« 宮本ゆりさんの個展「DRAGON DAYS ドラゴンデイズ」 | Main | ティッカ »

February 17, 2008

篤姫:第7回「父の涙」

分家から本家の養女になるというのは大変なことなのですね。身分の低い自分が乳母では障りがあると自らの存在を消した菊本。於一を送り出す家族も今生の別れのような雰囲気でした。

そして、やっぱりいいです、尚五郎。
菊本の死を嘆く於一を強く諭します。
「あなたはあなたを思う者の気持ちを分かっていない!」
尚五郎が言うから、真実味があります。
「前を向いて生きていくことだ。あなたのすることはそれしかありません。」
「尚五郎さんも怒ることがあるのですね」って、本当に気持ちが分かっていない於一。というか、すでに上から目線なのですよね。
それでも健気な尚五郎。家族で別れの盃を交わしているところに登場するのはどうかと思いますが、友の証としてのお守りを交換し、門の外で「くーーーっ」。もう尚五郎ファンとしてはきゅんきゅんしまくりでした。

菊本は魂となって姫さまを見守るのだそうです。大河って主要な人物はたいてい幽霊となり再登場しますよね。

来週は姫修行。コメディになるのでしょうか。

|

« 宮本ゆりさんの個展「DRAGON DAYS ドラゴンデイズ」 | Main | ティッカ »

Comments

忠剛だけでなく、尚五郎にも拍手でした。
自分の気持ちを押し殺して、於一に接して、最後はやはり心の涙が決壊してしまいましたね。

Posted by: 今日感 | February 17, 2008 at 09:18 PM

来週からは、「身分の低い娘」と「身分の高い侍女」との争いですな・・・。

Posted by: ryi | February 17, 2008 at 09:19 PM

>今日感さま

タイトルは「父の涙」でしたが、
尚五郎の涙もぐっときました。
男泣き、切ないけれどきゅんとします。


>ryiさま

お約束の・・・といった感じですが、
でもわくわくします。
どんな争いになるのでしょうね。

Posted by: ヒロ子 | February 17, 2008 at 09:31 PM

こんばんは!
今日はとてもホロリとさせられるテーマでした。
菊本ゼッタイゆーれいで現れると踏んでたらやっぱりでした。
この原作者は義経でもそうだったけど
こういうの大好きみたいです。

Posted by: ぱるぷんて海の家 | February 17, 2008 at 09:33 PM

>ぱるぷんて海の家さま

こんばんは☆

現実的ではありませんが、幽霊は基本ですよね。
記事を書いていてなぜかU姫の幽霊を思い出しました^^;
今日はしみじみうるうるな回でした*^^*

Posted by: ヒロ子 | February 17, 2008 at 09:48 PM

ヒロ子さん、こんばんは。
今日は久しぶりに、さめざめと悲しい回でしたね。

>大河って主要な人物はたいてい幽霊となり再登場しますよね。
これね、朝ドラでも結構やるんですよ!NHKの十八番ですね。
あのね、また倶楽部を作ってみたんですよ。「パイロット版」なんで是非ご意見をお聞かせ下さいまし~(べこべこ)

Posted by: なおみ | February 17, 2008 at 09:54 PM

>なおみさま

こんばんは☆
今回はしみじみとしたいい回でした*^^*
まぁ!幽霊登場はNHKの十八番でしたか!
朝ドラ、久しく見ていないので忘れてしまいました…。
倶楽部、おじゃましますね。
「風林火山」の・・・というのは難しいな~と思いました^^;

Posted by: ヒロ子 | February 17, 2008 at 09:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66754/40160386

Listed below are links to weblogs that reference 篤姫:第7回「父の涙」:

» 「篤姫」第7回 [日々“是”精進!]
第七回「父の涙」菊本の自害に激しい衝撃を受けた於一は、忠剛が彼女の遺体をまるで罪人のように処分したことを知り反感を抱く。その夜、於一はお幸から、菊本が遺書を残していたと聞かされる。遺書には、本家の養女となって輝かしい未来が待っている於一のことを考え、自...... [Read More]

Tracked on February 17, 2008 at 09:15 PM

» 大河ドラマ「篤姫」第7話「父の涙」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
菊本の死の真相。前回ここで何故?って思ったのですが、菊本の決意はこの時代ならではの風習ってことで・・・。あまりに切なく、一途で悲しいものでしたこの夜以降は菊本の名も口にしてはならないという忠剛。弔いもせず、遺骸を放り出したって酷くない?でもそれは...... [Read More]

Tracked on February 17, 2008 at 09:17 PM

» 篤姫(2月17日) [今日感]
自らの存在を於一の人生から消すために、自害した菊本。 忠節は天晴れなのですが、せつな過ぎます。 [Read More]

