何せ、人数の上では武田軍が有利なのは間 違いないのですから{/face_fight/} 上杉軍にはすっかり見破られていましたが、 見破った上杉軍も背後に控える武田軍の別 働隊が到着するまでの間に勝敗を決しなけ ればならかったのです。 両軍共、時間と戦っていた訳ですね... [Read More]

Tracked on December 17, 2007 at 01:10 AM

» 「風林火山」最終回 [日々“是”精進!]
 第五十回「決戦川中島」信玄は弟・信繁、重臣諸角を失い、武田軍は崩壊の危機にあった。しかし、上杉本陣に向かっていた武田の別動隊が戦に参加すれば戦況は一気に逆転する。別動隊の復帰を信玄は本陣で待った。武田勢の予想以上の粘りに宇佐美は撤退を進言したが政虎は...... [Read More]

Tracked on December 17, 2007 at 06:09 AM

» 風林火山「決戦川中島」 [ありがとう!、あてつけじゃないよ。]
風林火山「決戦川中島」 大井夫人「国など…、国など無ければ良い。国がなければ戦は起きぬ。戦がなければ如何様な世になろうかのう?。」 勘助「さような世などはありえませぬ。」 大井夫人「ならば…、何のために御仏はおられるのじゃ。それとも真はおらぬのか、御仏など。」 勘助「御仏とて、この世に立てば戦と無縁では居られますまい。」 大井夫人「そなたは真に哀しく生まれついたのですね…。」 信繁、諸角は討ち死に。 その間、武田は陣を立て直す事が出来ました。 もはや講ずる策はなし…と勘助も戦場に向かいます。 ... [Read More]

Tracked on December 17, 2007 at 08:02 AM

» 風林火山 最終回「決戦川中島」 [みはいる・BのB]
今年の大河ドラマも遂に最終回を迎え、いよいよ年末やなぁ~と 感慨深い時間に、BLOGの打ち込みをしております。 [Read More]

Tracked on December 17, 2007 at 10:46 PM

» NHK風林火山最終回 [悪七兵衛景清の今日の一言]
 何故か週末に大河ドラマが見れなかった今年ですが、最終回はばっちり見ました。   [Read More]

Tracked on December 23, 2007 at 09:18 PM

» 風林火山クラブ最終回「全50回/あなたが選ぶベスト3」発表! [ブルー・カフェ]
みなさん、こんにちは!本編が終了して2週間が経んですね・・・もう「次の大河」に関心が行っていらっしゃる方、また終わって「燃え尽き症候群」のように引きずっていらっしゃる方・・・色々だと思いますが、遂に「歴史が動いた」というか風林火山クラブの最終回と「全50回/あなたが選ぶベスト3」を発表をさせて頂く時が参りました。みなさん本当にありがとうございました。 【風林火山・全50回/あなたが選ぶベスト3】 『あなたの好きな}「大河ドラマ風林火山」全50回の中からベスト3」を選んで回答して下さい』ということ... [Read More]

Tracked on December 30, 2007 at 01:26 AM

« 風林火山:第49回 「死闘川中島」 | Main | ブルーマングループ »