Tracked on February 17, 2008 at 09:18 PM

» 大河ドラマ 「篤姫」 父の涙 [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
菊本の死。 それが鶴丸城への決意を強く、固くする! [Read More]

Tracked on February 17, 2008 at 09:20 PM

» 篤姫・第7話 [ブルー・カフェ]
篤姫第7話です。先週は菊本の「何故?」「どうして!?」の衝撃的な自害で終わりましたが・・・いよいよその「死の真相」が明らかになるようですね。 さて、それに伴いまして今回ワタクシ『幕末薄っすい知識倶楽部(パイロット版)』(しかも仮題)というのを作ってみました。『パイロット版』ですから評判が良ければ継続、悪ければオシャカ・・・というアンバイでございます。今回のテーマは【於一が斉彬の養女になるということはどういうこと?】 をメインに『菊本の死の謎』についても迫ってみたいと思います。 また「小山田クラブ」「... [Read More]

Tracked on February 17, 2008 at 09:22 PM

» 篤姫「父の涙」 [ありがとう!、あてつけじゃないよ。]
篤姫「父の涙」 タイトルは「父の涙」だけど、「母の涙」のシーンでグッと来ました。 何処か頼りない於一の父、忠剛をしっかり支えているお幸が涙してるシーンではジーンと来ました。 BGMも良かったナリ。 が、しかし城門前でBGMが変わったのがオイラ的には戴けない…{/hamster_3/}、あのままの調べで良かったザンス…。 尚五郎の表情だけでも伝わったはずでヤンス。 もちろん、父の涙も良かったですよ。 於一と二人向かい合って両目にうっすらと涙を溜めているの所が良かったですね…。 薩摩藩77万石 今和... [Read More]

Tracked on February 17, 2008 at 09:26 PM

» 大河ドラマ 篤姫 第七回「父の涙」 [真田のよもやま話]
 これもまた曲名シリーズなのかしら?「父の涙」。教会で静かに歌い継がれている名曲だそうで・・・。とまあそれはおいといて、父の涙と申しますと、どうしてもこう、情けなさとか滑稽さとか、不器用さとか遣る瀬無さとかがあふれかえりますねえ~。今和泉島津家の場合、お嫁入りではなく養子として送り出すわけですけど、忠剛パパさんの悲しがりぶりはやはり、娘のお嫁入り前のお父さんと相通じるような気がいたします。娘にとってはちょっと歯がゆく、ちょっと・・・うざかったり・・・するかも・・・。{%orz_a%} ...... [Read More]

Tracked on February 17, 2008 at 09:27 PM

» 篤姫〜第7話・別れ [一言居士!スペードのAの放埓手記]
篤姫ですが、菊本(佐々木すみ江)は元々島津今泉家に存在しなかった者として扱われます。遺体も不浄門から遺族に引き渡され、葬儀すら出しません。いつになく厳しい父親・島津忠剛(長塚京三)に於一(宮崎あおい)は納得できませんが、今回ばかりは母親・お幸(樋口可南子)も何も言いません。(篤姫、第7話・父の涙の感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on February 17, 2008 at 10:23 PM

» 【篤姫】第七話 [見取り八段・実0段]
泣けた。一人娘がいなくなる前の家の中の寂しさ。皆が於一を思い、その先行きを祈る気持ち。自らを亡くして心残りを消し去ろうとした菊本。「前を向いて生きろ」と諭す尚五郎。上に立つ者の心得を聞かせる母。そして、何よりも去っていく娘に上手く別れを告げることが出来...... [Read More]

Tracked on February 17, 2008 at 11:02 PM

» 篤姫第7回「父の涙」 [さくら色通信]
先週、斉彬家の養女になることが決まった於一ですが、養女に決まったことを誰よりも喜んだ菊本の自害は驚きました。原作を読んだのはもう5年以上も前の話なので原作にこの場面があったかどうかが記憶にはありませんが、一応史実らしいので省略するわけにもいかないのでし...... [Read More]

Tracked on February 17, 2008 at 11:18 PM

» 元祖引き篭もり、島津忠剛!! [函館 Glass Life]
菊本の扱いに対して父・忠剛に反感を抱く於一{/cat_7/} 親の心子知らずと云ったところでしょうか。 わが子がわが子で無くなる寂しさに忠剛はじっ と耐えていたのでしょうね{/hamster_6/} けっして忙しさにかまけていた訳ではないので す。 藩主の養女になる事は今和泉家の誇りではあっ ても、一父親としての寂しさは今の於一には到 底理解出来ないでしょうね{/kuri_5/} 自害した菊本がお幸に遺書を残していたのです。 身分の低い自分が養育にあたったと云う事実を 消し去りたいと… 菊本の思い... [Read More]

Tracked on February 18, 2008 at 08:02 AM

« 宮本ゆりさんの個展「DRAGON DAYS ドラゴンデイズ」 | Main | ティッカ »